LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

          100_0910.jpg

LVJCC青年会では今、ある目標のためにファンドレイズを集めています。それは12月にカリフォルニア州で開かれる若者のためのEquipper Conference(通称EC)に参加する資金作りのためです。ECは日本人クリスチャンの集まりで、その目的はこれから日本に戻られる日本人クリスチャンを送り出すため、またクリスチャンとして成長を望む人のためのイベントでもあります。

僕はこのイベントに過去二回参加し、二回とも素晴らしい体験をしてきました。そのイベントでは色々な人に出会い、共に学び、励ましあい、賛美し、多くの気付きが与えられ、神の臨在が感じられる、かけがえのない素晴らしい時を過ごすことができます。勿論ノンクリスチャンの人達にも参加してほしいのですが、僕自身のためにも、ぜひ12月のECに参加するべきだと思っています。僕は僕以外の青年会のメンバーにも参加する事を呼びかけています。

そのECに行くための資金作りとして、日曜礼拝後のランチを青年会メンバーの協力を得て礼拝に来られた方々に提供し、ドネーションをしていただくことになりました。

第1回目は9月26日に行い、パスタを作りました。今まで僕はパスタなんて作った事はありませんでした。パスタどころか料理すらまともにした事がありません。ですが、青年会のメンバー達が助けてくださり、最高のパスタが出来上がったと思います。パスタ大作戦は成功を収めました。

第2回目は10月10日で、この日僕達が挑戦したのはシチューでした。一種類だけでは面白くないので、ビーフシチューとクリームシチューの二種類を作る事にしました。シチューはパスタ以上に評判が良かったと思われます。

この2回のファンドレイズで既に$260くらい貯める事が出来ました。あと一回のファンドレイズランチが11月14日にありますが、一緒に料理を作ってくださった兄弟姉妹や、教会の皆様の暖かいサポートのおかげでこのように目標が見えてきました。本当に有難く思います。

100_0919.jpg

ECに行く僕達は、サポートしてくださった皆様や関係者の方々のためにも、たくさんの事を学んでくるつもりです。僕にとって三回目となる今回のECも必ず大きな意味があり、忘れられないものとなることは間違いありません。本当に有難う御座います。

また、ここまで導いてくださった主に、心より感謝いたします。

「この希望は失望に終わることはありません」ローマ書5:5


(青年会: Taka)
2010.10.15 00:00 | 青年会
seinenkai.jpg

以前にブログでも紹介したことがありましたが、今週は僕達の青年会を紹介します。

僕達 青年会ARKは、様々な国籍を持つ日本語を話す人々が集っています。アメリカ人や、台湾人、中国人、また様々なところからやってきた日本人がいます。人も様々なら、考え方も様々、今まで体験してきた事も様々で、神の御言葉を共に学び色々な体験話や、証しが聞けるのも青年会の特徴です。

これまで青年会のリーダーであった早希姉妹が日本に帰国されたので、しばらくの間、薫姉妹と優子姉妹が青年会のスーパーバイザーとして聖書の学びなどを指導して下さっています。今週の青年会は優子姉妹が聖書勉強のリードをして下さいました。今回の聖書箇所は出エジプト記の20章に書かれてある「モーセの十戒」です。

1.主が唯一の神である
2.あなたは偶像を作ってはならない、それらを崇拝してはならない
3.神の名をみだりに唱えてはならない
4.安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ
5.あなたの父母を敬え
6.殺人をしてはならない
7.姦淫をしてはならない
8.盗んではならない
9.あなたの隣人に対して偽りの証言をしてはならない
10.あなたの隣人の家や妻を欲してはならない

最初の4つは対神様、すなわち神様との関係です。残りの6つは対人間、すなわち人との関係です。これらの10の戒めを守ることは、則ち、『愛』によってできるようになるというのが聖書の教えです。神の大きな愛を知り、学ぶ事で、『互いに愛し合う』事を実行する事に繋がり、キリストを証しする人へと導かれていくのです。

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合う事、これが私の戒めです。」(ヨハネ福音書15:12)

新約聖書にて、イエス様が十戒を要約していたという事を僕は初めて知りました。○○してはいけないと言ってはいるけど、結論としては他人を愛しなさいという事に繋がるわけなのです。こうした 新しい発見とともに、 御言葉を学ぶとても有意義な時間でした。

他にも、僕達の青年会では賛美歌を歌ったり、証をしたり、悩みがあれば相談にのってもらったり、若者が交わりを深める時間をもちます。これからも、主によって守られ、導かれ、神の家族の交わりを大切にする青年会でありたいと思っています。青年会ARKは 、若者を救いの道へと運んでいく箱舟だと信じて疑いません。

若者にも色々と悩みがあったり、葛藤の中にいる時には、 何が正しくて何がいいのか見失ってしまいます。若者が教会を訪れて、疲れた羽を休め、主の御言葉によって、また他の若者たちとの交わりによって立ち直れたら、これほど嬉しい事はありません。僕も青年会の一員として、例えどんなことがあろうとも、皆と共に主に向かい歩んでいきたいと思います。


(LVJCC青年会メンバー: Taka)
2010.09.10 04:21 | 青年会
2009年の夏休みに参加した伝道旅行をきっかけに、私は青年会のリーダーになる召しを主から受け取りました。前例も基盤もない、新しい働きだけに始めは何から始めていけばいいのかと不安でしたが、必ず主がこの働きを導いてくださると信じて青年会が立ち上がりました。

主は、ラスベガス日本人教会の青年会を『ARK』と名付けてくださいました。これは、ノアの箱舟のお話からです。高い丘の上に箱舟を造り始めたノアの姿は、人間にとって始めは愚かだったのかもしれません。何人もの人が彼を馬鹿にしました。しかし、ノアは、そのような人間の言葉に耳をかさず、ただ主のおっしゃることだけに忠実でした。そして主がおっしゃる箱舟の高さ・長さ・深さを正確に守り、箱舟を完成させていきました。

青年会ARKも、基盤を作ってくださるのは主です。私たちはただ、主の声に忠実に聞き従い、この働きに用いられたいと思います。ARK(箱舟)は、イエス様の十字架を象徴しています。このARKの働きを通して、多くの学生が福音を聞くことが出来るように、主がこの新しい年も導いてくださることを期待して、仲間と共に祈りと賛美をもって歩んで行きたいと思います。     

2010年に入って、本格的に青年会の働きが始まり、毎週日曜日の礼拝後に賛美と聖書の学びのときを持つようになりました。最近になって、新しい学生たちが教会を訪れてくれるようになりました。主のご計画はいつも完璧で、そのために主が送ってくださった兄弟・姉妹であることを確信し、感謝しています。ある兄弟は、主のために何かご奉仕がしたくてたまらない!と言ってギターの練習を始めました。決して自らを喜ばせるためではなく、ただ主のために・・と熱意を持って働いてくれる仲間にとても励まされています。ある姉妹は、入門者クラスを受け始めました。聖書を学び、もっと神様を知りたいと思っている姉妹が喜びをもって参加出来る、青年会を作っていきたいと思います。

IMG_7254.jpg

青年会の働きは、主にあってとても祝福されています。弟子訓練用の英語のテキストを日本語に訳しながら、聖書の学びをしています。主が聖霊を通して導いてくださっているので、兄弟・姉妹とのディスカッションの中で毎回新しい発見があります。また賛美では、学生クリスチャンが集まるカンファレンスなどでよく賛美される曲を選び、教会に初めて来てくれた人でも楽しんでもらえるような賛美のときを持つようにしています。またその賛美の曲と歌詞を通して、私たちが讃える神様を多くの学生に証ししていければと願っています。

また、祈りの時を通して青年会が聖別されるように祈ります。祈るというクリスチャンの習慣から、祈りには届く場所があること、主の御名によって祈ることの大切さを証ししていきたいと思います。また、イエス様が人々との交わりを深めるために食を共にされたように、私たちも食事会を開いて交わりを深めたいと思います。昨年の10月には、LAで行われたクリスチャン集会に2人の兄弟・姉妹と共に参加しましたが、将来は、青年会メンバーで巡回伝道旅行をしたり、他州で行われるクリスチャン集会に参加することもビジョンのひとつです。

主は誠に生きて働かれるお方です。また、何もないところに新しいものをお造りになられるお方です。青年会ARKがこのラスベガス日本人教会に立ち上がったことを通して、鮮やかに主の御業を見ることが出来ます。主の栄光を表すため、主を賛美し褒めたたえるために、この青年会が用いられていきますように。愛する兄弟・姉妹の皆様、これからも青年会ARKを覚えてお祈りをお願い致します。

IMG_7230.jpg
IMG_7200.jpg
(ブログ制作チーム: 早希)
2010.02.05 00:00 | 青年会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.