LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Picture 460

(続き)
素敵な景色を見て心は満たされましたが、、お腹の虫はおさまらず、レストランを物色。そこで見つけた"Cookout Night"。大人29ドル、6歳以上11ドル、5歳以下無料だったので、私とみかの分だけ払い、今夜のチケットをゲットしました。その後、キャンプサイトに帰り、日本のカップヌードルで昼御飯をすませ、デザートはとろとろのマシュマロと板チョコを挟んだスモアです。。

Picture 451

お腹が一杯になった後、キャンプサイトから続くTrailに散策に出掛けました。その途中にあったベンチに腰掛け、キャニオンを上から見下ろします。雲の動き、風の動き、雨の降っている部分が遠くから見えます。。神様のひとつひとつの創造がとても神秘的に見えました。辺りが暗くなり、霧がかかり、風がふいたとき、再臨のときはこんな感じなのかなと想像しました。

Picture 462

雨がまた降ってきたのでテントに避難し、Cookout Nightが始まる15分前にまたCanyon Lodgeに戻り、汽車(路上を走る)に乗ってCookout Nightの会場に出発!汽車に乗ってる子供たちは大喜び。そんな顔を見れて私も顔がほころびます。会場に着き、バーベキューのバフェを食べながら、ウェスタンミュージックのショーが始まりました。この日はみかの誕生日。彼女はノリノリでショーも夕飯も楽しんでいた。

Picture 502

キャンプサイトに戻るときに見た、あの満点の星空は忘れられません。24時間眠らない街ラスベガスにいると、星を見ることも忘れ、星の輝きも目にも止めない。ノースリムで見たこの満点の星空よりも多くの光を、神は毎日放ってくださると思うと、神の創造にますます心が熱くなりました。そんな2日目も、最後はみかの懐中電灯芝居で幕を閉じました。

3日目。今度こそカラッとした晴天に恵まれました。ゆっくりと野菜入り明太子パスタのブランチをし。遅めの出発。午後1時からのジュニアレンジャープログラムに参加しました。グランドキャニオンで発見されたものを再現しようと、人工の針金入りの草を使って形を造るというクラスです。

Picture 513

クラスの途中、大雨が降り、屋根のある場所へ避難。6月から8月にかけては、グランドキャニオンは雨期。雨を想定していつも動かなければならない状況です。しかし、雨の中でもたくさんのものに感謝し、たくさんのことを楽しむことができることを学びました。午後4時、もう一つのジュニアレンジャープログラムに参加しました。グランドキャニオンの歴史を学ぶことができたCondor Talkです。

Picture 531

レンジャーの方たちが、グランドキャニオンを管理してくれることにより、観光客がグランドキャニオンの景色を楽しむことができ、尚且つ自然の破壊も食い止められています。ましてや、この地球は神が私たちに与えてくださった場所です。この地球を大切にしようという思いになりました。夜は、キャンプサイトに戻り、レトルトカレーとご飯、スープを作って食べました。薪を燃やして、キャンプファイヤーの回りでまたまたスモアにホットチョコレート。子供たちはデラックスのデザートに終始笑顔です。

この4日間で与えられた御言葉は、5箇所ありました。そして、キャンプにいく前も詩篇150の"大空の下で主を賛美しなさい"という御言葉に励まされて、実行した今回の旅です。すべての道は主が備えてくださる。私たちは、ただただ主に委ね従っていけばよい。それが、大雨の時でさえも。たとえ大雨に見舞われても、晴れの日はすでに主が備えてくださっているのだから。

Picture 558
(レンジャーのバッジを貰って)

(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.08.29 00:00 | 証し
Picture 433

8月22日からグランドキャニオンノースリムへ3泊4日の家族旅行に行って参りました。グランドキャニオンは、アリゾナ州北部に位置する国立公園のひとつです。コロラド高原が、コロラド川の浸食作用によって削りだされた渓谷であり、底部標高 2600FT(800m)、長軸全長277マイル(446km)の世界遺産に登録される雄大な国立公園です。ノースリムは、その北部に位置し、標高2500m。ラスベガスからI-15を北に出発。道に少し迷ったけれど、出発から6時間後に無事到着しました!

Picture 576

公園内に入ってから、さっきまで晴れていた天気が崩れ気味。あ~どうにか テントを建てるまで天気よもってくれ~!という期待に反して、大雨どしゃぶりのお天気。子供たちをテントの中に避難させ、私はテントを建て終えましたが、建て終えた時には、すでにどこかのプールに転落したかのようなびしょ濡れ状態に。。。

とりあえず、車の中に避難し、雨が弱まるのを待ちましたが、濡れたスーツケース、泥だらけの荷物を見て私の目は涙ぐみました。この雨の中、身動きも取れない、帰るべきかとさえ思ってしまったほどです。早起きし、長時間ドライブ、その後、このびしょ濡れに泥だらけ騒動。疲れたので、テントになんとか移動し、マットレスに空気を入れ、寝袋を広げ仮眠をとりました。

Picture 355
(雨が降った後のキャンプサイト)

1時間後、テントの中のジャズミンとジョナの笑い声に起こされました。外は雨が上がったようです。今夜の夕食は、市販のブルーベリーマフィンと鱈と野菜のフォイル焼きを作りました。なんだかアメリカなんだか日本なんだかわからない食卓内容だったけれど、また再びいつ天気が崩れるかわかない状況の中、雨が降ってくる前に、料理し、片付けをしなければならなかったので、やむを得ませんでした。案の定、食事が出来た時、雨が振りだしました。急いで片付けて、テントの中で食事。子供たちは、そんな中でも楽しそうで、私だけ、気分は降下中・・せっかく家族できた旅行、こんな気持ちではいけないと思い、私は祈りました。すると、神様は、おどろくべき祈りの答えをくださいました。

"主が与え、主がとられたのだ。主のみなはほむべきかな。"(ヨブ1:21)

私たちが主の道を歩むとき、快晴の日だけではない。大雨のとき、嵐のときのように、人生には試練がつきもの。そんな時にこそ、主に信頼しなさいという思いが与えられました。

外は雨なので、雨漏りに心は奪われても、子供たちと賛美し、聖書について話しました。長女みかは、懐中電灯を二つ使い天地創造の7日間、アダムとイブの木の実事件、ケインの反逆を面白おかしく語ってくれました。懐中電灯芝居(?)を観覧後、歯をテントの中で磨き、一日目は神の守りの中、無事に終了しました。

2日目、朝起きると昨日の雨はどこへやら、カラッと晴れていました。太陽の光が燦々とテントを照らし、暑さで目が覚めました。さて、今日は何をしよう!昨日は大雨でどこにも行けなかったからまずVisitor Centerに行こうかなと、考えながら朝御飯のシリアルとパッションティーをほおばります。まずは登録だ!と思い、登録所に行き、Check Inを済ませました。

Picture 362
(Register Center)

そのとき、急に天候が変わり、周り一面 霧に覆われました。ラスベガスでは、霧に覆われると言うことがまずないので、運転にはすごく気をつけながら、Visitor Center 、Canyon Lodgeに向かいました。駐車場に車を止めて、最初のGood View 地点につきますが、辺り一面霧で何も見えません。

Picture 374

そのまま、遊歩道に沿って歩いていたら、Bright Angle Pt Trailに続く道があり、子供たちを両手にしっかり握り、歩き出します。途中、霧が晴れ 次第に 雄大な景色が私たちの周りを覆っていることに気づきました。

Picture 404

Picture 412


Trailの道は狭く、柵もしっかりと止められていません。子供たちと行くグランドキャニオンはどきどきして、私の度胸が強められた気がします。それでも、子供たちと一緒に行き着いた先の景色は、圧巻でした。Trailを引き返し、Grand Canyn Lodgeに到着。入り口に入ってすぐレストランがあり、奥には 大画面のパノラマグランドキャニオンが広がっています。

Picture 429


(つづく。。。)


(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.08.28 00:00 | 証し
eric-liddell-400.jpg

エリック・リデル。この方の名前を覚えている方はどれ位おられるでしょうか?映画「炎のランナー」の中で主人公として描かれた人物でもあります。

エリックは1902年1月に中国でスコットラドの宣教師の両親の元に生まれました。6歳の時に学校に通うために、兄と共にスコットランドに渡りましたが、両親は主の働きの為に、幼い子供達と離れ、中国に留まることにしました。その為、エリックと兄は1年に数度しか両親と会う事ができない生活を送りました。しかし、エリックの中にも両親から受けた信仰はしっかりと育っていました。

エリックは大学に進学した後、陸上で才能を開花させました。そして1924年22歳の時にパリ・オリンピックの陸上競技・短距離選手の英国代表選手として選ばれました。エリックは当初100m競技に参加をする事になっていましたが、競技の日が日曜日である事がわかり、100m競技に出場する事よりも、主日に神を礼拝する事を選びました。敬虔なクリスチャンであるとはいえ、国を代表する選手に選ばれた後の選択は、簡単ではなかった事を思います。

エリックは100m競技には出場しませんでしたが、代わりに400m競技に出場する権利を得ました。試合までにはまだ時間があります。エリックは練習に励みました。しかし、いくら400mも得意とは言え、100m競技で発揮できる力に比べると格段に劣ります。彼は今まで100mの選手として活躍していたのです。ですから、400mは金メダルを期待できる種目ではありませんでした。もはや誰も彼に対して、金メダルを願うことはしなくなっていました。

当時の陸上競技で英国の大敵はアメリカチームでした。しかし、400m競技の朝、アメリカチームの一人、ショルツが1枚の紙切れをエリックに渡しました。その紙切れには「わたしを尊ぶものを、わたしは尊ぶ。サムエル記上2:30」の御言葉が記されていました。エリックはその御言葉を握りしめ、400m競技に挑みました。そして彼は誰も予想のしなかった金メダルを獲得したのです。しかも、世界新記録を出す見事な競技でした。その上、数日前には200m競技でも銅メダルを取っていたので、彼にとっては2個目のメダルとなりました。後にエリックは「妥協とは悪魔の言葉」という言葉を残しています。もし彼が、オリンピックの100m競技に出場する為に、礼拝を休んだとしても、誰も彼を責める人はいなかったでしょう。しかし、神の栄光があらわされる事もなかったのではないでしょうか。そして今日、彼の信仰から励ましを受ける事もできなかったでしょう。

輝かしい人生を送っていたエリック青年は翌年、大学を卒業すると、両親が住む中国の天津に渡りました。その後の人生は中国の地で福音宣教のために身を捧げた人生でした。エリックは43歳の若さで天に召されますが、最期の言葉は「Surrender-明け渡す、身をゆだねる」でした。

エリックの人生の土台はまさに、神様を土台とした人生であり、たとえこの世の名誉や名声を失う事がある時にでも、神の国を第一として生きる信仰者の姿を見る事ができます。主がエリックに与えられた御言葉の約束「わたしを尊ぶものを、わたしは尊ぶ」は、神様の方法で成されました。エリックを通して神様は栄光をあらわしてくださり、世界中の多くの人が、生きておられる主を拝した事と思います。私達もこの世と妥協せずに、神様に委ねて歩んでいきたいと願います。主を礼拝する事が私達、被造物の本分であり、人生の土台である事をエリックの信仰を通してまた知る機会となれました事を感謝します。

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.08.27 22:20 | 信仰者シリーズ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.