LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

winwin2_convert_20160430014129.png

今日は、‘Win-Winの関係’ということについて考えてみました。

人間関係は、いつの時代においても、豊かな人生を送るための大切な要因です。そして、さまざまな人間関係の中でもWin-Winの関係が最良の結果をもたらすものであることは周知の事実です。

あなたの人間関係はどうですか? 特にビジネスをしておられる方にお聞きします。あなたはビジネスの相手とWin-Winの関係を持つことをモットーとしておられますか? これはビジネスが栄え、豊かな人生を送るための重要な鍵です。

また、この原理はすべての人間関係において言えることで、夫婦関係、親子関係、職場での人間関係、友達との関係などあらゆる人間関係に適用されるべき大切な原理です。   

では、Win-Winの関係とはどういうものでしょうか? それは自分も勝ち、相手も勝つこと。つまり双方が満足できる結果を得るというものです。しかし、そのためには、まず、「与える者は得る」という聖書の教えに基づいて、互いに相手の益を先に考える心が必要です。

ところが、現実の世界では、Win-Loseの関係(自分が勝ち、相手は負ける)が最も多く、その他に、Lose-Winの関係(自分が負けて相手が勝つ)、Lose-Loseの関係(相手が負けて、自分も負ける。相手に勝たせるくらいなら足を引っ張って共倒れしたほうがマシ)などがあります。

Win-Winの関係は、素晴らしい結果がもたらされるにも拘わらず、それを実行する人が少ないのは、そういう心を持つことの難しさが人間の中にあるからで、それが生まれながらの自己中心の性質です。したがって、人は生まれたときからWin-Loseの考え方を植えつけられて育っていくのが悲しい現実なのです。

Win-Loseの考え方の危険なところは、価値判断の基準が常に相対的で、他人との比較や、周囲の期待に対する達成度でしか自分の存在意義を認められないことです。子ども時代からこういう好戦的な価値観を持ってしまうと、常に他人の顔色をうかがい、相手を出し抜くことで望む結果を手に入れようとするために、Win-Loseの考え方が身についてしまうのだと思います。

Win-Winなど綺麗事に過ぎない、と思う人もいるかも知れませんが、人生の目標は競争ではありません。私たちは、家族や同僚や上司、友達と、毎日、勝ち負けを競うために生きているわけではなく、むしろ協力し合うことによって、お互いが幸福になるために生きているのです。自分が幸福になるために他者を不幸にするWin-Loseの関係は、結局は自分を不幸にし、自分の人生を無価値なものにしてしまいます。

Win-Winとは、すべての人間関係において、お互いの益を求める精神のことで、お互いに満足できる合意や解決策を打ち出そうとする考え方です。人生を競争の舞台ではなく、皆で協力して完成させる舞台と見る、それがWin-Winの考え方なのです。

Win-Winの人間関係のスタートは、「与える者は得る」という普遍的な真理に立ち、お互いに満足する答えが必ず存在するはずだと考えることであり、人の成功は他者を犠牲にしなくても実現できるのだと信じることです。

今日の一言: すべての人とWin-Winの関係を持とう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.04.29 08:42 | 鶴田健次牧師より
     asa.jpg

天のお父様

平成28年4月14日21時26分頃発生した、熊本を震源としたマグニチュード6.5、最大震度7の地震。そして、その後の本震・余震で死亡された方々そしてそのご家族、お怪我をされている方々、お家や持ち物等を失われた方々、その他多くの被災された方々、余震の中での生活をされている方々は、色々な思いの中で一瞬一瞬を、日々を、この10日間を生きていらっしゃいます。その全ての方々の上に、あなたからの慰め・癒し・平安・知恵・力をお与えください。

ご家族・ご友人を喪われた方々の上に、あなたからの慰め、心の癒しがありますように。
お怪我をされている方の怪我を癒してください。

家を失われた方々に、平安の中で寝ることができる家を、生活の糧をお与えください。

車や農作物等、生活に必要な物を失われた方々に、生活の糧をお与えください。

避難生活をしていらっしゃる方々が一日も早く家に帰る事ができますように。

道路や架橋が壊れ、生活に必要な物が不足している地域にお住いの方々にも、生活の糧をお与えください。

透析や抗ガン治療等、医療を必要としている方々に必要な医療をお与えください。

壊れた学校が早く回復され、一日も早く子供達が学校に戻ることができますように。

通勤、通学、通院等に必要な道路や線路が早く修復されますように。

夫々の家庭、学校、仕事場、コミュニティに早く笑顔が戻りますように。

私達が祈り続けることができますように。また、あなたが示してくださる私達がすべき事を行う勇気と知恵、力をお与えくださいますように。

「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」詩篇119:105

私たちは明日のことをも知らずに生きている者です。主よ、どうぞあなたの光が被災された方々の行く道を照らし、すべての災いが転じて主の祝福が心に満ち、生涯の旅路の光となりますように。

イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。

アーメン


KS



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.04.27 07:40 | その他
       CrsFlw4.jpg

Q: 私はノンクリスチャンですが、キリスト教の教えも理解していますし、素晴らしい教えだと思います。しかし、天国や地獄と言われても、あまり実感も湧かず、自分のこととして考えられず、信じる必要も感じられません。どうしたら心から納得することが出来るのでしょうか?

A: これはちょっと回答者泣かせの質問ですね。しかし、実は、私もかつては同じ疑問を持っていました。おそらく、ほとんどの日本人が持つ疑問かも知れません。そこで私自身の経験をもとにお答えします。

まず第一に、40年頃前の私が天国や地獄の話しを聞いても、実感が湧かず、知る必要も、信じる必要も感じなかったのは、今から思えば、この重要なことを考えたり理解するために必要な枠組みが自分の中に出来ていなかったからだということを思います。もともと、死んだらすべてが終わりだというふうに思っていたので、天国や地獄の話を聞いても作り話にしか聞こえず、真面目に考えるべき事柄とも思えませんでした。

それはちょうど、数学の微分・積分の問題を解くのに、加減乗除(足算・引算・掛算・割算)だけを知っている小学生ではその問題を解けないので、微分・積分の問題を見ても興味も湧かず、自分が解く問題として考えられないのと似ています。ところが、学年が進み、中等数学の知識が身に付けば、微分・積分の問題を解くための枠組みが自分の中に出来上がるので、その問題を理解できると同時に、自分が解くべき問題として考えるようになるのです。

ですから、もし永遠の天国と地獄が本当の話であり、死んだ後に必ずどちらかに行かなければならないのであれば、これ以上に重要な事柄はないわけですから、その客観的事実を認めて、少なくともそれが本当の事かどうかを調べる価値はあるのではないでしょうか。そのためには、その事をよく知っているクリスチャンと話をする機会を持ったり、聖書を読んだり、教会に行かれるといいでしょう。そうしていくうちに必ず、あなたの中に天国と地獄について考え、またそれを理解できる枠組みが出来上がり、納得のいく理解へと導かれるのではないでしょうか。

もう一つ、天国と地獄が解からない理由は、私たちが目で見えるもの、耳で聞こえるもの、手で触れられるもの、つまり五感で感じられるものしか信じようとしない傾向があるからではないでしょうか。現実の世界で、目に見えるものだけを追い求めている私たちの多くは、精神的な世界や霊的な世界という目に見えない世界には無頓着です。たまに考えることはあっても、そういう事に特別に関心がない限り、直ぐに考えることをやめてしまいます。だから、多くの日本人は、そういう話を聞いても自分の事として受け止めようとしないのではないでしょうか。

天国も地獄もこの世のものではないので、自分一人でどれだけ考えてもなかなか解かるものではありません。これは神の支配の中にある世界です。したがって、神が決められた方法で知ることが一番の早道です。そこで神は、人間の方法(知識)で知ることのできないこの真理を、神の方法(信仰)で知ることができるようにされたのです。ですから、信仰なしにこの真理を理解することは不可能なことで、それは、あたかも中等数学を学ばないで加減乗除の知識だけで微分・積分を解こうとするのと同じです。

何事にも、その道の方法があり、順序があります。あなたが天国のことも地獄のことも理解できないのは、そもそも、あなたが神との関係を持っておられないからなのです。ですから、天国と地獄について心から納得するには、まず信仰のステップを踏み、分かれば信じるといういつまでも実現しない世界ではなく、信じれば分かるという世界に足を踏み入れていかれるといいと思います。

(LVJCC牧師: 鶴田健次)



下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2016.04.23 00:50 | キリスト教 Q & A

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.