LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

S__835592.jpg
LAの旅一日目(ラスベガス観光:番外編「ロサンゼルス①」)を終え、本日2日目。

朝、トーランスのホテルのチェックアウトを済まし、マンハッタンビーチに向かいました。朝風は爽やかで、ほんのりと冷たい空気から潮の香りがしていました。雨が降った後の匂いに似ているので、私は雨の匂いと呼んでいます。カリフォルニアでいつも私が懐かしむのはこの雨の匂いであり、なんとも言えない好きな匂いです。

マンハッタンビーチに行く途中、マクドナルドで朝食を買い、ビーチに座り、海を眺めながら、皆で朝ごはんを食べました。
ロサンゼルスではいつも駐車スペースを探すのに苦労します。それが運良く、駐車場も1番ビーチに近いところに一つ空いており、しかも私の前に車を停めていた方がお金を多めに払ってくださっていた様で、何も苦労せずに駐車スペースを見つけ、お金を払わずにビーチに行けました。神様、感謝!ビーチに繰り出した子供達は大はしゃぎ!ビーチの視界良好!天気良し!青空と海に負けないくらい心は晴れるや〜。

ご飯を終え、海に戯れる子供達を尻目に、私は写真をたくさん撮りましたが、波の音を聞きながら、視界からは真っ青な海と空の景色から頂くものは、やはり写真では収まりきれません。この感動を伝えたいと思っても、写真に収めると、半分以下も伝わってこないと感じます。是非とも、一度はカリフォルニアに足を運び、この感動を味わっていただきたいです。

さて、海で遊び、癒された私達は、マンハッタンビーチを出て、海沿いの道を通り、南に下って行きました。パロスバーデスを通り、ガラスの教会に向かいました。のガラスの教会に向かう途中に見た絶景が、何と素晴らしいことか!!坂道を上がったり下がったりして、道を進みましたが、運転していても、海に吸い込まれそうな感覚を覚えるくらいの興奮でした。遊んで体感するビーチも良かったですが、遠目から見るビーチも圧巻でした。太平洋は広い!世界は広い!

Image(3).jpg

道に少し迷ったあげく、やっとガラスの教会に着きました。車から降りると、また教会から見えるパロスバーデスのビーチ、太平洋が素敵でした。このガラスの教会は、アメリカを代表するフランク・ロイド・ライトが設計、1949年に創立されました。この教会の壁面は、一面透明なガラス張りで、ガラスを透かして見える周りにそびえる樹木、空、そして海が眺められる自然との調和が生きる、素敵な設計となっております。

そして、教会の隣に建つ石塔は、夜になると美しい燈が灯り、カタリナ海峡を渡る船員たちから「神のキャンドル」と呼ばれ親しまれており、その塔には16個の鐘があり、美しい音色が響きわたるなど、他にもたくさんな親しまれる要素が詰まっているようで、毎日この教会で式を挙げるカップルが後を絶たないようです。

S__835600.jpg
ガラスの教会で少し森林浴をした後、お昼を食べ、ラスベガスの帰路に立ちました。子供達は物心がついてから初めてのロサンゼルスの旅を満喫していました。帰り道では、砂漠に沈む日没がまた綺麗で神様の神秘、偉大さを車で語り合いました。

「主の御名を賛美せよ。主の御名はひとり高く 威光は天地に満ちている。」詩篇148:13

(ブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.07.30 13:01 | それ行けSaoシリーズ
e13b116ef2d37820f3363444db9a3988.jpg
今日はノートルダム清心学園理事長・渡辺和子先生の講和『ていねいに生きる』をお送りします。

私は命とは『自分がまだ使える時間』のことだと考えています。若い人にはたくさんの時間が残されているでしょうし、お歳を召した方には残された時間は短いと考えるのがあたりまえですが、昨今のような思いがけない災害、事故、事件などがおきますと、必ずしも残された時間が合致するのではないと考えさせられます。明日も明後日も生きる、来年も再来年もあと何十年も生きると考えていらっしゃる方の一日の重みは、あと数ヶ月と告知をお受けになってホスピスでお過ごしになっていらっしゃる方の一日の重みとは同じではありません。

人形師の辻村ジュサブローさんがおっしゃいました。『朝起きるとき、このときが、人生の初めだと考えている。夜眠るときは、このときが、この世の終わりだと考えている。明日があると思えば今日はこれだけでいいやと、心がひるむ。昨日があったと思うと、昨日あれだけやっったから、今日はこれだけでいいと甘えが生じる。ものを創る人間にとって、そのような甘えは許されない。今日一日自分がどう生きるか、ということにすべてがかかっているかのように生きなければならない。』とおっしゃっておりました。たいへん厳しい考え方ですが、毎日をその日しかなかったかのように、ていねいに心をこめて生きるということだと思います。

キリストが聖書の中で『一日の労苦は一日で足りる。明日の事は明日が思い煩えばいい(マタイ6:34)』とおっしゃったのも、その一日を丁寧に生きたことに対して『一日の労苦は一日で足りる』とおっしゃったのかもしれません。明日の保証というものは、誰にもありません。これも聖書の中の例えですが、一人の金持ちがたくさん収穫しました。小さな蔵では入りきらないので、大きな蔵を建てて、その中に財産も作物も全部入れて、自分は飲んで食べて、楽しんで過ごそうと考えていたら、神様が『愚か者よ。お前の命は今夜取り上げられる。お前が蓄えたものは、誰のものになるのか。自分のために宝を貯めるのではなく、神のために貯めなさい(ルカ6:16-21)』とおっしゃっております。ある方がおっしゃっていました。『一生の終わりに残るのもは、我々が集めたものではなくて、我々が与えたものだ』高価なもの、めずらしいものを集めたとしても、死んだときに持っていけません。私たちが死んだときに持っていけるのは、生きている間に人に与えることができた愛、品物、そういうものの報いなのかもしれません。

私たちの平凡な毎日の生活を非凡にすることができるのは、私たちだけです。ある人が人生に向かって、『どうして私の人生はこんなに平凡でつまらなかったのか』とたずねた時に、人生が『あなたの人生を非凡なものにするのも、平凡に終わらせるのもすべてあなたにかかっていたのですよ。』と答えたと言っております。非凡なことというのは、決して有名になることでも、偉大なことを成し遂げることでもなく、一つ一つあたりまえで平凡なことを『し始めでし納め』という新鮮な気持ちで、感動をもって感謝を忘れずに行うことだと思います。

『明日のことまで思い悩むな。明日のことは、明日自らが思い悩む。その日の労苦はその日だけで十分である。
マタイ6:34』


(ブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.07.28 12:41 | 信仰者シリーズ
blog pic

今日は、八福の教えの中の”あわれみ深い人は幸いである”ということを考えてみました。


八福の教えの第五番目は、「あわれみ深い人たちは、さいわいである、彼らはあわれみを受けるであろう」というものです。

聖書では、「憐れみ」という言葉はとても大切な言葉です。私たちの神がどんな神であるかといえば、それは憐れみ深い神だからです。

ルカによる福音書に、神の憐れみを教える主イエスのたとえ話があります。「放蕩息子のたとえ話」です。あの放蕩息子は、飢え死にするしかない状態に置かれて初めて自分の間違いに気付くのです。それまでは自分が考える「正しさ」を主張しましたが、それは間違いで、「お父さんの正しさ」が正しかったことを悟り、お父さんのところに帰って行くのです。「今更どの面下げて帰って来たんだ」と言われても仕方のない者でした。


ところが、この放蕩息子のお父さんは、遠くの方から歩いて来るのがいなくなっていた息子だと分かると、憐れに思い、わき目も振らずに泣きながら息子のもとに走り寄り、両手を広げて息子を迎えるのです。

本当ならば、この息子は父のもとに戻ってくる資格のない者でした。ひどい息子でした。「お父さんが死んでから相続する筈の財産を今欲しい」と言って父親から貰い、それを持って外国に行き、放蕩に身を持ち崩して湯水のようにお金を使い果たし、一文無しになってしまったのです。

悪いことは重なるもので、その直後に、その地域一帯が飢饉に見舞われ、食べる物にも窮するようになった彼は豚の餌でも食べられればと豚飼いの仕事にまで身を落とすのです。そこで、ようやく正気に戻った彼は、もはや息子としてではなく雇人の一人として置いてもらおうと、乞食同然の姿で父のもとに帰って行ったのです。

そんな放蕩息子を、お父さんは、なぜ赦したのでしょう? しかも喜んで迎えたのです。それは憐れみです。それだけです。赦される資格など何もない彼に、もし何か赦されるべき要素があるとしたら、それはただお父さんの憐れみだけです。

神は、何一つ救われる資格のない私たちを、一方的に憐れんで下さいました。今日の聖書の御言葉は、「あわれみ深い人たちは幸いである、彼らはあわれみを受けるであろう」と言っています。ここでは、「憐れみを受けるから、憐れみ深い人は幸いだ」と言われていますが、よく考えてみれば、私たちは憐れみ深くなかったのに、神の憐れみを受けたのです。



実は、放蕩息子のたとえ話の表面には出てきませんが、なぜ放蕩息子が父親に憐れまれ、赦されて迎え入れられたかと言えば、そこにはある重大な事実あるからなのです。その重大な事実のもとに、このたとえ話は成り立つのです。それは、イエス・キリストの十字架です。

この話が、もしイエス様ではなく私が話した「たとえ話」であれば、この話には大した意味はありません。単なる作り話です。しかし主イエスの十字架があることによって、これはちゃんとした根拠のある話になるのです。つまり、主イエスの十字架は、まさに私たちを憐れんで下さった神の心の表れなのです。

私たちは、この神の憐れみによって救われるのです。何の資格もないこの私が神の一方的な憐れみによって救われるのです。この神の憐れみの深さを経験することによって、人は憐れみ深い者に変えられていきます。だから、そういう人は幸いなのです。

今日の一言: あわれみ深い人は幸いである


平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2014.07.25 09:07 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.