LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

blog_298_convert_20160820043451.png

今日は、” 金メダルよりも素晴らしい銀メダル”ということを考えてみました。

今回のリオ・オリンピックは、ロシア選手団の一部がドーピング(薬物使用)の問題で出場禁止になりましたが、このドーピング問題はロシア政府自身が認めていることなのでそれ自体は事実であるとしても、ある筋によれば、この問題がこのタイミングで明るみに出された背後にはスポーツマン精神に反する思惑があったということです。

近代オリンピックの父クーベルタンは、オリンピックは”参加することに意義がある”と言いましたが、確かにオリンピックは参加できるだけでも素晴らしいことであり名誉なことだと思います。それぞれの競技において、その国で一番強く、一番早く、一番優れた人が国の代表に選ばれるわけですから、選ばれた人の喜びはひとしおでありましょう。ましてや、金メダルを手に入れて世界一になれば、それはそれは至福の境地に浸れるに違いありません。

しかし、そういう中で、金メダルよりも素晴らしい銀メダル、最下位のゴールの中に見出される価値、メダルのない真のメダリスト、そういう価値観の逆転ということを考えさせられるのもオリンピックの素晴らしさではないでしょうか。

私は今回、男子体操で話題になったウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手に興味を持ち、彼について少し調べてみました。彼の祖国ウクライナは、内戦寸前の情勢にあり、さまざまな意味でオリンピックを目指すスポーツ選手にとって劣悪な環境です。運動施設もボロボロで、体操器具も十分に整っていません。これほどまでの選手でありながら、国から出る給料はわずか月に100ドルほど。そのために自分で活動資金を稼がなくてはならないという気の毒な状況なのです。

オリンピックがコマーシャル化した現在、世界でもトップクラスの実力者であるオレグ・ベルニャエフには国籍を変えてオリンピックに出場しないかという他国から好条件のオファーがいくつもあったそうです。ところが、オレグ・ベルニャエフはそのオファーを断わり、ウクライナ代表として出場しました。その理由はウクライナには家族や友人がいるからです。生まれ故郷のドネツクは戦地になってしまい祖父母とは二年半も会えていないそうで、そのような状況で祖国ウクライナから離れるわけにはいかないのでしょう。そこに自分の名誉を第一に考えていないオレグ・ベルニャエフの姿を見ます。

そして、今回のリオ・オリンピック男子体操個人総合で内村航平選手が金メダルを獲得してオリンピック2連覇を達成しましたが、その内村を最後まで追い詰めたのがオレグ・ベルニャエフ選手でした。

個人総合の決勝は、5種目目を終えたところで、オレグ・ベルニヤエフが内村に0.901の差をつけて首位をキープしていました。最終種目は内村の得意の鉄棒、ベルニャエフは比較的苦手な種目でした。しかし、それでも彼の実力を考えれば、内村にとって0.901は逆転するには不可能な点差でした。

しかし、ここで奇蹟が起るのです。内村は、4つの離れ技をハイレベルの内容で成功させ、着地も完璧に決めて15.800点を出し、合計92.365点で最終演技者のベルニャエフにプレッシャーをかけました。ベルニヤエフは、14.899点を出せば逃げ切って金メダルです。前の団体予選では15.133点を出している彼には十分に出し得る得点です。しかし、電光掲示板に出た得点は14.800点。この瞬間に、内村の個人総合2連覇が決まりました。ベルニャエフとの差はわずか0.099点でした。

表彰後の記者会見では、こんなやり取りがありました。世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という意地悪な質問が飛んだとき、内村は「どんな選手も公平にジャッジされている」と受け流しましたが、ベルニャエフは別の質問を受けていたにもかかわらず、このように言い放ったのです。

「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ。」

「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ。」

ほぼ金メダルを確信していたに違いないベルニャエフにとって、また貧しい国と環境の中で死に物狂いで練習に励んできたベルニャエフにとって、最後での逆転負けは、しかも0.099点という僅差で金メダルを逃すというのは、どんなに悔しいことであったことでしょう。そういう中で、彼はこのような態度を取り、このような言葉を口にしたのです。

この事がメディアを通じて報じられると、多くの人たちが感動を覚えました。それはきっと、すぐに嫉妬の念に捕らわれやすい私たちが、本能的にはベルニャエフ選手のようでありたいと思っているからなのかも知れません。

聖書の中に、こんな言葉があります。

「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。」(ピリピ2:3、4

私たちの内には、自分で自分を高くしようという思いがあります。しかし普遍的な真理は、ルカ18:14にあるように、「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる」ということだということをベルニャエフ選手を通して改めて教えられました。。


今日の一言: 人の徳を高める言葉と行動を心がけよう


鶴田健次

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.08.19 11:36 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.