LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

blog_327_convert_20170325010601.jpg 


今日は、”人間は羊に似ている”ということを考えてみました。


聖書は人間を羊に例えていますが、人間と羊とは多くの共通点があります。たとえば、羊は生まれつき道に迷う傾向がありますが、人間もそうです。預言者イザヤはこう言っています。

「われわれはみな羊のように迷って、おのおの自分の道に向かって行った。」(イザヤ53:6) 

これは、私たちが神の御心を知らない理由です。実際のところ、ほとんどの場合において、私たちは神や他の人の言う事に従いたくないのです。私たちはみな自分の思う道を行きたがります。私たちは、自分に指示が必要であるとか、導きが必要であるなどとは認めたくないのです。 

羊に関するもう一つの特徴は、視力が弱いことです。彼らは遠い前方を見ることができません。彼らは崖に向かって歩いていても、それが分かりません。だから彼らには羊飼いが必要なのです。それは私たち人間も同じです。


私たちも将来を見ることができません。私たちは明日何が起こるかを知りません。ましてや来年、あるいは10年後に何が起こるか知りません。私たちは今日の午後に起こることすら知らないのです。 

神は、どんなに頑張っても将来を見ることができないようにあなたを造られました。たとえ将来を予測するためのあらゆる情報を持っていたとしても、あなたは将来何が起こるかを知ることはできないのです。では、なぜ神はそうされたのでしょうか。それは、あなたが神に頼るようになるためです。 

私たちは、将来を見ることができないので、しばしば躓きます。箴言14:12には
「人が見て自ら正しいとする道でも、その終りはついに死に至る道となるものがある。」と記されています。


私たちは皆、その時は正しいと思えたものが後になって間違いであったと分かるような決断をすることがあります。自分の知識と経験だけに頼ると、その道が行き詰まりになり、そこで私たちは困り果ててしまうのです。だからこそ私たちは、「私には神の導きが必要である」という大切な事実を認め、神の助けを祈り求めると同時に、聖書から神の知恵をいただく必要があるのです。

今日の 一言: 私には神の導きが必要である

 


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.03.25 01:06 | お知らせ

child-love-languages_convert_20170323014449.jpg 


アメリカに住む私たちは、少なからず日本語と英語といったように、多言語に触れながら生活する機会に恵まれています。3つ以上の言語を巧みに使いこなす人も稀ではなく、改めてすごいな〜っと感じます。


とりわけ言語は、話す相手が理解できる方法でコミュニケーションをとって初めて、意思疎通が可能になります。20年前に渡米した当初は、言語はもちろん、文化も何もかもが異なる異郷の地で、どうしても自分が伝えたいことがうまく伝わらないといった経験を幾度となくしました。


私たちの愛の表現にも、同じような経験をすることはないでしょうか?大切な人に愛情を伝えているつもりでも、相手には伝わっていないということがありませんか? それはもしかすると、愛を伝える言語に違いがあるからかもしれません。


そんなことを考えながら、以前出会ったオーディオブックから、子供向けのバージョンを見つけ、子育てにもたくさんの気づきを与えてくれた「Five Love Languages( 愛を伝える5つの方法)」(Gary Chapman 著)をご紹介します。 


                 love-languages-book_convert_20170323014424.jpg 


この本の中には「どんな人間関係にも役立つ5つの愛を伝える方法」として


① Words of affirmation= 肯定的な言葉

Quality time= クオリティータイム

 Gifts= ギフトを贈る/受け取る

Acts of service= サービス行為

Physical touch= 身体的なタッチ 


があるとあります。


私たちは大切な人に愛を示す時、自分が愛を感じる方法、つまり自分の愛の言語を使って伝えますが、必ずしも相手の言語が同じではないため、うまく伝わらず、すれ違いが生じることがあります。


子育て真っ最中の私も、この本を読みながら、自分と子供のLove Languageの違いに気づかされました。


子供のLove Languageが②クオリティータイムなのに、親である私が、自分のLove Languageである④サービス行為で愛情を表現すればするほど、子供は、いつも忙しさのあまり一緒に過ごす時間がなくなってしまう私に苛立ちを覚え、「いつも何かしてて、一緒に時間を過ごしてくれない」と言います。一方私は、「こんなにたくさんのことをあなたのために行なっているのに、、、、なぜそれが伝わらないんだろう。。。」と感じることがよくあります。まさにこれが、愛を伝える言語の違いによる、すれ違いだと思います。相手に最も響く愛の伝え方を学んでいくこと、それが大切なんだと知らされました。


あなたの愛を感じる言語はなんですか。またあなたの周りにいる大切な人の愛の言語はいかがでしょうか? 愛である神様はどうでしょうか?


神様は、聖書を通して数え切れない肯定的な言葉で、私たちへの愛を示してくださっています①。クリスマスには、この地上で最高の贈り物である、ひとり子イエス キリストをこの世に送ってくださいました③。私たちの罪のために十字架についてくださり、私たちへの愛の行為を示してくださいました④。イエス様の公生涯では、たくさんの身体的なタッチを持って愛を表現される場面がありました⑤。そして、神様は求めるものには、いつもクオリティータイムを用意し、愛を示してくださいます②。


今日もこの愛の神様は全ての方法で私たち一人一人に愛を伝え続けてくださっています。私も周りにいる大切な人に、その人が愛されていると感じる方法を使って、愛を伝えていきたいと願うばかりです。


神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

マタイの福音書3:16


(YK)


参考:http://www.5lovelanguages.com


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.03.23 01:52 | お知らせ

blog_326_convert_20170317192208.jpg 


今日は、”望むものが手に入らない理由”について考えてみました。


あなたは今、どれくらい自分が望む人生を生きることができていますか?

もし、あなたが望むものを手に入れられないとしたら、何か心の中であなたの行動を邪魔しているものがある、という可能性はないでしょうか?


たとえば、あなたは”仕事”に対してどんなイメージをお持ちですか?

もし、「仕事は大変なもの」という否定的なイメージが潜在意識に染み付いているとしたら、あなたはきっと仕事で苦労されるに違いありません。たとえ大人になった今はそんな否定的な考えを持っていなくても、私たちの考えよりもはるかにパワフルな潜在意識の中に、そんなイメージが隠れている場合がよくあるものです。


また、もしあなたの潜在意識の中に、「人生は大変なもの」というイメージがあるとしたら、あなたは人生における様々な選択肢の中から、敢えて大変な人生に発展していくであろう道を無意識のうちに選ぼうとする筈です。それは、潜在意識にあるイメージと共鳴する道が一番あなたを納得させるものだからです。そして、その結果、自分が望んでいない不本意な人生を生きていくことになるのです。


望むものが手に入らないときに、私たちの心の中にはその思いとは逆の思いが眠っていることがあるものです。たとえば、恋愛、結婚、仕事、お金などに対して、あなたはどんなイメージを持っておられますか。もしあなたの潜在意識がこれらのものに否定的なイメージを持っているとしたら、そういう否定的なものは欲しくないので、手に入れようとしない、ということになるのです。つまり、そのモノに対するイメージが行動を決めるとも言えるわけです。


たとえば、あなたにとって、仕事とはどんなイメージですか?


楽しいもの? それとも大変なもの?
自己実現の手段? それとも自己犠牲的な義務?

わくわくすること? それとも意気消沈させるもの?
お金をたくさん得るための有難い手段? それとも生活のために仕方なくするもの?


このように、仕事は仕事であり、良いも悪いもないのですが、そこに私たちが色んなイメージをくっつけてしまっているのです。ですから、仕事に「大変なもの」というイメージをくっつけているとしたら、大変なものは避けたいと思うので、それに準じた行動を無意識に取ってしまいます。しかしそれとは反対に、仕事はわくわくするもの、というイメージをくっつけているとしたら、きっと仕事に行くのが毎日楽しいに違いありません。


では、仕事は「大変なもの」というイメージがあるとしたら、その理由は何でしょうか?

もしあなたが思い当たるところがなければ、それはあなたの潜在意識に刻まれた思い込みが問題かも知れません。たとえば、もし、あなたのお父さんが毎日仕事から帰って来て、「ああ、疲れた。大変だ」と言っていたとしたら、あなたの潜在意識には、「仕事はお父さんを大変にさせるもの。仕事は大変なもの」というイメージが刻まれていきます。


また、お母さんがいつもお父さんの仕事のことや稼ぎのことで文句を言っていたとした場合、それも同じような結果をもたらします。「ちゃんと仕事しないと、しっかり稼がないと、家族を苦しめてしまう」というプレッシャーをあなたの潜在意識は感じているかも知れません。


では、お金はどうでしょう?
あなたの中で、お金に対して否定的なイメージはありませんか?

あなたの中で、お金は「怖いもの」というイメージがあるとしたら、あなたは無意識のうちに怖いものを避けるでしょう。あるいは、お金に「安心する物」とイメージを持っているとしたら、それは「お金がないと不安」という心理を映し出しているので、そういう人は、お金に「ないと不安になるもの」というイメージを同時に持っていることになるのです。


つまり、望んでいるのに、欲しいのに、手に入れたいのに入らないものがあるとしたら、そんな風に何かしら否定的なイメージがくっついて、それなら「要らない」というメッセージを送り出してしまっている可能性があるのです。


恋愛や結婚についてはどうでしょう?

もし、あなたがなかなか結婚ができないのは、結婚に「束縛」「大変なもの」という否定的なイメージを潜在意識の中に持っているからかも知れません。とすると積極的にそれを求めようとしませんし、あるいは求めることがあっても「束縛」「大変なもの」へ発展しそうな相手を無意識のうちに選んでしまうのです。


そのように、本当は自分の望むものを手に入れたいのに、それを手に入れられない、あるいは望んでいないものを手に入れているということがあるとしたら、そういう心のからくりがあることを考えてみるのも”幸せな将来”を生きる大切な手掛かりになるかも知れません。


今日の一言: 幸せな将来を手に入れよう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.03.17 19:23 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.