fc2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

cornerstone-Jesus.jpg
白洋舎という有名なクリーニング会社の創立者五十嵐健治は、日本で初めてドライクリーニングを始めました。彼は1877年3月新潟県の県会議員の子として生まれました。しかし8ヶ月で両親は離婚し、5歳で五十嵐家の養子となりました。彼は波乱万丈の生涯でしたが、その中でイエス様に出会ってクリスチャンとなり、それからの生涯は、最期まで熱心なクリスチャンとして活躍されました。

彼は高等小学校卒業後、16歳で家を出て、丁稚や小僧を転々とし、そんな中、上毛孤児院(現、上毛愛隣社)の創立者クリスチャンの宮内文作氏に出会い「貧しい者たちにも食事が与えられるように」「親のない子をお守りください」との祈りに感動しました。しかし信仰はまだ芽生えることはありませんでした。1894年に日清戦争が勃発すると、17歳で軍夫(輸送隊員)を志願して朝鮮半島に従軍します。さらに1895年のロシア ・フランス・ドイツによる三国干渉の際には、ロシアに復讐するために北海道からシベリアへの渡航を企てます。ロシア潜入の準備に北海道に渡った健治でしたが、ある人に騙され北海道の原始林開拓の通称タコ部屋(監視付)に送り込まれ、重労動を強いられることになってしまいました。

ある朝そのタコ部屋から健治は寝巻一枚で脱走し、18里(約70キロ)の山道を逃げて小樽まで来ました。しかし彼は人生に絶望して小樽の海で自殺まで考えました。そのような状態で小樽の旅人宿で、一人の商人クリスチャンである中島佐一郎氏と出会いました。その宿での中島氏との信仰問答を通して、健治はキリストを信じました。すぐに彼は小樽の町の井戸端で、中島佐一郎氏によって洗礼を受けクリスチャンになりました。健治は、「私は洗礼を受けてから朝起きると先ず神に『今日一日を導いてください』と祈りました。何かあると神に『このことはなすべきでしょうか、なさざるべきでしょうか』と相談しました。」また、本気で神の教えに従うということが、真の意味で人さまや社会のために益となるのではないかと、考えるようになったのです。

その後、彼は牧師になることを願って上京します。しかし神学校に入ることが出来ず、三井呉服店(現在の三越)に入り、三越の宮内省係となりました。しかしこの仕事では日曜日の礼拝が守られぬと、退社してしまいます。その後1906年(明治39)に白洋舎を創立しました。しかし当時、洗濯屋は人の汚れた着物を扱う職業として低く見られていました。彼は「人の汚れたものを綺麗にしてお返しする、これこそキリスト教徒の仕事にふさわしい」と言って起業したと言われています。その経営方針の第一に「どこまでも信仰を土台として経営すること」を掲げました。翌年、独力で日本初の水を使わないドライクリーニング開発に成功しました。また工場内にも会堂を建て、様々な機会をとらえて社員に福音を伝えました。 

1941年に太平洋戦争が起ると社長の座を譲り、残りの生涯をキリスト教の伝道に費やしました。1957年頃にはクリーニング業者福音協力会を起しました。五十嵐健治自身が書いた自伝『恩寵の木漏れ日』の中で、かつて白洋舎が危機にさらされた重大事件があったことが書き残されています。社員のMさんという人物が自分の処遇を不満とし、新たなクリーニング店を開業したことに始まります。その時、Mさんは白洋舎の従業員を煽動して、お得意先から預かった洗濯物をわざと破損したり、納期を遅らせたりして、白洋舎の信用を失わせたというのです。その上で、Mさんの新しい店にそのお得意さんを引きつけ、協力した白洋舎の従業員を新しい店に雇い入れることをしたのです。白洋舎の工場はほとんど休止状態に陥りました。当時社長であった五十嵐健治は、憎悪と復讐心で気が狂わんばかりになったといいます。

しかし礼拝で祈っていると、イエス・キリストの十字架があざやかに映し出されたのです。「自ら復讐するな、仇を報ゆるは我にあり」「神もしわれらの味方ならば、誰かわれらに敵せんや」という言葉でした。五十嵐さんは何度も何度もこの聖書の言葉を思いめぐらしました。そして神様に信頼する道を選ぶことを決意したのです。一方、反逆したMさんの新しい店は、仲間割れを起こしたあげくに火災を起こし、預かった洗濯物を多数消失して、閉店に追い込まれました。それらの事があった後にMさんは「これも神様の罰であると思ってお詫びを申し上げます」と五十嵐さんに謝罪したと言います。

彼の生涯は波乱万丈でした。しかしキリストに捕えられ、キリストと共に生きた素晴らしい人生でありました。

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.06.16 22:27 | 牧師室より
Question Mark
今日は、“質問力”ということを考えてみました。

もし、あなたがが死にそうな状況になって、
助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、どんな事をしますか?

アインシュタインはこう答えました。
「最初の55分は適切な質問を探すのに費やすだろう」

このアインシュタインの言葉は、質問をすることに如何にパワフルな要素があるかを物語るものです。正しい質問をすることには計り知れない力があり、時には本当に命を救うこともあるのです。

幸せな人生を送る最も重要なスキルの一つは“質問力”です。なぜなら、私たちは無意識的に自分に質問を投げかけ、その質問に応答しながら人生を築いているからです。日常的に肯定的な質問をすることで肯定的な未来を築き、否定的な質問をすることで否定的な未来を築くのです。

人はピンチに陥ったときほど、無意識に否定的な質問を自分に投げています。それはまるで呪文のように、自分の人生をどんどん悪い方向へ導いてしまいます。

例えば、なかなか仕事が見つからないとき、「ああ、どうして私には仕事がないんだろう?」と口にしてしまいます。すると聞かれてもいないのに、その人の潜在意識は、これを大切な質問だと認識して、無意識のうちに答えを出そうとします。

そして、その結果「それは、自分に学歴がないから」「やる気に欠けるから」「能力が足りないから」「感じが暗いから」など、自分でも少し気にしているマイナス点が、どっと出てきます。そして、自分が無意識に出した答えを考えながら、落ち込んでしまうのです。この様子を外から冷静に見ていれば、まるでひとり芝居をしているようです。

しかし私たちの多くが、小さいころから実はこのような癖を持っています。自分に否定的な質問を投げ掛けて、自分を精神的に打ちのめすのです。

「なぜ、私は話が下手なんだろう?」「なぜ、私は才能がないんだろう?」「なぜ、私は勉強ができないんだろう?」「なぜ、私は暗いんだろう?」というふうに、こういう質問をする時点で、もう「自分はできない」「才能がない」ということが既成事実になってしまうのです。

困難に陥ったとき、普通の人は「もうダメだ。なんでこんなことになったんだろう?」と嘆きながら、自分に聞いてしまいます。すると、困難を引き寄せた理由ばかりが意識に上るのです。

ところが、幸せな成功者は、自分にこんな質問をします。「この困難から学べることは何だろう?」「この困難を乗り越える方法はどこにあるだろう?」など、本人がワクワクして行動できる質問をするのです。落ち込んだ人は、クリエイティブな解決策を思いつくことができません。でも心が自由な人は、いろんなアイデアが思い浮かぶのです。

このように、良い質問をすることは非常に大事なことです。なぜなら、自分に投げ掛ける質問が自分自身の人生を築いていくからです。

ところが、もしあなたが不用意に、「なぜ、自分はこんなに才能がないんだろう?」という質問を自分にするなら、その途端に、あなたは才能のない人としての人生を生きる運命を選んでいることになります。

また逆に、「どうすれば、今の状態から私の才能を開花させられるだろう?」と聞くことができれば、あなたは才能あふれた人として生きる運命を切り開いたことになるのです。

この質問力の重要性が解った人は、ぜひ自分が日常的にしている質問を書き出してみてください。きっと今置かれている状況と、それらの質問が無縁でないことに気づかれることでしょう。

では、これを機会に困難の脱出のための質問を作ってみましょう。これさえあれば、あなたは万が一のときに慌てずにすみます。

「この困難から脱出するために、必要なことは?」
「誰に助けを求めたらいいだろう?」
「この状況で学ぶことは?」
「今の人生に感謝できることは?」

これが自分が困難に陥ったとき、落ち着いて考えられるための質問の一例です。こういう質問を準備しておくことによって、あなたに困難が降りかかったとき、ちょうどパラシュートのように、あなたを助けてくれるはずです。

ぜひ、あなたも“質問力”を身につけて、人生のあらゆる面の向上に役立ててみてください。

今日の一言: 正しい質問をすることには計り知れない力がある

鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。
2013.06.14 14:33 | 牧師室より
JCC.jpg
(ソルトレイク日本人教会)

5月17日から19日までSalt Lake Cityを訪問し、小さな日本人町の中心に位置するソルトレイク日本人教会において、18日はミニ修養会、19日は日英合同礼拝で説教の奉仕をさせていただいた。

Salt Lake Cityはユタ州の州都であるとともにユタ州の最大都市である。また、末日聖徒イエス・キリスト教会(通称モルモン教会)が築いた宗教都市でもあり、この都市の住民のほとんどはモルモン教徒である。2002年には、この地で冬季オリンピックが開催されたことでも有名なところである。

そんなキリスト教異端の総本山であるSalt Lake Cityにおいて本物のキリストの福音を伝えている教会がソルトレイク日本人教会である。この教会は1918年の10月に設立され、今年で設立95周年を迎える歴史のある教会である。現在、日英両語部で100名ほどの教会員が毎週の礼拝を守っておられるが、モルモン教徒たちの只中でイエス・キリストの福音を伝えていくということは霊の戦いの連続であろうと思う。

この教会は日本語を話す人々を対象に建てられた教会であるが、今では二世、三世の人々による英語部が主体で、日本語部は十数名の小さな群れになり、数年前から日本語部は無牧(牧師がいないこと)の状態が続いている。

JCC_Easter2013.jpg
(ソルトレイク日本人教会の皆様)

そんな中、三年前のマウントハーモン修養会に奉仕で訪れた際に、ソルトレイク日本人教会からの参加者が二人おられ、この修養会に私が来るということで教会からの伝言を持って来て下さった。それは時々ソルトレイクを訪問し、日本語部の群れを導いて欲しいという依頼であった。

事情を聞いた私は、それから数か月後、さっそくソルトレイク日本人教会を訪問した。今回と同じように土曜日の午前と午後にミニ修養会を開き、日曜日は日英合同礼拝で聖書のメッセージを取り継がせていただいた。

それ以来、訪問は頻繁にはできないが、毎週土曜日にスカイプでの聖書クラスを始めるようになった。私が作った聖書クラスのテキストは、御言葉を一節ずつじっくりと学ぶように作られており、またちゃんと予習をしなければ簡単には答えられない質問が多く、それは聖書を自分でしっかり学ぶスキルを身に着ける訓練のためであるが、いつも6~7人の決まった人たちがちゃんと予習をしてクラスに臨んで下さることは本当に感謝である。

毎回、何時間も予習をしてクラスに参加される皆さんのひた向きな努力の成果が、一年以上も続けられてきた今、質問に対する皆さんの答えやコメントの随所に感じられるようになった。こうやって御言葉に整えられた彼らを主は用い、やがてこの地に多くの救霊の実を結ばせられることだろう。

今月、日本語部の中から二組の家族が仕事のために他州に引っ越して行かれる。これはソルトレイク教会の日本語部にとっては淋しいことだ。しかし、この二組の家族を祝福して送り出すソルトレイクの教会を主は必ず顧みて下さる。また、送り出されていく二組の家族も新しい地で新しい祝福と主からの使命に生きる道が用意されているのだと思う。

ソルトレイク日本人教会に祝福あれ!

鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.06.12 12:57 | その他
061001.jpg

「神のなされることは皆その時にかなって美しい」伝道の書3:1-12

主はまた新しい魂を救い、私たちの群れに加えてくださいました。昨日6月9日の礼拝でかずこ姉が洗礼の恵みにあずかりました。かずこ姉は2012年のイースターに最初に当教会へご主人様と足を運んでくださり、ほぼ毎週欠かさず礼拝を守り、主の守りと導きの中で、受洗を迎えました。

昨日の礼拝メッセージは伝道の書から「すべてのわざには時がある」と題して、メッセージを取次いでくださいましたが、かずこ姉の救いもまさに「救いの時」であった事を思います。この「時」を迎えられたのも、カズコ姉が神様が導いておられる導き素直に従われた結果、神様が実を結ばせてくださり、救い(永遠の命)を受けたのです。ハレルヤ!カズコ姉の新しい信仰生活の祝福をお祈りいたします。

061003.jpg

また昨日から賛美チームに新しく奉仕者が与えられました。みずき姉は3月に受洗された姉妹ですが、礼拝奉仕を通して神様へ感謝を捧げる事を始められました。賛美チームの先輩クリスチャンの皆様に励まされ、守れ、生き生きと神様を賛美する姿からも喜びが伝わってきます。

061002.jpg

礼拝後には「聖書通読マラソン」の完走者表彰式が行われ、香織姉が表彰を受けました。「聖書通読マラソン」は1年間で聖書を通読します。御言葉はクリスチャンの霊の糧(食べ物)です。毎日、欠かさず食べ続けていく習慣を身につける為にも、聖書通読を用いて多くの方が御言葉に親しむ事が出来ればと思います。

今週1週間も御言葉を足のともしびとして歩んでいけますように、お祈りいたします。

(LVJCCブログ制作チーム:薫)


ブログランキングに参加しています。クリックで応援をお願いいたします。
2013.06.09 22:50 | 礼拝
   13 5 30 aa
それ行け!Saoシリーズの7回目は、Saoさんご本人です。いつもインタビューしている側ですが、今回はそれ行け!ブログチームからSaoこと、さおり姉に突撃インタビューをしました。

― さおりさんのご職業はなんですか?

Food & Beverage業界、レストランのフロント業をしています。
昼間は、主に定食と丼もの、お寿司を出しています。夜は、居酒屋に変わります。

仕事の内容は、開店準備、お客様の座席のご案内、注文とり、お料理のサーブ、お会計、チップの管理、お金の管理、昼のインベントリーの管理、カスタマーサービス、電話受付、閉店準備、予約の管理など、昼のフロント業を全てこなします。

― このお仕事を始めるに至ったきっかけは何ですか?

仕事を探していた方が教会にいまして、お祈りを毎日していました。ある日その方のお仕事が決まり、数ヵ月後、その仕事場で人手が足りないということだったので、それならば、ぜひ!ということで、私が働くことになりました。

― そのようなきっかけで飛び込んだレストラン業界。苦労したことなどはありましたか?

辛い経験は、最初の頃、カスタマーサービスがうまくできなかったことです。カスタマーサービスは、お客様が何かご意見があるときは、お客様の視点で、どこまでお客様の必要に応えられるかが勝負になります。

お客様の要求とこちらの提案がマッチしているとき、お客様が歩み寄ってくださり こちらの提案を受け入れてくださるとき、こちらの提案を拒否されたときなど、さまざまな場面に遭遇しました。最初の頃は、お客様を更に怒らせてしまったりなど、その場をうまく対応することが全くできませんでした。

後は、レストランが忙しくなったときに、座席案内、飲み物オーダー、お会計、電話応答の仕事を一気にこなさなければならない時です。キッチンやサーバーの忙しさも私のお客様の座席ご案内速度と密接にかかわってきますので、毎日変わるシェフやサーバーの経験度により、その速度を早くしても大丈夫か、見極めることが大変でした。

― レストランという現場で、毎日変化する状況について行くことだけでも大変そうですね、、、

はい。初めはそのスピードに慣れず、ひどく戸惑いました。うまく出来ず、毎日お客様からも従業員からもクレームを言われていました。私はこの場所にいて良いのかと自問自答の日々でしたので、本当に辛かったです。私にはこの仕事は向いてないのだと、神様は私を場違いなところに送ったのだと思っていましたので、毎日新しい仕事を与えてくださいとお祈りしていました。(笑)

― そんなに嫌なお仕事だったのに、今も続けられているのですね。なぜでしょう?

辞められなかった理由は、夫が職を持っていなかったからですが、今考えると神様はそれをも用いて、私が成長しなければならない部分と向き合わせてくださったのだとも思います。

それに、ある日大きな気づきが私の中にありました。それは、自分自身も含めて、“人は失敗する“ということを心に留めておくことです。もちろん、自分のスキルをできるだけ磨くことは必要で、常に最高のサービスを心がけていますが、やはり 「人は罪人」、神様ではないので失敗するのです。でも、失敗したことに気を留めるのではなく、自分や仕事仲間が失敗したときには、うろたえることなく、修復の備えをいつでも覚悟しておくことを自然に出来るようになりました。

― そんなさおりさんの嬉しい体験は何ですか?

嬉しい体験は、お客様が満足そうな笑顔でお店を出られるときです。レストランのお料理を気に入ってくださり、足を運んでくださる常連客のお客様が増えることはレストランにとって、とても幸いなことです。

それと同時に、お客様のレストラン来店後、残念ながらお客様の期待に添えなかった場合もあります。そういう場合、お客様のテーブルに出向き、謝罪をした後、直接お話をさせていただきます。

最初の頃は、お客様のクレームばかりだったにもかかわらず、ある時から、お客様が笑顔で帰っていかれるようになりました。今は、何かクレームがあっても、その解決策を見極め、お客様が笑顔で帰っていかれる時が、私の最高に嬉しい瞬間です。

       13 5 30 ca
― 曇りが一気に晴れた瞬間ですね!このお仕事を通して色々な学びをされていると既に感じられているさおりさんですが、このお仕事を通して、イエスキリストの使徒としてご自信に与えられた役目は何だと思いますか?

先ほども少し触れましたが、私の仕事は 毎日色々なことが起こるので、まずその事実を受け止め、その解決策に何が最適かを見極め、即決して、一人ひとりとコミュニケーションをとり、従業員全体がチームワークとなって初めて生きるお仕事です。

その時に、一人ひとりのチームメイト(従業員)をどう生かせるかということを良く考え、心を向き合わせて彼らと話し合い、さらに絆を深めていく、ということも学びました。

そして、上司に問題を持っていく前に、私が解決方法を探さなければならない状況が多々ありましたので、その面でも凄く育てられました。レストランの“何が起こるかわからない感“は、私の受容力と臨機応変力、即決力を育ててくれました。

その上、カスタマーサービスの面から、より適切な勧めの方法を学びました。

この3つの面から学んだチーム力アップの方法、受容力、即決力、臨機応変力、勧めを通して、「“何かの”必要を感じている人に その適切な必要を勧める」役目を与えられていると感じます。

まだまだ成長過程ですが、その基本の姿勢が聖書から適応出来るように、日々新しい学びをしていきたいと思っています。

― 辛い日々の中、毎日新しい仕事をくださいと祈っていた以前とは全然違いますね?(笑)

はい。(笑)仕事に不満があった以前の私は、恥ずかしながら、全くイエス様に用いられるに値しない人でした。しかし今考えると、イエス様は私の“神様に取り扱われなければならなかった部分”を、この仕事を通して忍耐を持ちしっかりと育ててくださったことを思います。ですから、神様の忍耐には心から感謝です!

そして最近、また新しい思いが与えられました。その道が開かれるのであれば、そちらの道にもぜひ邁進していきたいと思う限りです。
 
― ハレルヤ! さおりさんにずばりお聞きします。もしご自分を聖書の登場人物に例えるなら、誰でしょう?

これは、いつも私が皆様にしている質問ですが、けっこう難しい質問ですね。(笑)

私の中で、共通点があるのは、外国から来た花嫁のルツ。詳細は少し違いますが、キリスト教に興味を持った理由も、彼女は義理の母ナオミの信じる神でしたが、私は夫の育った国が信じる神、キリスト教だったのも同じです。

そして、ルツはナオミに、会ったばかりの人・ボアズとの結婚の勧めにも素直に従ったように、私もそれをやりかねないような単純なところも似ています。

― 最後に、お仕事で励みにしている御言葉はありますか?

お客様にとっても、仕事仲間にとっても、この御言葉を常に心に留め、心がけています。
「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことをだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい」ピリピ人への手紙2:3
「また、あの啓示された事があまりにもすばらしいからです。それで、 そのために思い上がることのないようにと、わたしの身に一つのとげが与えられました。それは、思い上がらないように、わたしを痛めつけるために、サタンから送られた使いです。この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。」第2コリント12:7-9



(ブログ制作チーム)


クリックで応援お願いします。
2013.06.05 00:00 | 各地紹介

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.