LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1

4月26日の聖日礼拝後、ウォーレン・ノーマン長老の喜寿をお祝いする会がもたれました。

ノーマン長老は夫人の美佐子姉妹と共に当教会の開拓にあたって多くの献身的な働きをしてこられた方です。

2

ラスベガスへ越されてくる前はサンディエゴに住んでおられ、サンディエゴ南バプテスト教会に集い、長老としてまた子供ミニストリーのリーダーとして働いておられました。ノーマン長老の次男、ケリーさんは今でもサンディエゴで牧師として働いておられます。

ラスベガスへ引っ越してこられたのは2002年。三男の一人娘がまだ小さく三男ご夫妻が共働きのため、子守りが必要になったからでした。すでに定年でリタイヤされていた長老ご夫妻でしたがサンディエゴの次男のお子さん方も当時はまだ小さく、少し悩んだそうです。しかし牧師をされている次男のお子さん方には教会に集う神の家族がいるから自分達がいなくても大丈夫。でもラスベガスにいる孫には私たちしかいないと思われたそうです。

しかし、ラスベガスに移る目的をそう考えておられたご夫妻が、当地へ越して来られ、神様によって当教会へと導かれ、教会設立の手続きや英語部の働きをしていかれるうちに、「ラスベガスへと導かれたのはこの働きのためであった」ということが分かったそうです。それからは夫婦二人力を合わせて神様と人々に仕えてこられました。

3

ノーマン長老は1932年3月12日、アメリカのオクラホマ州で7人兄弟の2番目、長男として生まれました。最初の就職先はアメリカ海軍。1954年、当時はまだアメリカ占領下の日本が最初の海外赴任先でした。しかし神様の不思議な御業は誰にも予測ができないもので、何とその日本の横須賀で生涯の伴侶となられる美佐子姉妹と出会い、同年12月に結婚。翌年9月には2人の間に長男誕生、そして2人はノーマンさんの任期満了に伴い、生後5ヶ月の赤ちゃんを連れて1956年3月に14日間の船旅を終えアメリカのサンフランシスコに到着しました。ご夫妻は今年結婚55年を迎えられますが、まさしくこの地が二人の出発地点でした。

しかし、ノーマンさんは最初、美佐子さんとの結婚を家族からあまり歓迎されなかったそうです。ほんの数年前まで敵味方に分かれて戦っていたのですからそれも仕方ないことです。しかもノーマンさんのおじさんはあの戦争で日本軍相手に戦い亡くなりました。その事を家族から言われると胸が痛かったそうです。兄弟仲もあまり良くありませんでした。「自分は兄弟達からあまり好かれてはいなかった。本当に悪かったから。」と少し悲しそうに話してくださいました。しかも、「超」が付くほどのヘビースモーカー。一日3箱、60本吸っていたそうです。そんな中、38歳の時生ける神、イエス・キリストと出会います。

洗礼は子供の頃受けていましたが、救いの実感には至っていなかったのです。主イエス・キリストが自分の罪のために死んでくださったことを38歳にして初めて理解できたノーマン長老は以来、ひたすら神のために働き続ける者へと変えられました。

4

そんなノーマンさん美佐子さんへの神様の祝福は大変大きく、ご夫妻と5ヶ月の長男さんのたった3人で始まったアメリカ生活も今では子供3人、孫9人、ひ孫14人の大家族になりました。美佐子姉妹は「私たちにはお金の財産はないけれど、子供達が財産よ。」と笑顔でおっしゃいます。

5

さてお祝いの会ですが、ノーマンさんの神の家族である教会の姉妹方が腕によりを掛けて用意したご馳走を囲んで会は始まりました。まずは、明日歌姉と裕兄によるフルートとピアノの演奏です。

6
7
8

続いて日曜学校の生徒による「主われを愛す」の賛美。
(これはノーマンさんの大好きな賛美のひとつです。)

9

そしてノーマン長老がご奉仕されている当教会英語部を代表してヴィヴィアン姉妹による感謝の言葉。姉妹はこの教会に集われて5年以上になりますが、ずっとノーマン長老の語る日曜礼拝の説教を聞いて信仰の養いを受けてこられました。一時期、英語部が弱くなる時もありましたが姉妹はずっと長老を支え続けてこられた方です。スピーチの途中感極まって涙を流された時は聞いていた者一同胸を熱く致しました。

10
11

その後、真理花姉が長老ご夫妻のためにラブソングを歌い、二人をダンスへとお誘いしました。シャイな長老に対して、以外に積極的な美佐子姉妹に一同大爆笑。

12

記念品と花束、そして教会員が綴った色紙の贈呈の後に牧師からの祝辞とノーマンさんの感謝の言葉。最後に牧師による按手の祝祷のときにはノーマンさんご夫妻を囲んで教会員一同心を合わせてお祈りいたしました。これからも主からのたくさんの祝福と恵みとがノーマン長老と美佐子姉妹の上にありますように心から願います。

13
14
15
(シニアミニストリー: すえ)
2009.05.29 22:08 | シニアミニストリー
1

5月10日(日)は母の日ということで、日頃、主のため、教会のため、皆さんのために献身的な奉仕をして下さるご婦人方に心からの感謝を込めて、母の日のランチョンを持ちました。

この日は、いつもポットラックのご馳走を作ってくださるご婦人方に、男性の有志たちが腕をふるい、油ののったサーモンと柔らかいジューシーなチキンのBBQ、それに大きなアスパラガスとグリーンサラダを作りました。

そして、テーブルには新品のテーブルクロスがかけられ、ご婦人方は席に着き、特訓を受けた(?)ウェイターたちによって料理と飲み物がサーブされました。

また子供ミニストリーのスタッフによって作られたバラのコサージュが配られ、料理と共に大変好評でした。

年上の女性には母親のように、若い女性には妹のように接しなさい。
(テモテ 5:2)
愛情に満ちた家庭のように互いに尽くし合い、また、心から尊敬し合いなさい。
(ローマ 12:10)

2
3
4
5
6
7
8
9
10
未樹姉がカリフォルニアから教会の兄弟姉妹のお2人と一緒に遊びに来てくれていました。
11
(ブログ制作チーム: 堀田)
2009.05.22 00:00 | 教会イベント
1

サザンハイランドのスモールグループの集会は、毎週月曜日の朝10時半から、6名前後のメンバーで美佐子姉のお宅で行っています。
1時間から1時間半で聖書勉強を行ない、意見を出し合い、最後はそれぞれに感じたことをお祈りしていただいています。毎週一回の短い時間ですが、継続して行なっていくことにより、洗礼を受けて後、教会から少し離れがちになっていた人が礼拝に出席するようになったり、以前は祈ることができなかった人が祈れるようになったり、聖書を読まなかった人が聖書を読むようになったりと、この活動を通して与えられる神様の働きや御言葉の魅力に魅せられています。お互い励まし慰め合い、共に泣き、喜ぶことができる本当の家族以上のように密接な関係でむすばれた兄弟姉妹である家族、それが私たちのスモールグループです。

2

教会やキリスト教について興味をお持ちの方や聖書についての疑問や聖書に書かれていることをもっと知ってみたいと思っていらっしゃる方など、どなたでもこのスモールグループに参加をすることができます。参加していらっしゃる方はとても気さくで楽しい方たちで、年齢層や仕事も様々ですが、意気投合して、いつも楽しい時を過ごしています。特に美佐子さんが、このスモールグループのあとに手料理をご用意してくださっていて、いつも美味しくいただいています。このスモールグループが始まって以来、約4年間を一緒に盛り上げてくださった方々に感謝とお礼を申し上げ、何よりも神様に感謝してこれからもスモールグループで良きリーダーとして活躍していきたいと思います。皆様これからもよろしくお願いいたします!

(サザンンハイランド・グループ: ケイ)

3

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.