LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

blog_305_convert_20161008010044.jpg

今日は、“本物の善”ということを考えてみました。

ところで皆さんは“善”という言葉をどのように定義されますか? 善に対する定義はかなり相対的で、人によって、国によって、時代によって、また置かれた状況によって、善であることの捉え方に違いがあるかも知れません。またそれは悪についても同様で、その定義はかなり相対的です。

では、いかなる違いによっても変わらない普遍的な善、本物の善というものはないのでしょうか? どの時代の、どの国の、どの人にも適用される、普遍的な善。それによってどんな悪にも勝利し、すべての人間関係のに最良の結果をもたらす本物の善というものがあるとしたら、それはどんなものでしょうか?

私たち人間には生まれながらに罪の性質があり、その性質から出てくる行いは、善に対して悪を行い、悪に対して悪で報いる、というもので、そこには関係の破壊がもたらされるばかりで何の良いものも生まれません。

そういう現実の中で生きている私たちに、聖書はこのような言葉をもって、本物の善がもたらす勝利の道を指し示しています。

「しかし、いま聞いているあなたがたに、わたしはこう言います。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行ないなさい。あなたをのろう者を祝福しなさい。あなたを侮辱する者のために祈りなさい。」(ルカ6:27−28)

アメリカの第16代大統領であったアブラハム・リンカーンは、偉大な大統領であったと同時に、偉大な人物であったと言われています。リンカーンは熱心なクリスチャンでした。彼は小学校もろくに卒業していない人でしたが、神を信じて生きていく過程で、様々な試練を経験しました。

苦しい人生を通して、彼は自分の道を捨て、神の道に歩むようになり、そのおかげで大統領になることができたのです。試練や苦難を体験せずには、人は自分の道を捨てようとはしません。苦しい目に会った時に、人は初めて利己的な自分の道を捨て、神の道を選ぶようになるのです。

リンカーンが大統領に立候補した時のことです。彼の政敵の一人に、ステントンという人がいました。ステントンは選挙期間中、ずっとリンカーンを中傷し、ありもしないことを捏造して誹謗しました。ある時には、リンカーンの顔形を問題にして、「あの、サルのような顔をした奴・・・」とまで言いました。しかし、そんなことがあったにも拘わらず、リンカーンは大統領に当選した後、ステントンを陸軍大臣という要職に任命したのです。

リンカーンの側近の人たちは、そのことに対して凄く反発しました。しかしリンカーンは、このように説明しました。「彼は私の強敵です。ですから、より強い愛を送らなければなりません。また、たとえ彼が私には敵であったにしても、米国民には、彼は敵ではないのです。今は南北戦争中です。私たちに必要なのは、ステントンのような有能な人材です。国家・民族のためには、個人的な敵であるとの感情は克服しなければなりません・・・。」

その後、陸軍大臣に任命されたステントンは、リンカーン大統領にはなくてはならない、忠実な大臣になりました。彼は、アメリカの発展に素晴らしい貢献をしました。リンカーンがこの世を去った時に、誰よりも悲しんだのはステントンでした。彼はリンカーンの葬式の時に棺の前で、「この世で、もっとも偉大な星が去ってしまった」と言いながら、声を出して泣きました。

いかがでしょう。私たちが忘れてはならないことは、「悪に勝つのは、ただ善しかない」という事実です。「敵を愛し、あなたを憎む者に善を行なう」という“本物の善”だけが、悪の輪を断ち切り、問題だらけの人間関係に本当の勝利、本当の和解、本当の平和をもたらすことができるのではないでしょうか。

悪で悪の輪を断ち切ることはできません。善で悪に勝たなければならないのです。そのためにも、私たちは利己的な人の道ではなく、神の道を歩まなければならないのです。

今日の一言: 悪に勝つのは、ただ善しかない


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




鶴田健次
2016.10.07 08:03 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.