LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Earth_convert_20170930062134.jpg 


宇宙に浮かぶ美しい地球


 真っ暗な宇宙空間に浮かぶ青い地球。人類初の宇宙飛行士ガガーリンは「地球は青かった」と言いました。宇宙飛行士が撮った地球の写真を見れば、地球が青い球体であること、また、その地球が宇宙空間に浮かんでいることが誰にでも分ります。ところが、現代人にとっては当たり前のこの事実が、古代人にとっては考えられもしないことでした。


 古代人が宇宙を意識し始めた初期の頃は、彼らにとっての宇宙は、自分たちが住んでいる地球上のそのまた限られた地域に限られていて、宇宙の果ては海であったり、山であったりというものでした。


 たとえば、古代メソポタミア人は、大地の周りを高い山々が取り囲んでいて、天空はその山の上にのっているという風に考えていました。彼らの考えによると、太陽は天空を横切って、地下のトンネルをくぐった後に、再び東からの昇ってくるのだということでした。また、それ以外にも、古代バビロニアの宇宙観、古代エジプトの宇宙観、古代インドの宇宙観、古代中国の宇宙観など、古代の人々は、それぞれに独自の宇宙観を持っていましたが、そのどれもが今の私たちから見れば非常に幼稚なものでした。


 ところが、神の言葉とされている聖書は、今から3000年も昔に、すでに地球を宇宙空間に浮いている存在として描いています。


「彼(神)は・・・・地を何もない上に掛けられる」(ヨブ記26:7)


 当時は、もちろん人工衛星もないわけで、地球の外から地球を見ることなど不可能な時代でした。しかし、そのような時代に、聖書は既に、地球が宇宙空間に浮かんでいるという事実を明らかにしているのです。すべての人々が幼稚な宇宙観しか持ち得なかった時代に、現代人にしか知り得ないことを聖書が明らかにしているという事実は、まさに驚くべきことです。それは、時間を超越して存在する神が、その存在を示すために、後の時代にならなければ分からないことを、こうして明らかにしておられるのです。


 聖書の中の天地創造に関する記述(創世記1章)は、多くの人々に非科学的であると言われ、嘲笑の的にされてきたものです。人々は、長い間、地球、海洋、大気、大陸などの起源に関して、それが全くの空想的なものであるにもかかわらず、科学者(?)と称される人々の学説を根拠もなく支持してきました。しかし時代が進み、自然科学者たちの目覚しい研究成果によって、彼らの学説は空想的なものから科学的根拠に基づくものに変えられてきました。ところが何と、その彼らの研究成果は、聖書の記述内容を否定する方向よりも、それを裏づける方向に向いているのです。


 そこで聖書を神の言葉と信じる科学者たちは、自然科学の学問が完成に近づけば近づくほど、その学説は聖書の記述内容をさらに証明するものになると信じています。なぜなら、自然科学の学問は、神によって創造された自然界に見られる普遍的な法則性を探求するもので、神が創造された自然と、神が記された創造に関する記述は一致する筈のものなのだからです。


今日の一言: 聖書は最大の科学の書


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.09.30 08:34 | お知らせ

祈るママ_convert_20170928063146 


少し前のことですが、今年の夏は、ユースのマウントハーモンキャンプの引率のために、カリフォルニアに向かう機会が与えられました。行きの引率任務を終えて、数日で帰路に着く予定であった私でしたが、実は神様はこの私に、まったく違う計画を用意してくださっていました。


まずは、せっかくカリフォルニアに行くので旅先では別のアジェンダを用意していたはずなのに、それらがことごとく変更となり、マウントハーモンのキャンプ施設に留まり、結局並行して開催されていた大人の修養会に部分参加させていただく流れとなったことです。


そしてそれに伴い、宿泊施設もキャンプ場から歩いて5分ほどのところにある、Bed & Breakfastのお家の一部屋に空きができたから、使わないかというオファーをある方からいただたので、事前に手配していた宿をキャンセルして、シアトルからいらした中国人のカップルと数日お家を共有することになったのです。今になって思うのは、まさに神様の必然的なご計画としか思えない出会いを実現させるために、神様がいろいろ配慮してくださったのだと知りました。このカップルとの出会いから、神様は私にとても大切なことを伝えてくださいました。


ある夜、奥様のM姉は、2人の息子さんが思春期を通った時のことをこのように話してくれました。


「子供達が思春期の時は、気がついたことを子供に話せば話すほどぶつかり合って、討論が絶えず、お互い疲れ果てた状態が続いた時があったの。それで、ある時から、私は子供たちに直接話すことをやめて、ただ神様に子供達のことを祈ることにしたの。神様、このことをXXに伝えてくれませんか?とか、神様、あの子のこういうところに苛立ちを覚えるのですが、なんとかしてくれませんか?。。と言うように。。。子供達に、神様を通して間接的に話すみたいに、ただただ祈ることだけに専念したのよね。」


それからと言うもの、子供達に変化が見え出したそうです。自分たちに一切苦言を言わなくなった母親に対して、優しさや思いやりも見え隠れし出したそうです。そして祈る母の姿を見て、自分が祈られていると体感するようになっただけでなく、さらには、今度は子供たちも祈るようになったと言うのです。


このように祈りの大きな力について、証ししてくださいました。


なるほど納得のいくお話を聞いた私も、早速神様に子供のことを話すことを始めてみました。時には、子供に対する愚痴セッションに発展してしまいそうな祈りの時もありますが、直接子供に伝えるよりは、いつも忍耐をもって私の話を聞いてくださる神様に話す方が断然話しやすいし、効果的です。そんな愚痴セッションの終わりには、神様は子供にではなく、私自身に気づきを与えてくださることがほとんどです。


またM姉は、Moms in Prayer Internationalというミニストリを紹介してくれました。


このミニストリーは、同じ学校に通う子供たちのママたちが集まって、生徒、教員、学校関係者、学校施設などなど、子供達に関わるすべてについてグループで祈ることを実践しているミニストリーで、各学校ですでに結成された祈りのグループに参加するか、まだその学校にグループがない場合は、発足するためのリーダー育成など世界的に幅広く活動し、祈るママたちを支援しています。


特に霊的仮死状態とも言われる今の時代を生きる子供たちには、「祈り」がとても必要だといままで以上に実感じています。また私たちの目では見ることのできない霊の戦いに勝利する最も大切な鍵となるのも、「祈り」です。そして、何よりも自分が祈る親にならなければいけないと気づかされました。


この大切なことを教えてくださるために、必然的な出会いを実現してくださった神様に感謝です。


私たちの教会では、毎週、月、水、金朝6時半からの早天祈祷会、水曜夜6時半からの祈祷会に加え、先週から水曜昼10時からの祈祷会が始まりました。ここ数年ずっと参加できておらず、まだまだ祈りの生活が確立できていない私ですが、久しぶりに昼の祈祷会に参加できるようになり、この祈りの力を体験できました。これからもますます、一緒に祈るたくさんの兄弟、姉妹、そしてママたちに励まされ、一緒に祈る機会が起こされていくことを楽しみにしています。


何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。

 第一ヨハネ5:14


YK



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨



2017.09.28 06:32 | お知らせ
biblestudy.jpg 
 聖書は神の霊感によって書かれた神のことばですが、それはBC1500年から1600年もの歳月をかけて書かれたこともあり、聖書の著者と私たちとの間には、時間的にも文化的にも地理的にもいろいろな隔たりがあります。

 したがって、著者の意味するところ、また神ご自身が意図されたことを正しく理解するためには、そこに書かれている事柄の歴史的背景を知り、当時の風俗、習慣を知り、さまざまな地理的要素を知る必要などが生じてきます。そこに聖書解釈学の必要性があります。

 確かに、そういう事を知らなくても理解できる聖書箇所もあります。しかし、ではなぜ私的解釈や異端的解釈が生まれるのかというと、それはすべて聖書解釈の原則を無視しているからです。ですから、聖書を正しく読み、正しく理解するためには、聖書解釈の原則を知る必要があるのです。

 聖書は、それ自体に、聖書を理解する手がかりが含まれています。従って、聖書は聖書によって解釈すべきであり、他のいかなる解釈の枠組にも依存してはならないのです。そこで新約聖書によって旧約聖書を、旧約聖書によって新約聖書を解釈する中で、以下のような原則を知っておく必要があります。

文脈を読む
 まず聖書を解釈する最初の原則は、文脈を読むという原則です。聖書の中のどのような記述も、文脈から切り離して解釈してはなりません。この原則によってこそ、新約聖書と旧約聖書は互いを解釈し合うことができるのです。(例)ヘブル書2章6-9節は詩篇8篇4-6節を解釈しています。

普遍性の原則
 聖書の記述は普遍的なものであり、啓示された真理は、いつの時代にも適用されるものです。また聖書はすべて、神の霊感によるものなので、ただ普遍的であるだけでなく、常に私たちの必要を満たしてくれるものです。ですから私たちは、置かれた状況に神の御言葉を合わせようとするのではなく、いつも御言葉の教えに従って行動するよう努めなければなりません。

聖書の記述に基づくこと
 聖書を正しく理解するためには、聖書が語っていないことに基づいて論じるべきではありません。新約聖書には、神の計画の完全な青写真があります。ですから、それに基づき、それに従うことが大切なことです。聖書に書かれていないことを主張すれば、聖書がすべての点で十分であることを否定することになります。

最初に記された記述の重要性
 私たちは最初に記された記述の重要性を軽く見てはなりません。一つの真理に関する最初の記述には、その真理の重要な要素が含まれており、聖書の他の部分で神の啓示が示されていくにつれて、それがさらに詳しく説明されています。(例)アブラハム契約

文法の原則
 言葉が意味を持っている以上、言葉の文法を理解することにも注意を払わなければなりません。聖霊は、文法も注意深く用いられました。たとえば、ガラテヤ書3章16-18節においてパウロは、「子孫」という名詞が創世記17章7節では複数形ではなく単数形であるという事実から、正しい解釈と誤った解釈との区別をつけることができました。

時間的隔たりの原則
 聖書が記された当時と私たちの間には、時間的な隔たりがあります。したがって、当時の人々にとっては普通の事が、今を生きる私たちには理解できないということがたびたび起こります。ですから、そこに書かれていることの歴史的背景を知る必要があります。

文化的隔たりの原則
 聖書の多くは、ユダヤ文化という文脈の中で書かれています。ですから、当時のユダヤ人たちの習慣や言語を知ることも、そこに記されていることを正しく理解するためには重要なことです。

地理的隔たりの原則
 聖書の中には、パレスチナの地形や気候を前提に語られたものが多く見られます。特にイエス様のたとえ話などは、その前提で語られていることが多いので、当時のパレスチナの地形、気候などを理解する必要があります。

記述の量が重要性の目安
 あるテーマが神と神の民について重要である場合、聖書の多くの部分がそれに費やされています。信仰、義認、十字架、宣教などについての記述が多いことは、これらのテーマが重要であることの証明であり、この原則が正しいことは、聖書が重要な霊的事項については多くの部分を割いていることから明らかです。

区別の原則
 この原則は、文脈の原則と密接な関係を持っていますが、律法と恵みを区別することが必要であるだけでなく、教理的な真理と実際的な真理、救いと報い、イスラエルと集会、二回の来臨、キリストのからだなる教会と信者の地域的な集いである教会との区別なども必要です。

LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.09.26 06:59 | キリスト教 Q & A

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.