LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

                     blog 317 


今日は、”四人の人の物語”についてお話します。


私がこのチャールズ・オスグッドの詩と出会ったのはもう随分前のことです。それがとても面白い詩だったのでファイルしておいたのですが、それを思いがけず十数年ぶりに目にし、つい思い出し笑いをしてしまいました。有名な詩なのでご存知の方もたくさんおられるかも知れません。


実際、これは私たちの周りでよくあることで、人間の利己的で傍観者的な一面を見事に言い表している、とても示唆に富んだ詩です。まずは読んでみてください。原文と日本語訳の両方を記します。


This is a story about Four peoples : Everybody, somebody, Anybody and Nobody.


There was an important job to be done and Everybody was asked to do it. 

Everybody was sure Somebody would do it. 

Anybody could have done it, but Nobody did it. 

Somebody got angry about that because it was Everybody's job. 

Everybody thought Anybody could do it. 

But Nobody realized that Everybody wouldn't do it. 

It ended up that Everybody blamed Somebody when actually Nobody asked Anybody.


四人の人の物語 : Everybody, Somebody, Anybody, それにNobody.


皆でやらなければならない大切な仕事があった。

誰かがきっとやるだろう、と皆が思った。

誰でもやることができただろうに、誰もやらなかった。

皆の仕事なのに、と誰かが腹を立てた。

誰でもやれることだと皆が思った。

しかし、誰もやらないだろうとは、誰も気づかなかった。

誰かに頼んだ人は、誰もいなかったのに、最後には、皆が誰かのせいにした。


皆さんは、この詩を読んでどんな事を考えますか? 自分にもそんな一面があると思いますか? 自分の家庭のことなら自分の仕事と考えるかも知れませんが、公の事に関しては、つい誰かがやるだろう、と傍観者的になる人が圧倒的に多いかも知れません。そして、そういう人に限って、その事がちゃんとなされていないと、誰かを非難するのです。


国家を非難する人、社会を非難する人、自分の会社を非難し、教会を非難する人。

しかし、もし私たちが国家の一員、社会の一員、会社の一員、教会の一員ならば、それを良くするのは私たち一人一人の仕事であり、責任であり、気が付くことがあれば自分から率先してその欠けを補うべきではないでしょうか。


聖書は、教会をキリストの体にたとえ、一人一人のクリスチャンを体の肢体にたとえています。この”キリストの体神学”は、教会だけでなく世の中のあらゆる組織に当てはまる素晴らしい教えで、機能的な組織作りの土台として一般社会でも幅広く用いられているノウハウです。 


それは、人間の手や足や目や鼻や口がすべてその人のために存在し、働き、その人に最良の益をもたらそうとするように、組織に属している一人一人は、自分の能力を最大限に活かして、その組織のためになることを心がけるなら、その組織に最良の益をもたらし、自分自身の存在価値も高められるのだ、ということです。


あと二日で2017年が始まります。新年を迎えるに当たり、あなたも、「誰かがやるだろう」「誰かの責任だ」という思いを捨てて、「私がやろう」「私の責任だ」という思いで新しい年に臨んでみませんか? そうすれば、あなたが属するすべての組織において、あなたは無くてはならない人となり、2017年がきっとあなたにとって人生最良の年になるでしょう。


今日の一言: 2017年はきっと私にとって人生最良の年になる


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




2016.12.31 03:59 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.