LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

                                                   新井雅之    

 2008年9月25日。昼ごろ、自宅のリビングルームで、独りでくつろいでいる時、私は身体の異変に気づきました。即座にストロークであることが、自分なりに把握できたのです。幸いにも、まだ少しだけ体が動けましたので、直ちに911へ通報しました。それから先は、意識が途絶えてしまって、知るすべもありません。

 病院のICUにいた折りに、お見舞いに来てくれた友人と家人は、往時の状況を振り返って、「もう、駄目か!」と、思ったと述懐しました。脳卒中で倒れて以来、右半身不随と言語障害で、一言もしゃべる事はできません。おまけに癌が4ヶ所から見つかりました。

 甲状腺に端を発し、リンパと肺と脳に転移していたのです。さらに驚いたことに、脳の腫瘍から出血して、ストロークを引き起こしました。耳は聞こえておりましたので、ドクターの検査報告だけは、はっきりと聞き取れました。「ステージ4です。(末期癌です)」

 その日の夜、薬の副作用の影響から、幻聴のようなものが聞こえてきました。私は持病に、40年来のうつ病歴があります。夕べ、ドクターから末期癌の宣告をされたにもかかわらず、一向に落ち込む気配すらないのです。
 
 ある日、知り合いの牧師が、病院へお見舞に来られました。その牧師から聖書の御言葉が与えられたのです。その箇所とは、出エジプト記の15:26です。

 言われた、「あなたが、もし、あなたの神、主の声によく聞き従い、その目に正しいと見られることを行い、その戒めに耳を傾け、すべての定めを守るならば、わたしは、かつてエジプトびとに下した病を一つもあなたに下さないであろう。わたしは主であって、あなたをいやすものである」

 傍らで聴いていた家人は、驚きの表情で、聖書の個所が病院のアドレスと同じであると言うのです。1526 Edgemont Street 私は、神様が導いてくださいましたこの病院に対して、深く感謝致しました。

 これもひとえに、教会の皆様の、とりなしの祈りに支えられているのだと言うことが、ひしひしと伝わってきました。イエス様に示されたことは、悔い改めることと、もう一つが、この世で憎む者がいれば、無条件で許してあげなさいということです。

 それ以来、かぐわしい花の色香ともに、こころの底から喜びがあふれて、とどまることを知りません。おかげで、脳の手術をする際に、一切を主イエスにゆだねて、うららかな平安を得ることができました。この弱虫の頭(かしら)が、これほどまでに強くなれるのです。この、大いなる恵みに感謝致します。

 間もなく、倒れてから1年と3ケ月が経過しようとしいています。相変わらず右半身は不随のままです。まだ、口も自由に喋ることはできません。癌細胞も体内に残っています。 
 
 けれども、知って下さい。イエス様の癒しの奇跡を……  私は信じて疑いません。きょうも、キリストのたおやかな愛が、我がうちに燦燦と降りそそぐのです。
              
陽射し


(著者: 新井雅之)
2009.11.27 09:51 | その他
『すべての事について、感謝しなさい。これが、キリストイエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。』 第1テサロニケ 5:18

 11月22日(日)は感謝祭礼拝が持たれました。鶴田牧師は 「感謝の心を育てる」というテーマで、どのようにしたら感謝の心が養われて喜びに満たされた生活を送ることができるのかを、3つのポイントでメッセージをしてくださいました。

1.感謝できる事柄を探す。

 パウロは、「すべての事について、感謝しなさい」と言っています。もし私たちが、“ありがとう”と心から言えれば、私たちの心は温かくなり気持ちのいいものです。そして、温かい気持ちになれた時は幸せを感じます。ですから、感謝をする機会が増えれば、心が温かくなる機会も増えるので、感謝できる事柄を探すことによって、幸せを感じる時を増やすことができます。

 そこで、感謝の機会を増やすには、感謝をする機会を減らしてしまう要素を知っておくことも大変重要です。なぜなら、それらの要素を知らないために、多くの感謝すべきことを感謝せず、幸せな気分になる機会を逃してしまうからです。では、感謝をする機会を減らしている要素とは何でしょう。それは、当たり前という捉え方です。「○○してくれて当たり前」、「○○するのが当然」という心があれば、感謝をする機会がなくなります。というよりもむしろ、すぐに不平不満を口にするようになります。

 しかし当たり前のことが実は当たり前ではないと捉えてみたらどうでしょう。その人の人生が変わります。私たちは神様が与えて下さっている全てのことに対する認識を新たにし、与えられている全てを感謝できるように心をアジャストすることが必要ではないでしょうか。

2.全ての事を神の国の視点で見る。

 キリストにある者は神の国の視点からすべてを見る特権が与えられ、全ての事が最善へ導かれるという約束があります。人間の生まれながらの性質は、自分を喜ばせてくれるものには感謝できますが、自分を苦しめたり、悲しませたりするものには感謝できません。しかし、自分を不幸にすると感じるものが必ずしも自分を不幸にするとは限りません。幸せや不幸は周りや状況によって決まるのではなく、自分自身の心によって決まるのです。周りや状況を幸せの材料として使うのか、不幸の材料として使うのかは自分の選び方次第です。

 箴言に、『銀を試みるのは、るつぼ、金を試みるのは炉、人の心を試みるのは、主である。』とあります。炉やるつぼというのは、金や銀をどろどろに溶かして、そこから不純物を取り除き、より純度の高い純粋な金や銀を作り出すためのものですが、神様はそれと同じことを、試練や患難を通して私たちにされるのです。試練は人を不幸にするためにあるのではなく、人を練り上げ、心の目を開かせ、よりすぐれた人に成長させるために神様が用意しておられるものです。しかし、試練が人の成長に役立つためには、感謝をして試練を受け止めることが大事です。

『苦しみにあったことは、私にとって幸せでした。私はそれであなたのおきてを学びました。』(詩篇119:71)

『そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることはありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私達の心に注がれているからです。』 (ローマ5:3-5)

 「神は常に私に対し最善以外のことはなさらない」という聖書の約束の言葉に基づく信仰があれば、あらゆる状況に対して感謝をすることができます。これが神の国の視点であり、祝福の原理です。これは神様に対する私たちの信頼の現われであり、「心の平安」は、神に対する信頼を持っている人に与えられる神からの賜物だと言えます。

3.神の愛を知る。

 神様は、御子イエス・キリストを私たちのために十字架につけるほどに、私たちを愛しておられます。神様は愛です。ですから、私達を愛するお方が最善以外のものを私たちに与えられる筈がありません。だから私たちはどんな事にも感謝できるのです。

 さらにパウロはローマ書8:35-37で、『だれが、キリストの愛から私たちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。………しかし、私たちを愛して下さった方によって、私たちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある』と言いました。

 つまり、どんな状況も、神の愛から私たちを引き離すことは出来ません。神の愛は常に私たちの上に注がれているということです。だから、私たちはどんな状況の中でも感謝できるのです。

 瞬きの詩人として知られた水野源三さんは9才の時に赤痢にかかり、さらに脳膜炎を併発してその後遺症のために体全体が指一本動かなくなってしまいましたが、そんな水野さんがこんな希望と喜びと感謝に溢れた詩を詠んでおられます。

キリストのみ愛に触れたその時に
キリストのみ愛に触れたその時に
私の心は変わりました
喜びと希望の
朝の光がさして来ました

 また、鶴田牧師と30年来のご友人である新井雅之兄弟からの感謝の証を読んで下さいました。新井兄弟はストロークで入院し、その折ガンが4箇所から発見され、大変な状況に置かれました。今は右半身が動かず話すことも自由にできませんが、神の御愛が新井兄弟を満たし、強くし、感謝のお証を鶴田先生にメールをしてこられたのです。

 水野源三さんも新井兄弟も難題が溢れている環境にありながら、神を信じる信仰によって心に平安が与えられ、神の国の視点ですべてを見られ、どんな状況をも感謝して受け入れられる人へと変えられました。

一年に一度の感謝祭礼拝、それは神の愛をより深く学び、感謝する心が幸せを連れて来るという、文字通り感謝と喜びにあふれた素晴しい今年の感謝祭礼拝となりました。
このことを主に感謝いたします。

清流
(ブログ制作チーム: Sao)
2009.11.27 09:48 | 礼拝
11月15日の礼拝にSandy四方牧師をお迎えしました。四方牧師が前回いらっしゃったときは、先生の救いのお証をしてくださいましたが、今回はピリピ人への手紙3章10-16節を通して『目標を目指して一心に走ろう』というタイトルでメッセージを取り継いでくださいました。

shikata2.jpg    

まず、四方先生は、現在ゴルフで大活躍の石川遼選手の話を取り上げながら、この世のものではなく栄光の冠を求め、人生という競技場でパウロが追求した3つのものについてお話しされました。それは、

1.イエス様を心に受けいれ、イエス様との密接な関係を築いていくこと。
2.イエス様の復活の力を知ること。すなわち、試練の中から打ちかつ力、方法を知ること。
3.私達の罪の為に死んでくださったイエス様の十字架の痛みと苦しみを知ること。

ここで四方先生は3番目のポイントから、今まで悪を遠ざけるお祈りしかせず、キリストの苦しみを知ることについてのお祈りはしていなかったので、この機会を通して神様に悔い改めます、との宣言をされました。先生の真実な言葉に、真の神様に従う者の姿を見た気がしました。

次に、先生は、パウロの追求する3つのものを達成する4つの秘訣について語ってくださいました。その4つとは、

1.イエス様を完成目標とすること
2.後ろを見ず前に前進すること
3.それを達成しようと努力すること
4.新たな第一歩を踏みだすこと

イエス様を完成目標とし、神の栄冠を得るための道には多くの障害があり、様々な霊の戦いがあります。現にパウロは、誰よりも多くの苦難に遭遇し、霊の戦いを経験しました。投獄され、むちで打たれ、石で打たれ、死に面することもしばしばでした。同胞であるユダヤ人からの迫害、異邦の民であるローマ人からの迫害、さらに川の難、盗賊の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、飢えと寒さの中で裸でいたこともありました。

しかしパウロは、その筆舌に尽くしがたい苦難の中で、イエス様から目を離さず、目標に向かって前進を続け、むしろ試練を前に置かれたものを得るための恵みとして感謝し、日々、新たな一歩を踏み出していったのです。

『私の兄弟たち、さまざまな試練に会うときはそれをこの上もない喜びと思いなさい。 』(ヤコブの手紙 1:2)

先生が語って下さった神様のメッセージを聞き、果てしない道のりでも、そこにある試練をひとつずつ乗り越え、今の自分から一歩前進する勇気が必要である事を知りました。先生は、我が子が初めて歩き出した時に親が拍手して喜ぶ事と同じで、神様は私達が初めて歩きだす時をとても喜んでいらっしゃるはず、と語って下さいました。メッセージを通して神様の栄光が現され、そして、ゆっくりとイエス様を語られる四方先生は輝いておられました。

さぁ、私たちも前に向かって 一心に進もうではありませんか。

『キリストイエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走っているのです。』(ピリピ人への手紙3:14)

shikata1.jpg 


(ブログ制作チーム: Sao)
2009.11.20 00:00 | 礼拝

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.