LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1_20161122015945f63.jpg 

私は、2013年6月に洗礼を受けた頃から、鶴田先生が導いてくださる聖書の学び(聖書クラス)に育てていただいていますし、聖書の学びをとても楽しみにしています。

なぜならば、私たちの日々の糧、パンであり、力、胸当て、剣、知恵となる神の御言葉を少しでも多く、正しく学びたいと言う思いと、兄弟・姉妹と共に神の言葉を学べる何とも言えない楽しさが好きなのです。また、自分だけでは学べ得ない多くの学びがあり、必要な時に、必要な御言葉を深く学ぶ機会が多く与えられます。

ただ・・・私たち夫婦は、夏の間はラスベガスに居ないため「夏の間、聖書の学びに参加できない・・・どうしよう・・・?」と言う状況になりました。 その時、鶴田先生がSkypeを使って、ソルトレイク日本人教会の日語部の方々に聖書クラスを設けていらっしゃると聞き、ソルトレイクの皆さんの聖書の学びに加えていたくことになりました。
それ以来、2013年、2014年は夏の間だけ、2015年、2016年は一年を通して、できるだけソルトレイクの皆さんの聖書の学びにご一緒させていただいています。

 L_3.jpg

ソルトレイク日本人教会の方々も高齢化が進んだり、生活の変化で、現在常時聖書の学びにご出席されるのは、KさんとSさんのお二人、そしてたまに90歳になられるEさんが参加されます(ご自分で運転していらっしゃいます!)。
私もここ半年程、スケジュールがタイトでなかなかご一緒出来ない時が多いのですが、KさんとSさんがこの会をまとめ、鶴田先生が導びき続けてくださっていることは、私にとって掛け替えの無いことですし、頼みの綱でもあります。また、ご自分で運転して聖書の学びに参加される90歳のEさんは私の目標です!

そんな聖書の学びの友、主にある姉妹と「いつの日か、ソルトレイク日本人教会で一緒に礼拝を奉げたい!」と数年前から願っていましたところ、ソルトレイクから車で約3時間南東にある小さな町への出張が入りました。突然の出張ではあったのですが、時間ができそうだったので、Kさんに連絡せていただき、その3日後に、Kさんとの念願の対面が現実になったのです!
(突然でしたので、残念ながらKさん以外とはお会いできなかったのですが・・・)

神の御言葉を通して知り合った、主にある姉妹。
この様な関係を与えてくださる主に、そしてその機会を保ってくださっている鶴田先生、ソルトレイク日本人教会の姉妹に感謝です!

聖書を学びたい、聖書の学びの友に会いたいという小さな者の思いを、かなえてくださった主は、いつか、ソルトレイク日本人教会で共に礼拝を奉げる機会を与えてくださると信じ、楽しみにしています!

そして、最後に。
折角このように、贅沢な聖書の学びの時間を与えられているのですから、無駄にしないよう、御言葉を行える人間になれるよう祈ります。


マタイの福音書 7章7~8節
求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。 
だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。

ヤコブの手紙1章22
また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。

bibleTeaching.jpg

ラスベガス日本人教会には、様々な聖書の学びの場があります。入門クラス、スモールグループ、リーダー訓練会、シニア聖書クラス、献身者クラス(現在休講中)、月曜日の聖書クラスなどです。そこで今回は、毎週月曜日夜7時から鶴田先生宅で開かれる聖書クラスをご紹介します。

聖書は、確かに大昔に書かれたものですから、ある程度読み慣れないと読みにくい面もあります。また、聖書は神の霊感を受けて書かれた神の言葉なので、聖霊の助けをいただきながら聖書を学ぶことが重要です。聖書は66巻から成り、全部で1189章に及ぶ長編ですが、一言で言えば、その内容は「イエス・キリストによる救い」です。

「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。 」(IIテモテ3:16-17)


聖書は、心を開き、祈り心を持ち、聖霊の助けをいただきながら読めば、誰でもその中に神の愛を見出し、救い主イエス・キリストに出会うことができます。聖書は、クリスチャンにとって、霊の食物だといわれていますが、読んだだけで理解できる霊の乳と、読んだだけでは理解できな堅い食物があります。

あなたがたに乳を飲ませて、堅い食物は与えなかった。食べる力が、まだあなたがたになかったからである。」(Iコリント3:2)

ですから堅い食物を食べられる霊的大人のクリスチャンに成長するためには、私たちは聖書の学びに積極的に出席し、堅い食物を食べられるようになる必要があるのです。

そういう目的のもとに始められたのが月曜日の聖書クラスで、これまでに以下の学びがなされてきました。

8/14/2006 – 9/21/2008 「クリスチャンとしての成長の学び」 (テキスト全232ページ)
10/13/2008 – 8/10/2009 「使徒行伝の学び」(テキスト全47ページ)
8/17/2009 – 9/28/2009 「エペソ書の学び」(テキスト全7ページ)
10/19/2009 – 9/20/2010 「ヘブル書の学び」(テキスト全41ページ)
10/11/2010 – 現在進行中 「ローマ書」

現在、月曜の聖書クラスは10名ほどの参加者ですが、CAに行っておられる一人の姉妹がスカイプを通じて参加されています。このクラスは、全員が聖書の学びに熱心で、皆さんが予習をして臨まれ、その予習の部分で皆さんが様々な霊的祝福の経験をしておられます。

神の言葉である聖書を深く学び、神の御心を知ることは豊かな人間性を作ると共に霊的な成長には欠かせないものです。そして何よりも、聖書の学びが深まるにつれ、神の愛の大きさに対する認識も深まり、神を愛する心、そして人を愛する心が増し加えられていくことを感じずにはいられません。これからも更に御言葉の学びに励む者でありたいと思います。

「まだ罪人であった時、わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、神はわたしたちに対する愛を示されたのである」(ロマ5:8)


(ブログ制作チーム: 松岡幸夫)

| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.