LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 ark-with-storm.jpg

2016年7月7日 ケンタッキー州ウィリアムズタウンに「アーク・エンカウンター(箱舟との遭遇)」がオープンしました。

この施設の目玉は神がノアに作りなさいと仰せられた「ノアの箱舟」を創世記6: 14-16に記してある通りのほぼ実物大(長さ約155m/510ft.、幅約26m/85ft.、高さ約16m/51ft.)に再現した世界最大と言われる木造建造物です。
(聖書中は、長さ300キュビト(133.5m)、幅50キュビト(22.2m)、高さ30キュビト(13.3m))

また箱舟の中も、聖書に記してある通り3層になっており、聖書の事、ノアの箱舟の事等を中心に様々な展示があります。箱舟の外には、動物園やレストラン、ジップライン、化石を発掘する施設などが備えてあります。更に、閉館後から翌日にかけてノアの箱舟に滞在できる「OVERNIGHT ADVENTURES」と言うプログラムもあるようです。

noah-background.jpg 

exhibits.jpg 

blacksmith-fire-wall.jpg 

noah-interview-movie.jpg 

 この「アーク・エンカウンター(箱舟との遭遇)」は、米ケンタッキー州にある創造博物館を運営する宣教団体「アンサーズ・イン・ジェネシス(答えは創世記に)」(AiG)によって建設(製作)、運営されています。


私は、聖書の中に明確・詳細に神からの指示がある「ノアの箱舟」「幕屋」「神殿」等の箇所を読む度に聖書の御言葉を頭の中で図化(イメージ化)しようと挑戦しました。 ですが、あまりにも詳細過ぎて私にはできませんでしたので、インターネットにあるイメージ図の力を借り、私なりのイメージを作り上げ、その中で行われる(行われた)ことを想像しました。 特に、2014年に公開された「Noah (ノア―約束の舟) 」を見た後は、箱舟の事は勿論、箱舟製作、箱舟の中での生活中のノア、そしてノアの家族の気持ちを考えずにはいられませんでした。

主の心にかなった人であったノア。

悪が増大していたその時代に、神が仰せになった通りにこんなに大きな舟を約100年と言われる歳月をかけて製作し続け、箱舟の中に動物と共に入り、大洪水を経験したノアとノアの家族。

私にその信仰があるだろうか・・・・?

神は、ノアの時代の人々にも神と共に歩むことを願われましたが、人々はその道を選ばず滅びました。同様に、この時代も神は一人でも多くの人が主に立ち返り、救われることを願っておられます。イエス様は再び来られます。それは、ノアの日の様に。

マタイの福音書24:37-39
37人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。 38 洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。 39 そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。


全ての写真は
https://arkencounter.com/
より引用。

(KS)

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.02.21 03:26 | その他
20170213Ukon3a.jpg

キリシタン大名・ユスト高山右近(15521615年)が「福者」に認定されたことを宣言するカトリックの列福式が27日、大阪城ホールで行われ約1万人が参列しました。「福者」は最高位の聖人に次ぐ称号です。

 

日本カトリック司教協議会の岡田武夫・東京大司教が、福者の列にユスト高山右近を加えるよう請願しました。ローマ法王の代理としてバチカンから派遣されたアンジェロ・アマート枢機卿(すうききょう)は、「ユスト高山右近を福者の列に加えます」と法王の書簡を代読しました。

その後、聖画家・三牧樺ず子(みまきかずこ)さんが描いた右近の肖像画が除幕され、会場に映し出されました。  

 

アマート枢機卿は説教の中で、「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが死ねば、多くの実を結ぶ」(ヨハネ1224)、「人々がわたしを迫害したのであれば、あなたがたをも迫害するだろう」(ヨハネ1520)の御言葉を引用され、これらは右近の中に実現することになったと話されました。

カトリック系の学校の生徒や各地の信徒からなる大合唱団や、学生たちのオーケストラの調べが会場いっぱいに厳かに響き渡りました。


       20170213Ukon4a.jpg 

右近はキリシタンであった父に導かれ、12歳のとき母と共に授洗しました。ユストは右近の洗礼名。

右近は、戦国の乱世を生きる中、ゆるぎない信仰を身につけ、高槻城下の領民の多くがキリスト教徒となり、また武将や大名たちを洗礼に導くほど影響を与える存在となりました。

 

その右近が高槻城主の時、ある村人が亡くなった際、棺桶を作らせその上を白の十字架を付した黒緞子(どんす)の棺布で覆い、父親の高山友照と右近は、棺を担う役を引き受けたと、フロイスの「日本史」に記されています。村人たちは大変心を打たれたそうです。

 

また右近は、戦国武将として織田信長や豊臣秀吉に仕えましたが、秀吉がバテレン追放令を出した折、秀吉は右近の才能を惜しみ千利休を遣わせて棄教を促しましたが、右近は「主君の命令に背いても志を変えないのが真の武士である」と答え、利休に説得を諦めさせた、という逸話があります。千利休は右近の茶道の師匠で、右近の茶の湯は「キリシタンの茶の湯」であり、徳操、叡智を養う場、また祈りの場でもあったそうです。

このことにより右近は、地位と領地と財産のすべてを捨てる事を選び、自らの信仰を守り抜き、流浪の民となることを選んで世間を驚かせました。

 

1614年に徳川家康によりキリシタンの国外追放令が出され、金沢の前田家に身を置いていた右近は迷惑が掛かるとして、雪が降る215日に家族と共に徒歩で金沢を出発し、大阪からは船で長崎に向かいました。長崎からフィリピン・マニラに送られる船エステバン・デ・アコスタ号に乗り、順調なら10日程のところ、43日間の過酷な航海を経て12月にマニラに到着しました。

マニラに到着するとスペインの総督フアン・デ・シルバらから大歓迎を受けましたが、旅の疲れや慣れない気候で病にかかり、161523日に天に召されました。63歳でした。

 

列福式の翌日28日、教皇フランシスコはバチカンでの一般謁見の席で、福者ユスト高山右近を信仰と愛の模範として振り返られました。

教皇は右近を、信仰において決して妥協することなく、名誉も豊かさも放棄し、卑しめられ、流刑となることを選んだその生き方は、キリストとその福音に忠実であり続け、「信仰における剛毅と、慈愛における献身の感嘆すべき模範」、として称えられました。


MU

 

高山右近の生涯についてはWikipediaをご覧ください。

(注*Wikipedia の生い立ちで「10歳でキリスト教の洗礼」とありますが、列福式の中では12歳で受洗と紹介されました)

参考

列福式の動画

http://www.asahi.com/articles/ASK2745L8K27PTFC004.html

http://www.christiantoday.co.jp/articles/23189/20170208/takayama-ukon-reppuku.htm

 

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.02.15 19:51 | その他
788931.jpg 
先日、インターネットでニュースを流し読みしていた時、「杉原千畝効果? イスラエルからの訪日客急増中」と言うタイトルのニュースが目に入りました。

読んでみると、「ナチスに迫害されたユダヤ人にビザを発給した外交官・杉原千畝(ちうね 1900~1986)さんの出身地・岐阜県八百津町、ビザを発給された人が上陸した福井県敦賀市、多くの外国人観光客が訪れる岐阜県高山市と白川村、金沢市の5市町村が、それぞれを結ぶ道を「杉原千畝ルート」と命名し、イスラエルからの観光に力を入れており、イスラエルからの日本観光客が急増しているとの事でした。

そこで、前からもっと知りたかったまたハリスト正教会のクリスチャンでもあった、「杉原千畝」さんの事について調べ始めました。  

杉原千畝さんは、駐リトアニア領事代理だった第2次大戦中の1940年、ナチス・ドイツの迫害を受けたユダヤ人難民を救うため、外務省の命令に反し大量のビザを発給しました。発行したビザは2,000通を超え、約6,000人のユダヤ人たちの命を救ったと言われ、現在では、そのビザは「命のビザ」とも言われています。また、亡くなる前年(1985年)、イスラエル政府から「諸国の正義の人」としても表彰されました。

今でこそ多くの人が好意的な目で見、TVや映画でも取り扱われる程の杉原千畝さんですが、ビザを発行したことに関しては、否定的な意見を持つ人も多く、日本国政府による公式の名誉回復が行われたのは、戦後65年、杉原千畝さん昇天15年後の、2000年10月10日の事でした。

彼は悩み、苦しみましたが、職を失う事を覚悟し、多くの人の命を救いました。そして、その次の、そしてまたその次の世代の命も救いました。杉原千畝さんの息子さんは後に「父は相手がユダヤ人であろうとなかろうと、助けたことでしょう。父に尋ねればきっとそう答えると思います。ユダヤ人であろうとキリスト教徒であろうと変わりはありません」と仰っています。

現在、多くの難民が居ます、そして国々で夫々の対応がなされています。夏ヨーロッパに行った際に、数か国の方々から難民受け入れに関して話しを聞くことができましたが、多くの方々は「とても大変な事で、難題も多い」と言っていらっしゃいました。
アメリカも日本も、夫々の対応を迫られています。
個人的には難民受け入れには慎重な考えを持っています。同時に、このような杉原千畝さんの働きと、それから約77年後に与えられた多くの命の事を考えると、何らかの形で難民の方々に個人レベルででも手を差し伸べる必要が有ると再度考えさせられました。
杉原千畝さんと同じクリスチャンとして、私がすべきことは何なのか?祈り求めたいと思います。
 
nanmin.png 
哀歌 2章19節
夜の間、夜の見張りが立つころから、立って大声で叫び、あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。
主に向かって手を差し上げ、あなたの幼子たちのために祈れ。
彼らは、あらゆる街頭で、飢えのために弱り果てている。


(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.02.14 04:03 | その他

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.