LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ブログ288_convert_20160611015201 

 今日は、“地球の起源”について考えてみました。

地球は明らかに来るべき消滅の徴候を見せています。エントロピーの法則が示すように、地球上のすべてのものは上方ではなく下方へ向かっているという悲しい現実があります。進化論の主張に反し、自然は生物も無生物も創造できないばかりか、改良すらできないことを多くの自然科学者たちは確信するようになりました。

太陽系の恒星である太陽も、毎秒 400 万トンにものぼる膨大な質量を失いながら巨大な核エネルギーを発散していますが、その損失は取り返すことができません。こうして、高レベルのエネルギー系は必然的に低レベルのエネルギー系まで下げられており、その法則は生物系においても同様で、人間も動植物も進化論の必然的進歩という考え方とは逆に、漸進的無秩序へと向かっていることを観察事実は物語っています。

ところが、不思議なことに、神は聖書を通して既にその事実をこの世に明らかにしておられたのです。

「これら(天と地)は滅びるでしょう。しかしあなたは長らえられます。これらはみな衣のように古びるでしょう。あなたがこれらを上着のように替えられると、これらは過ぎ去ります。しかしあなたは変わることなく、あなたのよわいは終わることがありません」(詩篇 102 : 26 − 27 )

この比類なき神の言葉である聖書は、その 創世記において、宇宙、地球、またすべての動植物、および人類が 6 〜 7000 年前に 6 日間で創造されたことが描かれていますが、それに対して、この世の科学は、宇宙と地球には 40 億〜 60 億年の歴史があり、人類は少なくとも 50 万年以前から地上に存在していたとします。また聖書は、あらゆる生命が神の創造によるものであると教えていますが、それに対して、科学は、あらゆる生命が進化の結果であると主張します。

ニュートンは、りんごが木から落ちるのを見て、地球に引力があることを発見しましたが、なぜ地球に引力があるのでしょう。しかも、もしこの引力が今以上に強ければ、すべての物が重過ぎて非常に不自由です。また、もしこの引力が今より弱ければ、あるいは引力がなければ、すべての物がフワフワ浮いて困ってしまいます。ところが、この世の科学は、私たちの生活にほどよい不思議な引力がなぜあるのかという問いに対し、何の答えも持っていません。

また地球の動きひとつを考えてみても、それは謎に満ちています。毎日一回転する(自転)ので、昼と夜があり、私たちの生活に便利です。当たり前のように繰り返される毎日の睡眠と活動が、この昼と夜の存在と見事に調和してることを考えれば、これらすべてのものが偶然の一致と考えるより、同じ創造者の業であると考えるほうが理にかなっているように思えます。

地球の自転の原動力は何でしょう。すべての天体の動きの原動力は何でしょう。科学はその答えを知りません。時計の針は、正確に時間を刻みながら回りますが、ネジをまくか電池を入れなければ動きません。また、どんなに正確だといっても、一ヶ月に1 、 2 秒の狂いは生じるでしょう。ところが、地球は 9 億 1 千万kmもある太陽のまわりを、私たちに分かる如何なる原動力も使わずに、時速 10 万 3880 kmの速さで回り続け、一年かけてもとの位置に戻ってくるのに 1 秒の狂いもないのです。

時計でさえ、誰かが作らなければ、偶然に出来上がることなど考えられません。ましてや時計よりも遥かに正確で、巨大な地球が、誰の手にもよらず、ひとりでに偶然に出来上がることなど考えられるでしょうか。聖書は、この美しい地球が、偶然の産物ではなく、至高者なる神の創造によるものであることを明らかにしているのです。

今日の一言: 地球は意味も目的もない単なる偶然の産物ではない


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.01.28 04:03 | 鶴田健次牧師より

blog318_convert_20170107023952.jpg 

今日は、”永遠の世界”ということを考えてみました。

新年早々、いきなり変な質問をしますが、あなたは、死後に”永遠の世界”があることをご存知ですか? このメッセージは、「永遠の世界って何?」とか、「そんなものあるわけないよ!」と思っている方にぜひ読んでいただければと願います。 

ある日、かげろうとバッタが一緒に遊んでいました。夕方になった時、バッタはかげろうに、「今日はこれでやめて明日また遊ぼう」と言いました。かげろうは、「明日ってなに?」と聞きました。バッタは、「夜になると暗くなり、その後しばらくすると明るくなるでしょ? それを明日というんだよ」と答えました。しかし、結局、かげろうはバッタの話が理解できませんでした。

ある日のこと、バッタがカエルと一緒に遊んでいました。カエルは、「もうじき寒くなるから、しばらく一緒に遊べないね。また来年会おう」と言いました。するとバッタは、「来年って何?」と聞きました。カエルは、「来年というのは、寒い冬が終わって、暖かくなったら来るものだよ」と言いました。しかし、バッタはカエルの話を理解できませんでした。

人は誰でも、もしその人が本当に望むなら、『永遠の命』を得ることができます。しかし、この世の事しか解らない人は、「永遠の命って何? そんなもの信じないよ!」と言うのです。

ところで、あなたはなぜ自分が今いる所に住んでいると思ってらっしゃいますか? あなたのその所での生活は、そこに住んでいる理由をあなたがどう考えているかで大きく違ってくるものです。

あなたがそこに住んでいるのは、仕事がそこにあるからですか? 家をそこに買われたからですか? それとも学校に行くためですか? あるいは家族や親しい友人がいるからですか? おそらく、それぞれが色んな理由でそこに住んでおられることでしょう。

しかし、ここで立ち止まって考えてみて下さい。毎日、仕事に行って、帰って寝て、また仕事に行きます。時どき旅行に行ったり、映画を見たり、友達と食事をしたりして楽しく過ごします。その繰り返しで10年、20年、30年、40年があっという間に過ぎていきます。

そこであなたにお聞きします。人生とは果たしてそれだけの事でしょうか? それだけの事のために人間は生きているのでしょうか。もし人生がそれだけのものなら、人生は空しいものです。年を取るにつれて、寂しさ、空しさ、死の恐れが増すだけです。

しかし、そうではありません。人生はそれだけではないのです。人生にはもっと素晴らしい意味があり、目的があり、永遠の希望があるのです。なぜなら神がおられるからです。私たちの存在よりも遥かに確かな存在として神はおられるのです。ところが、ただ目に見えないという理由だけで人は神を信じようとしないのです。私もかつてはそうでした。

そんな中、物事を見る視点が変わり、色んな事を聞いて、学んで、解かってくると、目からうろこが落ちて、神の存在を疑いようのない事実として私は信じるようになりました。その神は、日本人の頭の中にある八百万の神のように、自分たちの都合に合わせて人間が作った神々などではなく、永遠の中に存在しておられる偉大な方です。

その偉大な神は、天地万物を造り、この世の世界と永遠の世界とを支配し、罪を持ったままでは永遠の地獄に行くしかない人間のために、ご自分の独り子イエス・キリストを遣わし、人間の身代わりとして十字架に架けることによって人間の罪を裁き、また三日目に死からよみがえらせることによって、信じる者に永遠の命を与えることを保証して下さったのです。

従って、この世の人生は、キリストにある救いを手に入れることが最大の目的ということになるのです。なぜなら、私たちは、自分の罪のために永遠の裁きが定められているからです。

あなたは、この事実と本気で向き合ったことがありますか? それとも、あなたは確かな根拠をもって、死後の世界などないと言い切ることができますか? もしできなければ、それが事実かどうかを確かめるために、少しの時間を使ってみて下さい。キリストにある救いを得ずに永遠の滅びを刈り取るとしたら、それはあまりにも失うものが大き過ぎるからです。


今日の一言: キリストにある永遠の命を手に入れよう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.01.07 02:41 | 鶴田健次牧師より

                     blog 317 


今日は、”四人の人の物語”についてお話します。


私がこのチャールズ・オスグッドの詩と出会ったのはもう随分前のことです。それがとても面白い詩だったのでファイルしておいたのですが、それを思いがけず十数年ぶりに目にし、つい思い出し笑いをしてしまいました。有名な詩なのでご存知の方もたくさんおられるかも知れません。


実際、これは私たちの周りでよくあることで、人間の利己的で傍観者的な一面を見事に言い表している、とても示唆に富んだ詩です。まずは読んでみてください。原文と日本語訳の両方を記します。


This is a story about Four peoples : Everybody, somebody, Anybody and Nobody.


There was an important job to be done and Everybody was asked to do it. 

Everybody was sure Somebody would do it. 

Anybody could have done it, but Nobody did it. 

Somebody got angry about that because it was Everybody's job. 

Everybody thought Anybody could do it. 

But Nobody realized that Everybody wouldn't do it. 

It ended up that Everybody blamed Somebody when actually Nobody asked Anybody.


四人の人の物語 : Everybody, Somebody, Anybody, それにNobody.


皆でやらなければならない大切な仕事があった。

誰かがきっとやるだろう、と皆が思った。

誰でもやることができただろうに、誰もやらなかった。

皆の仕事なのに、と誰かが腹を立てた。

誰でもやれることだと皆が思った。

しかし、誰もやらないだろうとは、誰も気づかなかった。

誰かに頼んだ人は、誰もいなかったのに、最後には、皆が誰かのせいにした。


皆さんは、この詩を読んでどんな事を考えますか? 自分にもそんな一面があると思いますか? 自分の家庭のことなら自分の仕事と考えるかも知れませんが、公の事に関しては、つい誰かがやるだろう、と傍観者的になる人が圧倒的に多いかも知れません。そして、そういう人に限って、その事がちゃんとなされていないと、誰かを非難するのです。


国家を非難する人、社会を非難する人、自分の会社を非難し、教会を非難する人。

しかし、もし私たちが国家の一員、社会の一員、会社の一員、教会の一員ならば、それを良くするのは私たち一人一人の仕事であり、責任であり、気が付くことがあれば自分から率先してその欠けを補うべきではないでしょうか。


聖書は、教会をキリストの体にたとえ、一人一人のクリスチャンを体の肢体にたとえています。この”キリストの体神学”は、教会だけでなく世の中のあらゆる組織に当てはまる素晴らしい教えで、機能的な組織作りの土台として一般社会でも幅広く用いられているノウハウです。 


それは、人間の手や足や目や鼻や口がすべてその人のために存在し、働き、その人に最良の益をもたらそうとするように、組織に属している一人一人は、自分の能力を最大限に活かして、その組織のためになることを心がけるなら、その組織に最良の益をもたらし、自分自身の存在価値も高められるのだ、ということです。


あと二日で2017年が始まります。新年を迎えるに当たり、あなたも、「誰かがやるだろう」「誰かの責任だ」という思いを捨てて、「私がやろう」「私の責任だ」という思いで新しい年に臨んでみませんか? そうすれば、あなたが属するすべての組織において、あなたは無くてはならない人となり、2017年がきっとあなたにとって人生最良の年になるでしょう。


今日の一言: 2017年はきっと私にとって人生最良の年になる


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




2016.12.31 03:59 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.