LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

irma1.jpg 

ここ数週間で、ハリケーン「ハービー」と「イルマ」がアメリカをはじめ、カリブ海沿岸の島々を襲いました。同時期に、メキシコでもマグニチュード8.1の大地震が発生しましたし、日本各地でも未だにマグにチュード5以上の地震が頻発しているようです。

増水や大雨による洪水、強風による家屋崩壊、製油所、インフラへのダメージ等大きな被害が出ており、2つのハリケーンによる損害は200億ドルとも21兆円とも言われ、株価やドル相場にも大きな影響が出ているようです。

テレビやインターネットなどで私たちが見る被害以上に、そこに住む人たちの金銭的・精神的被害が大きいことは容易に想像することができます。

クリスチャンになって少しずつ聖書を読むようになる前までの私は、このような自然災害が発生する度に、世の終わりを嘆いていました。しかし、今回のように大型ハリケーンが立て続けに上陸し、多くの被害がでていても少し違う観点からこの事実を受け止めるようになった気がします。

それは、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。 しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。(マタイの福音書24:7-8)」とある通り、これは予め言われていた事で、次に来る時代への産みの苦しみの時代であることが分かるからです。

情けないながら。。。最近の自分の霊的な状況を考えても「しかし、御霊が明らかに言われるように、後の時代になると、ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります。(1テモテ4:1)」と言う事に同意するしかない状態にあるのが事実ですし、世の中を見ても「そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。 そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。(マタイの福音書24:9-12)」と言う御言葉にもうなずくしかない状況ですが、この後には最後まで耐え忍ぶものは救われること、私たちの代わりに十字架で死んでくださったイエス様が再び来てくださることも約束してあります!「しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。(マタイの福音書24:13-14)

この様に多くの自然災害等の苦難が起こりますし、厳しい信仰の戦いもあります!しかし、それは来たるべき至福の時代を産み出すために、どうしても通過しなければならない時代なのです。

私たちにできる事は、被害者の方々への祈り、金銭・労働による支援等があります。また、悪霊に負けず、強い信仰を持ち続け、福音を伝え続けることによって世界宣教界への役割を担う事もできます!
悲しい自然災害、世界情勢等ではありますが、嘆くだけではく、希望を持って夫々ができる事をすることも、クリスチャンの大きな役目である事をこの2つの大型ハリケーンが教えてくれました。

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.09.14 06:26 | その他
moonlight1.jpg 

仕事の関係もあり、ここ2ヶ月ほど田舎で生活しているのですが、月や星たちの輝きたるや、ラスベガスのそれとは全く比にならない明るさです。

周りに街灯などの光がないのと、自動車や飛行機からの排気ガスが少ないため、空がとてもクリアなのだと思います。

仕事のアレコレから自分たちを解き放つために、ほぼ毎日夫と2人でRVパーク内を散歩します。多くの場合、空が真っ赤になるほどの夕焼けを見ながら歩きますが、ある日、散歩の時間が少し遅くなり、日が暮れた後散歩することになりました。真っ暗な中歩いていると、ある角度に差し掛かった途端、木々の間から黄金に近い月の光がまるで私の希望!の様に目の前に現れ、「あぁ~、この光!この光に向かって歩けばいい!」と光の中を歩くことができる幸い、その光の確実性、真実性、その様な言葉が私の心をつかみました。

どの国でも、地域でも言える事なのですが、かなり高い確立で「DealがDealでない(約束したことが実行されない)」と言う地域性のある土地での仕事で、何も確実なことはなく、信じられるものが少ない状況の中にありましたので、この月の光は私にとって大きな励みになったと共に、多くの約束が果たされないこの世の中に居ても、一つ絶対に確実な約束がある、そしてその約束の主である神が私の中にいてくださり、私の人生はその方の御手にある! そして、どんな状況下でも必ず進む道筋を示してくださる! その幸せをかみしめながら歩き、心穏やかに眠りにつくことができました。

その明るい月の周りには、まるでエンジェルの様にも見える星々が光っていました。
神もエンジェルも今も生きて働いておられる強い味方!
明日も生きよう!主がおられるから!!!


♪ 主は今生きておられる ♪

主は今 生きておられる 我がうちにおられる
すべては主の御手にあり 明日も生きよう
主がおられる 



♪ Because He lives 

God sent His son, they called Him Jesus
He came to love, heal, and forgive.
He lived and died to buy my pardon,
An empty grave is there to prove my Savior lives.

Because He lives, I can face tomorrow.
Because He lives, All fear is gone.
Because I know He holds the future,
And life is worth the living just because He lives.

How sweet to hold a newborn baby,
And feel the pride and joy he gives.
But greater still the calm assurance,
This child can face uncertain days because He lives.

Because He lives, I can face tomorrow.
Because He lives, All fear is gone.
Because I know He holds the future,
And life is worth the living just because He lives.

And then one day I'll cross the river,
I'll fight life's final war with pain.
And then as death gives way to victory,
I'll see the lights of glory and I'll know He lives.

Because He lives, I can face tomorrow.
Because He lives, All fear is gone!
Because I know He holds the future
And life is worth the living just because He lives!

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.09.07 00:57 | その他
    20170719p2a.jpg

若いころは、体の健康維持など気にもしなかったのですが、そろそろメディケアが手の届くところに来て、数年前から身を案ずるような方向へと徐々に変化している自分に気付きました。これは大きなターニングポイントだと思いました! 人生の前半と後半に分けられる “区切り” 的な境目を意識した始まりです!

 

さて、ならばどのように人生の後半戦に望んだら良いかが問題です。考えられる事として、バランスのとれた食生活、適度の運動、さらに、思考の質やマインドコントロールなども良い歳のとり方や健康維持に必要不可欠な要素として考えました。

とりあえず今回は、運動で健康な体を維持することに目を向けることにします。


20170719p7a.jpg 
昨夜早めに寝て、目覚めたのは朝5時半。ちょうど朝日が昇ったころでした。着替えて隣の公園に向かいました。駐車場に車を止めて芝生のフィールドに降り、その外周トラックを歩き始めました。こんなに早くても、既に運動に来ている人たちが何人もいました。

 

ここはCharlie Frias Park チャーリー・フリアス公園です。ドッグパークや子供の水遊び場、テニスコート、バスケットボールコート、また広大な芝生にはサッカー場が3面できる広さがあり、その外周トラックは早歩きで約10分ほどかかります。そこを3周か4周するのが常です。

 

トラックを歩きながら朝のお祈りをします。加えて、公園で出会った人々のことを祈ります。

もし、目の前を歩いている人が神様を信じる人なら、祝福の上に更なる祝福が与えられますように。もし、まだ神様を知らないなら、その機会が与えられ、主の愛に触れ、滅びに行く魂が救われますように、という風に出会う人毎に祈ります。そして心に浮かんだ賛美を歌います。

 

この歩きながらの祈りは、以前何かで読んだか聞いたかしたもので、私もやってみようと思い立ち、それ以来続いています。いつでもどこでも誰にでも、こうして勝手に祈ります。

その利点はといえば、習慣化することで、主がいつも身近にいることが感じられ、心に平安が与えられることです。


20170719p8a.jpg20170719p10a.jpg20170719p9a.jpg     

朝のウォーキングはさわやかで気持ちが良いし、その日のモチベーションが上がるだけでなく、考え方もポジティブになり、力がみなぎって来るような気がします。

良い種を蒔けば良い実がなる、と聖書は教えています。これこそが、良い実を得るための基礎。健康な体を維持することも、この延長線上にある事がわかります。

 

聖書では、人生を健康のまま全うした人がいます。その代表的な人がモーセでしょう。

申命記347節に、「モーセは死んだ時、百二十歳であったが、目はかすまず、気力は衰えていなかった。」とあります。人は誰でも、健康のまま命を全うしたいものです。モーセのように。

 

私たち人間を造られた神様は、人間を健康なうちに人生を全うできるように造られたと、私は思っています。

老いるに従って体の機能が低下し、自分が何者であるかもわからず、人の介護によって生きることが「老後の人生」だ、などとは思いたくありません。

なぜなら、この大宇宙を創造され、驚異的な緻密さで人間を造られた神が「はなはだ良し」と言われた対象、それが人間だからです。神は完璧な生涯を全うできるだけの要素を、私たちの体に既に与えておられると信じています。

ただ、自由意志という名の選択を通して、良い種を蒔くという選びの行為に至れば、良い実の刈り取りができる、ということです。

箴言423節でこう言われています。

「油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。」

人生後半の健康を考えた時、この御言葉が輝き出し、目指す方向を確認した思いです。

 

MU

 

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.07.19 19:04 | その他

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.