LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

takako1.jpg 

 

みなさん、こんにちは!もうすぐクリスマス、そして年末ですね。私は今日、(14日、木曜日)すべての期末試験が終わり、冬休みに入りました。後はドキドキの成績を待つだけです!

 

さて、この年末の時期になると、今年はどんな年だったのか振り返ることが多いと思いますが、私にとってはクリスチャン0歳としての一年でした。そこで、昨年の洗礼式をみなさんにシェアすることで、振り返りたいと思います!

 

最初の証でお話しした通り、私はラスベガスに来る前、フィラデルフィアに2年間住んでいました。昨年の冬は1か月間、里帰り(と言えるほど、家族みたいな友人がたくさんいます)をしていたので、フィラデルフィアにある日本人教会で洗礼を受けました。私の家族のような友人、スー、ダニエル牧師とその奥さん、きよ、三人が、私の洗礼式のためにその教会に来てくれました。

 

フィラデルフィアでの洗礼式は神様からの贈り物に満たされ、とても祝福された洗礼式でした。まず、前日に雪が降ったのです。私はフィラデルフィアに行く前から、滞在中に一回は雪を見たいと密かに願っていましたが、洗礼式の前日に初めてそれが叶えられたのです。また、フィラデルフィア日本人教会の牧師、メリー先生は、たくさんの準備を共にしてくださいました。洗礼式を特別なものにするために、洗礼用のガウン(Baptismal Robe)を着る第一号にして頂いたり、週報の写真を選ばせて頂いたり、礼拝の中での賛美の歌を決めさせて頂いたりしました。その上、いよいよ聖餐式の恵みにあずかることができるようになる私のために、簡単な聖餐式を計画してくださいました。私のアメリカのお姉さん、スーは普段人前でピアノを弾かない中、私のために特別に弾いてくださいました。きよは、歌い慣れない教会の方のために、賛美のリードをしてくださいました。ダニエル牧師は私のために特別に私へのメッセージを込めた説教をしてくださいました。私のアメリカでの家族全員が、私の洗礼式に参加してくださり、私はこれ以上ないくらいに、特別な日を持つことができました。感謝をしてもしきれません。

 

さらに、神様からのとっておきのサプライズもありました。ダニエル牧師の父と、教会の古くからのメンバーの田原さんが30年一緒に働いた同僚で、ダニエル牧師と田原さんは面識があったのです。二人は教会に来て顔を合わせるまで、全くお互いが来ることが知らなかったのです。私は、神様がしてくださったサプライズに感動をせずにはいられませんでした。本当に素晴らしく、温かいもので満たされた、洗礼式をたくさんの方々のおかげで持つことができました。日本語を使ってでさえも、私の言葉では言い表せない気持ちでした。

 

さて、1年たち、この時のようなフレッシュな気持ちは薄れてしまったかもしれませんが、神様にすこーーし近づくことのできた、1年だったと思います。私にとって、聖書を読み、お祈りし、神様の愛をもっと知ることのできたこの1年の喜びは、洗礼を受けた時の喜びよりも、もっと大きなものです。しかし、読み返しながら、神様の家族って、愛って素晴らしいなぁ、とニコニコ?ニヤニヤ?してしまいました。このような愛を感じられるのも、神様が私たちの中にいてくださるからです。神様の素晴らしい愛に感謝し、その愛がもっと多くの方に伝わりますように。

 

私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物として御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。(ヨハネの手紙第一4:10,16

 

(TK)



下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」のクリックもお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.12.19 11:18 | それぞれの歩み
sizuka3.jpg 

イエス様は、静かな場所で祈ることから一日を始めていらっしゃいました。

私たちクリスチャンは、御言葉や祈り、聖霊様を通して心に平安が与えられます。特に「祈りは呼吸」と言われています。生きていくために、体が酸素を必要としているように、霊的な呼吸、祈り、が必要となってきますし、祈りを通して神と交わることにより、神の御心を知ったり、心に平安が与えられるような気がします。

しかし。。。実際には。。。あふれる情報、日々の多くのTo Doの中で生活をしていると、心静かに主の御前で祈ることはとても難しく、余程の切羽詰まった祈りが無いと、祈りの途中で「あ。今日は〇〇をしなきゃいけない」とか「あれ?〇〇の件はどうなっていたっけ?」「昨日の〇〇さんの行動は許せない!」等、日常生活の事に心奪われることが多々あり、祈りの形はとっていても、主からの声を聞くことさえせず 「☑」 お祈り終わり!となる事が多い。。。と言うのが、私の大きな悩みです。。。

マザー・テレサは、心の静けさを保つことによって、神の声を聞く特権が与えられると言っています。また、心の静けさ(真の内面的な静寂)を得るために、次のようなことを上げています。

1)目の沈黙
他人の過ちや、罪深いすべてのものに目を閉じ、神の美徳をさがす

2)耳の沈黙
ゴシップや告げ口、無慈悲な言葉等の声に耳をふさぎ、神の声や貧しい人の叫びに耳を傾ける

3)舌の沈黙
暗さや動揺、苦しみを引き起こすすべての言葉をつつしみ、私たちを啓発し、鼓舞し、平安や希望や喜びをもたらす神の真理の言葉、イエスの言葉を口にする

4)知性の沈黙
うそや混乱、破壊的な考え、軽率な評価、他人への誤った疑い、復讐心、さまざまな欲望などに精神を閉ざし、祈りと黙想において神の真理と知識に精神を開く

5)心の沈黙
すべての自分本位の考え、憎しみ、うらみ、ねたみ、欲ばりを避け、私たちの心、魂、精神、力において神を愛し、神が愛するように人を愛する
(出典:マザー・テレサ 愛のこころ最後の祈り)

心静めて祈ることが簡単でないように、上記の5つの沈黙を守ることも簡単ではなく、日々の心掛けが大切になって来ると思います。しかし、少しずつ、少しずつでも祈りの時間が、外敵から守られ、どんな困難の中に居ても、祈りを通して主の御心を聞き、心に平安が与えられますように。クリスチャン生活が祈りによって守られるように! 心がけていきたいと思います。



静まって知れ Still (Hill song)

御翼の陰に隠し 力ある御腕のなかに 
逆巻く大海を越え 主と共にはばたく 
わが父よ 王なる神 静まり あなたを知る 

キリストのなかに憩い 信頼と主の力知る 
雷(いかずち)鳴り渡るなか 主と共にはばたく 
わが父よ 王なる神 静まりあなたを知る

(KS)

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.01.23 12:42 | それぞれの歩み
    DSC05072.jpg

今回は日本から旅行でおいでになった鶴田先生のお母様・鶴田美代子姉妹にショートインタビューをいたしました。

Q1. 美代子姉妹の幼少の頃はどんな少女でしたか?
とっても活発な子でわんぱくでした。

Q2. 着物で走ってる様なイメージでしょうかね...
いえ、私は洋服で育ったんですよ。1926年、大正15年生まれで今年で85才になりましたが、実は生まれは日本ですが、育ちは大連なんです。なので、大陸育ちなんです。

Q3.日本に帰国されたのはいつですか?
中国で結婚しまして、長女が1歳の時に、私の父の故郷の四国・松山に移りました。そして1年後、主人の出生地である長崎に引っ越しました。そこで、長男、次女、昭和28年の2月に次男(鶴田先生)が生まれました。

Q4. ご主人はどんな方でしたか?
スポーツマンで体格が良く、叩いてもちょっとやそっとじゃ死なないだろうってくらい元気な人でした。でも、息子(鶴田先生)が高校3年の時に仕事の検診で肺癌が発見され、すぐ亡くなってしまいました。だから、主人はアメリカのことなんて全く知らないんです。息子がアメリカに来る前のことでしたからね。 

Q5. 母一人となって、息子さんがアメリカに来ることには、反対はされなかったのですか?
息子が最初大学院のためにアメリカに行きたいと私の妹に言ったとき、妹は「健次がものすごいことをしようとしているよ。止めなきゃ。」と心配をしてくれたんだけれど、私は息子のやりたいように、進みたいようにさせてあげたかったの。

Q6. お母様のご理解もある中でアメリカに来て、息子さん(鶴田先生)がクリスチャンとなり、こうして牧師の道を進み始めるのですね。美代子姉妹は息子さんがクリスチャンになる以前から長い間別の宗教を信じていたとお聞きしましたが、何が美代子姉妹の心に変化を与えたのでしょうか?
息子が1994年からカリフォルニアのトーランスで教会開拓を始め、それ以降は、アメリカに来るとその教会に行くようになりましたが、その時はまだ以前の信仰を捨ててクリスチャンになるという気持ちにはなれませんでした。

ところが2002年と2003年は、アメリカに来ると息子夫婦は新しい教会開拓のために毎週ラスベガスに車で行っていたので、アメリカに来た時(一年の半分)は私も一緒に行くことになり、車の中では毎回5、6本の色んな先生方の説教のテープをかけるので私も一緒に聞きました。その中で特に金藤晃一青年(現在は牧師)の証しが私の心を捉えました。

そして、ある日、滞在先のアパートで開かれていた入門クラスをそばで聞いていた時、イエス様の復活について語られていた説明を聞いていて(それまでにも何度も聞いていた話ですが)、突然、イエス様は本当に神様なのだと直感的に受け入れることができたんです。そして、これからは息子が教えてくれたイエス様を私の救い主また主として生きていこうと心が決まったんです。

Q7. こうしてご自分もクリスチャンとなられたことをどうお感じでしょうか?
最高に幸せですね。神様を信じる私にしてくれたのだから、本当に感謝です!

Q8. これからの抱負はありますか?
3年前に足を手術し、身体障害者となった私を神が支えてくださっていることを感謝して祈って毎日を生きていきたいです。

 DSC05071.jpg

鶴田美代子姉妹、ありがとうございました。
短いインタビューでしたが、インタビューの中で美代子姉妹の強さ、そして優しさを感じました。短い旅の間で急なインタビューを快く引き受けてくださり、また、神様をたたえる姿がとても印象的でした。

美代子姉妹の毎日が主と共に歩まれ、祝福されたものでありますように、日本へ帰国された後も主の御恵みが豊にありますように、教会員一同心よりお祈りしております。

(ブログ制作チーム: Sao)


2011.11.23 05:21 | それぞれの歩み

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.