LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

IMG_0929a.jpg

LVJCCブログの4/3/2016で紹介された「Nelson Ghost Town」へ、ハワイから遊びに来た友人数名と行ってみました。その時のことをレポート致します。

良く晴れた初夏、飲茶で腹ごしらえしてから、午前11時過ぎごろゴーストタウンのNelsonに向かって出発しました。
行き方は、I-15 (南) -> 215 (東) -> US95/93 (南) -> US95 (南) -> NV165 (東) -> Nelsonと、全行程約1時間ほどで到着しました。途中US95に入ってからの景色が壮大でとても素晴らしいと、友達は口々に言い合っていました。
IMG_1239a.jpg

Nelsonには12時少し過ぎごろに到着しました。
昔の鉱山の案内をしてくれるマイン・ツアーがあったので早速申し込みました。申し込みはバーとお土産屋がある建物で、お土産屋の壁には古い写真や当時の品物なども飾られ、ツアーの前半はそれらを用いながらNelsonの歴史や周辺のこと、鉱山の話など、ツアーガイドならではの様々な知識を教えていただきました。
IMG_0933a.jpg IMG_0940a.jpg
IMG_0932a.jpg
IMG_1254a.jpg
その後外に出て、昔の鉱山で使っていた器具や使用方法など、また映画の撮影をしたときのことなどNelsonにまつわる話をいろいろ聞かせていただき、鉱山の中に入りました。

この辺一帯はEldorado Canyonという所だそうです。鉱山の名称は「Techatticup Mine」といいますが、鉱山の入り口にはEldorado Maine と書いてあり、そのように呼ばれていたようです。
鉱山は1861年~1942年まで採掘され、南ネバダで最も古く、最も豊かに金や銀などが採れた鉱山ということです。当時はコロラド川に蒸気船が走っていて、それが主なNelsonに通じる道だったようです。
鉱山内は非常に涼しくて、夏の暑い日には最高に涼める空間です。
IMG_1274a.jpgIMG_0965a.jpg
IMG_1273a.jpg IMG_0966a.jpg
IMG_0973a.jpg IMG_0972a.jpg

鉱山の内部は上下左右迷路のように掘ってあって、鉱山内にエレベーターもあったそうです。ですが、とても古い鉱山なので、安全が確保できる範囲のみ見学コースになっていました。

マイン・ツアー終了後、自分たちでゴーストタウンとなったNelsonの町を見て回りました。
今では見られない変形3階建ての建物の内部に入ったり、ただの小屋だと思ってドアを開けると地下室の入り口だったり、また、現在の持ち主の趣味なのか、古い車がいたる所に置いてあって、面白く改造してあったり・・・ とても楽しいです。

IMG_0934a.jpg
IMG_0930a.jpg
IMG_0947a.jpg
IMG_1247a.jpg

ひと通り見終わってからNV165を更に先へ進むと、道路は突き当たりで自然とUターンができるようループになっていました。ループ周辺に車を止めて下を見ると、グランドキャニオンを通ってきたコロラド川が眼下に見えて、絶好の写真スポットでした。
nlsn72a.jpg

NV165のループの手前に下に行く分かれ道があり、それを降りていくと舗装路が突然終わってしまいドライ・リバーのダートロードになっていました。ダートロードでもコロラド川まで行けると思って少し進んだところ、道の真ん中に杭があり車両通行禁止になっていました。徒歩では、杭から川まで約5分ぐらいということでした。
ですが、4輪駆動車で行くなら、大回りする別の道もあり、cliff jumping ができるNelson's Landingというところがあるようです。

ラスベガスの中心地からわずか1時間でこのような別世界に行けるなんて、ちょっと感激でした。ハワイから来た友達も、素敵な経験だったと、とても喜んでいました。

コロラド川に蒸気船が来ていた頃は、長いドレスの女性や、三つ揃いに帽子をかぶり鎖付の懐中時計を持った紳士とかが船から降りてきて、、、いやいや鉱山の町へ行くのに、そういうオシャレな人はいなかったかも。。。 川から町までの交通機関はやっぱり乗り合い馬車だったのだろうか。もしかして宿屋もあったのかもしれないな。教会もあったに違いない。
Nelsonの町が最も栄えていた頃は1920年頃だそうです。第一次世界大戦の後の頃でしょう。その頃のアメリカは「華麗なるギャッツビー」が物語っているような時代だったようです。スカートは膝丈に、ウエスト・ルーズの筒型のドレス、髪は短いボブカット、この頃は狂騒の20年代と呼ばれていたそうです。Nelsonの町が採掘を始めてから終わるまでの時代、アメリカは大きな変化をしてきました。

聖書に、「神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。」(使徒 17:26)とあります。
その時代に生きた人々、今の世界に生きる私たち、これは神様が決めた境界なんだなぁ。どちらが良かったかとか、どちらが幸せだったとかは意味がなく、いつの時代でも造られた者は謙虚でありたいと再確認しました。

(Mi)

***
・ 出発前に飲茶のブランチを食べて来て正解でした。Nelsonのゴーストタウンにはレストランは現在は無いようです。
・ 鉱山ツアーは大人4人から催行し、料金は13歳以上は$12,50、5歳~12歳は$7,50、5歳以下は無料。(2016年6月現在) ツアー時間は確認が必要です (702) 291-0026 
*** 


下のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.