LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   20171127photokazu.jpg


早いもので感謝祭も終わり、2017年の大きなイベントもクリスマスを残すのみ!皆さん、クリスマスを迎える準備はいかがですか?

年々、アメリカのクリスマス商戦の開始時期は始まり、夏にはクリスマスグッズが店に並び始めるのを見ます。知り合いの中には、その頃からクリスマスギフトのお買い物を始める人達もいます。

ラジオでも10月末ころからクリスマスソングを耳にしはじめます。教会では、11月に入ったころからキャンドルライトサービスに向けたクワイヤーの練習が始まったり、感謝祭後あたりからクリスマスソング=イエス様ご降誕を喜ぶ賛美が増え始めるような気がします。

個人的にはここ数年は、クリスマスソングを耳にし始めるころから、聖書のどの箇所を読み進めてクリスマスを迎えようか?考え始め、12月頃からその聖書箇所を読み進めているような気がします。

今年は、約1週間程前から4福音書のイエス様ご降誕に関する箇所をマタイの福音書から順に読み始めました。固有名詞、特に人の名前にメッキリ弱い私は、今まではマタイの福音書の1章はさーーーっと目を通す箇所だったのですが、今回始めて、1章2節~17節のアブラハムからダビデ王までの14代
ダビデ王からバビロン移住までの14代、バビロン移住からイエス様のご降誕までの14代
という系図に目が留まりました。そこで、その系図や背景、そして旧約聖書にあるイエス様ご降誕に関する預言箇所を来週あたりから読み始め、賛美と共にクリスマスに備えたいと思います!

1年の中でも一番華やかなイベント、クリスマス☆
私達の救いの為にこの世に来てくださったイエス様のご降誕を、大いに喜び、お祝いしましょう!♪

マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」  このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。  「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。) (マタイの福音書1:21-23)

(KS)

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.11.29 14:21 | その他
incarnation.jpg 

  神が不変であるというのは、神の性質は永遠に変わらないという教えです。神の人格、属性、存在は変わることがありません。神は常に愛であり、聖であり、義であり、全知・全能であり、また遍在される方です。これらは神の性質なので決して変わることはありません。では、私たちは"言の受肉"と神の不変性の教義をどのように調和させることができるでしょうか。その答えは、三位一体と受肉、そしてキリストの二性に関する教義を理解する必要があります。
  三位一体の教義は、唯一の神が父・子・聖霊という三つの人格において存在するというものです。子(イエス)は言が肉体となられた方です。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。・・・・・そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。・・・・・(ヨハネ1:1、14)」。 
  聖書はまた、イエスが二つの性質を持っておられることを教えています。つまりイエスは神であると同時に人であるということで、これは"位各的結合"の教義として知られています。イエスは、今なお神であり人でもあるということです。イエスは一人の人として二つの性質を持っておられ、一人の内に神性と人性が結び合わされているのです。この結びつきによっても神性は全く変わらないのです。
  そこで注意すべきことは、神性が人性と結合し、神人間とも言うべき新しい性質の存在になったというのではないのです。それはキリスト単性論(monophysitism)として知られるもので間違った考えです。この二つの性質は、互いに関わり合い、それぞれの属性が一人の方のものとされているのです。これはラテン語でcommunicatio idiomatumと呼ばれていますが、このラテン語の熟語は"特性の伝達"を意味する言葉で、言い換えれば、キリストのうちに神と人とのそれぞれの属性があるということです。
  たとえばその証拠として、ヨハネ17:5で、イエスは「父よ、世が造られる前に、わたしがみそばで持っていた栄光で、今み前にわたしを輝かせて下さい」と言っておられますが、人間イエスは、世が造られる前に父のそばで持っておられた先在と栄光を所有する権利を主張しておられるのです。これはイエスが神と人との二つの性質を持ち、神性の特質が一人の人キリストのうちにあるからです。
  言(ロゴス)は、他のものがその性質に加えられても変わりませんでした。受肉に関して言えば、それは神であるキリストの位格の中に人性が加えられることによって二つの異なる性質がイエスの内に同時に存在するようになったということです。
  ですからパウロは、「キリストにこそ、満ちみちているいっさいの神の徳が、かたちをとって宿っており(コロサイ2:9)」と言っているわけです。ここでは神の不変性が問題となっていますが、言は人性と混合することによって新しい第三のものに変わらなければなりませんでした。これは、それがもはや"言"ではなくなったことを意味します。それは"言が人となった"性質であり、神であると同時に人間であるという、新しい第三のものです。
  さらに受肉の教義は"神の言"のいかなる変化も否定します。それは単に"言"が肉体となった(その性質が変わったという意味ではない)のであり、"言"が人性と共にキリストの位格の内に宿り、そのためにイエスは二つの異なる性質を持っておられるのです。
  したがって、私たちは神格がキリストの受肉を通して人間の属性にあずかったと結論付けることができます。しかし、神格は全く変わってはいないのです。

LVJCC牧師:鶴田健次


ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.11.27 01:00 | キリスト教 Q & A

牧師室より#362「天の故郷を目指そう」_convert_20171125034554 


『天の故郷を目指そう』(へブル11:1-16)

 

 松尾芭蕉の『奥の細道』の冒頭に、「月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして行きかふ年もまた旅人なり」という有名な言葉があります。これは、月日というのは永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、また来ては去り、去っては来る年も、同じように旅人であるという意味です。  


 このように、人生が旅であり、私たちは旅人であるという考え方は、日本人には馴染み深いものです。しかし、日本の思想では、人生の旅の行き着く先が見えません。それに対し、聖書は、はっきりと行き先を示しています。それは「天の故郷」です。


 パウロは「わたしたちの国籍は天にある」と書いていますが、クリスチャンの人生は常に天国を目指して進む旅であるということができます。そして、その旅を最も幸いな旅にするために必要なものが信仰なのです。 


 ①信仰とは、見えないものを信じること

   

 ヘブル11章1節にあるように、信仰とは、まだ見えていない将来のものを、もうそこにあるかのように見ることです。すべての偉大な働きは、誰かが前もって、まだ見えていない将来のものを見るというところから始まっています。


 たとえば、もしジョン・ F・ケネディが、『人間を月に立たせよう』と言わなければ、誰も 月面に立てなかったでしょう。クリストファー・コロンブスは、地球が丸いと信じ、航海を続けていれば、いずれ地図に載っていない国を発見できると疑いませんでした。だから、その考えを信じない船員たちがどれだけ反対しても、彼は航海を続け、ついにアメリカ大陸を発見できたのです。  


 信仰とは、まだ見ていないものを信じることです。しかも何も見えないところで、それを信じることです。聖書の世界は、『信じれば見える』という世界です。信じなければ見えない世 界があります。また、信じなければ、目標に向かい続けることもできないのです。

    

 ②信仰とは、惜しみなく捧げること

  

 11章4節を見ると、「信仰によって、アベルはカインよりもすぐれたいけにえを神にささげ、そのいけにえによって彼が義人であることの証明を得ました」とあります。


 ここで解かることは、捧げることと信仰は切り離せない関係にあるということです。献金は信仰のバロメーターと言われます。それは神を第一にしているかどうかを見る具体的な方法だからです。私たち創られた者にとって、創り主なる神を第一にすることは何よりも大切なこと で、それが祝福の道であり、創造の秩序です。  


 また、私たちはその秩序に従って生きるときに祝福されます。ですから、神は私たちが祝福された人生を生きるように、私たちが神を第一にすることを導かれるのです。神は、私たちのために命を捨てて下さった主イエス・キリストに心からの感謝と献身の心で捧げる者に霊的祝福と経済的祝福を約束しておら れるのです。   


 ③天を待ち望む信仰

   

   ピリピ 3章20節に、「けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます」とあります。


 死後の事について、私たちはしばしば希望的観測として天国に行きたいと言 いますが、ここで言われているのは、そういう意味ではなく、もっと確かなものとして、「私たちの国籍は天にある」と語られています。なんという希望に満ちた約束でしょうか。 


 9節を見ると、「アブラハムは約束された地に他国人のように住み、また天幕生活をした」とありますが、なぜ神はアブラハムを召された時、住み慣れた土地から導き出して、旅人、また寄留者としての生活をさせられたのでしょうか。それは信仰によって、彼が神を仰いで生きるということに目が開かれるためでした。


 旅人や寄留者は、普通ならば、必らず元の場所に戻るのですが、アブラハムや信仰に生きた人たちは戻ることもできたのですが、戻ることをせず、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故 郷にあこがれたのです。


今日の一言:天の故郷を目指そう


鶴田健次 



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.11.25 03:46 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.