LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

                     blog 317 


今日は、”四人の人の物語”についてお話します。


私がこのチャールズ・オスグッドの詩と出会ったのはもう随分前のことです。それがとても面白い詩だったのでファイルしておいたのですが、それを思いがけず十数年ぶりに目にし、つい思い出し笑いをしてしまいました。有名な詩なのでご存知の方もたくさんおられるかも知れません。


実際、これは私たちの周りでよくあることで、人間の利己的で傍観者的な一面を見事に言い表している、とても示唆に富んだ詩です。まずは読んでみてください。原文と日本語訳の両方を記します。


This is a story about Four peoples : Everybody, somebody, Anybody and Nobody.


There was an important job to be done and Everybody was asked to do it. 

Everybody was sure Somebody would do it. 

Anybody could have done it, but Nobody did it. 

Somebody got angry about that because it was Everybody's job. 

Everybody thought Anybody could do it. 

But Nobody realized that Everybody wouldn't do it. 

It ended up that Everybody blamed Somebody when actually Nobody asked Anybody.


四人の人の物語 : Everybody, Somebody, Anybody, それにNobody.


皆でやらなければならない大切な仕事があった。

誰かがきっとやるだろう、と皆が思った。

誰でもやることができただろうに、誰もやらなかった。

皆の仕事なのに、と誰かが腹を立てた。

誰でもやれることだと皆が思った。

しかし、誰もやらないだろうとは、誰も気づかなかった。

誰かに頼んだ人は、誰もいなかったのに、最後には、皆が誰かのせいにした。


皆さんは、この詩を読んでどんな事を考えますか? 自分にもそんな一面があると思いますか? 自分の家庭のことなら自分の仕事と考えるかも知れませんが、公の事に関しては、つい誰かがやるだろう、と傍観者的になる人が圧倒的に多いかも知れません。そして、そういう人に限って、その事がちゃんとなされていないと、誰かを非難するのです。


国家を非難する人、社会を非難する人、自分の会社を非難し、教会を非難する人。

しかし、もし私たちが国家の一員、社会の一員、会社の一員、教会の一員ならば、それを良くするのは私たち一人一人の仕事であり、責任であり、気が付くことがあれば自分から率先してその欠けを補うべきではないでしょうか。


聖書は、教会をキリストの体にたとえ、一人一人のクリスチャンを体の肢体にたとえています。この”キリストの体神学”は、教会だけでなく世の中のあらゆる組織に当てはまる素晴らしい教えで、機能的な組織作りの土台として一般社会でも幅広く用いられているノウハウです。 


それは、人間の手や足や目や鼻や口がすべてその人のために存在し、働き、その人に最良の益をもたらそうとするように、組織に属している一人一人は、自分の能力を最大限に活かして、その組織のためになることを心がけるなら、その組織に最良の益をもたらし、自分自身の存在価値も高められるのだ、ということです。


あと二日で2017年が始まります。新年を迎えるに当たり、あなたも、「誰かがやるだろう」「誰かの責任だ」という思いを捨てて、「私がやろう」「私の責任だ」という思いで新しい年に臨んでみませんか? そうすれば、あなたが属するすべての組織において、あなたは無くてはならない人となり、2017年がきっとあなたにとって人生最良の年になるでしょう。


今日の一言: 2017年はきっと私にとって人生最良の年になる


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




2016.12.31 03:59 | 鶴田健次牧師より
20161228b.jpg

2016年もあと3日を残すばかりとなりました。

私たちのラスベガス日本人教会の2016年は、どのような年だったでしょうか。写真を見ながら振り返ってみたいと思います。 

 

13日 日曜日に、2016年の最初の礼拝・新年礼拝が持たれ、その2週間後1月16日~17日に、ベストセラーになった本「20万人の腰痛を治した背骨コンディショニング」の著者であり、背骨コンディショニングの創始者・日野秀彦氏が日本から来られ、背骨コンディショニングの体験会と施術をしていただき、翌日は礼拝で証しをしてくださいました。

20160116_1ab.jpg20160116_2ab.jpg
20160117_1a.jpg 
3月から、中央の大きい部屋にアクティビティールームができ、子供たちのアクティビティーミニストリーが始まりました。

元気いっぱいの子供たちが、体を動かしながら肉体的にも精神的にも健康になり、協調性を身に付け、神の家族である意識を高め合えるようにという願いから始まった新しい試みです。

20160221_1.jpg 20160221_2.jpg 
323日水曜日の夕方、「音のリボン・コンサート」が持たれました。音のリボンは、様々なハンディを持ちながらピアノ演奏や楽器演奏をする日本のグループです。
教会外の方々もたくさん来られ、皆さんが大きな励ましをいただいた素晴らしいコンサートでした。
20160323_1a.jpg 
20160323_2a.jpg 
327日はイースター礼拝でした。礼拝後は子供たちの御言葉暗唱や日本舞踊など、お祝いのパフォーマンスを皆さんで楽しく鑑賞しました。
20160327_1a.jpg 
20160327_2a.jpg 
57日土曜日には教会で「きものバザー」を開催しました。この売り上げは、教会のビジョンである敬老ホーム建設の資金の一部に充てられています。
20160507b.jpg 

58日は母の日。礼拝後にサンデースクールの男の子たちがショートパフォーマンスを披露してくれました。その後で、教会の男性陣が、即興で「かあさんの歌」を歌ってくださいました。

20160508_1a.jpg 
20160508_2a.jpg 
515日のペンテコステ礼拝は、日本から工藤弘雄先生をお迎えして、礼拝のメッセージを取り継いでいただきました。礼拝後はポットラックランチョンで楽しい交わりをさせていただきました。
20160515_1a.jpg 
87日の礼拝は、3年前に天に召された内田光紀姉妹の昇天を記念し、礼拝の一部を光紀姉妹のメモリアルとして主にお捧げ致しました。日本から内田さんご一家が来られ、お母様が光紀姉妹の信仰の遺産を受け継いで救われた時の証しをされました。
20160807_1a.jpg 
20160807_2a.jpg 
821日は、教会設立14年目の記念礼拝が行われました。礼拝後には、祝いの舞が披露されました。
    20160821a.jpg 

919日 月曜日夕方6時から、海外年金相談センターの市川俊治氏による「年金・国籍・老後の日本帰国」に関する講演会が開かれました。一般参加者が多数お見えになり、質問も多く、大盛況でした。

20160919_1a.jpg


1023日の礼拝にはカリフォルニアからNCM2 Choir (ゴスペルコーラスグループ)をお迎えし、賛美礼拝が持たれました。その中で、ユリ姉妹が、お母様が救われた時の証しを話してくださいました。

    20161023a.jpg  

1221日 水曜日6時半から、キャンドルライト・サービスが行われました。

20161221a.jpg 
1225日はクリスマス礼拝が行われ、礼拝後には子供たちが慣れない楽器を上手に演奏して、会場からは拍手喝采でした! ハレルヤ!!

20161225_2a.jpg 

20161225_3a.jpg 
今年最後の教会イベントは、(今夜)1228日 夜6時半から行われる恒例の「望年祈祷会」です。年越しそばをいただき、今年1年の恵みを分かち合うとともに、新しい年への望みを語り合います。どうぞお出かけください。

 

皆様、今年もラスベガス日本人教会とLVJCC Blog を支えてくださり、心から感謝致します。

2017年が、皆様にとって主にあっての最高の年となりますようにお祈りしております。

 

MU

  

ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2016.12.28 11:04 | 教会イベント
Numbers-6-24-the-Lord-bless-you.jpg 
みなさまの2016年は、どのような年でしたか?
私の1年は、本当に多くの恵みを主からいただいた年でした。
と同時に、難題、課題も多かった年でもありました。
しかし、難題、課題があったので、主が共に居てくださる事を感じながら、歩むことができましたし、今までで一番心に平安があった一年だったのではないかと思います。

また、2016年頭には、突然このBlogのご奉仕を与えられました。何が?どうなって?私がこのご奉仕を与えられたのか? 全く分からず「誰が何時決めたんですか??どうしてですか?」と長い間悩みましたし、更に何故か私が執筆することになってしまいましたので、どうにか逃れる方法を探しました。
しかし、今考えてみると、このご奉仕は間違えなく主が与えてくださったご奉仕でした。
2月頃から私も執筆を始めましたが、主は私以外に共にこのご奉仕をする姉妹3人も同時に選んでくださいました。
生活環境も仕事も全く違う、個性が光る 姉妹4人の真ん中に主がいてくださり、導いてくださいまいした。
4人で共に励まし合い、主を讃え合い、2016年のブログのご奉仕をさせていただけたこと、そして無事このように2016年の最後の担当Blog執筆を終えることができることを感謝いたします。

奉仕は、主への感謝として奉げるものであると言われますが、しかし、それ以上に奉仕を通して主が多くの事を与えてくださいました。

新しい2017年、主はラスベガス日本人教会、そしてそれぞれの主を信じる方々の上にどのようなご計画をお持ちであるか分かりませんが、主が共に居てくださるこの上ない幸いを思います。

みなさまの2017年も主とともに歩む皆様の信仰生活が、ますます祝福されますようにお祈りします。

最後に、読者の皆様、ブログを更新した後にTextをくださった姉妹方に心から感謝いたします。

KS

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.12.27 05:20 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.