LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

フェア1a

日本は夏祭りや花火大会の時期ですね。

アメリカでも、フェアー・フェスティバル(移動式遊園地) が各地域で開催されています。私が滞在している場所でもフェアーがあり、行く機会が与えられましたので、ご紹介させていただきます。

アメリカのフェアーやフェスティバルの多くは、食べ物、乗り物、ゲーム、ステージ(コンサートやショー)で構成されています。

食べ物のコーナーでは、ハンバーガー、ホットドック、ブリトー、BBQ(日本のBBQと少し違います)、レモネード、スノーコーン(かき氷)、綿あめ等の出店があります。最近では、ハワイアンフードや焼きそばも見かけるようになりました。

フェア2a

乗り物は、移動式になっていますので、フェアー・フェスティバル開催の1週間程前からトラックで会場に運び込まれ、設置されます。子供から大人まで楽しめるよう、メリーゴーランド、ジェットコースター、(超高速!の)観覧車、Kamikazeと呼ばれるスウィング等、種類も多岐にわたります。

フェア3a

ゲームは、日本にもある魚釣りゲームの大判や、モグラタタキゲーム、射的、輪投げ(空き瓶の口に小さな輪を投げ入れるタイプ)、バスケットゴール等、勝敗によってぬいぐるみをもらえます。また、数個の小さなぬいぐるみを集めると、中型サイズ→大型サイズと交換してもらう事ができます。

フェア4a
フェア5a

乗り物やゲームの支払いは、日本と違い、それぞれの場所で現金の受け渡しをするのではなく、チケット売り場で一昔前の鉄道の切符の様なチケットを購入し、そのチケットを使って乗り物に乗ったり、ゲームをしたりする仕組みになっています。

ステージでは、少し有名なプロや、地元のバンドによるコンサートや、地元の人々による出し物もあります。

フェア6a

今回行ったのは、田舎町の小さなフェアーでしたが、老若男女が集い、笑い声や歌声、乗り物からの叫び声があふれていました。

ところで、今日与えられた聖書箇所は、レビ記23-24でした。
この中には、安息日の事、過ぎ越しの祭り、七週の祭り、新年の祭り、贖罪の日、仮庵の祭り、日ごとの礼拝について書いてありますが、私自身、ここ約1年程、土日も働くことが習慣になっています。 
神は、「六日間は仕事をしてもよい。しかし七日目は全き休みの安息、聖なる会合の日である。いっさいの仕事をしてはならない。この日はあなた方が何処に住んでいても主の安息日である」(レビ記23:3)と仰っています。
また、ここに記してあるそれぞれの祭り、贖罪の日の様に主の前に立ち、自分の罪やイエス様の十字架による贖いについてゆっくり考えていない事を示されました。
休みの無い日々が続くと、判断力、思考力は勿論、霊的にも鈍り、疲れてしまうことを自分でも自覚し始めていた所でしたので、できるだけ日曜日の礼拝後はゆっくり過ごし、時間を聖別することができるよう祈り、行動したいと思いました。

主よ、あなたの御言葉を読むだけでなく、正しく行えますよう、お導きください。

(KS)


下のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.08.07 22:50 | その他の地域・国
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.