LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

The-Gift-of-Pentecost.jpg 
先日イエス様の復活をお祝いしたばかりのような気がするのですが、早いものでイエス様が弟子たちと過ごされた40日間も過ぎ、来週日曜日6月4日がペンテコステ(聖霊降臨日)ですね。今まで、ペンテコステのことについて、そしてその日のことについて真剣に向き合ったことが無かったことに気づき、聖書を読んでみました。

イエス様は十字架にかかられる前に、もうひとりの助け主、聖霊の事について弟子たちに話をされました。

わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。
ヨハネの福音書 14:16-17

また、復活されたイエスは40日間弟子たちと共におられる間にも再度言われました。

イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。
使徒の働き 1:3-5

そして、実際にイエス様の復活から50日目にキリストの弟子たちの上に天から聖霊がくだりました!!!

五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。また、炎のような分かれた舌が現われて、ひとりひとりの上にとどまった。すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。
使徒の働き 2:1-4

これにより、50日前にはイエス様のことを知らないと言ったペテロが人々の前で大胆にイエス様のことを証しし、3000人程が弟子に加わり、キリストの体である教会が形成されました。

そこで、ペテロは十一人とともに立って、声を張り上げ、人々にはっきりとこう言った。「ユダヤの人々、ならびにエルサレムに住むすべての人々。あなたがたに知っていただきたいことがあります。どうか、私のことばに耳を貸してください。
使徒の働き 2:14
ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。
人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日、三千人ほどが弟子に加えられた。そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。
使徒の働き 2:36-42

この日、弟子たちにくだった聖霊様は、私たちキリストを信じる人たちの内に住んでくださり、私たちを助け、教え、導き、平安を与えてくださっています。そして何よりも、私たちの主イエスキリストの証人となるための力を与え、助け人となってくださると書いてあります。

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。
使徒の働き 1:8

その他にもまだまだ、聖書には聖霊様のことについて書いてありますが、今回改めて私が教えられたことは、イエス様は前もって私たちに聖霊様のことについて話をされ、忍耐をもって教えられ、そして実際に聖霊様を私たちに注がれ、今もなお聖霊をとおして働いておられるという事でした。
ペンテコステを前に、今一度聖霊様のこと、そして私たちの中に住んでおられる聖霊様を通して主が私たちにしようとしておられることをもっと学び、聖霊様の働きを妨げないような生活をしよう! 伝道をしよう! と思った週末でした。

(KS)
ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.05.30 02:38 | その他
L_Overland5.jpg L_overland3.jpg 
仕事も兼ねて「Overland Expo」と言う集まりに行きました。
このExpoは通常の車やバイクでは行けないような自然の中で時間を過ごすことを好む人たちが集まり、自然の中でキャンプをします。また、オフロードの運転の仕方や、キャンプに役立つノウハウ講座、商品販売などがあります。

今回私たちは、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ等から自分たちのOverland Vehicle(舗装されていない場所も走れ、キッチンやシャワー、寝る場所等がある乗り物)をアメリカやその他の国々に持ち込み、自然を探索している人達、そしてその逆でアメリカに生活の拠点を置く人で、北米は勿論、中南米、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ等に自分のOverland Vehicleを運び、夫々の国の道なき道を旅をしている(していた)人達とキャンプし、色々な話を聞くチャンスが与えられました。

L_overland4.jpg L_overland.jpg 
その中で一番心に残った人は、ドイツでOverland Vehicleを作ってもらい、その工場から新しいOverland Vehicleでヨーロッパ国内を旅し、モロッコ、サハラ砂漠、南アメリカ、オーストラリアを経てアメリカに戻っていらしたアメリカ人の男性でした。
彼の話では、世界の10%にしか道路はないそうです。
ある程度の有名な都市を巡ったけれど、美しい自然をあまり見たことが無いことに気づき、それを可能にする車を作ってもらったそうです。サハラ砂漠を走った時のこと、自然の奥深くに行く時に横たわっていた大木を越えたり、川の中を運転した時のこと、未だに通貨の無い(物々交換の)国でのこと等の話をしてくださいました。
面白いことに、彼はほとんど写真を撮らず、自分の心のメモリーに全ての思い出を大切にとっているそうです。
彼とご家族はこれからも同様の旅を続けていく予定だったそうですが、奥様がここ2年で病気になりその様な生活ができなくなったので、思い出のOverland Vehicleを売る為に来たそうです。そして「明日の生活はどうなるか分からない、だから「したい」と思っている事は後延ばしにせずにやったほうが良いよ」と言われました。
奥様やご家族と言語、文化、食事、交通事情も違う国々を運転して渡り歩いた彼は、とても穏やかで、おごったところも無い、足が地についた感じの男性でした。

Overland6.jpg 
このように自然を求めて旅をする人たちが想像以上に多くおられることに驚きました。夕方、他のキャンプエリアを散歩していると、アメージンググレースの音楽が流れてきたり、夜空を見上げると沢山の星々が輝いていたり、神が創られた自然の中でキャンプをしながら、改めて自然の魅力・不思議を考える時を持ちました。

overland1.jpg 
更には、キャンプ中に送られてきた「ディリーブレッド」のメッセージのタイトルが「キャンプで読む詩篇」でした。主のなさることはなんと素晴らしいのでしょう!

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。あなたのご威光は天でたたえられています。あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、人とは、何者なのでしょう。あなたがこれに心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
詩篇8:1-4

(KS)
下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.05.16 02:24 | その他
nationalprayers day 

アメリカ合衆国議会により定められている「National Day of Prayer(全国祈りの日)」と言う日があるのをご存知でしょうか? 

実は私も先週知ったのですが、Public Law 105-225によると、「毎年、大統領が御言葉を選び発表し、5月の第一木曜日にアメリカ国民が神の御前に出、教会やグループ、個人で祈りを奉げ神を思う日」だそうです。(今年は5月4日(木))
法として制定されたのは、1952年ですが、1775 年アメリカ合衆国議会の前身である大陸会議(アメリカ独立戦争時の議会)によって提唱されたのが始まりの様です。近年、The Freedom From Religion Foundation (FFRF) からNational Day of Prayerに関して法的な異議申し立てもあったようですが、認められずNational Day of Prayerは守らています。

また、National Day of PrayerのWebsiteを見ると「第一テモテ2:1-2によると、アメリカ国民・アメリカ国の住民として、また神を信じる者として、霊的な人間としてのみならず、市民としての義務として、神の代理としてこの国を治める大統領の為に祈る義務がある」と書いてあります。

「アメリカ合衆国」は日本やヨーロッパに比べるととても新しく若い国です。この国の法や行政、紙幣等を見ると、建国に当たっては私たちが信じる神、唯一の生きる神を信じる人たちが関わり、その人達が用いられたのではないか?と思います。
また、この国は神が創られたという認識と感謝、そして神の導きによる政治を望んでいる、いや知っている人達がこの日を守り続けているようです。

アメリカ(イギリスにもこの様な日が制定されているようですが)のみならず、実は私たちはこのような祈りを、夫々の国、地域、教会、会社などの組織、家庭を治める人の為にする必要が有るのではないか?と思いました。

少し的外れな例えになりますが、アップル社はスティーブ・ジョブ、本田技研工業は本田宗一郎、ソニーは井深大と盛田昭夫、Facebookはマーク・ザッカーバーグの信じるもの、目指すものによって会社の舵がとられ発展していきました(しています)。
別の角度から言うと、日本は、第二次世界大戦後マッカーサー(アメリカ)の指揮により変わりました。
旧約時代もモーセ、ヨシュア、ダビデ、ソロモンによるイスラエルの統治と、列王記時代の王たちによるイスラエル統治では、イスラエル自体も違いました。

国も会社も組織も家庭もトップ次第で変わります。

トランプ大統領は、今年のNational Day of Prayerの御言葉としてダニエル9:19を選びました。

主よ。聞いてください。主よ。お赦しください。主よ。心に留めて行なってください。私の神よ。あなたご自身のために遅らせないでください。あなたの町と民とには、あなたの名がつけられているからです。
(ダニエル9:19)

原点回帰。アメリカはやはり私たちが信じる神、唯一の生きる神を信じる人たちが用いられて創られた国です。神による統治がされますように。

今年は、5月4日がNational Day of Prayer です。是非、私たちの住むアメリカの為にお祈りください。
そして地域、教会、会社などの組織、家庭のトップの為にも皆様の日々のお祈りに覚えていただけましたら感謝です。

そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。
第一テモテ 2:1-2

(KS) 

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.05.02 02:40 | その他

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.