FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-IMG_1140.jpg

12月16日(水)、恒例の、主イエスキリスト御降誕をお祝いし感謝を捧げる「キャンドルライトサービス」が当教会にて行われ、出席者一同がともに主を賛美し、祈り、厳かな中にも神の愛のぬくもりを感じるひと時を味わいました。

初めにノーマン長老の開会の祈りがあり、私・松岡とノーマン長老によって最初の降誕聖句が日本語と英語で朗読されました。それから聖歌隊のリードのもとに降誕聖歌の会衆賛美が5曲、日英両語部の兄弟・姉妹による降誕聖句の朗読がそれぞれ8回、その間に5回のキャンドル点火がありました。

まず最初の降誕聖歌として「荒野の果てに」“Angel we have heard on high”が賛美され、2番目の降誕聖句の朗読の後、最初のキャンドルに灯りがともされました。
この灯りは、“Hope”(希望)を意味します。

この後2回の聖書朗読のあと、2本目のキャンドルに灯りがともされました。
この灯りは、“Peace”(平和)を意味します。

そして「いざもろとも主よ」が賛美され、会場が厳粛な空気に包まれました。さらに2回の聖書朗読に続き、3本目のキャンドルに灯りがともされました。
この灯りは、“Joy”(喜び)を意味します。

続いて「諸人こぞりて」“Joy to the world” が賛美され、日英両語の聖書朗読に続き、4本目のキャンドルに灯りがともされました。
この灯りは、“Love”(愛)を意味します。

次に降誕聖句ルカ2:13-20が読み上げられ、「きけやうたごえ」が賛美され、5本目のキャンドル「キリストの灯り」に火がともされました。

s-IMG_1275.jpg

最後の降誕聖句が鶴田牧師とノーマン長老により読まれ、「キリストのキャンドル」から会衆の持つすべてのキャンドルへと生命の灯りが次々とともされ、暗い会堂にキャンドルの灯りが輝きました。

そして最後の降誕聖歌「きよしこのよる」“Silent Night” が喜びの中で賛美され、鶴田牧師の感謝の祈りが捧げられ、今年2009年のキャンドルライトサービスも、主にあっての喜びと、静寂と、祝福に満たされました。

s-IMG_1045.jpg
(ブログ制作チーム: 松岡)
2009.12.25 00:32 | 教会イベント
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.