LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Untitled (11) 
今日は、「幸せな人生の秘訣」について考えてみました。

幸田露伴は、幸せには三つのコツがあると言いました。その三つのコツとは、「惜福」、「分福」、「植福」です。

「惜福」とは、福を惜しむということで、言い換えれば節約をすることです。どんなに順調で豊かでも、自分に与えられたものを無駄遣いせず、祝福を使い切らない、そんな節約が幸せな人生のコツだという意味でしょう。

「分福」とは、幸福を人に分けるということです。誰かと分かち合うならば、悲しみは半分になり、喜びは二倍になります。自分の持ち物がわずかであっても、それを誰かと分かち合うことができれば、やがてその祝福が何倍にもなって自分のところに返ってくるものです。

「植福」とは、福を植えるということです。つまり将来の幸福のために、今から祝福の種を蒔いておくということです。

聖書もこれらと同じようなことを教えています。与えれば得るというのは聖書の有名な教えです。また、人は自分の蒔いたものを刈り取ることになる、というのも誰もが知っている聖書の教えです。

しかし何と言っても、幸福についての一番の聖書の教えは、イエス・キリストの「山上の説教」の言葉でしょう。それは、やがて失われていく地上の幸せではなく、いつまでも残る永遠的な幸福の教えです。

こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。
柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。
あわれみ深い人たちは、さいわいである、彼らはあわれみを受けるであろう。
心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。
平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。
義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。

この言葉が繰り返し伝えていることは、神の子とされ、神の恵みの中で生きることこそ最大の幸福であるということです。あなたは、これらの言葉の意味するところがお解かりですか。そして、心から同意することができますか。この世のどんな祝福よりも遥かに勝る天国の祝福を、ぜひあなたも手に入れられますように。


今日の一言: 幸せな人生の秘訣は天国の恵みを得ること


鶴田牧師

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.06.24 02:30 | 鶴田健次牧師より
0616.jpg 

あなたにとって、「人生で最も後悔していること」は何ですか?

アメリカでのとても興味深いデータがあります。
それは80歳以上の老人を対象としたアンケート調査で、
その質問は、「人生で最も後悔していること」は何ですか?というものでした。

皆さんはどんな回答が多かったと思われますか?
面白いことに、70%の人が全く同じ回答をしていました。
それは、「チャレンジをしなかった」というものでした。
70%の人が、「チャレンジをしなかった」ことを後悔しているのです。

人が人生を終える時に後悔することとして多いのは以下のことだそうです。

・他人がどう思うか気にしなければ良かった
・幸せをもっとかみ締めて生きるべきだった
・もっと他人のために尽くせばよかった
・くよくよと悩まなければよかった
・家族ともっと時間を過ごせばよかった
・もっと人に優しい言葉をかけていればよかった
・あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった
・もっと時間があれば・・・
・もっと思い切って冒険すればよかった
・もっと自分を大切にすればよかった
・もっと旅をすればよかった
・もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった
・子どもたちに好きな事をさせてやればよかった
・言い争いなどしなければよかった
・もっと自分の情熱に従うべきだった
・もっと自分のために頑張ればよかった
・もっと自分の本音を言うべきだった

いかがでしょう。あなたにも思い当たるものがありますか?
どれもが非常に重要なもののように思います。
何故なら、世の中のほとんどの人がこれを『人生の終わり』になって気づくからです。

私たちは人の目を気にしてしまいます。しかしそれに重きを置けば置くほど、他人の意見によって人生が決められてしまいます。他人の目など気にしなくていいのです。
大事なのは、「あなたがどうしたいか」です。

あなたにとっての幸せとは何ですか?

命があるだけで幸せ
食べるものがあって幸せ
着るものがあって幸せ
住む場所があって幸せ
家族がいるだけで幸せ
目が見えるだけで幸せ

少し見方を変えるだけで、すでにあなたはたくさんの幸せを得ていることに気づくはずです。

それから、自分にとって身近な人、家族を大切にできない人は他の人を大切にはできません。とても不思議なことですが、家族を大切にしその時間も大事にすると、すべての事が上手くいくようになるものです。

あなたが過去にかけられた嬉しい言葉は、他人も同じように嬉しいと思う言葉である可能性が高いです。そして、その反対もまた真理です。ですから、人の徳を高める言葉を口にしましょう。

もっと時間があれば・・・、これは私もよく思うことです。しかし、時間はすべての人に一日24時間、平等に与えられています。ですから、考えてみれば時間のない人などいないのです。ただ時間の管理を上手にしているか、ということだと思います。私もこれを心に刻みたいと思います。

人はやった事ではなく、やらなかった事に対して後悔します。あなたにとって、長いあいだ「これをやってみたい」と思いながらやっていない事はありませんか。今からでも遅くありません。チャレンジをしてみてはいかがでしょう?

最後に、私が確信をもって言えることは、人生の最期を迎えた時に人が後悔すべき最大のことは、神を見出さなかったことです。言い方を替えれば、神を見出すことほど価値のあるものは人生にはないということです。

中世の偉大な神学者アウグスチヌスは、「私たちは神に造られた者であるゆえに、私たちの魂が造り主なる神のもとに帰るまでは、真の平安を与えられることはない」と言いました。

私たちは神を見出すことによって人生の真の意味を見出します。また神が共におられる事実の上に真の平安が与えられます。そして、自分の欲望を満足させる自己実現ではなく、神実現の中における自己実現こそが真の自己実現であるという素晴らしい真理を知るに至るのです。


今日の一言:神実現における自己実現を目指そう


鶴田健次

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.06.17 00:12 | 鶴田健次牧師より
0609.jpg 

今日は、神は夢を与えることであなたの信仰を成長させて下さるということを思わされました。

「・・・わたしたちのうちに働く力によって、わたしたちが求めまた思うところのいっさいを、はるかに越えてかなえて下さることができるかたに、・・・・栄光が世々限りなくあるように、・・・」(エペソ3:20-21)

信仰は筋肉に例えることができます。それは強めることができ、どれだけ使うかによって、強くなったり、弱まったりするからです。

神はどのようにあなたの信仰を成長させようとされるでしょうか。神は非常に分かりやすい方法を用いられます。それが解かれば、あなたも信仰を成長させることができ、神に用いられる器になることでしょう。

聖書の中に、こんな話があります。ある父親が息子のために主イエスに助けを求めて、「できますれば、わたしどもをあわれんでお助けください(マルコ9:22b)」と言いました。すると、主は、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる(マルコ9:23)」と答えられました。

このやりとりからも解かるように、神があなたの信仰を成長させようとされるとき、神はあなたに夢を与えられます。神があなたの人生に働きかけ、あなたにして欲しいこと、また社会に影響を与えるために神がどのようにあなたを用いようとしておられるかを伝えられるとき、神は夢を与えられるのです。

聖書の中には、その事を示すたくさんの例があります。たとえば、

・ 神はノアに箱舟を造る夢を与えられました。
・ 神はアブラハムに大いなる国民の父となる夢を与えられました。
・ 神はヨセフに神の民を救う指導者になる夢を与えられました。
・ 神はネヘミヤにエルサレムの城壁を築く夢を与えられました。

では、神からの夢はどのようにして分かるのでしょう。もしかしたら、それは神からの夢ではなく、あなたが自分で考えたことかも知れません。そこで、聖書は私たちに、神は「わたしたちのうちに働く力によって、わたしたちが求めまた思うところのいっさいを、はるかに越えてかなえて下さることができるかた」であると言っていることに注目してみて下さい。

つまり、神から与えられた夢なら、それは大き過ぎて、あなた一人では出来ないようなものだということです。もしあなたが一人で出来ることなら、信仰など不要です。なぜなら、それは神から与えられた夢ではないからです。

今、あなたに神が何かを語りかけておられませんか?
神は、あなたの信仰を成長させようとされるとき、あなたに夢を与えることから始められるのです。


今日の一言: 神からの夢はあなたの信仰を成長させる


鶴田健次


 

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.06.09 21:06 | 鶴田健次牧師より

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.