LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

写真

ニックは1982年12月4日に生まれた29歳の青年です。彼は生まれながらに手足のない状態で生まれました。ある時期までニックは自分を受け入れる事はできずに、苦しみ、死を願っていました。しかし、神様との出会いを通して、生きる希望を与えられ、今では全世界に希望のメッセージを伝える器として神様に用いられています。

ニックのいくつかの言葉を紹介します。

「ニック、僕はあなたの体験が想像できない」「あなたはの話がとても人を励ます」
と言われ、ぼくは感謝しています。人を励ませた事は良かった。でも、誰でも寂しさ、悲しみを知っているはずだ。ひょっとしてあなたの体験は私よりひどいかもしれない。あなたは「違う」と思うでしょう。しかし、苦しみは比べられない、比べるべきではない。

ある時、神様が僕の質問に答えた気がした。僕の質問は「どうして神が僕をこのように造ったのか?」神様からの答えは「あなたは私を信じる?」という質問だった。その質問に「Yes」と答えるならすべてを受け入れられる。僕が持っていないということで神を恨むという選択と、僕が持っている物に対して感謝するという二つの選択枠があった。そして僕は人の外見が完璧でも中身が壊れたら意味がないということがわかるようになった。そして、神が環境を変えなくても癒せることがわかった。


ニックに会った人々は先に握手を求めることのできないニックに先に近づき、抱きしめ、挨拶をします。今は活気のあるニックも幼い時はそうではありませんでした。

自分は一人であり、生きる意味がありませんでした。学校に行く理由もありませんでした。私は自分が大学に行けるようであるとは考えもしませんでした。どうしてよいかわからず、大変暗くなり、さびしかったのです。神様が憎く、人間に恨みを持ちました。彼らが私を理解してくれないからです。私は怖かったのです。そして弱くなり、絶望に陥りました。8歳のときに人生をあきらめたいと深い絶望に陥りました。

生まれる時から手と足のなかったニックは、他の子が歩き、走る事を学ぶ頃、車椅子に乗る方法を学び、他人と違う自分の姿から人生の希望のかわりに、苦しみを先に学びました。そのような彼が今のように活気にあふれ、幸せな青年になれたことは、生きる理由を探したからです。彼は自分が発見した人生に対する希望と情熱についてのメッセージを他者に伝えています。

道を行くときに倒れることもあります。倒れたらどうしますか?皆さんも知ってるとおり、起きなければなりません。なぜなら、このように倒れた状態ではどこにも行けないからです。しかし、人生の中で、みなさんが倒れたとき、再び起きる力がないと感じられたときもあったと思います。皆さん、希望があると考えますか。なぜなら、私が倒れるとき、私には起き上がる為の腕も足もないんです。私が再び起き上がることは不可能ですね。しかしそうではありません。私は百回でも、起き上がろうと努力します。もし百回がみな失敗し、自分で起き上がることをあきらめるなら、私は絶対に起き上がることはできません。しかし、失敗しても、また試みるなら、そしてまた努力するなら、それは終わりではありません。どのように終わるかが重要なのです。再び起き上がることのできる勇気を得ることが大事です。

ニックの生活は彼が語っているように決して挫折することはありません。倒れたとき、起きあがればそれでよいという事をニックは知っているからです。

今でも腕と足があるようにと祈っているかと聞いていますか?はい、実際そうです。しかし、与えられないからといって、大きく失望するとかそのようなことはしません。神様が聞いておられようが、なかろうか、私は今でも奇跡を信じ、私は大丈夫です。神様は私にあまりにも偉大な使命を与えてくださいました。神様の栄光と愛に対する私の話を通して、人々の心が変わることを見ることは本当に素晴らしいことです。私は今も奇跡を信じます。奇跡がここにあっても、天国にあっても、私は今でも奇跡を信じます。天国で私は腕と足、そして新しい身体を持ちます。しかし私は、今、このままでも幸せです

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。

2012.07.30 20:40 | 信仰者シリーズ

カルフォルニアの青空の下、7月23日~25日に南カルフォルニアクリスチャンリトリートが開催されました。今年はイタリア・ミラノ賛美教会の内村先生をメイン講師としてお迎えいたしました。

IMG_0597.jpg

今年のリトリートの主題「キリストの心を心とする」にそって、3回の聖会でメッセージを取りついで下さいました。すべてのメッセージに主がともなってくださり、私達も主の御声を聴く事ができました。

IMG_0602.jpg

今年も鶴田先生がリトリートの主事をしてくださいました。1年の準備期間の間に多くの先生方、奉仕者のお働きにより、主によって満たされたリトリートでした。感謝!

DSC05435.jpg

聖会毎に証の時も持たれましたが、1日目の夜の聖会では、石原兄が素晴らしいお証をしてくださいました。

DSC05425.jpg
DSC05443 - Copy

お食事は主にある交わりの時間ですが、リトリートでは懐かしい兄弟姉妹との再会も。

IMG_0572.jpg
全ての集会の賛美リードはDUO高瀬、直人兄が担当してくださいました。また、リトリート2日目にはDUO高瀬のコンサートの時が持たれ、魂が洗われました。

IMG_0581.jpg

2日目の午後に持たれた分科会。今年は10のクラスがありました。各講師の先生が前もって準備してくださったクラスはとても充実しています。

IMG_0576.jpg
IMG_0609.jpg

各聖会後にはスモールグループの時間が持たれました。メッセージから受けた事、証しなど、お互いに信仰の励ましを受けるとても素晴らしい時間です。また、最週日には各グループの代表が証をしてくださいました。


DSC05455.jpg
来年はもっと多くの皆様とリトリートに参加できる事を願っております。本当に素晴らしいリトリートでした!主からの沢山の恵みに心から感謝いたします!

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。

2012.07.28 21:13 | 証し
maturity.jpg

今日は、“成熟”ということについて考えてみました。

幸福な人生を送るために必要な資質の中で、まず第一に思い浮かぶものは“成熟”ということです。未熟さの特徴が利己的であることからすると、成熟であることの特徴は非利己的です。

さまざまな人間関係において、それが夫婦であれ、親子であれ、友人、同僚との関係であれ、考え、習慣、性格、好み、価値観、人生観などの違いによって、どうしても摩擦が生じるようになります。この摩擦を無くすのが非利己的な心であり、成熟という資質です。

人は一人のときは独立の歯車で動いており、すべての決定は自分の都合と好みでなされています。しかし、そこに相手がいる場合、それぞれ独立した個人は、この歯車を互いにかみ合わすことを学ばなければなりません。それぞれの歯車は動いており、すべての運動は摩擦を生じさせるものなので、それぞれが一致して動くことを学び、心掛ける必要があります。その際に、さまざまな人間関係の中で歯車をかみ合わすことを大いに助けてくれるのが成熟という非利己的な心なのです。

ゴールデンルールとして知られている聖書の言葉に、「何事でも人々からして欲しいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」というものがあります。これが実行できれば、多くのものを手に入れることができ、豊かで幸福な人生を送ることができますが、それは非利己的な心、つまり成熟した心からでなければ生まれて来ない行動です。それに対して、利己的な心である未熟さは、人々からして欲しいと望むことを人々に要求するので、自分の意に反し、多くのものを失い、不幸な人生を送る結果になります。

聖書はまた、「何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互いに人を自分よりすぐれた者としなさい。おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい」と教えています。人は誰でも、生まれながらに罪の性質を持っていますから、その本質は利己的であり、誰の心にも、党派心や虚栄があり、傲慢な心、また自己中心の思いがあります。しかし、こういう利己的な心は私たちに悪い実を結ぶ種を蒔かせるので、良い実を結ぶ種を蒔くようにと、非利己的な行動が勧められているのです。

ところが問題は、私たちの本質が利己的であるために、なかなか非利己的になれないことです。そんな私たちが非利己的で成熟した心を養うには、私たち自身が非利己的な扱いを受ける必要があります。誰かの犠牲的な行為を通して愛される経験をし、そのような非利己的な行為が如何に人の心を喜ばせるものであるかを味わうところから、非利己的な行動を取ろうという生き方が生まれてくるものです。しかも、その誰かの犠牲的行為の犠牲が大きければ大きいほど、そこから与えられる喜びと感謝と感動は大きく、非利己的であることの計り知れない価値を理解できるようになるものです。

イエス・キリストは、あなたを愛し、あなたのためにご自身の命を犠牲にされました。あなたに対し、これ程までの非利己的行為をした人は他に誰もいません。ですから、あなたにとっても、イエス・キリストの愛を体験的に知ることこそ、非利己的な心を養い、成熟という資質を身につける最良の方法だと言えます。

今日の一言: 非利己的な心を育てよう

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.07.27 05:54 | 鶴田健次牧師より

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.