LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

     MJF1a.jpg

ラスベガスの暑い夏も終わり、朝晩気持ちが良い季節になりました。
そんな1日、メリージェーンフォールズ・Mary Jane Fallsへハイキングに行きました。メリージェーン・フォールズはマウント・チャールストン・Mt. Charlestonにいくつもあるトレイルのひとつです。
ラスベガスの中心地から1時間弱ぐらいで行くことができ、夏は避暑に、春と秋はハイキングに、冬はスキー(リー・キャニオン)にと、季節ごとに楽しめる素敵な場所です。

95号線を北に向かい、157号線を西(左折)道なりに行った先がマウント・チャールストンです。
MJF1 3a

157号線の途中、ロータリーになっている南側に、新しくできたビジターセンターがあります。ここではマウント・チャールストンの案内をしてもらったり、お土産なども買うことができ、きれいなお手洗いも利用できます。
下の写真はビジターセンターの入り口です。
MJF1 4a

157号線をさらに進み、だいぶ標高が高くなって来て、ヘアピンカーブが出てきたところにメリージェーン・フォールズへ行く茶色の標識があります。そこを右の小道へ入っていきます。 
MJF1 6a

小道を直進すると、小道が右にカーブしている辺りに砂利の駐車場が前方に見えます。右カーブの小道には進まず、砂利の駐車場を右手に見ながら、さらに真っ直ぐに続く砂利道を直進すると冒頭の写真の場所が見えてきて、突き当りがメリージェーン・フォールズへ行く駐車場になります。
MJF2a.jpg

週末は、駐車場に入りきれないほど混雑することがありますが、ウィークデーはガラガラです。
下の写真は、駐車場からメリージェーン・フォールズへ行く入り口です。左にある小屋はお手洗いですが、水洗ではありません。
     MJF3a.jpg

トレイルの最初はなだらかな上りが続きますが、だんだん勾配がきつくなって、ジグザクのつづら折りの道に変化していきました。結構きびしい上り坂で、岩のステップが「心臓破り!」です。
MJF4a.jpg MJF5a.jpg
MJF9a.jpg MJF8JPGa.jpg

ところどころで休みながら約1時間10分かかり、ヘロヘロ・クタクタで目的地のメリージェーン・フォールズに到着しました。通常は1時間ぐらいで着くそうです。
名前は「滝」と付いていますが、滝と呼ぶには水量が足りない滝でした。ですが、清水に手を浸けると、雪解け水のように冷たくて、いっぺんに疲れが飛んでいってしまいました。
MJF10 3a
MJF10 6aa MJF10 2a
     MJF10 1a

駐車場までの帰り道は1度も休まず、早かったです。

後で調べてみました。
登り口の標高は7817フィート(2383m)で、滝では8890フィート(2710m)、つまり 327mの標高差を登ったわけです。上り口から滝までの距離は1.6マイル(2.57km)。登った標高差もさることながら、空気も薄いので、私たちは十分休憩をとりながら登って良かったようです。目まいや頭痛を感じる人もいるようです。ちなみに、富士山の5合目は2300mだそうです。

風のある日は、山の上ではちょっと寒いかもしれませんが、用意万端整えて、本格的な秋をまた満喫しに行こうと思っています。
ちなみに、水量のある滝が見たい方は春先がいいようです。


聖書の詩篇19章に素敵な詩があります。
 天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。
 昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す。
 話もなく、ことばもなく、その声も聞かれない。
 しかし、その呼び声は全地に響き渡り、そのことばは、地の果てまで届いた。
 神はそこに、太陽のために、幕屋を設けられた。
 太陽は、部屋から出て来る花婿のようだ。勇士のように、その走路を喜び走る。
 その上るのは、天の果てから、行き巡るのは、天の果てまで。
 その熱を、こうむらないものはない。


自然の中にいると、空や地や木々が語りかけてくるような感じがします。たぶん、どの時代でも、どこの国の人も感じることではないでしょうか。自然を通して語りかけるメッセージ、それは人にとって、とてもとても大切なメッセージなのかも知れないと思いました。

(Mi)   

下のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.