FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

201508201603518e0.jpg
クリスチャンになって以来ここ数年、私は、一つの葛藤が解決されると息継ぎも無しにまた次の問題にぶち当たる事が当たり前になってきました。

何もない時は平安。。。と言うよりも、恥ずかしながら、むしろ霊性が下がり、聖書も読まない、祈りもろくにしない"神様への後ろめたいさ"と戦う自分に変身します。

私が最近、姉妹や兄弟が何らかのトラブルで助けが必要となっている時に出くわすタイミングは、私がいつも忙しい時など、この時にこのベストでないタイミング。。。という時だったりしました。

私はどちらかというと、今まで兄弟姉妹を助けるというよりは、助けられたりする方が多かったのですが、なぜか最近はこの"助け"を求められることが多々ありました。

その時に、何らかの事情により私の助けが日の目を見ない事が続きました。いつもはこんな事ではあまり気にしないのですが、この時は同じような事が数回続いた上に、そして私の家族にもそれをするために無理をさせてしまっていたので、心を痛めました。そしてふと疑問に思ったのです。

私は何のためにこれをしてるのか?
私のした事は無駄だったのか?

と、考え始めた時に、そう考え始めてしまう私は、何を軸に助けを行っているのか?疑問に思いました。

祈りの中でも答えが出ぬまま、その夜の祈祷会サービスに参加しました。ヨハネ福音書からのイエスさまが十字架につかれる箇所のメッセージでした。

礼拝中ふと、答えが出、今まで頭の中でぐるぐる回っていた考えの全てが逆になりました。"私が助けようとした兄弟姉妹は、実はイエスさまだった。。。"という事に気付きました。

イエスさまは私がベストなコンディションで、ベストなタイミングの時だけの人助けは望んでおられなかったのです。世の中の最悪を全て経験されたイエスさまは、それでも十字架につかれ、私たちの救いが完成される道をお選びになったのですから。それは愛そのものです。

イエスさまは常に私の限界のドアをノックされ、私(イエスさま)の証人として用いることができるが、自分の思いを超えて従うことを選ぶか?それとも文句を選ぶか?と、いう信仰の軸を試され、信仰により地境を広げていただける選択を私に与えてくださっていたのです。

今更ながらですが、神様が関わるところには常に何かしらハプニングがあります。それは、サタンの邪魔があるからです。もちろん予定を組み、それの通りにできる事があるのであればそれに越した事はありませんが、神様はそのベストでない状態をも用いて私の自ずの神への信仰を深め、お互いに愛し合う事がより神様のみわざが輝く方法だという事を教えてくださっている恵みを知り、今日も満たされました。苦しいときこそ神に従うべし!必ず答えをくださる神様に感謝です。ハレルヤ!


「そののち、イエスは今や万事が終ったことを知って、「わたしは、かわく」と言われた。それは、聖書が全うされるためであった。 」ヨハネ福音書19:28

(LVJCCブログ制作チーム: Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をよろしくお願いします。
2015.08.19 23:10 | 証し
18834_full.jpg
私は今現在医者を目指して励んでいます。しかし夢に向かって頑張るようになれたのはついこの間の事です。それまでは夢も希望もなく、自分が望むままの人生を歩ませてもらえず、絶望の中で生きていました。この度、主が私を主のもとに立ち返らせて下さり、夢と希望、さらには色々な想いを与えて下さいました。踏ん切りがついたところでこれまでの人生を振り返ってみると、どうやら私の人生は12年単位で様変わりしているのだと感じました。

最初の12年間はアメリカへ渡るまでの日本で過ごした期間。親に養ってもらっていた事もあり何の不自由も無く、良き友人にも恵まれた楽しい日々を過ごしていました。そして私が小学校を卒業した年に行ったアメリカ留学が、私にとって人生最大の分岐点となり、苦悩の12年間の始まりでした。

何でも母はいずれ一緒にアメリカに移住するので、その前に私を現地視察のために留学させたらしいのです。深く考えず軽い気持ちで行ったアメリカ留学は想像を絶する程の過酷なものでした。人種、言語、食事、文化、何もかもが日本と違っていました。留学生にとって言語の違いこそが最大の悩みでしょうが、私にとっては食文化の違いが最大の悩みでした。ホームステイ先のホストファミリーは典型的なアメリカの白人の家庭で、彼らはライオンのように脂っこい肉ばかり食していたので、日本では野菜中心でそこまで脂っこいものを食べない食生活を送っていた自分にとっては気が滅入るものでした。現にホームステイを始めて2週間あたりで吐き気を催すようになり、しかし吐く事も出来ず、苦しみもがく日々が始まりました。やがて栄養失調に伴い精神も不安定になり、さらに言葉が通じない事もあり引きこもりがちになり、それがホストファミリーとの確執を生んでしまいました。今の自分ならば自分で食材を買いに行き、自分で調理してまともな食生活を送れるでしょうが、当時の自分は小学校を卒業したばかりの若干13歳。行動範囲も限られており近くにはマーケットも見当たらず、仮に食材を手に入れても無知故にまともに料理する事が出来ませんでした。精神は蝕まれていき、とても英語を学ぶ状態ではありませんでしたし、次第に人間嫌いになっていった事もあり、アメリカ人とも付き合おうとしませんでした。

そんな1年数ヶ月の留学を終え日本に帰国する頃にはミイラのように痩せこけていました。私を留学させるには、あまりに早くあまりに無謀だったのです。留学で得たものは心の傷(トラウマ)。しかし、これで故郷に帰れる!当分の間脂っこいものをまともに口にする事が出来なかったけど、馴染みの故郷に戻ればすぐに立ち直れると思っていました。しかし母はそれを許してはくれませんでした。実をいいますと、母は私が生まれる前に日本籍に帰化した元・韓国人。日本という国はたとえ帰化して日本人になろうとも、少しでも訛りがあれば外人扱いをし、特に韓国人に対しては未だに根強い偏見があります。母はいつまでたっても偏見の目で見てくる日本人と、狭苦しい日本の社会(世間)に嫌気が差し、いつしか多民族で自由の国として有名なアメリカに憧れるようになりました。なので私がこのような状態になろうとも、母のアメリカへ渡る意志は変わる事はありませんでした。私が、大好きな日本を離れアメリカへ渡らざるを得なかったのにはこのような複雑な事情がありました。

母はハワイを移住先に選びました。皆さんはハワイならば日本人も日本食も多いので大丈夫だろうと思うでしょうが、アメリカ留学によって私は新しい環境に踏み込む事に臆病になっており、また人間嫌いが治ったわけでもないので、現地の人とはなかなか良い関係を築く事が出来ず次第に孤立していきました。少しでも私を理解してくれる人がいたのならば助かったでしょうがそのような人もいません。癒えない傷、孤立、ストレス、抗い、拒絶、逃避、あらゆるものが私を苦しめ、やる事成す事空回りばかり。やがて母は現地の人との再婚を決め、それがさらなるストレスとなりました。姑は最初我々を快く迎え入れてくれたように思えましたが、次第に素性が露になりやがて私や母に対して嫌がらせをしてくるようになり、余計なストレスがさらに増えてしまいました。

そのような姑との対立を経て今度はネヴァダ州・ラスベガスに移り住む事になりました。幸いラスベガスにも日本人教会があり、歳の近い若者も数名いました。彼らは私を優しく迎え入れてくれたのでやっと優しい人達に出会えたと喜びましたが、彼らは時を同じくして学業を終えて日本へ帰ってしまいました。私は青年会のリーダーを任されましたが当時の私に若者を教会へ誘う程の行動力はなく、それ以前に私が専攻する科目のクラスに日本人留学生は一人もいませんでした。こうして孤独な日々は再び始まったのでした。 (次号へ続く)

(LVJCC/TAKA)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2015.08.17 12:08 | 証し
life+is+an+echo_convert_20150815023855.jpg

今日は、‘山彦の原理’ということについて考えてみました。

私は田舎育ちで、子供の頃はよく山を走り回って遊びました。そして、山間で大声で叫ぶと、その声が山肌に反射して戻って来るのを楽しんだものです。この山彦は、自分が発した声が山肌に反射して自分のところに戻るという現象ですが、これは人と人との間においても起こる現象でもあるようです。しかも、それは声だけでなく、言葉や態度や心の姿勢も、自分が誰かに発したものと同じものが自分のところに戻って来るのです。

誰かを怒鳴ると相手も怒鳴り返し、誰かに親切にすると相手も親切にしてくれます。また誰かを嫌いになると相手からも嫌われ、誰かを好きになると相手からも好かれます。これは‘山彦の原理’と呼べるものです。ですから、もし誰かに好かれたければ、あなたがその人を好きになればいいのです。
 
ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、「なって欲しい相手の姿、つまり信頼に値する姿は、当方の信頼によってのみ実現できる」と、次のような体験をもとに語っておられます。

あるとき、一人の学生から渡辺さんに葉書が来たそうです。葉書には、「先生の靴は、誰が磨くのですか。いつ見ても光っていますね」と書いてありました。それまでは何の気なしに、汚れたと思ったら磨いていたのが、その手紙を受け取った後は、光った靴を履いていなければ申し訳ないという気持ちになられたそうです。これもまた‘山彦の原理’です。何かを評価されたり、何かを期待されたりすると、その評価に、またその期待に応えようとする心が自然に湧いてくるものなのです。

たとえば、人から「あなたは穏やかな人ですね。いつもニコニコしていて明るいと、もっぱらの評判ですよ」と言われたとしたら、その後、嫌なことや腹の立つことがあっても、努めてにこやかにしていようと努力するものです。つまり人間の中には、このような山彦の習性が内蔵されているのです。

とすれば、もしあなたが、感謝の言葉、相談の言葉、期待と激励の言葉、信頼の言葉、誉め言葉を惜しまないなら、あなたもそれらの言葉を投げかけられる人になり、あなたの人生は豊かにならざるを得なくなることでしょう。ぜひ試してみてはいかがですか?

今日の一言: 自分から出たものは自分のところに帰る


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。クリックでの応援をよろしくお願いいたします。

2015.08.14 09:40 | 鶴田健次牧師より
201508131456427e1.jpg
先週まで「東海岸☆メイン州よりお届けします。」シリーズでメイン州を紹介していましたが、今週に私Saoはその二ヶ月滞在したメイン州よりラスベガスに戻って参りました。

先週のブログでも触れたようにメイン州での滞在は、私にとって"忍耐"の一言でした。仕事面、生活面、数々の面から見て、田舎だからなのか、とても変化を嫌う閉鎖的な人々で、アメリカでありながら、アメリカでない印象を覚えました。

その様な人達を毎日見ている中で、私は"人を馬鹿にしてしまう"葛藤に出会い、それをどうしても止めることができなくなってしまいます。

メインでの生活は、毎日いつも充実していましたが、霊的にはいつも神様に疑問を問いながらも、良い答えが貰えないまま、悶々と過ごします。
滞在最後の週で、"ただ愛す"事を神様から答えとして与えられました。

そして、ラスベガスに帰ってきて、その葛藤がスゥッとなくなる状態を感じました。そんな急になくなるものなのかと不思議に思いながらも、生活していると、再び自分の中でふと"人を馬鹿にする心"を見つけました。馬鹿にする心に小さい大きいも関係ないのかもしれませんが、なんだか、ついこの間までかなりの葛藤を覚えたものを心の邪発見探知機が働き、どんな小さなものでも見逃しておけなかったのです。

そんな時友人を通して、ヨハネの第一の手紙1章と2章を受け取りました。その中で、

「1:6神と交わりをしていると言いながら、もし、やみの中を歩いているなら、わたしたちは偽っているのであって、真理を行っているのではない。 1:7しかし、神が光の中にいますように、わたしたちも光の中を歩くならば、わたしたちは互に交わりをもち、そして、御子イエスの血が、すべての罪からわたしたちをきよめるのである。 1:8もし、罪がないと言うなら、それは自分を欺くことであって、真理はわたしたちのうちにない。 1:9もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。 1:10もし、罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とするのであって、神の言はわたしたちのうちにない。」

神様は私に、このまま闇の中を歩き続けるのか?それとも、光を歩むのか?と、問われました。私は涙を流し、光の中を歩ませてくださいと、答えました。

葛藤に悩まされ、ここまではち切れるほどたまっていたものは私の罪だったのでしょうか?涙と共に流れ落ち、すっきりしました。もうあの闇は嫌だったのです。

そうして、改めて振り返ってみるメイン州での生活は、人々の温かい心に触れ、優しさを感じる事も多かったです。ジョークが好きで、毎日ジョークを交わし、笑っていました。私はアジア人というマイノリティーではありましたが、それでものびのびと"私"として、生きる事ができました。

今回辛さを知って自分の中で何かが変わった様な感じがします。子供達もまたあのままラスベガスにいるよりは、かなり成長して帰ってきたと感じます。

ラスベガスに帰ってきて、自分や子供達の成長を実感し、このためにメイン州に送られたのかと痛く感心しました。遣わされるのであれば、どこへでも行くべき!成長が待っているのだ!主は良き、苦い経験でもどんなものでも益として変えてくださる。主が生きておられる。ハレルヤ!

20150813145644db9.jpg


(ブログ制作チーム: Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をよろしくお願いします。
2015.08.12 22:00 | 証し
happiness-is-a-choice_convert_20150809025750.jpg

今日は、‘本当の幸せ’ということについて考えてみました。

中国の故事に、「晴雨物語」というものがあります。この物語に二人の兄弟が出てきます。兄は唐傘(からかさ)を作るのが商売で、弟は草履(ぞうり)を作るのが商売でした。この二人の兄弟には祖父母がいて、お祖母さんは雨が降ると「弟の草履が売れない」と言って嘆き、天気になると「兄の傘が売れない」と言って嘆くのです。ところが、お祖父さんは、反対に雨が降ると兄の傘が売れると言って喜び、天気になると弟の草履が売れると言って喜ぶのです。
   


つまり、同じ境遇の中にいながら、お祖母さんは毎日悲しんでばかりいながら一生を送り、お祖父さんは毎日喜んで感謝をしながら一生を送ったというのです。この話は一つの例え話ですが、人間の幸せは、置かれた環境によるのではなく、どういう視点で物事を見るかで決まるのだということを教えられます。

物事には常に二面性があると言われます。それは肯定的な側面と否定的な側面です。何事にもこの二つの側面があり、そのどちらを見るかで肯定的な気持ちにもなれば、否定的な気持ちにもなるのです。そして、このどちらを見るかは、その人が自分自身をどう見ているかに大きく左右されます。つまり、自分を肯定的に見ている人は物事の肯定的な部分を見る傾向にあり、自分を否定的に見ている人は物事の否定的な部分に目が向きやすいのです。

そう考えると、自分自身をどう見るかは、自分の人生を左右する重要な事柄であることに気づかされます。あなたはいかがですか。あなたは、人や物事の肯定的な部分を見やすいほうですか。それとも否定的な部分を見やすいですか。それによって、あなたが自分自身をどう見ているかが判断できるのです。

この世の価値基準は、その基準に届かない人に‘ダメ’という否定的な評価を下します。また、それは学校や家庭の中にまで持ち込まれ、基準に達しないときに‘ダメ’という評価を下し、あなたもおそらくその被害を受けておられるかも知れません。

しかし愛の神は、ありのままのあなたを愛し、あなたを全世界の富より尊い存在として見て下さるのです。そして、その証拠として、あなたのために神の子キリストの命を犠牲にされたのです。人は誰でも、自分に向けられた、この神の愛を知るときに、自分の本当の価値を見出し、自分を肯定的に見るようになるのです。

クリスチャンの金言とも言われる言葉に、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい」というものがあります。

これは神の愛を本当に知った者の基本的な態度であり生き方です。イエス・キリストの十字架によって示された神の愛を知り、その愛によって心が満たされるときに、私たちは喜びと感謝が内側からあふれ出てくるのです。

今日の一言: 本当の幸せは神を知るところからくる


鶴田健次


ブログランキングに参加しております。クリックでの応援を心より感謝いたします。

2015.08.08 09:58 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.