LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

    s-P1010421.jpg

2010年8月22日。教会設立8周年記念礼拝で岡崎 裕兄の洗礼式が執り行われました。
また、裕兄は当教会77人目の受洗者です。

教会がラスベガスに立てられから、今まで沢山の魂が主の導きによって、救われてきました。新しい魂が教会に与えられると、多くの祈りが積まれ、主と共に魂が救われる日を待ち望みます。そして、裕兄の救いの日を、私たちも待ち望んでいました。

裕兄が教会に運ばれたのは今から約4年前の2006年6月でした。その頃、教会の礼拝賛美リーダーをされていたご夫妻が日本へ赴任が決まり、新しい賛美の奏楽者を必要としていました。教会では新しい奏楽者を与えて下さる事を、神に祈っておりましたが、そのご夫妻の帰国日が迫ってもなかなか奏楽者は与えられませんでした。しかし、神様のご計画は完璧で、帰国2週間前に、教会の姉妹の知り合いの方の紹介で、教会でピアノを弾いてくださるという方を紹介いただきました。その青年が裕兄だったのです。

裕兄は絶対音感の持ち主で、楽譜なしで、どんな曲でも弾きこなすことができる音楽青年でした。本人はピアノを弾くのが大好きな事と、教会でピアノを弾くことが自分の将来にもプラスになると思い、この奉仕を引き受けてくださり、それから4年間、教会から離れることもなく、礼拝賛美チームの奏楽者としての奉仕を続けてくださいました。

しかし、クリスチャンでも長い間、奉仕を続けていく事が簡単な事ではない事を思うと、裕兄の上には絶えず神の守りと導きの御手があった事を思います。

裕兄の奏楽者としての奉仕を、私たちはとても感謝しておりました。しかし、神を褒め称える賛美を、神を知らない裕兄が奏でることが、私たちの祈りをまた更に強めるものとなり、「神様、どうか裕兄が賛美をささげるクリスチャンになるように導いてください」と祈り続ける数年間でした。しかし、裕兄にとっては神様も信仰もぼんやりしたものでしかなかったのです。

そして、去年(2009年) の7月に神様からの強い導きを受ける機会が与えられました。ホーリネスクワイヤーが礼拝で奉仕をする為に訪問をしてくださったのです。そのとき、クワイヤーのメンバーは大人も子供も教会に寝泊りし、一つしかない洗面所を使い、寝るときは床の上に寝ておられました。しかし、彼らは愚痴など一つもなく、驚くばかりに輝き、喜びにあふれる姿で神を賛美していたのです。

裕兄は、彼らと自分との違いをはっきりと知り、一体どうして、彼らがそんな風に生きているのかを知りたくなり、彼らとの交わりを通して、その違いが彼らの中に働かれるイエス・キリストである事を知ったのです。また、音楽が大好きな裕兄は、クワイヤーの賛美にも大変心を打たれ、賛美自体へも今までにない興味を持ち始めました。

その後、すぐにWLAホーリネス教会を訪問しました。そこでは自分と同年代のクリスチャン達が、教会の奉仕に積極的に参加し、責任を持ち、教会の働きの一部を担い、なくてはならない存在として働く姿を目にし感動しました。また感動した気持ちを自らが認め、クリスチャンであった友人にも告白し、WLAのクリスチャン達も裕兄による励ましを受け、裕兄は神様を個人的に受け入れる準備段階へと入っていきました。

そして、今年の4月から入門者クラスを受け、4年間の月日を経て受洗の恵みにあずかりました。裕兄の救いは、天にあっても、ラスベガスにあっても大きな喜びであります。

洗礼式の日に裕兄が神様を褒め称えた礼拝賛美に、私たちも心あわせ主を賛美しました。この日を主はどんなに待ち望んでおられたかと思うと、私たちの心もまた感動で震える思いです。

これから更に素晴らしい賛美を奏で続け、賛美の中に住まわれる主を証する信仰生活を歩まれる事を心からお祈りしています。

    s-P1010423.jpg


(ブログ制作チーム: 薫)
2010.08.30 09:09 | 洗礼
s-IMG_9177s.jpg

8月21日(土)に教会の初の試みとして、LVJCC主催の夏祭りが行われました。
教会員を初め、外部からも沢山の家族連れのお客様が来て頂き、約70名ほどの方が、参加されました。

松岡兄弟による開会の挨拶と祈りから夏祭りがスタートしました。

催し物として、ゴスペルクワイヤーによる「キリストにはかえられません」と「その日全世界が」が披露されました。

s-IMG_8446s.jpg

日本舞踊チームでは、「炭坑節」を含めた2曲が踊られました。日本舞踊の方では、牧師夫妻を始め、会場にいるお客様も一緒になって踊られ、会場が一段と盛り上がりました。

s-IMG_8574s.jpg

ゲームの方は、グループ対抗戦による「魚釣り」やヨーヨー掬い、そしてジャスチャーゲームが行われました。子供のみならず大人の方も心から楽しんでいる様子をうかがう事ができました。特にジェスチャーゲームの方は、問題を出すジェスチャーとして、鶴田先生、そして鶴田先生のお子さんであるジョイ姉妹と大地兄弟が参加され、 子供のみならず大人の方も必死に考えておられました。

s-IMG_8735s.jpg

s-IMG_8736s.jpg

お食事の方は、夏らしいそうめんやおにぎり、おいなりさん、スイカなどがあり、夏らしいお食事に皆さん、楽しくおいしそうに召し上がっておられ、その間に、多くの交わりが行われました。

最後に、鶴田先生からの挨拶があり、無事に夏祭りが終わりました。

今日の為に心から奉仕をして頂いた兄弟姉妹に心から感謝を申し上げます。
このような夏祭りを元に、多くの方が教会に足を運んでくださり、救われる事を心からお祈りしております。

s-IMG_8529s.jpg

100_0838.jpg

100_0858.jpg

s-IMG_8839s.jpg

100_0843.jpg

100_0846.jpg

100_0844.jpg

(ブログ制作チーム: Hanako)


2010.08.27 00:00 | 教会イベント
1(2).jpg

『見よ、兄弟が和合して共におるのは いかに麗しく楽しいことであろう』 詩篇 133:1

8月15日(日)の礼拝 の後、世古華子姉妹の歓送会が持たれました。
華子姉妹は、シアトルの短期大学を経て、2008年8月、UNLVに入学の為ラスベガスに引越して来られました。今年6月に日本に帰国された早希姉妹の導きにより2009年の1月10日の礼拝に初めて足を運ばれ、同じ年の11月に洗礼を受けられました。そして、今年UNLVを卒業し、5月にインターンシップのためハワイに渡られ、その後ハワイでの仕事が決まり、今月末にハワイに移られます。

2(2).jpg
     
歓送会は、初めに司会の松岡兄弟から華子姉妹の経歴紹介で始まりました。
その後会場が暗くなり、サプライズで、華子姉妹のUNLVのお友達、彩砂さんとゆう子さんからのビデオレターが流されました。お友達のお二人の明るく元気な姿に励まされたビデオレターの後は、ゴスペルクワイヤーから『旅立ちの日に』の歌のプレゼントがありました。この曲はある中学校の校長先生が音楽の先生と共に、巣立っていく生徒たちへと作られた曲です。希望を抱いた歌をBGMに、歌の途中でサンデースクールの子供達が風船を持って会場に登場し、会場を一周して華子姉妹に風船を手渡すという可愛い演出もあり、ほのぼのとした雰囲気で包まれました。

プログラムは、『贈る言葉』へと移り、最初に友人代表としてショーン兄弟から始まりました。ショーン兄弟は同じUNLVに通っていた学生でもあり、華子姉妹と写真の奉仕でご一緒することも度々あり、華子姉妹との大変有意義な交わりの時を過ごさせていただいたと語って下さいました。

次に、『贈る言葉』の2人目、青年会代表の岡崎裕(ゆたか)兄弟がお話されました。裕兄弟もUNLV出身の学生であり華子姉妹とは友人でした。昨年から設けられた教会の青年会について真剣に考えてくれた華子姉妹、そんな青年会のこれからの発展の為にも、多くの若者が集ってくださる様に祈っていますと思いを語られました。

続いてスモールグループ代表の夕紀子モンゴメリー姉妹から贈る言葉をいただきました。元気な華子姉妹と一緒に学びを持つ事ができ主に感謝しておられ、華子姉妹がラスベガスを離れると寂しくなる、と思いを語ってくださいました。

兄弟姉妹からの温かい贈る言葉が続き、華子姉妹の目から涙が溢れていました。

次に、サンデースクールを代表して香織先生とマイちゃんから、サンデースクールの皆で作った思いを込めた写真付きの色紙が贈呈されました。華子姉妹もとても嬉しそうでした。

そして、ゴスペルクワイヤー代表の早織(私)が華子姉妹へ思いを込めた贈る言葉を話し、田上兄弟と早希姉妹からのビデオレターへと続きました。今、日本に短期で帰国している田上兄弟は8月末にラスベガスへ戻って来られ、5月末に歓送会をした早希姉妹とも青年会で一緒の仲間です。数ヶ月振りに見るビデオの中の二人の姿を見るととても懐かしく、華子姉妹と一緒に見ている私達も色々なことが思い出されました。

そんな感慨深いビデオレターの後に、ゴスペルクワイヤーからもう一曲『その日全世界は』が歌われました。この曲は華子姉妹の大好きな曲であり、思いがけないサプライズ曲にとても喜んでおられました。

最後に鶴田牧師の贈る言葉へと移りました。華子姉妹を教会に来た当初から導いて来られた鶴田牧師ですが、祈りの中で神を見出し、ハワイで大きく成長して帰ってきた華子姉妹を喜んでおられ、これからどう主に導かれて行くのか楽しみにしている、と満面の笑みを受かべながら華子姉妹への温かい思いを語っていただきました。それから、教会の兄弟姉妹が心をこめて書いた寄せ書きの色紙を華子姉妹に渡されました。

こうして華子姉妹への歓送会は、笑いあり涙ありの愛で満ちあふれた素晴らしいものとなりました。華子姉妹のハワイでの道を開かれた主はどのようなご計画をご用意されているのでしょうか。キリストの証し人ととしてのこれからの信仰生活が守られますように、教会員一同お祈りしています。
 
3(2).jpg

(ブログ制作チーム: Sao)
2010.08.19 20:57 | 教会イベント

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.