LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   anzenunnten.gif 

「運転すると人が変わる」若しくは「運転があらい」人をご存知の方も多いのでははないのでしょうか? 私も以前4回程事故を起こしたくらい「運転があらい」タイプでした(です)。

ラスベガスの人達、いや訪れる町々の多くのドライバーには、その様なタイプの方々が多いように思います。特に最近は運転する事に恐怖感すら覚えるばかりか、恐怖感を越えて、滑稽に見える程アグレッシブな運転をする人が多くなっているのも事実です。

- 目の前や横のレーンの車よりトニカク先に行きたいから、ジグザグ運転を繰り返す。
- メイン通り、大きな通りに出る際、他の人の迷惑になろうとも、トニカク早く出たいから後続車の危険を考えず入り込んで、ブレーキを踏ませてしまう。
- 渋滞していて、どんなに前の車に近づいてもそれ以上進めないのに、前の車にピッタリくっついたり、プレッシャーをかけながら運転をする
等等

「安全運転」「譲り合い」と言う考えで運転している人より、「予定の時間に遅れている!」「A地点からB地点までとにかく早く移動したい!」と言う本能で運転している人、心や時間に余裕が無い運転をしている人が多いのではないでしょうか?
この様な運転で、目的地に早く着いたとしても、ラスベガスValley内の移動では、実はほんの数分なのです。 

untenjikan.jpg 

ほんの数分の為に、他の人を危険にさらしたり、事故の可能性を高めるだけでなく、運転している本人の心の平安も失います。最悪の場合、人の命を奪う事にもなります。

聖書の中に「イエス様は走って(大急ぎで)〇〇に行かれた」と言う記述はないように、イエス様は一歩一歩大切にこの地を歩かれました。
歩きながら町々で神の国について教え、愛を伝えてくださいました。

私たちも心に平安をもって、愛をもって運転すれば、綺麗な空や、木々・花が見えてきたり、道を譲った事で相手から「Thank you !」と言う笑顔付のジェスチャーをいただくことができ、喜びから大きな声で賛美を歌いたい気分にもなります!!!

私自身、未だに急いでいたり心がざわついている時は、余裕の無い運転をしてひやっとする事もありますし、忙しい時の数分はとても貴重な時間ではありますが、エンジンをかける時や家を出て直ぐに、安全と心の平安のために「運転中に心を主にあけ渡せるよう」お祈りすると、多くの場合とても穏やかに安全に運転ができ、賛美が口から出てくることを体験しています。

みなさんも一緒に、「イエス様の心で運転を!」を標語に 10-20分の通勤・運転時間を、賛美やイエス様との会話の時間に変えてみませんか!?

箴言第4章23節 
油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。

KS

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2016.10.31 17:10 | その他

          blog 308 


今日は、”人には負うべき重荷がある”ということを考えてみました。


新約聖書のガラテヤ書6章5節に、「人にはおのおの、負うべき自分自身の重荷があるのです」という一節があります。


この「重荷」と訳されている聖書原文のギリシャ語は、兵士が背負っている背嚢(はいのう)を意味しています。その背嚢には、食料や衣類、その他、兵士が生きていくために必要なものが入っています。ですから、それは確かに重い荷物なのですが、それ無しには兵士は生きていけないのです。


人が人生において背負っている重荷は、実は、この兵士の背嚢と同じようなところがあり、それは人が生きるためになくてはならない糧であると言えるかも知れません。誰でも自分から進んで重荷を背負いたいとは思いません。背負わされた重荷があれば、それから出来るだけ早く開放されたいと思うのが普通です。重荷などないほうがいいに決まっている、と誰もが言うはずです。


ある牧師に寝たきりの重病の妻がいました。その牧師は、はっきり口には出さないものの、重病の妻は自分にとって大きな重荷であっとことは間違いなく、正直言って、出来ればそれから解放されたいという思いがいつも心の片隅に、いや心の中心にあったそうです。


しかし、一方で、この重荷はどうしても自分が背負わなければならないという覚悟が揺らいだことはなかったそうです。できることならこの重荷から解放されたい、しかし、自分が背負わなければ、いったい誰がこの重荷を背負うことができるか、誰も出来ないに違いない、そう思ったそうです。


自分が背負わなければ、いったい誰がこの重荷を背負うことができるか、そういう重荷を人は誰でも人生において背負わなければならないことがあるのかも知れません。もしそうであれば、そういう重荷こそ、自分自身が生きていくうえで欠くことのできない背嚢だと言えるのではないでしょうか。


その牧師の人生の大半は重病の妻と共に過ごしてきた人生でした。人間は健康なときもあれば、病に臥すときもあります。重病になったからと言って、その伴侶を重荷と感じるのは身勝手と言えば身勝手です。場合によっては立場が逆転していたかも知れないのです。そうであれば、その重病の妻はその牧師にとって、重荷は重荷でも、それ無しには生きていけない兵士の背嚢という意味での「重荷」に他ならないと言えるでしょう。


夫婦の間に限らず、親子の間にも、兄弟の間にも、親しい友との間にも、この背嚢という意味での「重荷」が存在するかも知れません。それが聖書で言われている「おのおのが負うべき自分自身の重荷」なのではないでしょうか。


今日の一言: 人にはおのおの、負うべき自分自身の重荷がある



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2016.10.29 02:51 | 鶴田健次牧師より

   大洋の一滴a  

食欲の秋、運動の秋、読書の秋がやってきましたね。冬の寒さに向けて、心も体も蓄えの準備に入るこの時期、ふと我が家にある本の整理整頓をした際に、本棚で眠っていた一冊の本に再会しました。それは、「マザー・テレサ 100の言葉」という本です。 

今回は、偉大なるマザー・テレサが語る「100の言葉」の最初のページから与えられた思いを、皆さんにシェアしたいと思います。 

「わたしたちのしていることが、大洋の中の一滴にすぎないことを知っています。でもこのひとしずくがなければ、この大洋に、ひとしずくの水が足りないことになるのです。」 

今に始まったことではありませんが、日常生活の様々な場面で、しなければいけないことが次々に押し迫ってくる経験を繰り返しながら、必死で過ごしているように感じることがよくあります。そして、いくら頑張っても、その努力は所詮、微々たるものに過ぎないと思うと、頑張るのを一時停止したいと思うことだってたまにはあります。皆さんに中にも、状況は異なるものの、同じように感じられるときがあるのではないでしょうか。 
子供を持つ親として、日々繰り返されるルティーンや、目前のTo Do Listに紛れて、「Doing」に重きをおくようになり、まるで神様にあっての自分の存在「Being」さえも忘れがちになっているときもあります。
 

しかし日常生活で発揮される私たちの、小さな思いやり、小さな行動、小さな働き、小さな配慮、小さな優しさ、小さな寛容、小さな憐れみは、関わる周りの人にとっては、なくてはならないものなのだと、マザーの言葉が気づかせてくれました。 

神様のお働きに携わる時も同じなのではないかと思います。たとえどんなに小さな働きに見えたとしても、神様にとっては、神様のご計画にはなくてはならない存在であり、欠かすことができない重要な存在です。さらには私たちに何ができるから、また何をしないからといって、私たちに対する神の愛が変わるようなことは、決してありません。 

まるでパズルのピーズを一つでもなくしてしまうと、もうそのパズルは完成できないように、私は小さなピースではありますが、神様の偉大なるご計画の中にあるピースとして、神の御心を求め続け、従っていく者でありたい、そう心を新たにしました。
 

わたしたちという「大洋のひとしずく」を、神様はなくてはならない存在として、今日も、これからも、ずっと必要としておられます。そう思うと、この世でたった一人の自分という存在の尊さを感じずにいられません。そのように私たち一人一人を見ていてくださる神様に、今日も感謝の思いでいっぱいになりながら、私の霊が満腹になったと同時に、親として、子供の「Doing」ではなく、「Being」に注意深く居られる力が与え続けらるよう、祈りに導かれたのでした。 

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。
イザヤ43:4

 (YK)





下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.10.25 19:26 | 証し

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.