fc2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

baptist1.jpg 
 
  キリストの公生涯の期間は一般には3年半ほどと言われていますが、実際には断定できる情報はありません。公生涯の期間ですから、公生涯の始まりと終わりが分かれば、簡単に計算できそうな気がしますが、実はそう簡単ではないのです。

  公生涯のスタートはルカの福音書が記しているように、「皇帝テベリオの治世の第十五年」(ルカ3:1)と単純に言いたいところですが、ルカが記しているのはバプテスマのヨハネが活動を開始した年代なので、そこから一体どれ位の期間が過ぎてキリストが洗礼を受けられたのかは記されていません。仮にほとんど数ヶ月もしないうちに洗礼を受けられたとしても、問題が二つ残ります。

  一つは、「皇帝テベリオの治世の第十五年」が西暦では何年のことかという問題です。皇帝テベリオはその前の皇帝アウグストと共同統治の時代がありました。第十五年というのはその共同統治も含めてのことか、それとも単独の統治になってからのことかは不明なのです。

  二つ目の問題は、公生涯の終わりに関して、年代を推測できる確かな情報がないということです。もっとも何もないわけではなく、ポンテオ・ピラトがユダヤの総督の時代に、ニサンの月の14日が金曜日になるユダヤ教の暦の巡り合わせから、キリストの十字架は紀元27年、30年、33年、36年のいずれかという可能性が挙げられています。

  キリストの公生涯がどれ位であったのかというその不確かさは、ルカの福音書が記している、公生涯の初めがおよそ30歳であったとする記事から出発して考えてみても結果は同じです。キリストの十字架が何歳の時であったのかが記されていないので、結局、公生涯が何年続いたのかは分からないままなのです。
 
  では、一体どんな方法でキリストの公生涯の期間を知ることができるのでしょうか。それは、キリストが公生涯の中で何回過越の祭りを過ごされたかという記述に基づいて公生涯の長さを推測する方法です。ヨハネの福音書によれば、まず2章13節に最初の過越の祭りについての言及があります。そのときキリストはエルサレムに上られました。 二回目の過越の祭りについての言及は6章4節です。五千人の人々に五つのパンと二匹の魚から食べ物を分け与えられた奇蹟をキリストが行なわれたのは、過越の祭りが近づいた頃であったと言われています。そして、三回目の過越の祭りは、十字架につけられたときです。
 
  さて、これだと、過越の祭りから過越の祭りまでの年数は二回分しかありませんから、公生涯の期間は二年と言うことになります。ただ、最初に言及される過越の祭りの前にどれくらいの時間が経過していたのかは分かりませんから、公生涯の期間は長く見積もっても三年未満ということになります。

  ただし、ヨハネの福音書5章1節に出てくる「ユダヤ人の祭り」を過越の祭りと考えると、もう一年増えますから、三年以上、四年未満ということになるわけです。キリストの公生涯が一般に三年半であると言われるのは、この方法で計算したものなのです。

  では、マルコの福音書で同じ方法を使ったらどうなるでしょうか。マルコの福音書には一度しか過越の祭りのことが出てきませんから、どんなに長くても公生涯は一年未満と言うことになってしまいます。というわけで、キリストの公生涯の期間は、ヨハネの福音書の記述をもとに三年ちょっと、学者によってはマルコの福音書の記事だけをもとに約一年というふうにも考えられるわけです。

鶴田牧師


ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.12.20 03:12 | キリスト教 Q & A

ブログ315_convert_20161216171646 


今日は、”絶対に諦めない”ということについて考えてみました。


物事はいつも思い通りにいくわけではありません。むしろ思い通りにならないことのほうが多いかも知れません。


調子のいいとき、何でも上手くいっているときは、周りの人がたくさん寄って来て応援してくれますが、上手くいかなくなったとき、大変なとき、落ち込んでいるとき、果たしてどれだけの人がその人を受け止め、支え、励ましてあげることができるでしょうか。


また、大変な状況にいる自分自身、くじけそうで、諦めてしまいたくなるとき、くじけずに、諦めないで、前に進もうとする心を持つことは大切なことです。そして、そういう大変な中で、諦めずに前に進む姿が、反対に多くの人の励ましになるものです。


イギリス代表のデレク・レドモンド選手は、1992年のバルセロナ・オリンピックの400メートル走の優勝候補の一角と言われていました。


その4年前の1988年、ソウル・オリンピックのとき、彼は怪我のために試合に出ることができませんでした。それ以来、父親と二人三脚で、一所懸命に身体を鍛え、4年後のバルセロナ・オリンピックに臨んだのです。


待ちに待ったバルセロナ・オリンピックの400メートル走の準決勝でのことでした。優勝候補であったデレクを、父親は第3コーナーで固唾を飲んで見守っていました。ところが、デレクは150メートルのところで足に激痛を覚え、走れなくなってしまったのです。膝窩筋(しっかきん: 膝関節の後部の筋)の断裂が原因でした。


地面にしゃがみ込んだ彼は、激痛を覚えながらも最後までレースを続ける決心をし、立ち上がるやいなや、近づいて来た救急隊を振り切って片脚で走り始めました。


すると突然、止める警備員を突き飛ばし、一人の男性が観客席からデレクのところに走り寄って来て、彼を抱きかかえるようにして一緒に走り出しました。


彼の父親でした。絶望と苦痛の中でも試合を投げない息子を、ひとり放っておけなかったのです。


「もう走らなくてもいいんだぞ」 父親は言いました。


「いや、やらなきゃダメなんだ」 息子は答えました。


「じゃあ、一緒にゴールを目指そう!」 そう言って、父親は泣きながら歩く息子を抱きかかえるようにして一緒に歩きました。


ゴールの手前に来たとき、父親は息子にレースを完走させるため一人で歩くよう促しました。


6万5000人を超える群衆から総立ちの拍手喝采を浴びながら・・・・・デレクはゴールインしました。



今日の一言: 諦めなければ、絶対に失敗はない。



これが、その感動のシーンです。



鶴田健次


2016.12.17 01:55 | 牧師室より

世界の人々2a 

米国勢調査と国連のデータによれば、現在20161213日の世界の人口は約736900万人強1年間に約1億3千万人が産まれ、約6千万人が亡くなり、年間約7千万人の増加、1日では約20万人の増加だそうです。

聖書ヘブル人への手紙11-12に、「海辺の数え切れない砂のように多くの子孫が生まれた」とあります。本当にそのようになりました。

 

以前、「世界がもし100人の村だったら」、という番組が世界的に広まったことがありました。これは、世界を100人の村に縮小してわかりやすく解説したテレビ番組で、2001年(日本では2003年)の放映でした。

そして現在、2016年版が動画で見られます。


     


15年経って2016年現在、もし世界が100人の村だったら、


50  女性

50  男性です。

 

そのうちの

60人が   アジアに住む人々で、

14人が   南北アメリカに住む人々、

15人が   アフリカに住む人々で、

ヨーロッパに住む人々は11人です。(2001年では、70人が有色人種で30人が白人。)

 

村人を年齢別で見ると

0歳~14歳が       30人、

15歳~24歳は     20人、

25歳~54歳は     40人、

55歳~64歳は     5人、

65歳以上は         5人です。

 

宗教では、

キリスト教徒が      31人、

イスラム教徒が     23人、

ヒンドゥー教徒が   15人、

仏教が                7人、

16人がその他の宗教だったり無宗教の人たちです。

2001年では、33人がキリスト教、19人がイスラム教、13人がヒンドゥー教6人が仏教。)

 

村人は、

中国語を話す人が          12

スペイン語を話す人が     6

英語を話す人が              5

ヒンディー語を話す人が   4

アラビア語を話す人が     3人で

他の                             70人は他言語を話す人々です。

文字の読み書きができる人たちは86人いますが、14人はできません。

 

村人の1日の収入は、

15人が                          2以下、

56人が                          2~$10

13人が                          10~$20

9人が                            50~$90

そして$90以上の収入のある人がたった一人います。

その人は村人全員の収入の半分を一人で儲けます。

2001年では、6人が59%の富を握っていてその殆どがアメリカ合衆国の人。そして、74人が39%の富を握り、残りの20人が、わずか2%の富を分けあっていました。)

 

健康に関しては

63人が   健康

21人が   肥満

15人が   栄養不足

空腹で死にそうな人が一人います。

 

きれいな水が飲める人は87人、

他の人はきれいな水が飲めません。

 

また、屋根があって寝る家がある人は 77人、

家の無い生活をしている人は 23人います。

2001年では、75人は食べ物の蓄えがあり雨露をしのぐ住居に住んでいますが、25人は食べ物も住居も無い生活を送っています。残り17人は安全な水を飲むことすら困難な生活でした。)

 

村人の

44人は インターネットが使える生活をしていますが、

56人は ありません。

2001年では、コンピューターを持っている人は2人でした。)

 

携帯電話を持っている人は        75人います。

持っていない人は                     25人。

 

大学に行った人は           7人、

行ってない人は               93人です。

2001年では、村で1人だけ大学教育が受けられました。)

 

 

世界人口73億人が対象では見えなかった問題点が、100人の村では近くに見えて来​ました。

動画の最後で、「もしも、世界が100人の村だったら、私たちは皆平等に暮らせるように努力をするのでしょうか?」 と問いかけています。

あなたはどう思いますか?

どのように行動しますか?

 

聖書の黄金律 「自分にしてもらいたいことを他の人にもそのようにしなさい」という言葉が頭に浮かびました。

また、聖書の言葉に、「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」とあります。(コリント人への手紙 第一 13:13

 

MU

  

ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2016.12.14 18:23 | その他
Jesus-is-the-Reason-600x345.jpg 

イエス様のご降誕を祝うクリスマスまで、2週間を切りました。
クリスマスの準備に忙しい方々も多くいらっしゃると思います。
クリスマスカード
クリスマスツリー
クリスマスディナー
クリスマスプレゼント
来客
考えるだけでも気が遠くなりそうです。。。

私事になりますが、約1週間程前に家族に新しい命が与えられました。
その事もあり、ほどんど何の準備にも手が付けられていない状態です。
と同時に、この与えられた命を通して、イエス様のご降誕を今までとは違う角度から思い、考える機会が与えられています。

肉的には、可愛い可愛い小さな赤ちゃんと言うGiftを与えていただきましたが、霊的には、王の王、主の主、救い主! イエス様と言うPerfect Giftをいただいています。
この新しい命の誕生の喜びを思う時、イエス様のご降誕がもっともっと嬉しく、そしてありがたく思えました。
そして、聖書にある救い主に関する預言やイエス様の誕生の御言葉に触れたくなり、ラジオから流れるクリスマス賛美の言葉が今までより心に響きました。

救い主の誕生!
なんと嬉しいことでしょう!!

今年のクリスマスは、To Doリストに振り回されながらではなく、心穏やかにイエス様のご降誕を喜び、救われていない家族や友人と本来のクリスマスの意味を考える機会をつくり、物のプレゼントだけではなく、イエス様と言うPerfect Giftを伝えるクリスマスにしたいと思いました。

Jesus Christ is the Reason for this Season !

ヨハネの福音書 第1章16節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2016.12.13 02:08 | その他

 blog 314


今日は、どうすれば賢者になれるかを考えてみました。


世界で最初のクリスマスの出来事です。

聖書にこう書いてあります。


イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。(マタイ2:1-2)


もしあなたが賢者になりたければ、あの東から来た三人の博士たちがした事と同じ事をすればいいのです。


彼らは真理の探求者でした。

彼らは本当に真理を知りたいと願っていました。

彼らは神に関する真理を知ることを後回しにしませんでした。


彼らは何と尋ねているでしょうか。「ユダヤ人の王としてお生まれになったかたは、どこにおられますか」と尋ねています。彼らはなぜこの真理に気付くことができたのでしょう。それは彼らが聖書を学んでいたからです。つまり旧約聖書にある救い主の誕生を星が知らせるというメシヤ預言を知っていたからです。


“賢者は今もなおイエスを探し求めている”という格言があります。あなたは主イエスを探し求めておられますか? 賢者は主イエスを探し求めるのです。実際、真理に関して言えば、この世には、通常、二種類の人がいます。それは、真理について考えるだけの人と、真理を実際に探し求める人です。


考えるだけの人は、口では真理を知りたいと言いますが、それを学ぶための努力をしようとはしません。彼らは真理を探そうとはせず、代わりに「神とはこういうものだ」というふうに、自分で勝手に神のイメージを作り上げてしまいます。


しかし、実際、彼らがどう考えるかは全く重要ではありません。彼らは神を、死んだ人間であったり、宇宙であったり、太陽であったり、自然であったり、動物であったり、と様々なイメージに想像します。ところが、本当に重要なのは、事実、神は誰なのかということです。真実こそが重要なのです。


それに対し、実際に探し求める人は、真理を見つけ出すために時間を使い、あらゆる努力を惜しみません。聖書は、もし私たちが心から主イエスを探し求めるなら必ず見出すことができると教えています。ですから、主イエスを見出すことに集中するならば、必ず見出すことができるのです。真剣に主イエスを探し求める者を、神は絶対に失敗させたりはなさいません。


三人の博士たちは、真理を見出すためなら、どこまでも探しに行く気持ちを持ってそのように行動しました。もしあなたがそれと同じようにされるなら、あなたは主イエスを見出す賢者になるでしょう。



今日の一言: 賢者は主イエスを探す人



鶴田健次 


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨



2016.12.09 19:18 | 牧師室より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.