FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

        x-thumbnail.jpg
今日は、‘心の養い’ ということについて考えてみました。

人間の思考、言動、行動は、すべて心の中から湧いてくるものです。人は、心の中にないことを考えたり、口にしたり、行動に移したりすることはしません。すべて心の中にあるものが考えとなり、言葉となり、行動となって表に現わされていくのです。したがって、心を育て、心を守るということは、幸せな人生を送るための鍵であると言えるでしょう。

旧約聖書の箴言4章23節に、「油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである」という言葉がありますが、まさにここで言われていることは、あらゆる人生訓の基となる重要な思想です。

旧約聖書においてこの「心」(レーブ)という言葉が使われる時、それは知性、感情、意志を含めた全人格を表し、それは「命の泉」であり、その命は心から湧いてくるものであると言われているのです。したがって、「心」はすべての守るべきものに先立って守るべき大切なもので、それによって、その人の人生が決まるのです。

マザーテレサが、このようなことを言っています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

つまり、どんな言葉を口にし、どんな行動を取り、どんな習慣を身に付けていくか、それがその人を作り、その人の人生を決めていくわけで、そのすべての源となる思考は、「心」の中から生み出されるのです。

ですから、良い思考を生み出し、良い言葉、良い行動、良い習慣、良い性格、そして幸せな人生をもたらすために健全な心を育て、守ることを心がけましょう。

健全な心は、心の糧である聖書の言葉を学び、それを行うことによって養われます。学ぶだけでは心は育ちません。それを行うことが大切です。どんな状況の中でも、神の言葉に心を向け、油断することなく心を守りながら、神の言葉を瞑想し、それに基づく言葉を口にし、また行うのです。

そうすれば、やがて健全で豊かな心が育てられ、その心から健全な思考が湧き上がり、良い言葉、良い行動、良い習慣、良い性格がもたらされ、素晴らしい人生を生きることができるのです。

今日の一言: 健全な心を育てよう

平安
鶴田健次


クリックで応援してください 
2012.04.23 12:55 | お知らせ
                 x-nakao.jpg
2012年4月22日(日)の礼拝に、北カリフォルニアのサンタクララ教会から中尾邦三牧師をお迎えして聖書のメッセージを取り継いでいただく予定です。それに先だち、中尾先生のプロフィールとインタビューをご紹介いたします。

                 中尾邦三牧師プロフィール

大阪府に生まれる。こどものころ病気をしたため運動は苦手だったが、図画工作、作文などは得意だった。小学生のころはまんが家になりたいと思っていた。中学生のころエレクトロニクス工作をはじめた。そのころ、まだパーソナル・コンピュータはなかったが、それがコンピュータへの興味につながったと思う。

高校二年生の時に聖書を学びはじめ、イエス・キリストを信じた。翌年イースターに浜寺聖書教会で岩佐祐二牧師より洗礼を受けた。そのころより、牧師への召命を感じはじめていた。

1973年聖書神学舎を卒業、結婚して、新潟県長岡市で伝道牧会、新潟聖書学院でも教えた。その間、会堂建設、伝道所建設を手がけ、TEAM、アンテオケ宣教会、いのちのことば社、太平洋放送協会、総動員伝道などと関わりを持った。娘二人は、新潟県で生まれた。

1989年、テキサス州ダラスに留学。翌年クリスウェル大学大学院を卒業し、帰日。東京都練馬区にある小竹町聖書教会で臨時牧師をした後、1991年、カリフォルニア州サンディエゴにある日系キリスト教会に赴任。2000年夏までの間、クリスチャンのサポート・グループを指導し、人間理解について洞察を得た。

2000年9月、カリフオルニア州サンホゼにある日系キリスト教会に転任。「真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。」(テモテ第二2:15)とのことばに励まされ、時代を経てもかわらない聖書の真理を教える教師でありたいと願っている。神学の分野では「教会論」に興味を持っている。将来、テゼ・スタイルの礼拝やリトリートを導きたい。そのためにリトリート・マスターとしての研鑚を積みたい。


                    revnakao.gif
                次に、中尾牧師へのインタビュー

―まず始めに、先生がアメリカにおいでになったきっかけからお聞きしていいですか。
<中尾牧師>それは、1989年にダラスに留学に来た時からはじまります。日本での牧会も、伝道所を建てるところまで祝福され、一段落したところで、将来のため、アメリカで学びたいと、家族と一緒に来ました。その時はダラスに日本語教会があることすら知らないでいました。ここに来たら、アメリカの教会に行くものと思っていました。ところが、私たちを空港に迎えに来てくださったのが、日本語教会の牧師だったのです。それで、日本語教会に行くことになりました。

―そこでのクリスチャンの交わりはどうでしたか。
<中尾牧師>日本の教会で訓練を受けたご夫妻がいて、他にもこちらで信仰に導かれた家族が2、3あって、お互いに家族同士の交わりをして、助けあっていました。私たちもその仲間に入れていただき、多くの面で励まされ、助けられました。やはり、教会の鍵はクリスチャン・ホームにあるように思います。

―ダラス、あるいはテキサスの教会はどんなふうでしたか。
<中尾牧師>私は、日本で教会成長の学びをしていて、書物に書かれていることが、実際にはどうなんだろうと確かめたくて、アメリカに学びにきました。ダラス、テキサスを選んだのは、この地方がアメリカのバイブル・ベルトと言われる地域で、教会のさかんなところだと聞いていたからです。

―実際にはどうでしたか。
<中尾牧師>期待は裏切られませんでした。日本語教会の先生の許可を得て、月に1、2度はいろいろな教会の礼拝、夕拝に出席しました。どこも、すこし遅れていくと車をとめるのが大変なほど、多くの人が集まっていました。どこでも、グリーターが気持ちよく歓迎してくださり、子供たちをサンデースクールのクラス・ルームまで案内してくれます。礼拝では、みんなが声をそろえて賛美し、どのメッセージもキリストの恵みを明確に語り、日々の生活にチャレンジを与えるものでした。

―先生の、説教についての考え方について、お話ししていただけませんか。
<中尾牧師>説教とは、説教者個人の意見発表の場ではなく、聖書を「解き明かす」ことにあると信じています。説教者は、みことばのしもべなんです。牧師の黒いローブは、人と違った格好をして目立つため身につけるんじゃないんですよ。それには、みことばの僕として、「黒子(くろこ)」になるという意味があるのです。

―説教を聞くうえで大切なことは何ですか。
<中尾牧師>説教は、単なる聖書の説明ではありません。例話や体験談、そしてチャレンジがあります。けれども一番大切なのは、知的に理解できた説明でも、おもしろい例話でも、心あたたまるお話しでもなく、最終的にはそこで神様と出会うことです。神の愛のもとに思い煩いをゆだねること、キリストの恵みを知って自分をささげること、聖霊に心照らされて真実な悔い改めに導かれることなのです。

― Pastor Nakao's Homepage、 penguinclub.netより

このように主の僕として主に尊く用いられておられる中尾先生を私達の教会にお迎えできることを主に感謝いたします。

4月22日の礼拝メッセージは『百五十三匹の魚』というタイトルでメッセージを取り継いでいただく予定です。期待をもってお迎えしたいと思います。ぜひお友達を誘って、ご参加ください。

(ブログ制作チーム: Sao)


クリックで応援してください。
2012.04.19 12:57 | 教会イベント
             x-IMG_0067s.jpg
去る2012年4月15日、風が強く肌寒い日々が続いた先週とは打って変り、カラッと晴天で暖かい日曜日の午後、小田恵娜(ケイナ)さんのソプラノ・コンサートが催されました。

ケイナさんは、我が教会に集っておられる林郁子さんのお嬢様で、お兄様とその息子さんが郁子さんと共にラスベガス教会に集っておられます。

当日は、日本から来て下さったピアニストの花岡渚さんのピアノ伴奏に合わせ、以下の曲目でコンサートが持たれました。

   ● 主の祈り
   ● Agnus Dei(ビゼー作曲)
   ● Ave Maria(シューベルト作曲)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● 荒城の月
   ● 浜辺の歌
   ● 宵待草
   ● 阿里山の娘(台湾民謡)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   (一緒に)
   ● 赤とんぼ(1・2・3・4番)
   ● 故郷(1・2・3番)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● ブッチーニ作曲
   ● オペラ「シャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」
   ● オペラ「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● Amazing Grace(動画視聴
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● 坂の上の雲(アンコール曲 動画視聴

渚さんのピアノ伴奏と息の合ったケイナさんの歌声は、聞く人々の心にいつまでも残る素晴らしいものでした。特に浜辺の歌、アベマリアは、いつまでも聞いていたいと思うほど心地がよく、Amazing Graceは、主にこの歌を捧げるケイナさんの心が伝わってくる大変感動的な賛美でした。私自身も賛美をリードする奉仕に携わらせていただいている者として、賛美の心を改めて確認することができました。

            x-IMG_9956s.jpg
コンサートの合間で、あまりトークをすることはないと仰っていたケイナさんでしたが、大震災を迎えた日本のことや、被災地を回られたときに神様の役に立ちたいという思いが与えられた経験などをとても分かりやすく語って下さり、聞く者すべてに大きな感動を与えて下さいました。

また ピアノ伴奏をして下さった花岡渚さんは、今回初めてアメリカに来られたということで、べラージオ・ホテルの噴水ショーから、雪をかぶったマウント・チャールストンに至るまで、見るものすべてが感動と緊張の連続だったという、私たち現地の者には新鮮なラスベガスの魅力を語って下さいました。

x-IMG_2657cs.jpg

コンサートの途中、聴衆全員で心を合わせ、日本の懐かしい歌を二曲歌いました。渚さんの素晴らしいピアノ伴奏とケイナさんの指揮による合唱は、大変贅沢な、心温まる、いつまでも忘れられない思い出となりました。

最後に、アンコールの応答として、「坂の上の雲」の主題歌である『Stand Alone』を披露してくださいました。神の御前にStand Alone(ひとりで立つ)とも理解できるこの歌は、人生の紆余曲折の中で、日々悩み、葛藤を覚える私たちが、道であり、真理であり、命である主に目を向けるなら、その困難の只中で、しっかりと立つことができるという聖書の教えと重なるものがありました。

こうして、遠い日本からお迎えしたケイナさんと渚さんが届けて下さった素敵な交わり、そして素晴らしいコンサートを心から感謝します。また、背後にあって、すべてのものを相働かせて益として下さった主に感謝致します。

コンサートが終わって、残っていた方々と一緒に記念写真を撮りました。
x-P4150623.jpg

これからのお二人のお働きの上に更なる神様の祝福がありますように、教会員一同、ラスベガスの地よりお祈りしています。

「主に従う人よ、主によって喜び歌え。主を賛美することは正しい人にふさわしい。」詩篇33:1

(ブログ制作チーム: Sao)


ブログランキングに参加しています。
クリックで応援して下さい。
2012.04.17 20:19 | 教会イベント

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.