LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

15911a9Mt Olivea

次に向かったところは「The Temple Institute・神殿研究所」です。旧市街のユダヤ人地区にあります。
神殿研究所は、神殿の丘に聖なる第三神殿を再建することを目的としています。そのための研究や準備をしている団体です。(別名、神殿再建財団)

神殿研究所のディレクターであるラビのハイム・リッチマン氏はこのように語っています。「メシア思想とソロモン第三神殿の再建は、ユダヤ教で最も大事なことです。その再建はモリヤの山でなければなりません。これは神が定めたことであり、預言されたことですから、人間の考えによって変えることはできません。しかし、現在そこには岩のドームがあります。第三神殿再建のために我々は、暴力によって神殿を築こうとは思っていません。ただ、今準備できることをしているのです。」

第二神殿ba

ユダヤ人にとっての「神殿再建」とは、過去の歴史に二度存在したソロモン神殿のことです。
第三神殿(ソロモン神殿)の再建予想図は出来上がっています。それは旧約聖書やタルムードや聖書考古学などの正確な情報を入力し、コンピュータ・グラフィックを使って細部にわたって作り上げました。
また、来るべき日に用いられる祭司の服や神具なども忠実に製作し、すべて出来上がっています。
下の写真はメノラー(燭台)です。純金製で42キロあるそうです。 

      第3神殿9a

神殿に仕える祭司のための「祭司養成所」が設立され、レビ人の子孫約200人の生徒が学びました。そのうち、大祭司となるのは代々アロン家の血筋とされており、生徒の内15人が純粋なアロン家の子孫だということです。訓練は終わり、祭司、大祭司の準備も既に整いました。
また、民数紀19章1-10節にあるように、神殿の落成式に必要な「赤い雌牛」も備えられ、その灰も用意されています。

ラビ、ハイム・リッチマン氏は、「トーラーは、第三神殿建設を人類全体と神との霊的な和解を媒介するものとみなしています。現在、私達は第三神殿の時代に入っています。この時代はイザヤ書の中で、人類史上比類ない時代、神と和解しひとつになる時代です。多くの人が、平和を望んでいます。ならば、神が約束した唯一のチャンスを試してみてはどうでしょうか。預言者ハガイによると、神はこの場所に平和を築くと言いました。神殿が建つ時、それはユダヤ人だけのものではありません。」と語っています。

FrmOliveToDomea.jpg

私達は神殿研究所を出た後、「西壁(嘆きの壁、Western Wall)」に向かいました。

モリヤの山である神殿の丘にBC 950年頃、ソロモン王は神殿を建設しました。BC 586年、エルサレム陥落と共にバビロンのネブカデネザルにより神殿が破壊され、BC 516年にバビロン捕囚から帰還したユダヤ人が第二神殿を再建しました。BC 20年にヘロデ大王が神殿を改修・拡張しました。これも第二神殿と呼ばれています。AD 70年、ローマ軍により神殿は再び破壊され焼き払われました。部分的に残った石垣が現在の西壁・嘆きの壁です。

西壁は、ブロック石の大きさが三段に分かれているのがご覧いただけますでしょうか。下部の大きいブロック石はヘロデ時代のものです。中間部分のブロックは正方形っぽい形が多く、ビザンチン時代の石垣です。上部の小さいブロック石はムスリム時代のものだそうです。地下には更に17段が埋もれています。
  WW.jpg

石壁の間に見える草はヒソプという植物で、花と葉に芳香があり、副食物や薬用にも使用されます。また、茎を束ねて清めの儀式に用いたりもします。
十字架上のイエスに、ローマ兵が酸いぶどう酒を海綿に含ませて口元に差し出した時に用いたのが、束ねたヒソプでした。
15910g5西壁a15910g3西壁b
15910g2西壁a15910g4西壁a

現在の西壁の高さは約19m、全長約60m、男女別に仕切られており、女性の祈祷所の方は狭かったです。
西壁は以前から行きたいと思っていて、実際に西壁と間近で対面した時には、少なからず感動しました。あのヘロデ式の石灰岩エルサレム・ストーンの壁に手を置き頬をつけ目をつぶると、石に吸い込まれるような感覚がとても心地良くて、忘れることができません。主に感謝の祈りをし、イスラエルの祝福とユダヤ人の救い、そして、これから起ころうとしている来るべき日のことなど、心に思い浮かんだあれこれを祈りました。最後に家族の救いを書いた紙片を石の間に挟んで、離れ難い思いで集合場所に戻りました。 

これで8日目の予定が終わりました。バスでホテルに戻り、今日の出来事などをおしゃべりしながら皆で楽しい夕食のひと時を過ごしました。

次週8/17は、オリーブ山と園の墓を予定しています。

(Mi)   


下のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.08.10 12:04 | イスラエル聖地旅行
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.