LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

jesusmaryjosph.jpg 
  マリア崇拝とは、聖母マリアを崇拝することですが、これは明らかに聖書の教えに反する行為で、カトリック教会でも禁じられていることです。ところが、多くのカトリック教徒の中にマリアを崇拝している現実があり、プロテスタント教会の人々にカトリック教会がマリア崇拝を教えている、という誤解を生んでいるようです。

  また、有名なフランスのノートルダム寺院も、その名前は「私たちの貴婦人」という意味で、聖母マリアを指し、これと同じ名前を持った教会がカトリックの世界には数多くあります。あるいは、たとえマリアの名前を冠していない教会でも、マリアの聖画を掲げ、マリアを崇拝対象としているように見える教会がむしろ一般的です。また、カトリック信者が日常的に唱えるロザリオの祈りなどはマリア追憶のようなものです。

  さらに、カトリック教会はマリアの永遠の処女性を主張しており、ヨセフとも結婚せず、子供も産まなかったとします。したがって、聖書にあるイエスの兄弟に関する記述は都合が悪いので、彼らは従兄弟であると説明します。また、‘マリアの被昇天’(マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという教義)や、‘マリアの無原罪’(マリアはその原罪を免れているとする教義)などは、結果として、マリアを神性を帯びた存在とする主張へと発展するのです。このマリアが神性を帯びた存在であるとする主張の根拠は、イエスが救い主キリストであるとの主張の延長線上に出てくるもので以下の論点に基づいています。

1.イエスは救い主キリスト=神の子
2.神の子を宿すものは神的な存在であるはず
3.その神の子を宿したのはマリア
4.したがってマリアは神的な存在とならなければならない

  この理念がマリアを‘テオトコス’(神を生んだもの)と呼ぶことに執着を持たせることになります。しかし、後にイエスの人性・神性を巡っての論争で、イエスは人として地上に来た神の子であるから、その人性を無視した‘テオトコス’という言い方は良くないのでキリストの母と呼ぶべきだという論争が起きました。ところが、結局‘テオトコス’派に負けて異端とされて迫害される始末となりました。こうしてマリアの女神的あり方はどんどん突き進められ、多くの信者たちに崇拝の対象として受け止められていったようです。

  したがってマリアは、聖書の記述とは関係なしに、永遠の処女でなければならず、さらにマリアの被昇天、ついにはマリアの無原罪へとその主張は発展していったのです。

  また、宗教改革以前、一般の人々は聖書を読むことを厳しく制限されていました。それによって、聖職者階級は一般大衆に対する権力を保持できたからです。彼らは,“自分たちの領域”に一般大衆が立ち入ることを望みませんでした。

  1199年、教皇インノケンティウス3世は、聖書をフランス語に翻訳して討論までしている「異端者」に関し、主イエスの「聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません(マタイ7:6)」という言葉を引用し、「無学な平民が差し出がましくも、聖書の崇高さにかかわったり聖書から説教したりすべきではない」と主張しました。そして、教皇の命令に従わない人は、異端審問に掛けられて拷問を受け、信条を撤回しないなら生きたまま火あぶりにされました。

  教皇の勅令が出て間もなく、一般の人々が理解できる言語の聖書は焼却され始めます。そのような聖書の所有者が火あぶりにされることもありました。続く何世紀もの間、ヨーロッパのカトリック諸国の司教や支配者たちは、教皇インノケンティウス3世による禁令を確実に守らせるため、あらゆる手を尽くしました。

  カトリックの聖職者たちは、自分たちの教えの中に聖書にではなく教会の伝統に基づくものが多い、ということを知っていたはずです。信者たちに聖書を読ませないようにした理由の一つはそこにあります。そういう理由からも、多くのカトリック信者が自分たちの間違いに気づかず、聖書の教えでないことを信じて来たということも言えるのではないかと思います。

LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.05.22 06:38 | キリスト教 Q & A

牧師室より#335「神に対する信頼」_convert_20170520002743 


今日は、「神に対する信頼」ということを考えてみました。



「心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」(箴言3:5-6)



イスラエルの民が400年のエジプトでの奴隷生活から解放されたとき、彼らは自由を求めて歩き始め、最初の行き詰まりが紅海でした。両側には越えられない山があり、前方には海があり、そして、後ろには、エジプトの王パロが心を変えたために、彼らを捕らえようとするエジプトの軍隊の追跡がありました。イスラエルの民はまさに八方塞の状態に見えました。



しかし、神はご自分が何をしたいのかをよくご存知でした。神は決して間違いをされません。神は彼らに見えないものを見ることができます。神は紅海を開き、彼らはそこを通り抜けることができたのです。何年も後に、イスラエルの民は、その時のことを振り返り、こう歌っています。



「あなたの大路は海の中にあり、あなたの道は大水の中にあり、あなたの足跡はたずねえなかった。」(詩篇77:19)



あなたは今、経済的、精神的、あるいは人間関係で行き詰まっておられませんか。神はあなたのすべてを知り、あなたが知らない道を見ることがおできになります。もしあなたが神を信頼し、信仰によって歩むなら、たとえあなたにはどこにも道が見えなくても、神は必ず道を作って下さるのです。



あなたの前に神が用意された道は、最初は分からなくても、神を信頼し続けるなら、やがて分かるようになります。箴言4:18では、こう言われています。



「正しい者の道は、夜明けの光のようだ、いよいよ輝きを増して真昼となる。」 



やがて、あなたは永遠の光に照らされて、大きな展望が開かれるでしょう。そして、神があなたのために特別に選ばれた道の背後にある神の目的を知るのです。



「では、それまで私は何をすればいいのですか?」と言われるかも知れません。あなたは箴言3章が言っていることをすればいいのです。



「心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」



「自分の知識にたよってはならない」とはどういう意味でしょう。それは、あなたが自分で解かろうとしなくてもいいということです。実際、あなたが天国に行くまで、あなたの人生に起こることのほとんどをあなたは知らないのです。



忍耐強く歩みましょう。神はご自分で何をしておられるかよくご存知です。神はあなたにとっての最善をご存知です。神は既に最後の結末を見ておられるのです。あなたにはそれは分かりません。すべての問題、心の痛み、困難、そして遅れなど、あなたが「なぜ」と尋ねるすべてのものが、やがて神の愛の光の中で明らかになるのです。



しかし今は、私たちは神を信頼することを学んでいるのです。




今日の一言:どんな時にも神を信頼しよう。


鶴田健次




下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.05.20 00:28 | お知らせ
     20170517p1a.jpg
514日は母の日でした。この日の礼拝は日本から工藤弘雄先生ご夫妻をお迎えして、工藤先生に聖書のメッセージを執り継いでいただきました。聖書箇所はマタイの福音書1521-28節、タイトルは「母の切願に動く主の御手」でした。

ご存知のようにこの箇所は、悪霊に取り付かれた娘のために、カナン人の母がイエス様に助けを切願する場面です。

イエス様は、イスラエルの家の失われた羊のところに使わされている、というご自分の使命がありました。しかしカナンの女性は、娘を癒すことができる方はイエス様しかいないと信じ、強い信念を持ってご自身の信仰を貫かれ、ついに、「あなたの信仰は立派です。その願いどおりになるように。」と、イエス様に言わしめたのです。

カナンの女性の揺るぎない信仰が、イエス様の御手を動かしたのでした。

 

母の日にふさわしい内容の、心に迫るメッセージを感謝して受け取りました。

 

礼拝後には、教会に来ていた女性全員に、子供たちからバラの花が手渡されました。

家に帰り花瓶にいけると、今日は母の日なんだなーと、しみじみ日本にいる母のことを考えました。

私の母は93歳です。90歳近くまで自転車で買い物に行っていた母ですが、今はあっちこっち調子が悪いと、家に閉じこもりがちなようです。

 

母の人生は幸せだったのかなー、と思いました。戦争経験者の母、長男の家に嫁いだので、舅・姑・夫に仕えた母、4人の子供を出産した母、家族全員の世話を一人でしていた母、そんな母を小さいころの私は、「お母さんは働き者」というイメージで思っていました。

家族は、いつも母の作る食事を食べ、母が掃除した家に住み、母が洗濯した服を着て、母が薪でお風呂を沸かしてくれて家族みんなが入りました。

私たち娘はそんな母の仕事を手伝いながら、母と一緒の幸せな時間を楽しんでいました。

 

あるとき私は、母が泣いているのを見たことがありました。初めてのその姿に、とてもショックを受けました。10歳ぐらいの時だったと思います。

どうしたの?と聞くと、「大丈夫よ、ちょっとお腹が痛くて」と答えたのですが、子供でもウソだと直ぐにわかりました。ですが、本当の理由は尋ねませんでした。

私は母がかわいそうだと思って、ずっとそばにいました。そして学んだことがあります。それは、母も泣くんだ、私と同じ人間なんだ、という当たりまえのことでした。でも、後になって思えばそれは逆で、私が母と同じ人間だと分かった時でした。そして、母を泣かせるようなことを私は絶対しない、と思ったのでした。

 

 

私は毎年1度、母の誕生日のころ日本に帰国します。母が元気なうちに母を救わなければ、という一心で日本へ行くのですが、母に福音を伝えるのはそう簡単ではありませんでした。年々高齢になる母を前に、だんだん焦りが出てきて、福音を話そうとすると、「またその話?」と、いつも遮られて、もどかしい年月が過ぎていきました。

しかし約2年半前、カナン人の女性のような私の必死の祈りが主に聞かれたのでしょうか、御霊に導かれるまま、母に、このように切り出しました。

「お母さん、私は今からお母さんに、私の人生で得た一番大切なことを話そうと思ってるの。聞いてくれる? お母さんは、キリスト教の話はもうたくさん!っていつも言うけど、今日は最後まで話したいの。最後まで聞いてから、お母さんはYESNO を言えるから、心配しないでね。

話す前にお願いがあるんだけど、私はわかりやすく話すから、お母さんもまじめに理解しようという気持ちで聞いてね。じゃないと、お母さんの時間が無駄になるから。」

そう言うと、母は、いつもと違う私を前に、神妙な顔になって、「わかった。いいよ、聞くよ。話して!」と言いました。

 

私が話したことは、イエス・キリストを信じたきっかけ、理由、人間の罪、人が死ぬ理由、神様は人の心を見られる方、三位一体の神、神の子イエスが人となってこの世に来られたこと、十字架に掛けられ死んだ理由、よみがえられた理由、この世を去った後の世界、大体このようなことを話しました。

母は確認するように、たまに短い質問をしながら、本当にまじめに聞いていました。

私は母に、「お母さん、今の話、わかった?」と聞くと、母は「わかった。イエス・キリストって、そういう人だったんだね。初めて知ったよ。」と言いました。

「お母さんは、そういうイエス様を救い主だって信じる?」と聞くと、「信じるよ。」と、軽く言ったのでした。私は、ちょっと面食らって、「えっ? 何で信じるの?」と、とっさに出てしまった言葉に、母は、「だって、イエス・キリストは神様だから、人間の罪を一人で背負って、代わりに死んだんでしょ?そして、人間を生きさせてくれたんでしょ?」と言いました。

「そうよ。お母さん、さすが、頭いい!理解したんだね!」と言うと、「何言ってんの!今あんたが言ったばっかりじゃない。」と言うのです。口の達者な母でしたが、「じゃ、お母さんのために祈るよ」と言って、母が受け入れた祈りと、感謝の祈りを主に捧げました。

 

母の日に、この忘れがたい日のことを、昨日のことのように思い出しました。

 

「母に慰められる者のように、わたしはあなたがたを慰め、エルサレムであなたがたは慰められる。」イザヤ66:13

 

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログランキング」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.05.18 05:12 | 証し

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.