LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 15周年祝賀会冒頭写真a

820日の礼拝後にラスベガス日本人教会では15周年記念の祝賀会が持たれました。

日本舞踊や沖縄ダンスなどが披露され、教会の兄弟姉妹からの15周年を振り返っての思い出話がなされました。

15周年tsu197a 15周年kzm175a

15周年Vi171a 15周年舞踊148a

15周年沖縄踊192a 15周年男踊り185a 15周年kzm_crop174a

今回は、その中で(T姉妹による英語での通訳付きで)K姉妹が語ってくださった思い出話をシェアさせて頂きます。

ラスベガス日本人教会、15周年記念を心から神様に感謝いたします。

初めて私がこの日本人教会に来たころ、当時2004年の2月でした。その頃はまだ、 サハラ通りにあるコマーシャル・センターの一角を借りていて、広さも1000 スクウェア‐フィートくらいの広さでした。それから、何回か引越を繰り返して、その都度大きな場所になりましたが、今は場所をどこかに借りて礼拝するのでなく、自分たちの会堂を持って、ここで礼拝ができる。 このことは本当に神様の恵みだと思っています。

このラスベガスにはたった一つしかない日本人教会です。 いつも思いますが、 ここの教会にいるほとんどの兄弟姉妹がこの教会で救われました。 また、私もその一人であります。もし、このラスベガスに日本人教会がなければ、ここにいるほとんどの方々が神様を知らずにいたと思います。 この事を思う時に、神様はこの教会を通して「一人も滅びに行くことを望まれず、全てのラスベガスにいる日本人を救いに導こう」 としておられるのだという事を感じずにはおれません。

私がクリスチャンになり、ラスベガスで教会生活をしてきた中での思い出は沢山あり、話せば切りがありませんが、本日は2つの出来事をお話させて頂きたいと思います。

まず1つ目は、この会堂購入が決まった時のお話です。会堂を購入するにあたり30% のデポジットが必要だったのですが、皆で頑張って献金し合ってもこの金額はちょっと集まらないんじゃないか?と、私は考えていました。なぜならその金額は、十五万ドルという大金だったからです。もちろん、私もできる限りの会堂献金をさせて頂きましたが、しかし、それでもまだ、無理じゃないか?と思っていたんです。

しかし、私の考えをはるかに超えて、神様がみんなの心を動かし献金がなされ、十五万ドルという金額を、それ以上でもなくそれ以下でもないちょうどその額が与えられ、会堂を購入する事が出来ました。

本当にこれは凄い事で、 私はこれは神様がなされたんだと思いました。また、この会堂をラスベガスの教会として与えられたという事は、この事は神様の御心であったんだ、という事を私は知りました。それが一つ目です。

2つ目は、この会堂に引越したすぐの出来事です。

今まで、 私たちは教会で賛美をする時にはずっとキーボードを使っていました 。また、そのキーボードをこの会堂に引越しても少しの間使っていました。しかし、ある日の事ですが、M兄弟からお電話を頂き、M兄のお知り合いの方でピアノを買うようにと5千ドルを捧げてく ださった、という事を聞きました。

私は、ピアノの奉仕を2006年の5月から本格的に開始いたしました。そして、いつか教会にグランドピアノが与えられ、キーボードではなくグランドピアノで演奏できること願っていました。ですから、私はそのニュースを聞いた時に、本当にびっくりしましたが、神様が私の願いをかなえてくださったのだと思い、とても嬉しかったです。

そして、さっそくピアノ探しが始まりましたが、グランド・ ピアノを5千ドルで探すという事は本当に容易な事ではありませんでした。しかし、ようやくインターネットでピアノを見つけ購入できたのが、今ここにあるグランドピアノです。

ピアノのオーナーと交渉して値段を少し安くしてもらい、ピアノの引っ越し代金やピアノの調律代金、全てを合わせて不思議なことに$5000以上でも以下でもなく、ほぼピッタリの金額で購入することができました。しかも、このピアノのサイズはこの礼拝堂にとってピッタリ合ったサイズで、大きすぎず、小さすぎず、 最高の最も適したピアノがこの教会に与えられたのです。

神様のなさる業は時にかなって、みな美しい… 本当に全てをご存知の神様は素晴らしいお方であります。

私は、この2つの事を通して、本当に神様は必要な時に必要なものを与えてくださるお方である、という事を改めて知ったのです。

これから5年後、また10年後に神様がどのようなことをご計画なさり、私たちにその御業を見せてくださるのかが本当に楽しみです。

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.09.05 08:39 | 特別礼拝 / 集会
20150521024748cf9.jpg
先週に続き、母の日礼拝で証メッセージをされたビビアン姉妹のお証しをしょうかいいたします。

「 私は幼い頃から引越しが多く、数々の場所や様々な文化に接しながら育ちました。母は、どんな宗教でも進んで学び、取り入れようとする人でした。

私が11才の時、私の家族(父は除く)はペンテコステ派の教会に招かれました。そこで、イエス・キリストという人は、私達が今まで心に描いていた神話の中の人とは全く違うことに気づきました。イエス・キリストは実在の人物だったのです。特に、私の母が生きる意味を探し求めていた時に、神様は母の心に触れてくださったのです。母は、これまで否定され押さえつけられた人生の中でさえも、いつも、もっと大切な何かがあるはずだという考えを持っている人でした。そして母は、イエス・キリストの証しから聖霊を感じる体験をしました。キリストの死は、復活により、神が悪を征服し、永遠の命と絶対的な希望を私達に与えたのです。

しかしその信仰は、疑いの芽が育とうとしていました。イエス・キリストを受け入れたことは、私の母にとって人生でとても大きな選択であり、変化でした。母は人生をかけて聖書を学び、子供達に主とはどういう方なのかを教えようとしました。

私が主を思う時、神は私達の為に共にいてくださっています。なぜなら、神は私達の一部だからです。イエス・キリストは私の為に命を犠牲にしてくださいました。これが、私が主の為に生きる唯一の理解です。

私が幼少期のときに、暗い出来事がありました。それは私がイエス様の為に生きていこうと決心した直ぐ後の出来事でした。五年生の時に、とても大きな交通事故に遭い、私は重体で医者から、生きられる確率は50%だと言われたそうです。その時に、神は私の魂に語りかけられました。「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒行伝16:31)と言われました。

しかし、15才の時に両親が別居し、壊れた家庭で私はとても傷つき、悲しい喪失感の中で成長しました。この時の脱出が、本当の意味でイエス・キリストと繋がる道になったのです。

今思うと、試練は私を強くし、日々イエス・キリストに似た者に造り変えようと私をあらゆる状況で励まし、祝福を与えておられました。イエス様は"あなたは私の子供です"と私に知らせてくださっていたのです。

神が与えられたこれらの台風を感謝します。台風という試練が無かったら、"神が問題を解決される"ことも、"神への信仰が何をもたらすのか"も知ることはできませんでした。

すべてを通して、イエス・キリストへの信頼を学び、御言葉に頼る大切さを学びました。神は私の人生に恵みの晴らしさを見せられ、そして、その御業を人々に伝えること、それが私の使命だと知りました。経験した全ての中で、神の力強い御手は、正に神の時に動くのを見ることができました。主の目的の為に私は養われたのです。

最後に、私が話したこの二つのメッセージから、神様へと繋がる方が起こされることを切に願います。神の目には誰もが尊いのです。神様は私達に立ち帰りを望んでいます。イエス・キリストへの希望は絶対ですから。主を通して勝利の経験を約束します。神は憐れみ深いお方、私達を忍耐強く待っています。主は、私達が値しない大きな恵みを与えてくださいます。どうか神を無視しないでください。明日では、もう遅いのです。」

LVJCC教会員

岩田ビビアン

ブログランキングに参加しております。クリックで応援をお願いいたします。
2015.05.20 09:50 | 特別礼拝 / 集会
20150514142356ae4.jpg
先日の母の日礼拝でのビビアン姉妹の証メッセージを紹介いたします。

「今日は特別な日、母の日という場をお借りして、神からのお預かりものである子供達を育てているお母様への奨励の言葉をシェアさせていただこうと思います。

偉大な人の影には必ずと言っていいほど、偉大な母の存在を忘れてはなりません。チャールズスポルジョンは、彼の母親についてこう語っています。「どんな人でも彼らの母親からの"恩恵"を全て見積もることは不可能に近い」

人生で最も恵まれている事の一つは、信仰深い母親を持つことだと思います。それと同時に、最も尊い贈り物として子どもに与えられるものは、信仰深い母親である事です。

今日は、聖書の中で神に従った信仰深い母親たち、祖母たちがどのような影響を及ぼしたかを見ていきたいと思います。そこには、神の約束された救い主・イエスキリストへの信仰へと歩む重要なルールが存在しています。

どんな女性でも完璧な人はおりません。しかしながら、それぞれの神への確かな信仰が見られました。紆余曲線を辿りながらでも、神への確固たる信仰に彼女達は報いを受けました。

当時の社会では女性はとても弱い立場ではありましたが、神は彼女たちの真実の価値を認めてくださいました。今日 私達女性を扱ってくださっているのと同様にです。

母業と言うのは、人生で最も尊い召しの一つです。私達は、聖書の中でどんな逆境の中でも、可能な限り神への希望を持ち続けた母親達から学ぶことができます。その希望は、常に神を喜ばせてきたかを聖書を通して見ることができます。

1) サラ- アブラハムの妻であり、イスラエルの民の母

サラは、聖書で最も重要な女性の一人であります。アブラハムの妻として、イスラエルの民の母親にもなりました。しかし、サラは不妊の女でもありました。そして高齢でもありましたが、それでも神の業により懐妊したのです。サラは良き妻であり、アブラハムの献身的な助け手でもありました。

サラは母親として遅いスタートを笑いましたが、その時に"良きものは待ったものにやってくる"学びを得ます。
彼女の人生から学ぶべき事は、私達が不安と葛藤を覚える時に、神様からのこの言葉「主にとって不可能なことがありましょうか。」(創世記18:14)を思い出すべきです。

2) ハンナ - 預言者サムエルの母

聖書の他の母親たちの様に、ハンナは 長い間不妊であることがどのような苦しみを受けるのかを知っていました。彼女は、他の妻たちより酷い罵りを受け、長い間それに耐えてきました。それでも、ハンナは神への希望を捨てませんでした。彼女は忍耐の人でした。第一テセロニケ5:17
「絶えず祈りなさい。」と記してあります。それから、彼女の心からの祈りは聞かれ、男の子を産みます。そして、神様との約束を誓い、サムエルを神様に捧げます。

神はその後、ハンナに五人の子を与えます。それは、彼女の人生での素晴らしい恩恵でありました。
ハンナは私達に、神の慈しみと知恵を崇め、神との約束を守り、絶対に諦めない事を教えてくださいました。

3) エリザベス - バプテスマのヨハネの母

エリザベスは、イエスの母であるマリアの親戚でありました。エリザベスもまた、ヨハネを懐妊する前までは不妊の女でした。

彼女も彼女の夫ザカリアも高齢で、出産が可能な年はもう既に過ぎていました。御使いがザカリアを通して懐妊の預言をした時も、ザカリアは信じませんでした。しかし、エリザベスはそうではありませんでした。

彼女は、神の恵みを通して懐妊しました。ここでのポイントは、彼女の神への信頼は彼女の夫よりも大きかったという事です。

サムエルの母ハンナの様にまたエリザベスも、息子を神に捧げ、その息子ヨハネもまた、救い主・イエスキリストのよひょうとされた偉大な預言者となったのです。

エリザベスは、自身の不妊に後ろ向きになる事はありませんでした。彼女は巨大な神への信仰を抱き、神の慈しみと恩恵に感謝をして止まない人でありました。謙虚であり、神のご計画の中にある救いを担う鍵となる人物でもありました。

神は、私達の予期しない事を与えてくださるお方です。私達が何かを予期しようとも、神の方法で私達に触れられ、私達の人生を驚く方法で変えてくださるのです。

4) マリア - 救い主・イエスキリストの母

マリアは聖書の中で最も尊敬に値する神から用いられた女性であります。彼女は若くして、神のご計画を受け入れました。

それでも、彼女は未婚の母という巨大な恥と痛みに苦しみます。しかしながら、父の御心への服従、そして従順を示した、一際 輝いた例えを示した人物でもありました。処女であったマリアはイエスを身もごり、その救い主であるイエスの死を見守りました。

マリアの様に、いかに私達が神に信頼し、従順な心を持っているかを神は見られます。そして神は、しばしば 最も起こりそうのない選択を用いたり、選択されたりします。

マリアの謙遜は驚くべきものであり、クリスチャンの最も良きモデルであります。「お言葉通りにこの身に成りますように。」ルカ1:38

私達は神のご計画を喜んで受け入れる事ができるでしょうか?もしそれができたとしても、マリアのように大きな犠牲を払ってまでも行う事ができるでしょうか?

5) ルイスとウェニケ - テモテの祖母と母

テモテ第二の手紙1:5を見る時に、テモテのあの信仰が長い間祖母のルイスと母ウェニケから培ったものだという事がわかります。テモテ第二の手紙3:14-17から、テモテの幼少の頃の導きがこの2人の信仰深い祖母と母からきている事がわかります。

神を見上げ、神の言葉をいつも口にしていた彼女たちの信仰の影響を受けた子供達の人生から良き結果が現れています。神に従順な母親から影響を受けた子供達には、同様の強い信仰を受け継ぐ事を努める様に、第二テモテの手紙3:14-15は私達に勧告しているのです。

子供達が成長していく主な方法は、神を愛することと御言葉を通して神様に仕えることです。親ができることは、御言葉による人生の生き方を子供達に伝授し、キリストへの信仰を保てる様に子供達を導ける様に、私達親の"神"との関係を深めることです。

私達ができる最高のものは、信仰深い両親には極め付けである"祈り"と幼少の頃から重要さを子供達に促したい"聖書朗読"、"聖書勉強"、"暗唱聖句"をする事です。

信仰深い性質や服従の姿勢、主への喜びと恩恵を育てていくことは、子供が成長し、両親が完璧でないことに気づくとき、神様と歩む道を選ぶという重要な選択ができることに繋がるのです。

子供は両親を通して神を見ます。そして、聖書が神様からの本であることを見極め、主に従っていくことができるのです。

確かな信仰で神様と歩むことは、神様が五人の母親を通して成された様に、私達をも一人一人用いてくださるということです。代々限りなく誠実な信仰が主の方法で導いていけるように。

私達が子供に御言葉を教える事を最優先事項とする時に、必要な事があります。どうか信仰深い母親が、サンデースクールの先生が、ユースの働き人が、長老が、牧師が正しく神様の方向に導ける様にお祈りください。信仰深い母親がいる家庭から世界の歴史を垣間見れる事は、誰も議論を要しません。」

LVJCC教会員
岩田ビビアン

ブログランキングに参加しております。クリックで応援をお願いいたします。

2015.05.13 21:12 | 特別礼拝 / 集会

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.