LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

spiritual_gifts.gif

聖霊の賜物(3)
4.聖霊の賜物シート
いよいよ「聖霊の賜物シート」を使ってご自身の賜物を見出してみてください。シートが終わったら、「聖霊の賜物分析表」によって候補にあがった賜物を、 「賜物の発見の方法」を元に用いてみてください。

(1)聖霊の賜物シート
(2)聖霊の賜物シート
(3)聖霊の賜物シート
聖霊の賜物分析表

5.聖霊の賜物の定義と聖書引照

預言の賜物:預言の賜物とは、神の語りかけによるその民への直接のメッセージを受け、伝えるべく、神がキリストの体の特定の人達に与えておられる特別な能力。
(第一コリント12:10、エペソ4:11~14、ローマ12:6、使徒15:32)

牧会の賜物:牧会の賜物とは、信徒の群れの霊的福祉のために、長期間に渡って個人的に責任を負うべく、神がキリストの体の特定の人達に与えておられる特別の能力の事である。
(エペソ4:11~14、1テモテ3:1~7、ヨハネ10:1~18、1ペテロ5:1~3)

教える賜物:教える賜物とは、キリストの体の健康と働きに役立つ適切な情報を伝達するために、そして、それによって他のクリスチャンたちが学ぶ事が出来るように、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:28、エペソ4:11~14、ローマ12:7、使徒18:24~28)

知恵の賜物:知恵の賜物とは、キリストの体の中に起こる個々の必要に対して、どの知識をどのように適応することが最善であるかを知る事が出来るように、神がキリストの体の特定の人達に与えておられる、聖霊の御思いを知る特別な能力のことである。
(1コリント2:1~13、12:8、ヤコブ1:5~6、2ペテロ3:15、16)

知識の賜物:知識の賜物とは、キリストに体の成長と健康に役立つ情報やアイデアを発見し、蓄積し、それを明確にしていくために、神がキリストの体の特定の人達に与えておられる特別な能力の事である。
(1コリント2:14、12:8、使徒5:1~11、コロサイ2:2~3、2コリント11:6)

勧めの賜物:勧めの賜物とは、いたわりや、励まし、助言を持って他の教会員たちに仕え、それによって相手の人が助けられ、癒されるように、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(ローマ12:8、1テモテ4:13、ヘブル10:25、使徒14:22)

霊を見分ける賜物:霊を見分ける賜物とは、神によると称されているその行為が、本当に神によるのか、人間によるのか、それともサタンによるのかを、確信をもって見分けることができるように、神がキリストの体の特定の人に与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:10、使徒5:1~11、、16:16~18、1ヨハネ4:1~6)

ささげる賜物:ささげる賜物とは、主の働きのためにいさぎよく、喜んで自分の財産を捧げるように、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(ローマ12:8、2コリント8:1~7、9:2~8、マルコ12:41~44)

助けの賜物:助けの賜物とは、自分の持っているタレントをキリストの体の他の人たちの働きのために与えその人たちの持っている賜物の効果を引き出す手助けをさせるために、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:28、ローマ16:1~2、使徒9:36、ルカ8:2~3、マルコ15:40~41)

慈善の賜物:慈善の賜物とは、クリスチャンであるないに拘わらず、肉体的、精神的、情緒的問題で苦しんでいる人に、純粋な共感と同情の念を持ち、キリストの愛による喜びをもって、その思いを行動に移し、相手の苦しみを和らげることができるように、神がキリストの体の特定の人達に与えておられる特別な能力のことである。
(ローマ12:8、マルコ9:41、使徒16:33~34、ルカ10:33~35、マタイ20:29~34、25:34~40、使徒11:28~30)

宣教師の賜物:宣教師の賜物とは、異文化圏において、聖霊の賜物を用いて福音伝道をするために、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント9:19~23、ローマ10:15、使徒8:4、13:2~3、22:21)

伝道者の賜物:伝道者の賜物とは、人々に福音を伝えて、キリストの弟子とし、またキリストの体の責任ある会員とするために、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(エペソ4:11、2テモテ4:5、使徒8:5~6、14~21、26~40)

接待の賜物:接待の賜物とは、食事や宿泊の必要な人々に家を開放して、温かく歓迎するようキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1ペテロ4:9、ローマ12:9~13、16:14、15、ヘブル13:1、2)

信仰の賜物:信仰の賜物とは、神ご自身の働きの未来のために、その御旨と目的とを、驚くべき確信をもって知るに至らせる、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:9、使徒11:22~24、27:21~25、ヘブル11章)

リーダーシップの賜物:リーダーシップの賜物とは、未来に対する神のご計画に従って目標を設定し、それを他の信徒達に伝え、彼らをして自発的に、また調和をもって、神の栄光のために、その目標達成を目指して働かしめるよう、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1テモテ5:17、使徒7:10、15:7~11、ローマ12:8、べブル13:17)

運営管理の賜物:運営管理の賜物とは、キリストの体のある特定の群れに短期、長期目標を明確に理解して、それらの目標達成のために計画を立案し、効果的に実行することが出来るように、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:28、使徒6:1~7、27~11、ルカ14:28~30)

奇跡の賜物:奇跡の賜物とは、通常の自然の法則が変えられたとしか、それを見る人々が認めざるを得ないような力ある働きが、神によってなされる為に用いられる器となるよう、神がキリストの体のある特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:10、28、使徒9:36~42、19:11~20、20:7~12)

癒しの賜物:癒しの賜物とは、通常の方法によらないで神が病気を癒し、健康を回復させるための器として用いるために、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:9、28、使徒3:1~10、5:12~16、9:32~35)

異言の賜物:異言の賜物とは(1)今までに学んだこともない言語で神に語るために、また(2)今までに学んだこともない言語で神が語られることにより、神の民へ直接のメッセージを受け、かつ伝えるために、神がキリストの体のある特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:10、28、14:13~19、使徒2:1~13、10:44~46、19:1~7、マルコ16:17)

異言を解き明かす賜物:異言を解き明かす賜物とは、異言で語る人のメッセージを、通常の理解できる言葉になおすよう、神がキリストの体ある特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント12:10、30、14:13、14:26~28)

使徒の賜物:使徒の賜物とは、霊的な事がらについて、特別な権威を持って諸教会に対する責任と指導力を行使することができるように、神がキリストの体ある特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。また、その権威は諸教会によってごく自然に認められ、感謝を持って受け入れられるものである。
(使徒14:14、1テサロニケ2:6)

独身の賜物:独身の賜物とは、独身を守り、楽しみ、結婚をしないでもたいした性的誘惑もうけず、ひとりの時間の多くを神の働きのために用いることができるように、神がキリストの体ある特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(1コリント7:7~8、マタイ19:10~20)

執り成しの祈りの賜物:執り成しの祈りの賜物とは、神がキリストの体ある特定の人たちに与えておられる、規則的に長時間にわたって祈る特別な能力のことであり、普通のクリスチャンでは考えられないほどにその祈りがひんぱんに、しかも具体的に答えられる。
(ヤコブ5:14~16、1テモテ2:1~2、コロサイ1:9~12、4:12~13、使徒12:12、ルカ22:41~44)

殉教の賜物:殉教の賜物とは、神がキリストの体のある特定の人たちに与えられる、神に栄光を帰する喜びと勝利の態度を常に表しつつ、信仰のためには死の苦しみをも厭わないという特別な能力のことである。
(1コリント13:3、使徒5:27~41、7:54~60、12:1~5、2コリント11:21~30、12:9、10)

奉仕の賜物:奉仕の賜物とは、神の働きの中で、まだ満たされていない必要を見出し、その必要を満たすために現存するリソースを用いて、求められている目標を達成するために、神がキリストの体の特定の人たちに与えておられる特別な能力のことである。
(2ガラテヤ1:16~18、ローマ12:7、使徒6:1~7、テトス3:14、ガラテヤ6:2、10)

参照:「聖霊の賜物の学び」鶴田健次牧師

皆様の聖霊の賜物を用いた信仰生活が豊かに祝されますように、お祈りいたします。

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。

2012.03.29 22:05 | 聖霊の賜物
DSC04274.jpg

私が、礼拝賛美のためのピアノの奉仕を始めたのは、2006年6月からでした。きっかけは、それまで教会で賛美の奏楽の奉仕をされていた御夫婦が日本へ転勤になるので、その後、誰が演奏するんだろう?と思っていたのですが、しばらくして「あなたがその奏楽の奉仕をしなさい」という天からの声を聞いたような思いが与えられ、私はその声に聞き従いピアノの奉仕を始めました。

私がピアノの奉仕を始めようと決断した後、すぐにもう一人のピアノを弾いてくださる姉妹が与えられたと同時に多くの奉仕者が賛美のシンガーとして与えられ、礼拝賛美の奉仕をスタートする事ができました。

当時の思い出としては、私はピアノを習い始めて間もない時でしたから、
参照ブログ記事)礼拝中の賛美の前には手は振るえ、冷たくなり、心臓の鼓動は鳴り響き、とても緊張してしまい、本番中でも本当によく間違えました。そのたびに落ち込み、家に帰りまたピアノを猛練習しました。今まで、それほど指を使った事がないので1日に5~8時間ピアノを練習する時には、指の関節から神経が出てきて痛みを覚え夜も眠れない程でした。あの時は本当によく練習しました。

その時々において沢山の奉仕者がシンガーとして賛美チームに与えられ、必要な時には賛美の演奏者も与えられました。約6年間の賛美の奉仕をしてきた中で感じる事は、この賛美の奉仕をする中にいつも神様が臨在してくださり、必要に応じて必要を与えて下さっているということです。奉仕に人が足らない時には、人を送ってくださいました。時には、その人々がどんどん去って行き、これからどうしよう?と悩んだ時もありました。また、人と上手くやっていく事の難しさを知り、人との接触を通して忍耐を学び、時には励まし、時には励まされ、私の信仰も賛美の奉仕を通して成長したといっても過言ではありません。

しかし、この奉仕を通して一番私が学んだ事は、神様への信頼でした。そして、この賛美の働きを自分がしているのでなく、背後におられる神様の助けによってさせていただいていることを知りました。これは神様の働きであるので私は、ただ聞き従い忠実にこの働きをおこなうだけです。必要なものは、すべて神様が備え与えてくださるということを学びました。

ラスベガス・ジャパニーズ・コミュニティー・チャーチに2006年6月以降、新しい賛美チームが教会に誕生して、その時から現在にかけての賛美の奉仕に関わって下さった方々は、21名。そして今、現在の賛美チームのシンガーは、ユース・チルドレン「3名」、石原兄弟、治美・ウォルター姉妹、さおり・スティンソン姉妹、演奏者はケイ・ソレンティーノ(私)となっています。これからも、神様を信頼し、心からの賛美を主にお捧げしていきたい。それだけです。

「主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」(詩篇37:4-5)

(賛美・礼拝委員会:ケイ・ソレンティーノ)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください!
2012.03.27 21:03 | 証し
z-adversity.jpg

今日は、‘逆境’ということについて考えてみました。

木の切り株を見ると、年輪がその木の樹齢を刻んでいますが、人間も歳を取ることを‘年輪を加える’などと形容します。これは木の年輪から来ています。

ところで、山にある木の切り株の年輪の中心は、真ん中でなく、北側に片寄っているのをご存知ですか。それは、日光と南風を十分に受けて育つ南側は年輪の目が幅広くなり、それだけ肉付きがよく成長するからです。反対に北側は、寒さから身を守るために、厚い皮をつけて戦います。したがって、年輪の目が幅狭く、中心がそちらに片寄るのです。

ところが木が伐採され、用材として製材されるとき、太陽の光を受けて育った南側の部分は板になり、北風を受けて育った部分は柱になります。柱は家を建てる際に、最も重荷がかかり、大切な部分となります。材木でも、逆境で苦労して鍛えられてこそ、柱という大切な部分に用いられるものになるのです。

人生には、浮き沈みが付きものであり、順境もあれば逆境もあります。人は、誰も逆境や試練の中を通ることを望みません。しかし、人生は長い目で見れば、むしろ順境よりも逆境の苦しみの方が、私たちに益をもたらすことが多いのではないでしょうか。

かつてイスラエル王国に黄金時代をもたらしたソロモン王は、イエス・キリストをして‘栄華を極めた’と呼ばれた人ですが、その人生の晩年に、聖書の中に次のような言葉を記しました。

「順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ。これもあれも神のなさること。それは後の事を人にわからせないためである。 」(伝道者の書7:14)
 
人生の逆境は、その逆境の中で今までの自分の歩みを反省させ、人生を深く考えさせるための大切な機会であり、愛なる神からの贈り物なのであるという意味の言葉です。人は、繁栄や順境の中では、自らを誇ったり、傲慢になって、他者を思いやる心を失いがちです。そういう人は、人の言葉に注意を払わず、道を踏み外して暴走し、やがて人生の行き詰まりを経験することになるのです。そして、ようやく、そこで初めて、自分自身を省み、人生の建て直しをすることができるのです。

「苦しみに会ったことは、私にとって幸せでした。私はそれであなたのおきてを学びました。」(詩篇119:71)

この詩篇119篇の作者と同じように、あなたも「苦しみに会ったことは、私にとって幸せでした」と言い得る日が来ることを信じて、今の試練を乗り越え、逆境を意味のあるものとして生かしてください。

真摯な心で聖書を開き、そこで示された神の言葉に従順に従うなら、どのような絶望的な人生を送っている人でも、真の希望を見出すことができます。そして、今の試練は、これからの人生に決して無駄になることはないのです。

今日の一言: 逆境は人生の宝

平安
鶴田健次


ブログランキングに参加しております。
クリックで応援してください。
2012.03.26 16:03 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.