LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

h.jpg
去る礼拝メッセージは「絶対希望の幸福」ピリピ人への手紙3章10節―12節でした。
メッセージの中の「復活信仰に生きる者の生き方」という箇所で例話として登場されたリー・ソンボン牧師を今日のブログでご紹介させて頂きます。

「韓国のムーディ」と呼ばれる‘リー・ソンボン’牧師先生は、1950年6月25日の韓国戦争の時、木浦(モクポ)で避難生活をしました。食べ物がないので、やっとお粥をお匙3杯で辛抱しながらも、共産党の治下で熱心に福音を伝えましたが、遂に捕えられて共産党の内務署(察署)に拘引されて審問を受けました。北朝鮮のパルチザン(遊撃隊)によって恐ろしい拷問を受けながら、‘リー・ソンボン’牧師先生は取調べを受けました。

その時、共産軍の指揮官が拷問の現場に入って来て居丈高に取調べを始めました。「おめぇはイエスを信じる者だそうだが、天国を見たか?天国がどこにあるんだ…?」リー牧師先生は、答えました。「天国は、『そら、ここにある。』とか、『あそこにある。』とか言えるようなものではありません。天国は、私の心の中にあります。」するとその指揮官は息も継がさずに追求してきました。「天国が、おめぇの心の中にあることをどうして分かる?証明して見い。見せてくれ。どれ、おめぇの心の中に本当に天国があるのか…?」‘リー・ソンボン’牧師先生は、静かに答えました。「私は既に、天国に入って来ているので、あなたたちが憎くありません。また、私は天国に入って来ているので死ぬとしても怖くなく、心配もありません。これが、天国が私の中に入って来ていると言う証拠です。罪もない私を捕えて取調べをし、拷問するあなたたちを憎みもせず、あなたたちが殺してやると脅迫しているのにも怖くなく、私の心は平安です。これがまさに、天国が私の中に入って来ている証拠なのです。」
すると、その指揮官はいかにも感心したという表情で、「イエスを信じるという奴たちは口が達者であると聞いたが、まさにその通りだ…。」と呟きながら、意外にも牧師先生を釈放してくれました。それで、‘リー・ソンボン’牧師先生は殉教することなく世の中に出られて、韓国戦争終戦後にも熱心に全国を駆け回りながら福音を伝えました。


リー先生が拷問にあっている最中に、拷問している相手に向かい「あなたたちが憎くありません」と言われた信仰は絶対希望に生きる者の「生きた信仰」です。それが、先生がおっしゃられた「天国は私の心の中にあります」と言われた事の証拠でした。

信仰の証しとは・・自分の生活の中に生かされて、初めて証しとならん事を学ばせて頂きました。神様を礼拝し、賛美し、聖書を学び、祈りをお捧げしたとしても、「生きた信仰」がなければ、主の証しを立てているとは言いがたい事を思います。

リー先生も私達も主から同じ恵みを頂いております。それは「天国」です。しかし、「天国は私の心の中にあります」と言うことができているか、もう一度主の御前に静まり、心を探って頂きたいと願います。

(LVJCCブログ制作チーム: 薫)

ランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.05.30 21:38 | 信仰者シリーズ

今日は、‘苦しみの効用’について考えてみました。

“困らせてくれてありがとう”という本の中に、著者が高校時代にテニスの練習を始めたときの経験が記されていました。彼はフォアハンドといって、普通にボールを打つことが得意でした。逆にバックハンドといって反対からボールを打つのは苦手でした。そして、初めに彼の相手をしてくれた友人は彼がフォアハンドで気持ちよく打つことができるようなコースにボールを返してくれました。ですから、彼はテニスが楽しくて仕方がありませんでした。

ところが、ある時、別の相手が彼のバックハンドの弱点を見抜き、彼とテニスをする時にはいつも、バックハンドで打たなければならないコースにばかり打ってきたのです。当然のことながら、彼はボールを相手に返すことができず、テニスをすることが少しずつつまらなくなってきました。しかし、彼はテニスを続けたかったので、それからはバックハンドを集中的に練習するようになり、やがてバックハンドも、フォアハンドと同じように得意になりました。

それからしばらく経って、仲間の一人が今度は、彼がライン際のボールに対する処理の仕方が悪いことを見抜きました。それ以来、その仲間は彼とテニスをする時にはいつも、ライン際ばかりにボールを集めるので、彼はボールを返せなくなりました。そして、前の時と同じように、テニスが嫌いになりかけました。しかし、やはりテニスを続けたかった彼は、それからはライン際のボールの処理の練習ばかりをするようになりました。そうこうしている内に、ライン際のボールも上手に打ち返せるようになったのです。こうして、気がついたときには彼は優秀なテニスプレーヤーになっていました。まさに、彼の場合、仲間たちが困らせてくれたおかげで、そのような一流選手になることができたのです。

人生には様々な試練や苦しみがあります。しかし、上記の事からも分かるように、豊かな人生を生きるための重要な要素は、試練や苦しみから逃れることではなく、それを乗り越えていくためにどういう態度でその試練に臨むかということではないでしょうか。あなたも、そんな心の姿勢で豊かな人生を生きてみませんか。

今日の一言: 苦しみに会ったことは良いことであった

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.05.28 17:03 | 鶴田健次牧師より
Blog pic 1 Christian-Group-at-Cross

今回は、たびたび当ブログにも登場する母の日礼拝後のメッセージを聞いたSao姉妹が経験されたお証を紹介します。

母の日―それは、あなたにとってどんな日ですか?私にとっては、私に“生命” と “母” を与えてくださった神様に感謝する日であり、そして私を生んでくれた母に感謝する日であり、それでいて私のもとに3人いる子供たちに感謝される日です。

母になると言うことは、同時に子育てをするということでもあります。こうして毎日経験してみて、人ひとり責任を持って育てるということは、とてつもなく容易なことではないことだと思います。しかし、なぜ罪を持っている私達人間に子供を授け、育てる権利を神は与えてくださるのでしょうか?罪のある不十分な人間なのであれば、立派な人間なんて育てられるわけがないと、一見すごく矛盾しているようであり、不可能な感じがします。

私は、9歳の長女と5歳になった双子の3人の子供がいますが、仕事ももっています。そんな中で、子育てに悩むことは日常にあります。日常生活が送れる動作を取得する生後1年未満の赤ちゃん、よちよち期。行動の幅がずっと広がり興味津々の2歳児未満。やだやだ期が始まる2歳から4歳児。物事に対する理解がずっと広がる5歳児。物事を学ぶことに貪欲な小学校低学年。聖書と世の中のギャップを知る小学校中学年。そして、ティーンネイジャーに差し掛かります。

3人3様。性格も違うものであれば個性もばらばら。聖書に沿って話しをする時に、3人が理解できる方法もそれぞれ違うので、違った対応の仕方が求められます。頑固な子もいれば、素直な子もいる。頑固といっても実はそれは、自分が同意していないものに他人の言ったことが安易にYES と言えない誠意からきている事もある。そんなうそがつけないでいつも怒られてしまいがちな子もいれば、うそがうまい子もいる。返事は良いので、それに関してはいつも褒められるが、いつまで経っても同じ間違えを起こす子もいる。私は、迷っていた。

ある日、子供たちのある行動に目が留まった。日曜礼拝の最中に、子供たちが本を読んだり、話したりしていた。私は、毎週賛美リードをしているのでどうしても彼らのそばについてあげることが出来ない。

ある日、その行動がどうしても目にあまるので、私の心の内を話した。“私達は、神さまだけを考えその時間を教会堂にいるおねえさんやおにいさんと同じ気持ちになって一緒に神様だけを見ています、愛していますと愛を届ける時間。自分ひとりがなんでも好きなことをしているのであれば、それは自分自身に時間を捧げていることと何も変わらない。神様だけを見つめて一緒に賛美しよう。” と。

洗礼をもう既に受けた長女は、少し黙って『わかった。ママごめんなさい。』と答えた。それ以来、長女は生活態度が変わった。下の妹弟たちに対してとても優しくなり、会話の中に神様が更に出てくるようになった。これを通して、私は関心した。子供たちの神を礼拝する姿勢が変われば、人生の中で生活態度がかなり改善されることを。そんな時、母の日礼拝で『父と母を敬え』のメッセージを聞き、心に響いた。

礼拝中、子供がうるさくして注意をする人される人、これまでもこの先もたくさんいるかもしれない。でも、子供が悪いのではなく、子供を導く親であり周りの大人の正しい誘導があれば、子は自然と正しくされるのだとつくづく思う。つまり、私達大人一人ひとりの神への真摯な態度と信仰が必須なのだ。子供たちを導く私達の神への信仰姿勢は真剣勝負だ。

子は、神様からの賜物。子供は神のものであるのだから、神がどのように育てたいかと考えた時、子供たちを導く側の心の姿勢が重要な鍵だと気づき、私はとても大切なものに目が覚めた。

ハレルヤ!主に感謝。


『子たる者よ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことである。「あなたの父と母とを敬え」。これが第一の戒めであって、次の約束がそれについている、「そうすれば、あなたは幸福になり、地上でながく生きながらえるであろう」。父たる者よ。子供をおこらせないで、主の薫陶と訓戒とによって、彼らを育てなさい。』エペソ人への手紙6:1-4

(ブログ制作チーム: Sao)

2012.05.25 04:10 | 証し

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.