LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

the-heavenly-man.jpg

‘天国の人’で有名なブラザー・ユンの力強いメッセージをご紹介します。中国で激しい迫害の中でキリストの福音を宣べ伝え、何度も逮捕されますが、獄中で前代未聞の74日間の断食を決行します。主はこの中国河南省の貧しい青年を通して、世界を震撼させるほどの大いなる力を現わされました。

度重なる投獄と拷問の中、数々の不思議な聖霊の御業が現されますが、ある時には、逃亡を防ぐため、当局に両足を折られたブラザー・ユンは、脱獄不可能な状況の中、聖霊の助けと導きによって、監視の前を彼らに気付かれることなく正面玄関から歩いて出て行くという、使徒行伝さながらの奇跡的脱獄を経験します。

世界を変えるのは偉大な人ではなく、偉大な神の手の中にある弱い人だと言われます。ブラザー・ユンは、彼の人生のどの部分においても、自分あるいは人間に栄光を帰そうなどとは望まなかった謙遜な神のしもべであると彼を知る人々は証言します。思いのままにご自身の業をなされる御霊は、主だけを恐れ、どこまでも主の御心に従おうとする心砕かれた人を通してその大いなる御業をなしていかれます。

これから日本民族の上に現わされようとしている聖霊の御業を考えると心が躍ります。そのためにも、私たちは聖霊が働かれやすいように、心砕かれた者として、自らの罪を徹底的に悔い改め、主が喜ばれない思いをすべて捨てて主に従っていきたいと思います。主のため、また永遠の御国のために生きることは素晴らしいことです。

主に自らを捧げきった主のしもべの証しを通し、主があなたに語りかけられるメッセージをお受け取りください。

天国の人ブラザーユンのメッセージ 

(LVJCCブログ制作チーム)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.06.30 23:42 | 信仰者シリーズ
peaceofGod.jpg
今日は、”本当の安息”について考えてみました。

人は誰でも安息を求めています。警察庁の発表によれば、日本における自殺者の数は毎年3万人を超えているとのことですが、自殺の原因を多い順に挙げると、①健康問題、②経済・生活問題、③家庭問題、④勤務問題‥‥となっているそうです。

この自殺者の現状は、自ら死を選ぶ以外にこの世に安息を見いだせなかったということです。自殺だけではありません。現代人の多くがストレスを抱えて生きています。生活のことで悩み、仕事のことで悩み、人間関係で悩みます。将来が不安です。

ある方がおっしゃいました。「眠っているときだけが不安から解放される時です。朝目が覚めるとまた、どうしようと思う毎日です」と。私たち人間には本当に安息が必要なのです。

では、どうすれば私たちは安息を得ることができるのでしょうか。ある人は「お金がたくさんあれば安息を得られる」と答えます。本当に、お金があれば安息を得られるのでしょうか?

かつてハワード・ヒューズは石油のビジネスで成功して、若くして大富豪になりました。その富を用いて、やりたい事を何でもやりました。映画制作に関わり、ハリウッドの女優たちと派手な交際をしました。飛行機が好きで、当時の飛行機による世界一周新記録を作りました。自分の理想の飛行機を造るために、飛行機会社ごと買収しました。

そのように、億万長者で、自分のしたいことをすべて行いましたが、彼には安息がありませんでした。晩年には、人間を誰も信じることができなくなり、買収したホテルのスイートルームに住みながら、誰も部屋に入れることなく、人間不信、疑心暗鬼に陥り、死んでいきました。

いっぽう、何も持たないのに、全く安息の中にいる存在を私たちは知っています。それはお母さんの懐にいる赤ちゃんです。赤ちゃんは、母親の腕の中で安息を得ます。人見知りをするようになると、どんなに他人がニコニコして赤ちゃんを抱こうとしても、泣いて嫌がります。お母さんの懐が良いのです。お母さんの懐にいれば安心であることを知っているのです。そこにお母さんの愛があるからです。

そのように、愛のあるところに安息があるのです。どんな豪邸に住んでも、愛がなければ、人には安息がありません。しかし、6畳一間に住んでも、テレビもなくても、愛があるならば、そこには安息があるのです。なぜなら、神様が私たちを愛の中に生きるように造られたからです。

そして、さらに普遍的な安息があります。それが、イエス・キリストによる救いです。この救いを経験することなしに、人は誰も本当の安息を得ることはできません。なぜなら、どんな喜びも幸せも平安も、死によってすべて消されてしまうからです。ですから、この死に打ち勝つキリストにある救いと、そこに現わされた究極の愛だけが本当の安息を私たちにもたらすのです。

今日の一言:本当の安息を自分のものにしよう

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.06.28 11:39 | 鶴田健次牧師より
0626131.jpg
6月7日から2ヶ月滞在することになったSaoが今回も興味深い日本を紹介します!

今回の日本滞在で最初に訪れた場所は、福島県にあるハワイアンズ。高速を車で2時間程度北に走り、到着した福島県。外は軽い小雨が降っていましたが、中は温かい熱気で包まれていました。

ハワイアンな室内は、流れるプール、子供用プール、スライダー、深いプールに温泉までありしました!深いプールでは、6歳のジョナサンとジャズミンの潜りの練習、泳ぎの練習をしました。

最初は、水に顔をつけることもままならなかった二人でしたが、時間が経つに連れ、水に慣れ、少し(沈みながら?)泳ぐ事ができるようになりました。

長女の10歳のみかは、あおむきに水にぷくぷくと浮くことを楽しんでいましたが、出来なかった平泳ぎの息継ぎにも挑戦しました。練習をして、段々とコツを掴んだようでした。

スライダーも、みかとジャズミンは楽しんで滑っていましたが、ジョナサンはなかなか滑れず、スライダーの下からハラハラして見守る中、到着して2時間後、やっと滑ることができました。

プールで水に親しみ、出来なかった事が出来るようになり 3人はそれぞれ自信をつけたようで、プールを終える頃には、一回り逞しく見えました。こうして、親子共々とても充実した時間をもてました。

0626132.jpg
そして、6月13日からの3日間、大阪で活躍されている露のききょうさんの福音落語が3日間関東で催されました。

私は、その初日の常盤台バプテスト教会で開かれた寄せに行ってきました。

この日は、「二つにひとつ」と言うお題の新作を発表してくださいました。

ききょうさんは、役者としては「綾川文代」、落語家としては「露のききょう」として活躍されています。お父様は、落語家の露の五郎兵衛氏です。

ききょうさんのご家族は、双子の妹さんを初めにご家族全員洗礼を受けられ、今はご家族全員クリスチャンです。ききょうさんとも以前より親交のあったラスベガス教会の一員であった一美姉妹も、遠いラスベガスで五郎兵衛氏の洗礼には心動かされるものがあったようです。

落語でイエス様の福音を伝える '福音落語' は、落語会では、ききょうさんが初めて行った方であります。

とてもわかり易く聖書の世界を落語で語っておられ、もう既にイエス様を知っている方も知っていない方にも、ぜひ見ていただきたいと思います。

姉妹は、春に病の癌である抗がん剤治療を終えたばかりで、最近活動を再開されました。

これからも、主の為 勤しんでおられる姉妹のご奉仕の上に、豊かな祝福がありますようにお祈りしています。数々な素敵な方との出会いに感謝な訪問でした。

(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.06.25 23:09 | 証し

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.