LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#373「銃乱射事件」1 

銃乱射事件



2月14日の午後2時半ごろ、フロリダ州パークランドの高校で銃乱射事件があり、少なくとも17人が死亡、14人が病院に搬送されたとのことです。


メディアによると、同高校の元生徒による犯行だったようで、同高校を退学処分となっていた容疑者は校内の火災報知機を鳴らし、混乱を引き起こした後に銃を乱射したとみられています。容疑者が多数の生徒を標的にするために、周到に計画していた様子が想像できます。

アメリカでは過去にも学校で銃乱射事件が繰り返し起きており、多くの犠牲者が出ています。


1999年4月、コロラド州のコロンバイン高校で男子生徒2人が図書館などで銃を乱射し、教員と生徒13人を射殺しました。


 2007年4月にはバージニア州のバージニア工科大学で男子学生が銃を乱射し、学生や教員32人を殺害しました。


 2012年12月、コネティカット州のサンディフック小学校で男が校舎へ侵入し、児童ら26人を殺害しました。男は学校侵入前に自宅で母親を射殺していました。


2013年6月には、カリフォルニア州のサンタモニカ・カレッジやその周辺で男が通行人などに銃を発砲し、5人が死亡しました。

 

アメリカの調査団体のガン・バイオレンス・アーカイブによると、2017年は12月20日時点で1万4968人が射殺されたとのことです。1日あたり平均42人が銃で撃たれて死亡した計算です。2016年は1万5088人でほぼ横ばいですが、2014年の1万2564人と比べれば二割も増えた計算になります。


昨年10月にはラスベガスで58人が死亡、500人以上が負傷した米史上最悪の銃乱射事件があり、続いて11月にはテキサス州の小さな教会で男が銃を乱射し26人が死亡。またカリフォルニア州北部の小学校などでも4人が死亡する事件が立て続けに起こりました。


アメリカでは銃の乱射事件が起きる度に銃規制の必要性が叫ばれ、規制強化に動こうとしますが、議会では法案の採決さえ共和党の反対などで見送られてきました。それは圧倒的な集票力を持つ銃ロビー団体、全米ライフル協会(NRA)が政界に絶大な影響力を持っているからです。


聖書には、終末時代の一つの兆候として、「民族は民族に、国は国に敵対する」「方々に飢饉と地震が起こる」「不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷える」と記されていますが、まさに今の時代はこの預言を彷彿とさせるような現象で満ちています。


確かに、今の世は不法がはびこり、人々の愛が冷えていると言えます。世界中で命の奪い合い、権力の奪い合い、利益の奪い合い、名誉名声の奪い合い、あらゆるものの奪い合いがなされています。


特に人の命が簡単に奪われるようになったことは、人間の尊厳が失われていることがその根本の原因ではないかと思います。


私たちは、どのようにして人の命の価値を測るでしょうか。私たちは、それぞれ人の命の価値を量る秤を持っています。そして人の命を低く値踏みする秤を持っている人は、人の尊厳を認めることができず、人の命をあまりにも軽々しく扱い、粗末にしてしまうのです。


主イエス・キリストは、人の命は全世界の富よりも尊いものであることを教えられました。全世界の富をもってしても、たった一人の人間の命を買い戻すこともできないのです。人間の命がいかに大きな価値があるかということです。


多くの人々が、イエス・キリストの十字架を通して人の命の尊さ、人の尊厳を認めることができれば、この世界はどんなに平和な世の中になることでしょうか。



今日の一言:人の尊厳を認めよう


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.02.17 05:38 | お知らせ

牧師室より#372「境界線とは何か」 

『境界線とは何か』


最近は「境界線」という言葉をよく耳にします。英語では「バウンダリー」と言いますが、「地境」とか「地所」また「限界」という意味があります。心理学では、「自分の責任と他人の責任の境界線」という意味です。


たとえば、私がアパートに住んでいるとします。アパートには壁があり、壁の内側にあるものはすべて私の責任です。では、もし私のアパートにネズミが入って来たとしたら、それは私の問題でしょうか? それとも隣りの人の問題でしょうか? それは私の問題です。


私が住んでいる場所は、私の問題であり、私のネズミです。このネズミを私の家から取り除くのは隣の人の責任ではありません。私の家に入って来たネズミを退治するのは、私の責任です。なぜなら、そこには地境があるからです。


ある日、ネズミは私の地境を越えて隣りの人のアパートに入って行きました。では、今はこのネズミは誰の問題でしょうか。隣りの人のネズミは、隣りの人の問題です。これは難しい概念ではなく子供にも理解できます。これが自分の地境、地所というものです。


私たちはそれぞれ、いろんな問題を抱えて生きています。クリスチャンは、よく他人の面倒をみます。ところが、自分の人生をちゃんと面倒みないで、他人の世話に走り回るとしたらどうでしょう。やがて自分が大きな問題を抱えることになり、人助けどころではなくなります。


ですから、私たちのすべきことは、自分に任せられたものをちゃんと管理し、それを増やして、他者に与えていくことです。このように、境界線というのは、単に距離を置くという言葉ではなく、「自分は何か、どういう存在であるか」を定義する言葉なのです。


境界線は、人間の皮膚に似ています。皮膚は私たちが白人であるか、黒人であるか、東洋人であるかを明らかにするように、境界線は自分がどういう人間かを定義してくれます。また、私たちの大事なもの、つまり私たちの心と思いを守ってくれるのです。


また、言葉も私たちを定義する境界線です。皆さんが自分の好き嫌いを相手に伝えたとき、皆さんは境界線を引いていることになります。つまり、自分は何を好み、何を好まないかを伝えることが、自分を定義する境界線になるのです。


ある奥さんは、夫に対して、自分がどんな映画が好きで、どんな映画が好きじゃないかを一度も言ったことがありませんでした。二人が映画に行くと、夫は「何の映画を見ようか」と言います。奥さんは「あなたが見たいもので良いわ」と言います。


夫は男性なので、「僕は、アクション映画を見たいな」と言います。奥さんは「いいわよ」と言って、ご主人と一緒にそういう映画を見ます。しかし、彼女はそういう映画が大嫌いでした。でも彼女はそのことを一度も言ったことがなくて、ご主人に「あなたが見たいもので良いわ」と言っていたのです。


しかし、あるとき彼女は、彼女の牧師からこう言われました。「それは、嘘をついていることになりませんか?」 彼女は「そうです」と答えました。牧師は「ご主人に、自分が見たい映画は何であるか、はっきり言ってみてはどうですか?」と言いました。


彼女は「それはできません」と答えました。「では、あなたは、もっとアクション映画を見たいのですか?」「それはもうイヤです」。「じゃあ、あなたはどんな映画を見たいのですか?」「私はロマンチックな映画が見たいです」。「ならば、そうご主人に言ってごらんなさい」。


そこで彼女は、勇気を出して自分の好みをご主人にはっきり言いました。それ以来、彼らは、ご主人と奥さんの好みの映画を交互に見るようになったそうです。


ここに原則があります。もし、あなたが全く境界線を引かなければ、あるいは、もし誰にもあなたが本当に感じていることを言わなければ、どうなるでしょう? 色んな人があなたの心をかき乱すことになるのです。


しかし、もしあなたが境界線を引くならば、つまり、「これが私の愛するものであり、これが私の我慢できないものです。これが私のしたいことであり、これが私のしたくないことです」と伝えれば、あなたの心は守られるのです。


聖書に素晴らしい御言葉があります。箴言4:23です。「油断することなく、あなたの心を守れ。命の泉はこれから流れ出るからである。」


つまり、あなたが正しく境界線を引くならば、あなたの心を守ることになるのだということです。



今日の一言:正しい境界線を引こう



鶴田健次


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.02.10 03:16 | お知らせ

牧師室より#371「感謝の心」_convert_20180203005359 

『感謝の心』


 ところで、皆さんはどれくらい頻繁に感謝の言葉を口にしますか? 私たち日本人はあまり感謝の言葉を口にしない民族かも知れませんね。しかし、感謝する心を持って、感謝の言葉を口にすることは計り知れない益を私たちの人生にもたらすものです。


 では、私たちがもっと感謝を表わす人になるにはどうしたらいいでしょうか?


 まず第一に、もし私たちが感謝をしたいなら、私たちが持っているものはすべて神からのものであることを覚えることが大切です。私たちが持っているすべてのものは神のものであり、私たちのものではないことを認めることです。


「地とそれに満ちているもの、世界とその中に住むものは主のものである。」(詩篇24:1)


 私たちがこれを認めるなら、神が私たちが持っているすべてのものを私たちに貸しておられるということは大きな特権であることを思い起こさせてくれます。


 第一コリント4:7は、「あなたには、何か、神からもらったものではないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか」と言っています。


ひとかたまりのパンを与えられた貧しい男の物語があります。彼は、そのパンをくれたパン屋に感謝しました。しかし、パン屋は言いました。


「私に感謝しないでください。小麦粉を作った粉屋に感謝してください。」 


そこで彼が粉屋に感謝をすると、粉屋は言いました。


「私に感謝しないでください。小麦を植えたお百姓さんに感謝してください。」 


それで、彼はお百姓さんに感謝しました。しかし、お百姓さんは言いました。


「私に感謝しないで下さい。神様に感謝してください。神様は土に日光と雨と豊かさを与えて下さいました。だから、あなたには食べるパンがあるのです。」


 私たちが所有するすべてのものは、究極的には神から受けたものですから、私たちは神に感謝しなければなりません。


 ヤコブ書1:17は、「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません」と言っています。


 第二に、もし私たちが感謝をしたいなら、不平不満を慎む必要があります。私たちが不平不満を言うことを止め、その代わりに神に感謝を捧げるなら、私たちの生活の質が改善することでしょう。


 デール・ロビンス博士は、このように書いています。


「私は、かつては人々が不満を口にするのは、彼らには多くの問題があるからだと思っていました。しかし、私は彼らが不満を言うから問題があるのだということに気づきました。不満を口にしても何も変わらないし、状況を良くはなりません。むしろ欲求不満を増幅し、不満と不一致を広げ、私たちの人生に破壊をもたらす悪魔の誘いを呼び込むことになるのです。」


 不平不満は私たちを惨めにします。不平不満は、感謝をすることの宿敵です。この二つは、同じ心の中で共存することはできません。ですから、もし不平不満を言いたくなったら、不平不満を言う代わりに、神を賛美してみて下さい。そうすれば、あなたの人生は変わります。


 第三に、私たちが感謝の心を育てるために出来ることは、感謝を捧げるための日々の訓練をすることです。感謝をする人になるために、私たちは毎日、感謝すべきものを見つけ、神に感謝を表わすことで自分自身を訓練するのです。


エペソ書5:20は、「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい」と言っています。「いつでも」というのが鍵言葉です。


 最近、読んだことですが、もしあなたが 今朝、病気より健康で目が覚めたとしたら、あなたは一週間を生き残れないであろう100万人の人よりも祝福されています。


 もしあなたが 戦争の危険や、投獄の孤独、拷問の苦しみ、あるいは飢餓の痛みを経験したことがなければ、あなたは地球上の5億人の人々より幸運です。


 もしあなたが冷蔵庫の中に食物を、背中に洋服を、頭上に屋根を、ポケットに20ドルを、そして寝るための場所をお持ちなら、あなたは世界の75パーセントの人々より金持ちです。 


 私たちは、なんと多くの感謝すべきものを持っていることでしょうか。



今日の一言: いつも感謝の心をもってすべてのことに感謝しよう



鶴田健次


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.02.03 00:54 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.