LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   s-blogpic.jpg

今日は、‘試練の目的’について考えてみました。

人は生きている限り、誰でも試練を経験するものです。そして、この試練は、私たちの心の向け方次第では、人生の大きな転機となったり、また私たちの人格形成に大きな貢献をもたらします。聖書の中にも、試練や患難に関する多くの記述があり、それらが良い目的のために用いられることが述べられています。

パウロは、「患難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し、練達は希望を生み出す」と言いましたが、試練や苦難や患難を神から与えられた訓練として受け止めていくなら、そこには物事に対する新しい解釈が与えられ、そこを通らなければならない確かな理由が見出されるものです。

聖書の中に、人類史上、最大の試練を経験した人物として、ヨブという人が登場します。ヨブは、その厳しい試練を通して‘神の主権’ということを学び、そこから彼の人生に回復がもたらされるのです。

旧約聖書のヨブ記によれば、主人公ヨブは神が自慢されるほどの素晴らしい信仰の持ち主であり、また東の国で一番裕福な人でした。ところが、突然、彼の身に二度に渡って大きな試練が訪れ、すべての財産と十人の子供たち全員の命を失ってしまいます。そして更に、全身をひどい皮膚病で覆われ、陶器の破片で体中をかきながら、灰の中に座って苦しむのです。

「こんなことになっても、まだあなたは神を敬うのですか? いっそのこと、神を呪って死になさい」と言って冷たく見放す妻に対し、ヨブは、「われわれは神から幸いを受けるのだから、災いをも受けるべきではないか」と言って、一言も、神に不平を言う事がありませんでした。
 
ヨブの苦難を聞いて、三人の友人がヨブを慰めるために訪ねて来ますが、想像を絶するひどい光景に、三人とも言葉を失ってしまいます。変わり果てたヨブの姿のあまりのひどさに、三人は、一週間もの間、ヨブのそばに座ったままで、一言も声を掛けることすらできません。

やがてヨブは、「どうして罪のない者が苦しむのですか」と神に問いかけるようになりますが、神は一言もお答えになりません。

三人の友人は、ヨブに対し、試練の原因はお前にあるのだから、黙って神の戒めを受け入れよ、と説得します。ところがヨブは、全く身に覚えのない友人たちの忠告に対し、自分の身の潔白を訴え続け、「私には、何も思い当たるところがない」と言い続けるのです。

次に、ヨブと友人たちの論争を聞いていたエリフという若者が来て、「神はあまりにも偉大で、人は神の思いをすべて理解することなど出来ないのだから、自分を賢い者としないで、全能の神を恐れ敬いなさい」と勧めます。

そして、この長い友人たちとの論争の後、最後に神ご自身が、「無知の言葉をもって、神の計りごとを暗くするこの者はだれか」とヨブに語りかけ、延々と次のような事を問われるのです。

・わたしが地の基をすえた時、どこにいたか。もしあなたが知っているなら言え。
・星の配置を決めているのはわたしであって、あなたではない。
・野ロバを放って自由にし、荒野をその住みかとして与え、本当ならば死んでしまう筈の荒地でこれらを生かしているのはわたしであって、あなたではない。
・たかが舞い上がり、その翼を伸べて南に向かうのは、あなたの知恵によるのか。
・鷲が駆け上り、その巣を高い所に作るのは、あなたの命令によるのか。
・非難する者が全能者と争おうとするのか、神と論ずる者はこれに答えよ。

つまり神は、人間が知りうる筈のない事をすべて知り尽くした上で、絶対主権をもってこの世を支配し、ただ最善のみをなしておられるのだから、その神を認める事こそがすべての問題解決の鍵であり、人生の問題は結局、この神理解に帰着するのだということをヨブは悟るのです。

そこでヨブは、神の前に、地面に頭をこすりつけるようにして悔い改めの祈りをします。それに対し、神は、昔ヨブが東の国で一番の金持ちであった時の二倍の富を回復させ、新しい妻との間に十人の子供が与えられ、娘たちは、その国で一番美しいと言われるようになりました。そんな素晴らしい人生を、ヨブはこの試練を通して得るのです。

あなたは今、試練の中におられますか。あなたは、その試練があなたに幸いをもたらすものであることに同意できますか。ならば、あなたは今どんな一歩を踏み出す必要があるでしょうか?

今日の一言: 試練は人生に幸いをもたらす

平安
鶴田健次




今日もクリックよろしく 
2011.08.29 17:18 | 鶴田健次牧師より
s-設立9周年礼拝プログラム
2011年8月21日の礼拝プログラム

2011年8月22日は、ラスベガス日本人教会設立9周年です。前日8月21日の日曜日は「教会設立9周年記念礼拝」として、主に感謝をささげました。

以前、ラスベガスには日本語教会はありませんでした。ひとつの小さな無牧の群れがあり、また数名の日本人クリスチャンたちがアメリカ人の教会に集い、長い間、日本人教会が与えられるようにと主に祈り求めておられました。正に主はこうした祈りに応えられ、ラスベガスの地に最高の牧会者、鶴田健次牧師夫妻を備えて下さいました。

鶴田牧師がラスベガス伝道の召命を受け、当時居住していたロスアンゼルスからラスベガスへ毎週車で通い85往復の旅が始まったのが2001年12月1日でした。総延長距離は地球2周以上、20ヶ月かけての開拓伝道の道でした。第一回の礼拝が2001年3月10日にもたれ、同じ年の8月22日に宗教法人として認可を得、ラスベガス日本人教会(Las Vegas Japanese Community Church)が正式に発足しました。

s-2002,7,21 礼拝プログラムIMG
宗教法人になる前の2002年7月21日の礼拝プログラム

以来9年、様々な障害や苦難の中にも主は恵みと喜びを与えてくださり、“罪の街”と言われるこのラスベガスに、主が建て上げられたラスベガス日本人教会(LVJCC)はしっかりと根を下ろしました。

2002年12月8日に教会最初の受洗者が与えられ、2011年8月7日の吉原千晶姉妹の洗礼で洗礼者は合計82名を数えるに至りました。このことからも主はラスベガス教会を愛しておられ、溢れるばかりに祝福してくださっていることを思い深く感謝するものです。 

        s-礼拝 Haward Jonson
初代礼拝堂 ハワードジョンソンの会議室 (招詞を朗読する故オマー兄弟)

教会設立9周年記念礼拝の中で、鶴田先生は、私達の教会は転換期を迎えている、とメッセージで語られました。どのような変化が待ち受けているか分かりませんが、私達は主のもの。目に見えるものに脅えることなく、見えない神様の御愛と御計画と御思いに心を向けひたすら従って参ります。この地のこの教会に召された私達は主の期待の下に集められたものと覚え、兄弟姉妹力を合わせ、委ねられた働きを全うしていきたいと思います。

「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」 ヨシュア記1章9節


(ブログ制作チーム: Mr. & Mrs. 松)



クリックよろしく
2011.08.25 15:42 | 教会イベント
s-鉄条網

今日は、“バウンドリー(境界線)” ということについて考えてみました。

バウンドリー(境界線)とは、自分と他者との境界線という概念で、それぞれの責任の範囲を明らかにするものです。たとえば、自分の仕事は自分でしなければなりませんが、他人の仕事をする責任はありません。また自分が食べるものは自分で決めますが、他人が食べるものに口出しはできません。同様に、自分の問題は自分で取り組まなければなりませんが、自分の思い通りに他人が行動することを期待することはできません。

このようにバウンドリー(境界線)は、どこまで助けるべきか、やり過ぎではないか、などの自己確認をし、自立という視点で適切な人間関係を築く助けになります。それぞれが自分の境界線を明確にし、互いにそれを尊重し合うことは良い人間関係を育てる大切な要素です。

自立とは、人と適切な関わり合いを持つこと(相互依存)であり、これに反する言葉に共依存というものがあります。日本人の場合は共依存的な土壌の中で育っていることが多く、この境界線が非常に不明確です。そのために適切な人間関係が育ち難く、互いの境界線を侵し合うことがしばしばです。自分の限界を超えて何かを行うとき、一見、良いことのようであっても、他人との境界線を越えることがあり、結局は残念な結果を招いてしまいます。

境界線を明確にするには、まず自分の感情、考え、必要、状況などについて正直になり、それを相手に伝えることです。たとえば忙しい時に何かを頼まれた場合、できない時に「できない」と言うのは悪い事ではありません。相手の気持ちを気にして無理して引き受けなければならない人間関係は健全ではありません。相手に対して「ノー」と言える関わり、また相手の「ノー」を受け入れる関わりこそ健全な人間関係と言えます。

人間関係の中で、いつも助けを必要としている人といつも助けてあげる人、という図式ができあがるなら、それは不健全な依存関係(共依存)です。その場合、境界線を明確にすることで、その人が自分の問題に取り組めるよう促すことができます。冷たく突き放すのでなく、相手のニーズに共感を示しつつ、愛をもって語ることが必要です。

境界線をはっきりさせるとは、他者に対して無関心でいることではありません。私たちには他者の問題を代わりに引き受けることはできませんが、他者に対する責任はあります。他者に対する責任とは、ひとりでは負いきれない重荷を抱えている人を助け、感情的にも相手に寄り添い、喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣くことです。

境界線の原則で大切なのは、自分の言動は自分の責任であり、相手の反応は相手次第であるということです。私たちは、自分がこれをすれば相手もこうしてくれるだろうと、相手の反応を期待して行動することがあります。しかし、相手が期待通りの反応をしてくれないと、失望や怒りを覚えたりします。それでは純粋な関係は築けません。私たちの言動は、相手を操作しようとする隠れた動機によるのでなく、愛を動機とした主体的なものであるべきです。

適切な境界線を持つとは、できない事、やりたくない事はしなくてもいいという消極的なものではありません。むしろ、不健全な依存や支配から解放され、恐れ、罪悪感、強制、妥協などではなく、愛を動機とする自由な選択による関係を築くことです。私たちは「ノー」と言える自由があって初めて、心からの「イエス」を言うことができるからです。

今日の一言: 適切な境界線を持って素晴らしい人間関係を作ろう


By His Grace Alone
鶴田健次



クリックで応援をお願いします
2011.08.22 12:37 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.