LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

frmOlive1aaa.jpg

9日目の午前中はオリーブ山を散策しました。この写真は、オリーブ山から神殿の丘と旧市街を見たエルサレムの代表的な景色です。

下の写真はオリーブ山に広がる広大な墓地。エルサレムの東の城壁に面して、想像を絶する数のユダヤ人の墓があります。全て神殿の方向を向いているそうです。ユダヤ教ではメシヤ(救世主)が地上に現れた時、死者が復活すると言われています。メシヤが来られると、今は閉ざされている黄金門が開き、そこから第三神殿が建っている(であろう)城内へ入城する、といいます。新約聖書にも、第Ⅰテサロニケ4:16~17に一部書かれています。
15911a6Mt Olivea 15911a5Mt Olivea

話は変わって2000年前、イエス様がロバの子に乗ってエルサレムに入城する少し前の場面で、イエス様と弟子たちは、オリーブ山まで来た時、冒頭の写真のような光景を見ました。当時は、現在の岩のドームの場所に第二神殿が建っていて、弟子たちは神殿や都を見て喜んだのですが、イエス様はそれを見て「泣いた」と聖書に書いてあります。(ルカ19:41-44)その時のイエス様は、目の前の美しい光景に重ねて、この先起こるであろう壊滅的な惨事と、凄惨な状況をご覧になっていたのでしょう。事実、紀元70年、神殿はローマ軍によって跡形もないほど徹底的に破壊されました。(ルカ19:41~44)
こちら(下)がその時のイエス様の涙を形にした、「主の涙の教会・Dominus Flevit Church」です。
Olive1ba.jpg Olive2a.jpg

主の涙の教会から坂道を下って行く途中で、神殿の丘をバックに集合写真を撮りました。
15911a8Mt Olivea

次は、この坂道を下り、オリーブ山の麓辺りにある「ゲッセマネの園・Gethsemane」に行きました。
ここはイエス様のいつもの祈り場ですが、最後の晩餐の後も、イエス様はここで祈られました。そして、イスカリオテのユダに裏切られ捕らえられた場所です。

ゲッセマネにあるオリーブの木は、イエス様時代からある木が何本もあるそうです。
オリーブの木の特徴は、根元から新しい芽がどんどん出て来て、元木の幹とくっ付いて太くなり、中は空洞になるようです。
ゲッセマネの一角に凄い人ごみができ、1本の太い幹のオリーブの木を見ていました。この木は特別なのでしょうか・・・
15911a20MtOliveGetha.jpg Olive4a.jpg

ゲッセマネの園の片隅に、血の汗を流すほどの苦悩の祈りをされたイエス様の像がひっそりとありました。
Olive3a.jpg 15911a21MtOlive Getha

すぐ隣はカソリックの「万国民教会・Church of All Nations」が建っていて、イエス様が祈られた岩が祭壇の前に大きく四角に囲まれてありました。
15911a22MtOlive 万国民教会a 15911a24MtOlive 万国民教会a
15911a31MtOlivea.jpg15911a25MtOlive 万国民教会a

万国民教会の出口に立つと、ちょうど正面に黄金門が見えます。将来オリーブ山に再臨される主が入城される黄金門。万国民教会の横の庭に集まっている皆さんの後ろにも黄金門が見えます。(黄金門のある東の城壁に沿って墓がありますが、それはユダヤ人の墓ではなくアラブ人の墓です)
15911a30MtOlive 万国民教会a 15911a27MtOlivea.jpg

さて、次はバスで「園の墓・The Garden Tomb」へ移動しました。位置は、北城壁ダマスカス門から北へ400m位の距離です。
園の墓はプロテスタントの英国国教会が管理している、ゴルゴダの丘とイエスの墓があるとされる施設です。古代の石切り場の崖の一部がドクロ(ゴルゴダ)のように見えることから発掘調査をしたところ、聖書との整合性が数多く認められたといいます。
sono4a.jpgsono5ba.jpg

聖書ヨハネの福音書19-14に、「イエスが十字架にかけられた所には、一つの園があり、そこにはまだ誰も葬られたことのない新しい墓があった。」とあります。
更に、聖書で記されている特徴を認めることができるそうです。その特徴は、天然の洞窟ではなく、硬い岩を掘って造られていること。墓の入り口に大きい石を転がして封印できること(同墓は、石を転がすための溝が掘ってあった)。数人の哀悼者が墓の内部に入ることができる事、これらの条件を満たしているとされます。
sono3a.jpg
15911b8GardenTomba.jpg 15911b9GTomba.jpg

園の墓は、古代の石切り場の一部で、ユダヤ人による石打ち刑、またローマ人による磔刑の場所として使われていたそうです。
同園には、約百万リットルを誇る貯水池があり、イエス様時代のオリーブ園、果樹園、ブドウ園などの労働園だった証拠を示しているのだそうです。1924年には、良好な保存状態のぶどう酒を作る酒舟が発掘され、ここがブドウ園であったことを示唆しているということです。下のひょうたん型にぶどうを入れ、足で踏んでぶどう汁を窪みに集めます。
15911b6GardenTomba.jpg 15911b6aGardenTomba.jpg

園の墓はとても美しく手入れが行き届いたところです。花や木々の間に礼拝ができる涼しい場所が各所に設けられ、そこで田辺先生が聖餐式を行ってくださいました。ぶどう酒の器は、オリーブの木で作られた杯でした。
sono24a.jpg sono25a.jpg

イエス様が十字架にかけられた場所と葬られた墓は、ここ「園の墓」と「聖墳墓教会」の2箇所の説がありますが、イエス様以降、2度に渡ってエルサレムの壊滅的崩壊を経験した地は、断定できる確固たる物理的証拠は既に消されています。そして、それを許されたのは主ご自身です。そのように考えるなら、そこから導きだされるものは、実際に起こった場所が大事なのではなく、主自ら進んで十字架にかかり、私たち人類に罪の赦しが与えられたという神の大いなるご愛とご計画にあったことを思います。

さてさて、ランチタイムとなりました。この日のランチは「園の墓」にも近い、「ノートルダムセンター・Notre Dame of Jerusalem Center」のレストランへ行きました。ここはキリスト教徒のために建てられたホテルで、礼拝堂もあります。ですが、キリスト教徒でなくても泊まれます。旧市街は目と鼻の先、新市街もすぐ近く、各地に向かうバスターミナルも近所にあるという便利なロケーションに建っていました。
sonoLunch1a.jpg
sonoLunch3a.jpgsonoLunch2a.jpg


次週8/24の更新は、イスラエル博物館を予定しています。

(Mi)   


下のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.08.17 11:55 | イスラエル聖地旅行
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.