FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

2010年2月12日のブログ記事でサンデースクール内のナーセリークラスを取り上げましたが、今回はエレメンタリークラスをご紹介します。

SEC 5

エレメンタリークラスの年齢は7歳から10歳までの子供達です。
このご奉仕は、Vivian先生と和美先生が交代でなさっておられます。
今日、3月21日のエレメンタリークラスの担当はVivian先生でした。

クラスでは最初に出欠、聖書、フォルダーの有無をチェックします。
Vivian先生は、子供達が授業に必要な聖書を持参しているかどうかをとても重視します。
それは、神の言葉である聖書を勉強するためには最も大切な物であると同時に、子供達に神のメッセージを学ぶという意識を高める為に必要不可欠だからだそうです。

出欠を取った後、神様へのお祈りを捧げ、全員で『Come to Sunday School』の歌を歌い、クラスが始まりました。その後、Vivian先生は献金箱を出し子供達に献金を促しました。Vivian先生は献金について、神の愛を知るにはまず献金のシステムを知ることが大事だとお話されます。

子供は、3歳くらいから善し・悪しを理解し始めますが、神から頂いた積木が10個ある中の9個分を自分が貰えるという事が理解出来るのであれば、それが公平以上のものだということが理解できます。
Vivian先生は、これが神の慈悲深い愛から来ていると子供達に伝えておられました。
自分の持ち金十割の中、一割を神に捧げるという意味を理解した上で子供達は献金を捧げていました。

SEC 3

今日はマタイの福音書25:1-13の部分の学びをしました。花婿を迎える10人の娘のお話でした。
砂漠の中で、10人の娘が夫となる人を待つ様に命じられたのですが、そのうちの5人が油が切れ火を絶やしてしまうという愚かな娘であり、あとの5人は余分に油を用意し花婿が現れる最後まで火を絶やすことが無かった賢い娘でありました。

5人の賢い娘は花婿に受け入れられましたが、準備を怠った5人の娘は花婿に受入れられませんでした。
ここの箇所から、結婚相手となる夫はイエス様を現わしており、イエス様の再臨の時に賢く備えるというメッセージが分かります。イエス様の再臨に備えて適確な準備を備える事はとても重要であるという事を紙芝居を通してVivian先生は切実に子供達に説明をされていました。クラスの最後に、この聖書箇所から学んだ事を子供達は、ノートに書きこんでいました。そして、お祈りをして心を合わせてクラスが終了しました。

SEC 2

Vivian先生がサンデースクールの奉仕をされるにあたり、最も考慮されている事は、子供達がイエス様のメッセージが書かれている聖書の理解を深め、子供達の中にキリストを証し出来るような器を作る手助けをし、将来サンデースクールで未来を担う子供たちに教える事ができる様になって欲しいとの事でした。

Vivian先生を始め私もサンデースクールに通う子供の親ですが、家庭の中で子供達にイエス様を見せられるような子育てができる様に、またランプの油である私達の信仰を絶やすことが無いように親の私達も日々神と向かい合い悔い改めの気持ちをもち心を新たに勤めていきたいと強く感じました。

『ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエスキリストの現れの時あなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい』 第一ペテロの手紙 1:13


SEC 1

(ブログ制作チーム: Sao)
2010.03.26 00:00 | 子供ミニストリー
3月7日礼拝後、サリー姉妹とテディー姉妹の喜寿をお祝いをする会がもたれました。
Sally Craft姉妹が3月10日に77歳を迎えられ、3月13日にはTeddy Hoering姉妹が77歳を迎えられました。 

喜寿とは言え、お二人共とても若々しくお元気です。私はお二人とはシニア聖書クラスで一緒ですが、御言葉の理解、またあの細かい聖書の字の朗読もお上手で、いつも感服しています。

3.7.10 KJU023

さてお祝い会はいつものように婦人会の皆様が心を込めて用意してくださった持ち寄りのランチをいただきながら始まりました。この度のお料理も皆様の愛情がたっぷり込められたお料理ばかりで、大変おいしくいただきました。

教会の子供ミニストリーのお子さん達が、お二人のために手作りのお祝いのカードをつくり、喜寿のお二人にプレゼントしてくれました。お二人はとても喜んで笑顔でお受け取りになり、子供達は年長の方々を敬うことの大切さを学び、私たちもまたその大切さを改めて実感いたしました。

3.7.10 KJU007

続いてお二人が集っておられるネリス・スモールグループの姉妹方による日本舞踊が披露されました。
サリー姉妹はこの舞踊の師範でもいらっしゃいます。3曲の違った踊りが披露され、最後には観覧していた方々も参加して「炭坑節」を輪になって踊りました。

3.7.10 KJU010

そして「クイズタイム」へと移りました。
この度は「聖書66巻・名前当てリレー」と、「キリスト教用語しりとり」の2つのゲームをスモールグループ対抗戦で楽しみました。「聖書リレー」は、2度行って2度とも「サウス・ウエストグループ」が勝ちました。
次に、鶴田牧師も参加して行われた「しりとり」は、牧師がヘルプに入ったサリー姉妹、テディー姉妹所属の「ネリスグループ」が勝ちました。ゲームといえども、真剣な皆さんの表情がとても印象的でした。

3.7.10 KJU016

最後に記念品とお花の贈呈の後、ネリススモールグループのリーダー栄子姉妹からの祝辞と、お二人からの答辞があり、鶴田牧師からお祝いのメッセージが述べられました。このメッセージの中で鶴田牧師は、「長寿は神様からの祝福である」と語られました。 

人間、明日何が起こるかもわからず、様々な時代背景を生きる中、77年の人生を数多くの喜びや悲しみ、困難などを経験しながらよりたくましく若々しく生きるお二人に、鶴田師のおっしゃるとおり、神様の祝福を憶えずにいられません。神様はこのようにしてご自身とその御業とを現されるのだと改めて学びました。

「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。」民数記6:24

これからも、お二人への主からの祝福が多かれとお祈りいたします。

IMG_3607ss2.jpg

(シニア・ミニストリー委員長: Sue)

2010.03.19 00:00 | 教会イベント
3.7.10 JAM009


主イエス・キリストを信じる信仰により2010年3月7日、3人の方々が受洗に与り神の家族に迎え入れられ、永遠の命の恵みが与えられました。3人の方々は小林順子姉妹、山口マーク兄弟・あいこ姉妹ご夫妻です。

小林順子姉妹はお嬢さんの香織姉妹に、お母様のこれまでの歩を書いていただきました。
山口マーク兄弟・あいこ姉妹ご夫妻はお二人のご友人であるSao姉妹が、お二人が主に到達するまでの足跡を書かれました。

小林順子姉妹の洗礼

3.7.10 JAM016

3月7日、母・小林順子の洗礼式が行なわれました。
見事神様のご計画と織り成す御業によってこの日が選ばれ洗礼へと導かれたのを目の当たりに見ました。
その理由の一つに、普段は別々に住む家族ですが、この洗礼式には4人が皆集まり、この日を共に祝うことができました。

二つ目に、信仰告白をしたのは入門者クラスの時だったのですが、この入門者クラスは急に決まりました。ですが、鶴田先生とのご都合もスムーズに合い、入門者クラスを最後まで受けることができました。
三つ目に、父は2年ほど前にクリスチャンになったのですが、その父が母に対して良き証しとなっていたこと。これら全てに聖霊様の働きと、祈りの勇士の方々の祈りのサポートが背後にあり成されたことを心から感謝いたします。

私たち小林家は父豊、母順子、双子の姉妹直美と私香織の4人家族で、直美が初穂として、2005年11月に洗礼式を当教会で受けました。そして私が2006年7月に洗礼を受け、父は2008年のイースターに同じく当教会で洗礼を受け、そして晴れて母が今回洗礼を受けることになりました。

父がちょうど入門者クラスを受ける頃母に、「お母さんも入門者クラスを受けないの?」と聞いたのですが、すぐに答えはノーと返ってきました。ですが、その頃から、日本で父と双子の直美と一緒に少しずつ教会に行くようになり、またラスベガスに来ては私と孫のカーソンとともに教会に来てくれたりしました。

だんだんとイエス様のことを知ろうとしてリビングバイブルを自ら手に入れ読んだり、また三浦綾子さんの本を好んで読み、「これは読んでおいた方がいいわよ」と教えてくれたりもしました。また私たちが日本に里帰りした時、孫のカーソンがお祈りをしないでごはんを食べようとすると母が「お祈りは?」とたしなめたりもしていました。

毎年必ず私たちに会いにラスベガスに来てくれる両親で本当に感謝していますが、今回の旅行が決まった時は、いつもと一つ違うことがありました。それは、母が入門者クラスを受けることができるように、という思いが与えられ、押し出されるようにそれを祈るようになりました。また祈祷会で祈りのリクエストをし、皆様に祈っていただきました。そしてその祈りは早天祈祷会で、祈りの行進で、スモールグループでと至る所で行なわれました。

また祈りの行進のパワーはとても大きいと思いました。というのは、私はあまり時間を気にせず入門者クラスの話を母としていたのですが、3回目にその話をし、母がクラスを受ける、と同意した頃はちょうど初めての祈りの行進が行なわれた2月19日の朝でした。そして私たちの家のある区間を歩いていた祈りの行進の執り成しの力が私たちの家を包んでいたのでした。また、母の救いのための祈りは3年半以上早天祈祷会などで多くの方が祈ってくださっていました。

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。(伝道の書3:1)

3.7.10 JAM024

洗礼式では少し緊張している様子でしたが、誓約の言葉を終え、後ろを向き皆様に挨拶をした時には母の目に涙がありました。ほとんど母の涙を見た事のない私でしたので、少し驚きましたが、母が心からイエス様を救い主として受け入れ、癒されたのだと感じました。

この特別な日を神の家族に見守られ、また教会にほとんど来た事のない夫も仕事の合間を縫って駆けつけ、現在サンディエゴに住む双子の直美もラスベガスに来る事ができ、すべて整えてくださった神様に感謝いたします。そして母の名も「いのちの書」に記され本当に嬉しく思います。

3.7.10 JAM042

主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます。(使徒行伝16:31)

(ブログ制作チーム: 香織)



山口マーク兄弟・あいこ姉妹ご夫妻の洗礼

3月7日の礼拝で山口マーク兄弟とあいこ姉妹の洗礼式が執り行われました。

3.7.10 JAM003

愛子姉妹は、美しい自然のある佐賀県でご誕生され、温かいご家族の愛情の下で育ちました。愛子姉妹は、大学で保育学を学ぶ為にラスベガスに移り、卒業後生涯のパートナーとなるマーク兄弟と出会い結婚をされました。

マーク兄弟は、ハワイで4人兄弟の末っ子としてお生まれになり、13歳の時にラスベガスに引っ越されました。そして、愛子姉妹と結婚され、こうしてお二人揃って 教会に行く機会が与えられました。 お二人が自営業をされているレストランのお客様に、我が教会員の嘉代子姉妹がいらっしゃいます。その嘉代子姉妹のお誘いで、約1年前にこの日本人教会に初めて足を運ばれました。

愛子姉妹が教会に来た当初は、社交目的だったということですが、鶴田牧師による公開説教が、毎日の子育てで明け暮れる日々と、日常の葛藤の中で探していた光となり、毎週神のメッセージを伝える鶴田牧師の説教から心が癒される思いを覚え、いつの間にかノートとペンを持ち一生懸命鶴田牧師の説教を聞く日々に変わりました。

『まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行なうことができる。』 申命記 30:14

次第に愛子姉妹の心は神によって溶かされ、神の事をもっと知りたいと思う心が与えられました。実はその間にも「聖書に基ずく子育て勉強会」にも参加されており、周りのクリスチャンの方との交流が増えるにつれ、もっと知りたいと入門者クラスの学びを受けられる決心をされました。

当初、マーク兄弟にとっては何気無く訪れた教会でしたが、回を重ねる事にノーマン長老のメッセージに心を打たれ、何かに背中を押されるように教会を訪れる様になりました。また、愛子姉妹が日本に帰国中でも、積極的に礼拝や特別祈祷会などにも参加されていました。

礼拝に出席する回数が増えるにつれ、彼の中では次々と疑問が湧いてきたそうです。そんなマーク兄弟は、イエス様に興味一杯の中でノーマン長老との入門者クラスが始まりました。

ご夫婦そろって同じ時間帯に、愛子姉妹は鶴田牧師から、マーク兄弟はノーマン長老から聖書の学びをされ、いつしか夫婦間の会話に神様の話題が登る事が多くなっていました。クラスで学んだ事を言葉にし、行動し、実感する事でお互いの理解がより深まり、お二人の心の扉が開き、次第にイエス様を迎え入れる様になり、今日の洗礼の恵みに導かれました。

3.7.10 JAM022

『この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行なうためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。』 ヨシュア記 1:8

ご夫婦そろって洗礼の恵みを受けられた事は、神の御業です。山口ご夫妻への神の素晴らしいご計画は既に動き出しました。神はお二人をどのように用いられるのでしょう、とても楽しみです。

これからの信仰生活が主に守られ、豊な祝福が山口ご夫妻と愛都君の上にそそがれますように、お祈りします。アーメン。

3.7.10 JAM028

(ブログ制作チーム: Sao)
2010.03.19 00:00 | 洗礼
2月28日(日)の礼拝は、世界的な宣教団体であるCJF Ministriesの宣教師であり、またラスベガスにあるメシアニックジューの教会の牧師でもあるリチャード・ヒル先生をお迎えして、聖書のメッセージを取り継いで頂きました。

IMG_2092.jpg

まず自己紹介の始めに、 “ショーファー”と呼ばれる雄羊の角笛を吹いてくださいました。ヒル牧師によると、このショーファーは悔い改めてイスラエルの神に立ち返えるようにとユダヤ人たちに合図をするための角笛であり、 また、神への礼拝を始めるためにも吹かれるようです。

リチャード・ヒル牧師はこれまでの15年間を牧師として、またその中の10年間は牧師と宣教師として働いてらっしゃいました。神様は、10年ほど前に、そんなリチャード・ヒル牧師家族をカリフォルニアのオレンジ・カウンティーからラスベガスに遣わされました。そして、2003年に“イエスの家”と呼ばれるメシアニックジューの教会をラスベガスのSouthwestの方に開拓され、現在はラスベガスに住む約8万人のユダヤ人たちをキリストに導くために働いていらっしゃいます。

IMG_2114.jpg

ヒル牧師は、 ダニエル書9:24-27から、『預言の中のイスラエル』と題して以下のようなお話をして下さいました。

『あなたの民と、あなたの聖なる町については、七十週が定められています。これはとがを終らせ、罪に終りを告げ、不義をあがない、永遠の義をもたらし、幻と預言者を封じ、いと聖なる者に油を注ぐためです。』
ダニエル書9:24


神はダニエルが見た幻を理解させるために彼のもとに天使ガブリエルを送りました。ユダヤ人と聖なる都エルサレムが6回の預言的出来事を実行するために「70週」が定められています。それぞれの週は7年を意味し、ユダヤ人とエルサレムには合計490年の預言的期間が与えられているということです。

この「70週」の中の「69週」(7週+62週)の預言(ダニエル9:25)はメシヤ到来の時を示すもので、イエス様の初臨において成就しました。イエス様は、私たちの罪と罪過と不正の償いのために十字架で死なれ、三日目に復活し、私たちが自分の罪を悔い改め、イエス様を私たちの主また救い主として信じることで私たちは罪から救われ、永遠の命を得ることができるようになったのです。

「70週」の預言からすると、ここに最後の1週(7年)が残りますが、それは私たちが患難時代と呼ぶ反キリストが全世界を支配する将来の7年間の期間のことで、これはヨハネの黙示録に詳しく記されているものと同じ患難時代です。

その患難時代の初めに、反キリストは平和条約をイスラエルの多くのユダヤ人たちと7年間に渡って結びます(ダニエル9:27)。しかし、この患難時代は、ユダヤ人にとってヤコブの苦難として知られているものでもあります。それは、やがてイスラエルが多くの苦難の中に置かれるからです。

エゼキエル書36:24は、神がすべてのユダヤ人を世界中からイスラエルに呼び戻されることを示す多くの御言葉の一つですが、なぜ神はこのようにすべてのユダヤ人をその地に呼び戻しておられるのでしょう。そこには、少なくとも三つの理由があります。

1.神が患難時代にユダヤ人をさばかれるから。
2.神が患難時代の終わりにユダヤ人を救われるから。
3.神は、その地にユダヤ人を回復されるから (アブラハム契約の成就)。

ですから、反キリストは7年間の平和条約をイスラエルと結びますが、ダニエル9:27で言われているように、彼は患難時代の真ん中でこの条約を破棄し、「荒らす憎むべきもの」として知られることを行います。それは、神殿において自分を神の座に置き、ユダヤ人たちだけでなく全世界の人々に礼拝を強要する反キリストの行為です。

この時、ユダヤ人にとって最悪のホロコーストが起こるのです。イエス様は、これを「大きな患難」と呼ばれましたが、この大患難は患難時代の最後の3年半で、反キリストがすべてのユダヤ人を滅ぼそうとするだけでなく、世界に最悪の患難をもたらします。この大患難で3分の2のユダヤ人たちが死にますが、そこには良い知らせもあります。ユダヤ人の3分の1がイスラエルの地に残され、最終的に、彼らはイエス様の名を呼び求め、救われるのです。それからイエス様はハルマゲドンで悪を滅ぼすために地上に戻られ、千年王国を建てられるのです。

ユダヤ人としてメシアニックジューとなられたヒル牧師のメッセージを聞いて感じたことは、ヒル牧師はユダヤ人の視点で聖書を見ておられるということでした。異邦人として聖書を見る私達の視点とは少し違った角度から見た聖書の学びとなりました。

この礼拝をきっかけに私自身も聖書の結論とも言える黙示録への興味が湧き、聖書の学びがより楽しくなっていくことを予感せずにはいられない礼拝でした。こうしてヒル牧師の礼拝メッセージは、私達の教会へ新しい風をもちこんでくださった素晴らしい機会となりました。

IMG_2190.jpg

礼拝後は、婦人会の皆さんが腕によりをかけた手作りの美味しいポットラックを頂きました。日本食が好きなヒル牧師と、奥様のオンさんと、3人のお子さんステファニーちゃん、レベカちゃん、イサク君は、所狭しと並べられた数々の日本食をとても喜んで召しあがっておられました。

奥様のオンさんは、フレンドリーな上に聡明な女性で素晴らしい方でした。私達教会員とも良き交わりをもたれていました。

主がヒル牧師をラスベガス日本人教会へと導いて下さり、神の家族として交わりを持てた事を感謝します。


(ブログ制作チーム: Sao)

2010.03.12 00:00 | 特別礼拝 / 集会
LVJCC恒例のボーリング大会が、2010年3月4日、ゴールドコーストのボーリング場にて開催されました。
今回のボーリング大会には、大人・子供を含め14名が参加され、良い交わりのときを持つことができました。

3.4.10 BWL011

今回、教会行事に初めて参加された2名の学生がいましたが、LVJCCの兄弟・姉妹と共に楽しい時間を過ごすことができました。この行事をきっかけに、今後、教会に集う機会が彼女たちに与えられるよう、祈っていきたいと思います。

また、さおり姉のお子さんが3人とも参加され、ボーリング大会が一層賑わいました。
子供たちが楽しそうにしている姿を見ると、私たちも嬉しくなり、とても和やかな雰囲気でした。
スペアやストライクが出ると、大きな歓声が起こったり、1人1人のプレーを皆さんで応援する姿が印象的でした。
第5回のボーリング大会の結果は次のようになりました。(3ゲーム中の最高得点の結果)
   1位 みどりさん   164点
   2位 ジョージさん  133点
   3位 板東一郎さん 106点
   4位 えりかさん   103点
5位 たまきさん   101点

上位5位までの皆さんには、ゴールドコーストから素敵な賞品が贈呈されました。
なんと1位&2位のお2人には、本物のボーリングのピンが贈呈され、少し戸惑っておられましたが、良い記念になったのではないでしょうか。
また、3位~5位までの皆さんには、ゴールドコーストオリジナルのTシャツが贈呈されました。

3.4.10 BWL014
3.4.10 BWL003

これからも、この交わり委員会の働きが、主にあって大いに祝福され、この働きから多くの人が救いの道を得ることができるように祈っていきたいと思います。

(ブログ制作チーム: 早希)
2010.03.11 22:51 | 教会イベント

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.