LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Why-Did-God-Allow-Satan-To-Roam-Free-In-The-World.jpg 

  これはよく聞かれる質問ですね。なぜ神はサタンがアダムとエバを誘惑するのを許容されたのか。この質問の裏には、神はサタンよりも力ある方なので、サタンの誘惑を阻止することができたはずだ、という思いがあるかも知れません。
 
  しかし、神がサタンの誘惑を許容されたのは、神とサタンのどちらが強いか、という力の問題だったのでしょうか。もし力の問題ならば、神はサタンの誘惑を決して許さず、直ちに退けてしまわれたでしょう。ところが、これは力の問題ではなかったのです。聖書によれば、サタンは二つの倫理的な異議を申し立てました。その一つは、人間の側の倫理的問題に関する異議であり、もう一つは、神の支配や導きの妥当性に関するものでした。

  まず、人間の側の倫理的な問題に関してサタンが提出した異議について見てみます。旧約聖書のヨブ記を見ると、ヨブの信仰を自慢する神に対し、サタンは、「ヨブは理由なしに神を信仰するでしょうか。彼は理由あってそうしているだけです。あなたが彼の財産を増し加え、物質的に富んだ者とされたからです。試しにヨブを貧乏のどん底に突き落としてご覧なさい。彼はきっとあなたを呪うでしょう」と異議を唱えました。そこで神はサタンに、一定の枠内で、ヨブに災いが下ることを許されたのです。
 
  次に、神の支配や導きの妥当性についてサタンが提出した異議について見てみます。サタンは、人間の命や幸福が神の支配と導きに依存していることに対して異議を唱えました。まずサタンは、「それを食べると必ず死ぬ」と神が言われた木の実を食べても「決して死にません」と言うことにより、神を偽り者として、神の命令や助言や導きなど不用であるとしたのです。言い替えれば、人間は神の命令や導きに従わなくてもちゃんと生きることができると異議を唱えたのです。
 
  さらにサタンは、禁断の実を食べるなら、「あなたがたは神のようになる」と誘惑しました。「神のようになる」とは、主権者のようになるという意味です。それは、他に依存せず、自らの意志を貫く主権者のことです。つまりサタンは、「あなたがたは神のようになれるのだ」と言ったことにより、「あなたがたは、神の支配なしでも幸福になれます。私の言う通りにすれば、神の支配など受けずに、独立して自分が神のようになれるのです。そうすれば、自分の思うように、主権者としてふるまうことができますよ」と言おうとしたのです。
 
  サタンはこうして、真の神の支配や導きを拒み、神から独立するように人を誘惑しました。サタンは、神中心ではなく自己中心な生き方こそ幸福への道だとしたのです。神の支配や導きのもとにある必要はない。自分で自分たちの社会を築きなさい。人間自身が神になってこそ幸福になれるのだ、と人間の幸福が神の支配や導きに依存することに異議を唱えたのです。
 
  したがって、これは神とサタンのどちらが強いかという、力の問題ではなかったのです。そしてこの重要な倫理的問題は、全被造物を証人として、その前で決着がつけられる必要があり、神はこのとき、「女のすえ」と呼ばれるキリスト者たちのことを心に留めておられました。
 
  つまり、神は彼らが、神に従うことがたとえ苦難を意味する場合でも、なおも神を愛することを知っておられたのです。また彼らが打算からでなく、神を神であるがゆえに拝し、愛するようになることを知っておられたのです。さらに神は、神なしの世界では、結局は悪と不幸は無くならず、真に平和で幸福な社会とはなり得ないことを全被造物の前に実証できることを知っておられたのです。
 
  こうした理由から、神はサタンの誘惑を許容されましたが、それによって、天と地の最大の問題に決着がつけられ、この事が必ず神の栄光を現わすものとなることを、神は知っておられたのです。
  
鶴田牧師


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2016.11.29 03:33 | キリスト教 Q & A
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.