LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   anzenunnten.gif 

「運転すると人が変わる」若しくは「運転があらい」人をご存知の方も多いのでははないのでしょうか? 私も以前4回程事故を起こしたくらい「運転があらい」タイプでした(です)。

ラスベガスの人達、いや訪れる町々の多くのドライバーには、その様なタイプの方々が多いように思います。特に最近は運転する事に恐怖感すら覚えるばかりか、恐怖感を越えて、滑稽に見える程アグレッシブな運転をする人が多くなっているのも事実です。

- 目の前や横のレーンの車よりトニカク先に行きたいから、ジグザグ運転を繰り返す。
- メイン通り、大きな通りに出る際、他の人の迷惑になろうとも、トニカク早く出たいから後続車の危険を考えず入り込んで、ブレーキを踏ませてしまう。
- 渋滞していて、どんなに前の車に近づいてもそれ以上進めないのに、前の車にピッタリくっついたり、プレッシャーをかけながら運転をする
等等

「安全運転」「譲り合い」と言う考えで運転している人より、「予定の時間に遅れている!」「A地点からB地点までとにかく早く移動したい!」と言う本能で運転している人、心や時間に余裕が無い運転をしている人が多いのではないでしょうか?
この様な運転で、目的地に早く着いたとしても、ラスベガスValley内の移動では、実はほんの数分なのです。 

untenjikan.jpg 

ほんの数分の為に、他の人を危険にさらしたり、事故の可能性を高めるだけでなく、運転している本人の心の平安も失います。最悪の場合、人の命を奪う事にもなります。

聖書の中に「イエス様は走って(大急ぎで)〇〇に行かれた」と言う記述はないように、イエス様は一歩一歩大切にこの地を歩かれました。
歩きながら町々で神の国について教え、愛を伝えてくださいました。

私たちも心に平安をもって、愛をもって運転すれば、綺麗な空や、木々・花が見えてきたり、道を譲った事で相手から「Thank you !」と言う笑顔付のジェスチャーをいただくことができ、喜びから大きな声で賛美を歌いたい気分にもなります!!!

私自身、未だに急いでいたり心がざわついている時は、余裕の無い運転をしてひやっとする事もありますし、忙しい時の数分はとても貴重な時間ではありますが、エンジンをかける時や家を出て直ぐに、安全と心の平安のために「運転中に心を主にあけ渡せるよう」お祈りすると、多くの場合とても穏やかに安全に運転ができ、賛美が口から出てくることを体験しています。

みなさんも一緒に、「イエス様の心で運転を!」を標語に 10-20分の通勤・運転時間を、賛美やイエス様との会話の時間に変えてみませんか!?

箴言第4章23節 
油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。

KS

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2016.10.31 17:10 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.