LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-IMGP0057.jpg

「キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず、おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。」ピリピ人への手紙2:6-8

2011年の12月1日で、鶴田牧師御夫妻がラスベガス伝道を始めて10年を迎えました。こうしたお二人の神への献身的なお働きがあったおかげで、これまで83名の方が洗礼の恵みに与ることができました。感謝なことに更に多くの福音の種が今現在も撒かれ続けています。

記念日の12月1日にはまだ4日ばかり早いですが、12月27日の礼拝後、教会員一同から鶴田牧師御夫妻に感謝を込めて、皆さんの暖かいメッセージが書かれた色紙と花束がお贈呈されました。先生御夫妻を通して、ラスベガスの地に初めての日本人教会・Las Vegas Japanese Community Churchを立て上げてくださった主に心から感謝致します。

教会の始まりを先生は自らこう綴っておられます。

「ラスベガスで日本人のための教会開拓を始めたのは2001年12月1日のことである。家内と私にとって、これは二つ目の教会開拓であった。当時ロサンゼルスの郊外に住んでいた私たちは、毎週、金曜日に車でラスベガスを訪問し、日曜日の午後ロサンゼルスに帰るというかたちで日本人伝道と教会開拓の働きを始めた。長い間、友人の安藤英世牧師が定期的にロサンゼルスからラスベガスを訪れては福音の種を蒔いておられたが、ロサンゼルスでの働きが忙しくなり、ラスベガス訪問を続けることが難しくなっておられたところであった。

そこで安藤牧師に代わって私たちがということになったわけであるが、紹介していただいた何人かの方々の中にどこの教会にも行っておられない夕紀子さんという日本人のクリスチャンがおられた。家内と私は、まずこの人をということで一緒に祈り、将来の夢を語り、聖書の学びを始めることにした。また、韓国人の教会に行っておられた日本語の解かる基江さんという韓国人女性がおられ、その方も時間を都合して聖書の学びに来て下さった。

右も左も分からないラスベガスで、日本人は一体どこに住んでいるのか、色んな手掛かりをたどりながら、とにかく毎週の訪問だけは欠かしてはいけないと思い、片道500キロの道を家内と二人で毎週通い続けた。

長い道のりを運転してラスベガスに着くと、いつも先ほどの二人の女性が待っておられたが、何度か夕紀子さんだけしかおられない時があった。あるとき、彼女と聖書の学びを終えてロサンゼルスに帰る途中、車を運転しながら、ふと私の思いの中に「はるばるロサンゼルスから時間とお金と体を使って、往復1000キロもの距離を運転して来ているのに、たった一人の人とだけ聖書を勉強して帰るんじゃ割に合わないな…」という思いが沸いてきた。 

そう思いながら運転をしていると、私の心の中にピリピ人への手紙2章6-8節の御言葉が示された。そして、イエス様が聖霊によって私の心にこう語り掛けられた。「わたしが天にある神の位を捨てて、あなたのためにこの世に来たのと、あなたが一人の人のためにロサンゼルスからラスベガスに来るのと、どちらが割に合わないだろうか……?」そういう問い掛けだった。私は、その問い掛けに、胸を刺される思いがした。私は人の魂の価値を何と思っているのだろうか…と思った。

車を運転しながら、私は、「イエス様、もちろん、あなたが私のためにこの世に来られた事の方が、はるかに割に合わないことです。もうこれからは二度と一人では割に合わないなどと思ったりしませんから、どうぞ私の不信仰を許して下さい」と悔い改めの祈りをした。また「あなたがそこまでの犠牲を払ってまで愛しておられるラスベガスの人々のために、今度は私があなたに代わって犠牲を払いますから、どうぞ家内と私の働きを助けて下さい」。そう祈りながら、目に涙を一杯に溜めて運転したことを昨日の事のように思い出す。」(LVJCCホームページより)

           s-IMGP0062.jpg

同じ日に、あや姉妹のベイビーシャワーがもたれました。あや姉妹は2003年に洗礼を受けられ、12月26日に出産予定の2人目の赤ちゃんが無事に生まれることを願い、教会員からお祝いをお渡しました。ブランケットやダイパーケーキなどの神の家族である兄弟姉妹の思いが詰まった贈り物に囲まれ、あや姉妹からたくさんの笑みが零れ落ちていました。

ベイビーシャワー後に、あや姉妹からメッセージをいただきました。

「最初の妊娠の時は、まだ神様にも出会ってなかったので、行き詰まりや葛藤の中で辛い思いをしましたが、出産後この教会でイエス様を知り晴れてクリスチャンとなることができました。それから病気を乗り越え、無理だと思っていた2度目の妊娠をすることができました。そんな喜びに包まれた10年ぶりの妊娠は、祈りと御言葉に支え続けられてきたものでした。

また最初の妊娠と比べ、なにかと身体的に辛い部分があり、クリスチャンの兄弟姉妹に励まされることがたくさんありました。子供が生まれるタイミングは、神のご計画の中にあることですが、生まれてくる娘(お腹の赤ちゃんは女の子の予定)が人々の役に立つ人間に成長してくれることを心から期待しています。

この度は、教会の皆さんがこのようにベイビーシャワーをお祝いしてくださったこと、お一人お一人にお礼を言いたい気持ちです。また私を救ってくださり、二人目の子供も授けてくださり、平安と喜びの中で出産を迎えられることを主に感謝致します。」

「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。」ピリピ人への手紙 4:13

s-IMGP0070.jpg


(ブログ制作チーム: Sao)

2011.11.30 20:45 | 教会イベント
       possibility.jpg

今日は、‘可能性’ということについて考えてみました。

イタリアの美しい都市、ヴェニスが見渡せる高い丘の上に、天才的な老人が住んでいました。彼は尋ねられたことには何でも答えられると言われていました。

ある日、この老人をだまそうと考えた少年たちが、小鳥を捕まえて彼の家に向かいました。少年の一人が小鳥を手にして、それが生きているか死んでいるかを老人に尋ねました。すると老人は、「私が、もし生きていると答えれば、君は指に力を入れて殺してしまうだろう。反対に、死んでいると言えば、君は手を広げ、鳥は飛んでいってしまうだろう。君の手の中には、生と死の力が備わっているのだ」と少年に答えました。

この老人の言うように、少年の手の中の小鳥が生きるも死ぬも、それは少年次第でした。少年はスペードのエースは自分の手の中にあると思い、この天才老人をだませるという確信を持ってやって来たのですが、見事にその魂胆を見抜かれて
しまいました。

それどころか、この天才老人は、この愚かな少年の将来を左右する大切なメッセージを少年に伝えるのです。それは、「君の手の中には、生と死の力が備わっているのだ」というものでした。つまり、小鳥を殺すのも生かすのも少年次第であるように、少年の手の中には、小鳥という‘与えられたもの’を殺すことも生かすこともできる力があるということ。さすがに天才老人ですね。

失敗の可能性も、成功の可能性も、すべて自分の手の中にある。これは、すべての人にとって真理ではないでしょうか。多くの人が、成功や幸せの条件を、与えられた能力、機会、環境、人などによると考えています。果たしてそうでしょうか。もし、そうであれば、なぜ多くの優秀な人が努力もせず、不幸な人生を送るのでしょうか。な
ぜ多くの人が与えられた機会を物にできず、素晴らしい人との出会いを壊してしまうのでしょうか。それは、与えられているものを使っていないか、使っても正しく使っていないからです。

与えられている能力、機会、環境、人などは、いわば‘手の中の小鳥’です。この‘小鳥’が生きるか死ぬかは小鳥にかかっているのではなく、それを手にしているあなた自身にかかっています。それは、人生においても同様で、与えられているものを活かすか、殺すかは、あなた次第であって、決して与えられているもの次第ではないのです。

そこで、この与えられているものの使い方がなぜ人によってこんなにも違い、その人生の明暗を分けるのでしょうか。その答えは自分自身の中にあります。

‘人は誰でも自分の中に人生の脚本を持っており、誰もがその脚本を演じながら生きている’とは、アメリカの心理学者エリック・バーンの言葉です。この人生脚本とは、自分自身のセルフイメージ、つまり潜在意識の自分が見ている自分のイメージで、人は無意識のうちに、このイメージ通りの自分を演じながら生きています。またこのイメージはその人の思考・言動・行動に圧倒的な支配力を持ち、人は潜在意識の自分が見ている自分のようにしか行動できないのです。

たとえば、床の上に置かれた30センチ幅の板の上を渡るのは簡単ですが、同じ板を20階建てのビルの間に渡して歩くとしたらどうでしょう。床の上の板なら、簡単に渡る自分が見えるので、平気でその行動を取りますが、ビルの間に渡された板からは落ちる自分が見えるので、その行動を取ろうとしません。しかし、とび職人なら、ビルの間に渡された板でも簡単に渡る自分が見えるので、平気でその板の上を歩いていくのです。

このように、人は自分が見ている自分のようにしか行動しないものなので、自分を価値ある人間と見ていれば、価値ある人間のように、すべてを肯定的に考え、与えられているものを有効に用いて行動を起こし、それにふさわしい結果を手に入れます。ところが、自分を価値のない人間と見ていれば、価値のない人間のように、すべてを否定的に考え、与えられているものを失敗規制に基づいて用いてしまい、惨めな結果を手に入れるのです。

あなたは、神が造られた無限の価値と可能性に満ちた人であることをご存知ですか?もしかしたら、この世の間違った価値基準の量りで量られ、価値も可能性もない嘘の自分を見ながら生きてはいませんか? 本当のあなたは、価値ある、可能性に満ち溢れた人なのです。

今日の一言: 失敗の可能性も、成功の可能性も、すべて自分の手の中にある

平安
鶴田健次


2011.11.28 21:17 | 鶴田健次牧師より
11月20日(日)は感謝祭礼拝の時となりました。神様によって生かされている事を忘れてしまうような、慌しい毎日を送りがちですが、与えられている多くのものに感謝する礼拝を持つ事ができました。

今年の感謝祭礼拝は日英合同礼拝でした。賛美は英語を主体とするユースチームによる英語の賛美と、日本語の賛美で心から、それぞれが主を褒め称えました。私達の口びるが神様を賛美する口として与えられている事を感謝します。
ユース (1)    賛美チーム

この日、きみえゴースキー姉妹が洗礼の恵みを受けられました。きみえ姉妹は幼い時に教会のサンデースクールで神様と出会い、その後長い間、唯一の神様が誰なのかをはっきりと見出す事ができませんでしたが、いつも神様の存在は感じていたそうです。そして、今年の8月に教会で開かれた「夏祭り」に足を運ばれて、その後、教会に繋がり、礼拝や御言葉の養いを通して神様が働かれ、救い主イエス・キリストを個人的に受け入れ、救われ、永遠の命を得る事ができました。ハレルヤ!きみえ姉妹の魂を主が救い、私達の群れに加えて下さった事を感謝します。
洗礼2 (2)    洗礼2 (1)

聖書朗読も英語と日本語で朗読です。礼拝において、皆の者が母国語で御言葉を聞ける事を感謝します。
ジョン  みどりさん

説教は鶴田先生が日本語と英語でメッセージを取次いでくださいました。ご用意をされた先生は大変なご準備だったと思いますが、言語の違う一同の者が、同じ神様のメッセージを受け取る事ができるのは、とても大きな感謝です。この日のメッセージは「神の心The Heart Of God」 。永遠の命を受け取った感謝。その感謝の最も大きな現われは、私達が福音宣教の使命に生きる事であることを語ってくださいました。神様が戻ってきてほしいと願っている「失われた人々」を私達も神様と同じ心で見つかるまで探し、神様の元へ導く事の使命を教えてくださいました。神様が救われていない一人の魂をどれほど大きな価値として見ておられるのかを思い、『あなたがたも同じ心で生きて欲しい』と、神様の語りかけを聞く恵みの礼拝でした。
先生

礼拝後は、恒例の感謝祭ポットラックです。おいしい食べ物がたくさん、テーブルに並べられました。こうしておいしい食事を、良き交わりの中で食する事のできる恵みに感謝しました。何よりも創造主、救い主なる神様を礼拝できる事を心から感謝します。すべて神様が成してくださった十字架の贖いのゆえです。今日も一人でも多くの方が、主イエス・キリストを信じる信仰によって救われますように、お祈りいたします。救いに感謝して。アーメン。

(ブログ制作チーム: 薫)
2011.11.24 21:19 | 特別礼拝 / 集会

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.