LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

RRP62.jpg

『これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。』 詩篇118: 24

7月27日(火)に、ラスベガス教会の則子姉妹が屋外の交わりとして、教会の子供達をレッドロックキャニオンホテルのプールに招待してくださいました。サンデースクールに通っている子供達や、香織姉妹が主催されているサンシャインベイビーからの子供達が幅広く参加されました。

ラスベガスの夏は40℃を超える暑い夏です。カラっとはしていますが、ジリジリとした太陽の陽射しは、普通10分もあれば日焼けをしてしまいます。今回の屋外のプールの交わりは、そんな砂漠の中に降って湧いたオアシスの様な嬉しい集まりの機会となりました。子供たちも、友達と一緒に過ごすことでいつもと違う何かができるという期待でわくわくし、顔が輝いていました。

この日は曇ったり晴れたりで比較的日射しが強くなく、ちょうど良いプール日和となりました。誰が言うともなく、自然と大きい子が小さい子の面倒を見てくれ、そんな子供達が元気一杯にはしゃぐ顔、その子供達を見て微笑む大人たち、今日のSpecial Dayは何とたくさんの喜びで溢れていたことでしょう。

RRP69.jpg

則子姉妹がお部屋を用意してくださったので、シャワーや休息や食事の場に使わせていただく事ができました。 夕方にはお母様さまたちが、おにぎりや、サンドウィッチ、卵焼、肉じゃが、春雨サラダ等、美味しそうな食事が集まり、みんなで楽しくワイワイ頂きました。お腹が一杯になった子供達はプールが閉まる7時まで、たっぷりと交わりを楽しんでいました。

今回は則子姉妹ご夫妻がこのように素晴らしい機会を設けてくださいました。日ごろ神の愛を豊かに受けていらっしゃるお二人だからこそ、他の人々にも施そうという思いがおありだったのでしょう。心から感謝いたします。また、大きな御手で私たちを守り、主の喜びの中に置いてくださいました大いなる神の愛に感謝し、その御名をたたえます。

『主の御名によって来る人に、祝福があるように。』 詩篇119:26


(ブログ制作チーム: Sao)

RRP67.jpg

RRP71.jpg


2010.07.30 00:00 | 子供ミニストリー
CAM 2

7月18日(日)の礼拝の後に、1年に一度の教会総会が開かれました。
私たちの教会Las Vegas Community Church は、2002年8月22日に宗教法人として正式に教会が誕生しました。というわけで来月の22日で教会創立8周年を迎えることになりますが、主がここまでの歩みを導いて下さったことを心から感謝します。

『魂を勝ち取る教会』という教会の生涯スローガンを掲げ、今年は『キリストが崇められる教会』という年間標語を目標として歩んでまいりました。総会では、今年度の活動報告と来年度の活動計画が発表されました。

教会には以下の10の委員会があり、それぞれの委員会に委員長が立てられ、それらのCommitteeが運営されています。
・ サンデースクール委員会
・ 祈祷委員会
・ 弟子訓練委員会
・ 交わり委員会
・ 宣教・伝道委員会
・ 賛美・礼拝委員会
・ スモールグループ委員会
・ シニア奉仕委員会
・ 奉仕委員会
・ ユースミニストリー委員会

また、多くの女性たちの働きを持って教会を陰で支える婦人会と、将来を担う青年会の働きがあります。

その他、スモールグループと呼ばれるミニチャーチのような働きがあり、教会の七つの目的をそれぞれのグループの目的として、毎週の週日に集会を持ちながら、聖書の学び、神の家族としての交わり、オイコス伝道、祈りなどが盛んに行なわれています。現在は4箇所にスモールグループがあり、リーダーとサブリーダーが力を合わせてこの働きを担っています。4つのグループは以下の通りです。

・ ケイ・ソレンティーノ姉妹をリーダーとするサザンハイランド。
・ 倉田薫姉妹をリーダーと するセントラル。
・ 松岡幸夫兄弟をリーダーとするサウスウェスト。
・ 栄子・モーランド姉妹をリーダーとするネリス。

各スモールグループ の集会は、毎週、それぞれのスケジュールに合わせて行われています。

教会総会に出席し、活動報告や来年の抱負や細かい報告などを通して、教会の一員として、また主の働きを担う一人としての自覚を更に深める良い機会となりました。

来年も、教会に集う兄弟姉妹と共に力を合わせ心を合わせ、助け合い、愛し合い、励まし合って、主の教会を建て上げていこうと思います。栄光は主のもの、私たちは主の働き人です。

『教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるとこ ろです。』 エペソ人への手紙 1:23

『教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン。』 エペソ人への手紙 3:21


(ブログ制作チーム: Sao)
2010.07.23 00:00 | その他
7月11日の礼拝で2人の姉妹が洗礼の恵みに与かりました。ハレルヤ!
リリアン姉妹の記事は、リリアンのクラスを担当されている優子姉妹に書いていただき、りえ姉妹の記事はSao姉妹に書いていただきました。(編集者)

LRB 001

<リリアン姉妹の洗礼>

7月11日の礼拝にて、14歳のリリアン・モアランド姉が洗礼の恵みに与かることができました。
神のなされることは、すべて時にかなって美しい。(伝道の書 3:11) とあるように、この日に至るまで、本当にたくさんの祈りが捧げられ、神様がその一つ一つの祈りを聞き届けてくださり、リリアンの心に触れてくださったことを心より主に感謝します。

その中でも、私にとって忘れられない祈りがあります。2ヶ月ほど前に受洗クラスを受けていた、弟のマイキーの祈りです。彼は、姉であるリリアンの救いのために、心から祈っていました。福音に触れて、神を求める思いと救いの恵みを姉にも伝えたいという熱い心のこもった祈りでありました。それからすぐに主は、リリアンを、受洗クラスを始める決心へと導いてくださいました。

幼いときから、祖母である栄子姉と弟のマイキー兄と一緒に教会に来ていたリリアンに、たくさんの福音の種がまかれ、今こうして神の家族に迎え入れられたことは、言葉に表せない喜びです。

御子イエス・キリストの命という計り知れない大きな犠牲を払ってまでも、リリアンを愛してくださる神様の愛に触れて、今まで自分だけで生きてきた人生に、神様の介入を心から招き入れ、これからは、いつも、どこに行っても、一人ではなく、神様と共に歩むリリアンに、主は、どんな素晴らしいご計画をお持ちなのでしょうか?それを見させていただけるのを楽しみにして、勝利の信仰生活と祝福を祈ります。

あなたがたはみな、キリスト イエスに対する信仰によって、神の子どもです。
バプテスマをうけてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです。」 ガラテヤ3:26-27
LRB 019
(ユースミニストリー: 優子)



LRB 012

<利恵姉妹の洗礼>

利恵ステンバーグ姉妹の洗礼式が執り行われました。

利恵姉妹が最初にこの教会に足を運ばれたのは、2年前のDuo高瀬ご夫妻のバイオリン・コンサートでした。香織姉妹が主催されている子育てサークル、サンシャインベイビーを通しての交わりで、Duo高瀬コンサートを知ったそうです。Duo高瀬ご夫妻のコンサートに感激された利恵姉妹でしたが、それ以来当教会を訪れることはなく、ご主人の通っていた教会の礼拝に出席なさっていたそうです。

そんなある日、利恵姉妹に試練が舞いこみました。信頼していた方に裏切られ、利恵姉妹の心が深く傷ついてしまったのです。思いもよらぬ苦難が降りかかり、毎日が辛い中、ふと、以前足を運んだラスベガス日本人教会に行こうという思いが与えられました。主は、ラスベガス教会に利恵姉妹を呼び戻し、入門者クラスに導きました。

利恵姉妹は、土曜日にはご主人の教会へ行き、日曜日はラスベガス教会、月曜日は入門者クラス、他の日はお仕事というご多忙にもかかわらず、毎週月曜日の入門者クラスの時間がワクワクするほど待ち遠しかったと仰っておられました。

神様への熱い情熱を持っている鶴田先生は、どんな質問にも必ず答えてくださり、また、全能の神について学ぶ事は、渇きを覚えておられた利恵姉妹の心に神の生きた水が注がれるとても充実した時でありました。その日は、仕事が普段の2倍はかどる充実した日になったそうです

聖書の知識と共にこうした経験を積む事で利恵姉妹の信仰がより強いものとなり、聖霊の導きによって、この日洗礼の恵みに与かられました。主の御名を賛美いたします。
これからの利恵姉妹の信仰生活が主によって守られ、豊かな祝福が降り注がれますようにお祈りします。

『キリストによって、今私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。そればかりでなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練れられた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私達に与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心にそそがれているからです。』 (ローマ人への手紙5:2-5)
LRB 025

(ブログ制作チーム: Sao)
2010.07.16 00:00 | 洗礼

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.