FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ichiro5_convert_20190323011347.png 

不世出のスーパースター


 2019年3月21日(日本時間22日)、ついにイチローが引退を発表しました。昨年10月に45歳を迎えた不世出のスーパースターは、日本プロ野球(NPB)で9年、メジャーリーグ(MLB)で19年、合わせて28年という長きにわたるプロ野球人生に幕を閉じました。


世界一の安打製造機と言われたイチローは、日米通算4367安打という世界記録(ギネス世界記録)をはじめ数々の記録を塗り替えてきましたが、日本プロ野球記録とメジャーリーグ記録となっているものだけでも以下のようなものがあります。



日本プロ野球記録


・7年連続首位打者(その期間の最低打率が.342という驚異的記録)

・4年連続最多安打

・5年連続最多敬遠

・5年連続全試合出場首位打者

・シーズン打率.380以上が2回

・216打席連続無三振

・通算盗塁成功率.858



メジャーリーグ記録


・新人シーズン最多安打242本(この記録は84ぶりの更新で、結局この年は最多安打のタイトルを獲得。それ以外にも、打率.350で首位打者、56盗塁で盗塁王などの活躍でア・リーグMVPのタイトルを受賞するなど、史上最強のルーキーとして世界中を驚かせました。)

・シーズン安打記録262本(84年ぶりの更新)

・10年連続シーズン200安打以上(108年ぶりの更新、ギネス世界記録)

・シーズン単打225本(106年ぶりの更新)

狙って内野安打を打てる高いバットコントールの技術を証明する記録です。

・10年連続ゴールドグラブ賞

球団数の多いメジャーリーグにおいて10年連続というのはとてつもない記録です。また日本時代を含めると17年連続で受賞したという事になり、恐ろしいほどの記録です。


ichiro1.png 



なぜイチローはこれほどまでにスゴいのでしょうか。上記の記録はもちろんですが、プレーだけではなく、いくつかの切り口で人間・イチローを考察してみたいと思います。


1.打撃の概念を覆した
 かつて日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成した落合博満氏は、「イチローは打撃の概念を覆した男」と評しました。それは、イチローが「自分のポイントにボールが来なくても、ボールを追いかけていってヒットにしてしまう」からだそうです。


2.衰えぬ走力
 ホームベースから一塁ベースまで4秒を切ればメジャーでは俊足と評価されるなか、イチローは2015年のシーズンに平均3.98秒を記録し、メジャー5位に入りました。上位4選手は全て20代の若い選手の中、当時41歳がはじき出した数値はまさに驚愕の一言でした。


さらに2018年4月5日、3月の春キャンプで右ふくらはぎを痛め、オープン戦は12打席しか立てなかった中、小雪舞うマイナス1度の極寒の環境で、44歳のイチローは3.88秒の驚愕タイムを叩き出したのです。


ichiro2.png 


3.全米を震撼させたレーザービーム
 右翼から繰り出す、まるでレーザービームのような返球。オリックス時代からイチローの強肩はメジャーでも通用すると言われていましたが、メジャーにデビューした年、全米がイチローの強肩に驚愕しました。

 2001年4月のメジャーデビューの年、オークランド・アスレチックス戦で三塁に向かって走る走者を矢のような送球で刺したのです。この試合を見ていた解説者が「レーザービーム」と発言したことをきっかけとし、その呼び名が定着しました。

4.驚異の守備力「エリア51
 「エリア51」とは米軍基地の愛称で、厳重な警備で守られていることを意味するものです。イチローが長年在籍したシアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドのライトの守備位置は「エリア51」と呼ばれていました。どんな打球でも捕球してしまう、完璧で神秘性すら感じるイチローの守備とその範囲は聖域とされていたのです。


5.大ケガとは無縁
 これだけの記録を打ち立てるには、長年レギュラーで試合に出続けなければなりませんが、怪我に悩まされる選手が多い中、イチローは怪我とは無縁であり、怪我をしないように普段からの自己管理を徹底していることで有名でした。徹底した自己管理がイチローの大記録を支えていたのです。


ichiro3.png 




6.道具へのこだわり
 イチローが人一倍道具を大切に扱うことは有名な話です。例えばジュラルミン製のバットケースには、乾燥剤を入れています。これはバットが湿気を吸うと重さが変わるからだそうです。また、イチローのスパイクは非常に軽いと言われています。「履いている感覚がしないもの」を常に求めていたようです。


7.究極のルーティン
 イチローは翌日の試合開始時間から逆算して、寝る時間や起きる時間、食事やトレーニングの時間を全て分刻みで決めていたそうです。年間の試合日程は決まっているので、年間を通じて決められた予定に従って行動していたということです。



今回の記事はキリスト教とは関係のないものですが、日本を代表する世界のイチロー選手の引退に敬意を表し、またこれだけの偉大な記録を打ち立てた偉大な選手の生き方から、信仰者にも通ずる教訓を得ていただきたく、この話題を取り上げることにしました。



今日の一言:目標を目指して一心に走ろう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2019.03.23 01:06 | 牧師の独り言

牧師の独り言-「朝鮮半島の平和はどうなる?」_convert_20181006042212 


朝鮮半島の平和はどうなる?


 今年の6月12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談が開催されました。そこでトランプ大統領と金正恩委員長は包括的な合意文書に署名しましたが、その文書で、トランプ大統領北朝鮮に体制保証を約束し、金正恩は朝鮮半島の「完全な非核化」に向けて取り組むことを確認したとされています。


はじめ北朝鮮の核問題は、米国と韓国と日本が団結して北朝鮮に核の廃絶を迫るという構図でした。ところが、9月に平壌で持たれた今年3回目の南北首脳会談は予定外?の新しい展開になりました。それは韓国と北朝鮮が和解し、それを米国に認めてもらおうとしたことです。


もともと朝鮮半島問題の解決は、北朝鮮の核兵器放棄、在韓米軍の撤退、米朝と南北の和解、という3つが目標でした。そして、これまでの構図は、米韓日が北に圧力をかけて核兵器を放棄させ、それから在韓米軍の撤廃と、米朝と南北の和解を進めるという予定でした。


ところが、米国の権利を握り、世界の覇権国としての立場を維持し続けようとする軍産複合体は、在韓米軍の恒久駐留が目標なので、米朝と南北の敵対が続くことが望ましいわけで、軍産の目標は、北の政権転覆ではなく、敵対の恒久化なのです。


この軍産主導の構図は、南北の恒久和平と在韓米軍の撤退を目指すトランプ大統領が登場することで崩れようとしています。トランプは軍産支配を壊すため、まず北の政権転覆を本気でやるそぶりを見せて軍産をひるませたのち、北との和解策に大転換し、史上初の米朝首脳会談を実現させたのです。


ところが、トランプは首脳会談で金正恩と和解し、在韓米軍を撤退させる意向を示したものの、その後、軍産勢力の反対に阻まれ、北が核廃絶するまで朝鮮戦争を終結しない姿勢を取らされているように見えます。トランプと金正恩の和解は維持されていますが、それが朝鮮戦争の終結や在韓米軍の撤退に発展しないのは、そういう事情があるように思われます。 


そんな中で開かれたのが平壌での南北会談です。韓国の文在寅大統領は、今年初めに金正恩が米韓と和解したいと表明して以来、米朝をつなぐ役割を担っています。文在寅は、米国が動けなくなっている中で、米韓同盟を維持したまま、南北和解を進めようとしています。そして、和解した南北が共同して、米国の軍産に敵対中止を求めたのが今回の平壌会談による進展の一つだと言えます。

 

朝鮮半島の動きは、金正恩にとって、国際社会から認められ、経済成長をしていく好機ですし、文在寅にとっては、南北和解と対米自立を実現する好機です。そして、トランプにとっては、軍産支配を壊す好機です。


エルサレムの首都宣言もそうですが、この南北の恒久和平が実現すればトランプの基本戦略であるアメリカの覇権放棄に拍車をかけることでしょう。そして、世界は覇権の多極化が進み、現存するヨーロッパ連合、アフリカ連合、また現在進められているアメリカ連合、太平洋連合が整います。これは世界専制政治の組織図で、完全支配の構図を示すものですが、まさにこれは1990年にブッシュ大統領が声高らかに宣言したNew World Order(新世界秩序)実現に向けての動きであり、やがてそれは聖書の終末預言にある世界政府の樹立という形で実現するのかも知れません。


あくまでもこれは聖書の終末預言をもとに朝鮮半島に関わる米国の動きを逆読みし、世界政府樹立への流れを推理したもので、この推理は外れるかも知れません。しかし、たとえ外れても、やがて必ず別のプロセスでこの世界政府は樹立されるのです。なぜなら、それが聖書の終末預言で明らかにされていることだからです。


聖書預言の成就率は100%です。これほど確かな未来予測は存在しません。意図的に偽りの情報が飛び交う今日において、聖書だけが完全に信頼できる羅針盤なのです。



鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.10.06 04:23 | 牧師の独り言
   s-Nobel Peace medal

劉暁波のノーベル平和賞の裏に見え隠れするもの

2010年10月8日、ノーベル平和賞が、中国の反体制活動家であり作家の劉暁波氏に授与されることになった。このニュースを聞いて、まず考えたことは、昨年に引き続き、またもやノーベル平和賞が政治目的のために使われたのではないかということである。

劉暁波は2008年12月9日、共産党の一党独裁をやめ、多党制に移行すべきだと主張する「08憲章」を立案し中国政府に逮捕され有罪になった人物である。「08憲章」とは、劉暁波ら303名が連名でインターネット上で発表した、中国の政治体制について、憲法改正、三権分立、民主化推進、人権の保障、宗教の自由など19の基本主張を求めた宣言文である。劉暁波のノーベル平和賞受賞は、この中国民主化運動に対して与えられたものである。

自国の監獄に入れられている人にノーベル平和賞が与えられたのは、今回で3人目である。過去の2人は、ナチス政権に反対して投獄された政治活動家のカール・フォン・オシエツキーで1935年に受賞、そしてミャンマーの野党政治家のアウンサン・スー・チーが1991年に受賞している。したがって、今回の劉暁波の受賞は、中国がナチスやミャンマーと同じ極悪な独裁国であるという印象を世界に与えてしまったと言える。

さて、2008年12月に「08憲章」が発表された翌年2009年にも、劉暁波に対するノーベル平和賞が取り上げられたようであるが、結局、オバマ米大統領が受賞した。もし劉暁波への授賞が昨年であったら、どうであったろうか。中国は今より国際社会における政治力が弱かったので、欧米に反撃せず、低姿勢でやり過ごそうとしたかも知れない。

しかしここ一年、中国の国際政治力は急拡大した。ドルの崩壊感が強まる中、中国の出方が国際基軸通貨制度の今後を決定しそうである。もし中国が米国債の引き受けを制限したり、人民元が対ドル為替の切り上げを決めるようなことになれば、ドルの崩壊は必至である。劉暁波のノーベル平和賞受賞で面子を潰された中国は、たとえ外貨備蓄に損失が出ても、ドル崩壊を招いて米国の覇権を潰した方が国益にかなうと考えているかも知れない。

ところで、今年の11月からG20の議長国となるフランスのサルコジ大統領は、中国に対し、EUと中国が組み、IMFの特別引出権を活用してドルに代わる基軸通貨体制を作ろうと提案している。また米連銀が、ドルや米国債の過剰発行に拍車をかける量的緩和を11月から再開する見通しが強まり、ドルは自滅の道に入っているように見える。米連銀では、インフレの目標値を従来の2%から4%に引き上げ、人為的にインフレを作り出すことによって、米国民の預金を消費に回させ、経済をテコ入れしようという政策を考えている。しかし、これは米国が世界の投資家にドル離れを促すようなものである。

なぜ米国はそのような政策を取ろうとするのか。財政赤字が二年連続一兆ドルを超えた。財政赤字も貿易赤字もその累積は天文学的数字にのぼり、この負債は明らかに返済不可能である。そのうえで米国が自らドルの崩壊を招く政策を取っているとすれば、米英覇権を壊し、世界を多極化しようとしている動きを止められない力が働いているのかも知れない。

日米のマスコミは、中国の一党独裁体制は言論の自由を奪う非道なものとして扱っている。また劉暁波のノーベル平和賞受賞に反対する中国はおかしいと言う。確かに、それは多くの人の指示を得る正論であろう。しかし、もっと人の心の奥にあるものを見ると、違う見方も出てくる。つまり、世界のこの自由化の流れの中で、中国がなおも一党独裁を固持するのは、政治の自由化を慎重にやらなければ自由化が国家の分裂につながりかねないと考えているからかも知れない。

また、米英日には、建て前としては、中国を良い国にするためと言いながら、本音では、中国を国家分裂させて弱体化したいという隠れた意図を持って、中国の民主化を求める勢力が存在するのである。 その意味では、中国が「欧米日が中国の民主化を求めるのは、中国を崩壊させたいからだ」と思うのも当然である。これは善悪を装った国際政治の戦いなのである。

世界の動きは、着々と聖書の終末預言の成就に近づいているように思えてならない。

LVJCC担任牧師: 鶴田健次


2010.10.25 11:04 | 牧師の独り言
「私たちは神の作品」(エペソ2:10)


神は地上のすべての生き物に、それぞれ特別な能力を与えられた。ある動物は走るのが得意である。また、あるものは跳び、あるものは泳ぎ、あるものは穴を掘り、そして、あるものは空を飛ぶ。それぞれが神に創られた目的に基づいて、特別な役割を持っているのだ。そして、それと全く同じことが人間にも言える。私たちは、それぞれ独自性をもってデザインされ、またある事をするために造られたのである。

建築家は、どんな新しい建物を設計する時でも、まず最初に、「建物の目的は何か?」、「どのように使われるのか?」と尋ねる。なぜなら、意図する機能が建物の形を決定するからである。

神は、私たちを創られる前に、私たちに地上でどんな役割を果たして欲しいかを決められた。神はまた、私たちにどのように仕えて欲しいかを綿密に計画し、それから、その働きのために私たちを形造られたのである。私たちは、ある素晴らしい働きのために造られたので、今の私たちがあるのだ。
 
聖書は、「私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られた(エペソ2:10)」と言っている。私たちは、神の御手で造られた最高傑作だ。私たちは、何の考えもなく、流れ作業で大量生産されたようなものではなく、特注で造られた、この世に二つといない最高傑作なのだ。

神は、私たちの働きを独自なものとするために、その事を意識しながら私たちを形造られた。神は私たちを造るために慎重にDNAレシピを混ぜ合わせられたのだろう。ダビデは、神が私たち一人ひとりをデザインする際に払われた信じられないほどの細かい個人的な配慮を覚え、神をこのように褒め称えている。 

「あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。わたしはあなたをほめたたえます。あなたは恐るべく、くすしき方だからです。あなたのみわざはくすしく、あなたは最もよくわたしを知っておられます。」(詩篇139:13-14)

神は、私たちが生まれる前に私たちを形造られただけではなく、私たちを支え導くために、私たちの人生の日々を計画されたのだ。ダビデは続けてこう言っている。

「あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日のまだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。」(詩篇139:16)

これは、私たちの人生で起こるすべての事は何一つ重要でないものはないということだ。神は、人々に対する働きのために、また神への奉仕のために、すべてのものを用いて私たちを造り上げられるのである。

神は何一つ無駄にされることはない。神は、それらをご自身の栄光のために用いようと意図しておられなければ、私たちに能力や、関心や、賜物や、個性や、経験などを与えられなかった筈だ。だから、与えられているこれらのものを見極め、理解できれば、私たちの人生における神の御心を発見できるのだ。

聖書は、私たちが神の作品であると言っている。なんという有難い言葉であることか。また、私たちは多くの違った要素が組み合わされた驚くほどに素晴らしい存在なのだ。神が私たちをそのようなものとしてお造りになったのは、私たちが神の栄誉を宣べ伝えるためなのだ。

「この民は、わが誉を述べさせるために、わたしが自分のために造ったものである。」(イザヤ43:21)


(LVJCC担任牧師: 鶴田健次)
2010.01.22 00:00 | 牧師の独り言
オバマ大統領のノーベル賞


10月9日にオバマ大統領にノーベル平和賞が与えられることが発表されたが、この知らせを聞いてすぐ私の脳裏に浮かんだことは「ノーベル賞がまた政治目的のために使われた?」という思いであった。

今回オバマ大統領にノーベル平和賞が与えられた大きな理由の一つは、大統領が国連安保理の5大国を含む全世界の核兵器廃絶を提唱したためである。しかし、これまでにも多くの指導者たちが核廃絶を提唱してきたが、一つも成功しなかった。なのに何故どういう結果になるかも分からない今回の核兵器廃絶の提唱がノーベル賞に値するのだろうか。たとえオバマ大統領の核廃絶が従来の提唱より成功の可能性が高いとしても、結果を見ずしてのノーベル賞はやはり時期尚早だと思う。

アンリ・デュナン、アルベルト・シュヴァイツァー、キング牧師、マザー・テレサ、ネルソン・マンデラなどが、神を愛する心から純粋な思いでその尊い人生と命を人々のために捧げ、その献身的な働きが評価されてこの名誉ある勲章を受けたことを考えれば、なんと簡単にオバマは・・・と、つい思ってしまう。

また、無抵抗主義によるインド独立の父と言われるマハトマ・ガンジーは、1937年から1948年にかけて、5回もノーベル平和賞の候補になりながら、本人が頑なにその受賞を辞退したという例を考えれば、政治家たちのノーベル賞の軽さを感じずにはいられない。

実は、今回のオバマ大統領のノーベル平和賞受賞をめぐり、50年間公開されたことがない選考過程が地元紙の報道で暴露されるという異例の事態に陥っているそうである。選考を主導したノルウェーのノーベル賞委員会のヤーグラン委員長が欧州会議(加盟47カ国)の事務局長を兼務していることも批判を浴び、外部の干渉を防ぐための同委員会の秘密主義と独立性が改めて問われているらしい。

また10月15日付のノルウェー紙、ベルデンスガングは、同委員会の委員5人のうち、最初からオバマ大統領を推したのはヤーグラン委員長ら労働党の2人で、それ以外の 3人は反対していたと報じている。とすれば、オバマ大統領の授賞はノーベル賞委員会の内部からわいてきた話ではなく、明らかに外部からの強い国際政治力が働いて決定されたものであることが想像できる。では、その政治的な絡みはどういうものであろうか。

ひとつの可能性として考えられることは、ノーベル賞委員会は、オバマ大統領に授賞することで事実上、核開発への制裁を口実にイランを空爆する戦略を米国に取らせないようにしたということである。つまり授賞にはオバマ大統領の手を縛る効果があるということだ。イランが米国を攻撃しない限り、米国がイランを空爆することは国際法で認められた自衛の範囲を超えるもので、ノーベル平和賞の受賞者がやることではない。つまりオバマ大統領が受賞を受諾したということは、大統領にはイランだけでなくあらゆる国に対する先制攻撃をする考えがないことを示唆している。

核開発への制裁を口実に、米国もしくはイスラエルがイランを空爆する構想をめぐっては、イスラエル右派と米国の軍産複合体が合同の空爆をやりたいと考えてきた半面、欧州勢はイラク戦争の二の舞になるので空爆を嫌っている。また米国の多極主義者は、イスラエル単独で空爆をさせたいと考えている。

こうした欧米イスラエル内の暗闘の図式に当てはめると、オバマ大統領がノーベル賞受賞によってイランを空爆できなくなったことは、欧州勢と米国の多極主義者(ホワイトハウス)がヤーグラン選考委員長に圧力をかけ、授賞に持っていった可能性が大きい。

これまで世界は、5大国だけが核兵器保有を容認されてきた。しかし、G20がG8に取って代わったように、国連も多極型の新体制に移行し、5大国制度も再編され、5大国だけが核保有を容認されていた体制も終わるかも知れない。米国の多極主義者(ホワイトハウス)は、核廃絶を推進したいオバマの理想論を使って、今後の転換期に核兵器全廃を実現したいのだろう。

しかし、終末に関する聖書預言に照らし合わせれば、核兵器全廃は実現しそうにもない。なぜなら、これから迎える患難時代における二度の世界大戦は激しい核戦争になりそうだからである。これからも世界の動向から片時も目を離せない。


(LVJCC担任牧師: 鶴田健次)
2009.11.13 12:54 | 牧師の独り言
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.