LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#348「すべての問題は自分のせい」_convert_20170818215329 

今日は、'すべての問題は自分のせい’ということについて考えてみました。


皆さんは、家庭や職場や学校、またあらゆる人間関係において何かの問題が生じたとき、それを誰のせいにしますか? ほとんどの人は、問題をすぐに人のせいにしやすいものです。もちろん、問題の中には、それが本当に誰かのせいである場合もあるかも知れませんが、実際、問題を人のせいにすることで自分に益をもたらすことは少しもありません。


時どき、怒りと憎しみに満ちた心で、自分がこんなに辛い人生を送っているのはあの人のせいだ、と言って恨み、嘆き、悲しみ、復讐心を燃やしている人がいます。しかし、怒りと憎しみは、自分の心を蝕み、人生を台無しにしてしまいます。


聖書の中に、「あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福すべきであって、のろってはいけません」という言葉があります。また、「だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい」とも言われています。


ですから、たとえ問題が他人のせいであっても、それを自分のせいと受け止めることができれば、その人の人生は豊かで意義深いものになっていくに違いありません。


箴言10:12には「憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう」とあります。また、ペテロの第一の手紙4:8には、「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです」とあります。


目の前の問題を自分のせいにすると、自分が謙遜になります。ところが、人のせいにすると傲慢になります。教会の中で生じる問題も、人のせいにすると裁き合うようになり、教会が傷つきますが、自分のせいにすると、謙虚になり、祈りへと導かれ、教会の徳を高めることになるのです。


私たちは、目の前の問題を自分のせいにすると、神様から助けを求めるようになります。すると神様の素晴らしい助けの手が差し伸べられ、思いもしない祝福が注がれるようになります。


ニューヨーク市の歴代の市長の中で、誰よりも多くの人々から尊敬されたラ・ガーディアという市長がいました。彼は市長になる前、ニューヨーク市の裁判所の判事でした。あるとき、パンを盗んだ罪で逮捕され、起訴された老人の裁判をしました。


彼はその老人に、「なぜパンを盗んだのか?」と問いただすと、その老人は涙声で「何日も食べれなくて、あまりにもお腹がすいていました。パン屋の前を通る時、いつの間にか自分の手がパンを盗んでいました。本当にすみません」と言いました。


裁判長は「あなたの罪は10ドルの罰金刑に該当します」と、判決を下しました。それから裁判長は自分の財布から10ドルを出して、「罰金の10ドルは私が代わりに払います。彼のように食べるものがなくてお腹のすいた人がニューヨークの街角をさまよっていることを私は知らずに、今まで美味しいものをたくさん食べました。その罪によってこの罰金は私が支払います。この人がパンを盗んだのは、この人のせいではなく、私のせいです。私は良いものを食べ、良い服を着、良い家に住む豊かな判事として、彼らの生活を顧みませんでした」と言いました。


そして彼は、傍聴席を見ながら、「私のような罪人と一緒に罰金を払って下さる方はいらっしゃいませんか?」と言って、自分の帽子を傍聴席に座っている人々に回しました。すると、その場で47ドルが集まりました。彼はそのお金を老人に渡しながら、「もう二度とパンを盗んではなりません。このお金でパンを買って食べてください」と言いました。


その老人は感激の涙を流し、裁判所を去りました。それから後、ラ・ガーディア判事はニューヨーク市長になりました。このように、私たちはこの世を生きながら、周りの問題を自分のせいであると受け止めると、自分が砕かれ、悔い改め、謙遜にへりくだり、神様の助けを求め、神様の恵みをいただくようになります。


ですから、人生の糸がもつれた時、それを人のせいにすると人生はもっともつれます。しかし、自分のせいにすれば、必ずそのもつれは解けるようになるという不思議な法則を忘れないでいただきたいと思います。



今日の一言: すべての問題は自分のせい


鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.08.18 21:56 | お知らせ

牧師室より#347「障害者は邪魔者ではない」_convert_20170812075820 


今日は、'障害者は邪魔者ではない'ということについて考えてみました。


一年前に神奈川県の知的障害者福祉施設で19人もの人が殺害されるという、おぞましい事件がありました。第二次世界大戦後の日本で発生した殺人事件としては犠牲者の数が最も多いだけでなく、重度の知的障害者はいない方が良いと言う男性による大量殺人であったことが日本社会に大きな衝撃を与えました。


この事件は、海外でも大きく報道されました。治安の良い日本で起きた残虐な大量殺人であること、そして障害者がターゲットとされたことがその理由でした。


私たちの社会は弱肉強食ではないのです。ルールがあり、マナーがあるのです。順序を守って並ぶ。高齢者には席を譲る。自分のことだけでなく、もっと他の人のことを考える。それが動物とは違う人間社会のあり方です。

子どもたちにケンカは付き物かも知れません。ケンカは両成敗が基本です。しかし、いじめは両成敗ではありません。被害者を守り、加害者を指導しなければなりません。


さらに、障害児に対するいじめは絶対に許されるものではありません。特に学校という教育の現場において、障害児に対して、その障害のゆえのいじめが起きたとしたら、それは大きな問題であり、普通のいじめ以上に、加害者は強く指導される必要があります。


しかし、いつの世にも、どこの世にも、障害者差別はあります。人は、障害者を差別するのです。なぜでしょうか? それは、障碍者であれ、お年寄りであれ、弱い人を見る視点が間違っているからです。


エドナ・マッシミラの『天国の特別な子ども』というタイトルの詩をご紹介しましょう。


会議が開かれた。地球からはるか遠くで。
『次の赤ちゃんの誕生の時間ですよ』
天においでになる神様に向かって、天使たちは言いました。
『この子は特別の赤ちゃんで、たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長はとてもゆっくりに見えるかも知れません。
もしかして一人前にはなれないかも知れません。
だからこの子は下界で出会う人々に、
とくに気をつけてもらわなければならないのです。
もしかしてこの子の思うことはなかなか分かって貰えないかも知れません。
何をやっても上手くいかないかも知れません。
ですから私たちは、この子がどこに生まれるか、
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が、幸せなものとなるように。
どうぞ神様、この子のために素晴らしい両親をさがしてあげて下さい。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を…
その二人は、自分たちに求められている特別な役割を、

すぐには気がつかないかも知れません。
けれども天から授けられたこの子によって、やがて二人は、

ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。
そして、自分たちに与えられた特別の神のおぼし召しを悟る

ようになるでしよう。
神から贈られたこの子を育てることによって、柔和でおだやかな
この尊い授かりものこそ、天から授かった特別な子どもなのです。』


障害者は邪魔者でも迷惑な存在でもありません。世の中のデタラメな価値基準は障害を持った人を、役に立たない存在として扱いますが、神の支配にある世界での位置づけは、自分は健全だと錯覚をしている人々の訓練のためだということです。


愛の足りない、忍耐のない、寛容さの足りない、自己中心な人を訓練するために、神は弱い人々を特別に用いようとしてらっしゃるのです。家庭の中に弱い存在がいると、その家庭は健全になると言われます。本当に大切な事を考え、大事なものを見つめ、人と比較してではなく、その子をその子として見つめるようになるからです。


競争社会の今日において、何かが出来るから価値のある人間なのではなく、何かが出来ても出来なくても、その人の存在そのものに価値があるのだということを再認識したいと思います。なぜなら神がその人を価値ある存在として造られたからです。それを証明するために、神はご自分の独り子の命を犠牲にされました。そこに人間の価値の根拠があるのです。


今日の一言:弱い人を大切にしよう。


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.08.12 07:58 | お知らせ

Hamulton.png 


今日は、'本物'ということについて考えてみました。


ヘレン・ケラーは、2歳の時、病気によって目と耳と口が不自由になりました。まさに三重苦です。目が見えないだけでも本当に大変なことですが、ヘレン・ケラーは、目が見えないばかりでなく、耳が聞こえず、口もきけなかったのです。


しかし、やがて彼女は『奇跡の人』と呼ばれるようになりました。それは、彼女の三重苦が癒されたから奇跡の人と呼ばれたのではありません。目も耳も口も癒されませんでしたが、それにもかかわらず、サリバン先生という良き助け手を与えられ、筆舌に尽くしがたい努力をして学問を身につけ、三つの博士号を取り、三ヶ国語をマスターし、講演の依頼が世界中からやってくるようになり、人々はそんな彼女を『二十世紀の奇跡の人』と呼ぶようになったのです。


そんな彼女がこんな事を言っています。‥‥「私は自分の障害を神に感謝している。そのことによって私は自分自身を見出し、神の仕事を見出し、自分の神を見出したからである。」 


これこそ、まさに奇跡です。三重苦が癒され、奇跡を経験出来たとしても、彼女は『奇跡の人』とは呼ばれなかったでしょう。また、これ程までに世界中の人々に勇気と、励ましと、生きる希望を与えることもなかったでしょう。


彼女は、自分の障害を「神に感謝している」と言いました。いったい誰が、そのような障害を持って神に感謝できるでしょうか。やせ我慢でしょうか。もちろんそうではありません。霊的な目が開かれて、神の真理と神の計画を知り得た者がはじめて言える言葉です。


「そのことによって私は自分自身を見出し、神の仕事を見出し、自分の神を見出すことができた。だから私は、自分の障害を神に感謝しているのです」と彼女は言うことができたのです。これはまさに本物の信仰がもたらし得る世界です。


そんな経験をしたもう一人の人を紹介します。べサニー・ハミルトンというハワイに住む若い女性サーファーです。彼女は2003年10月、13歳の時、サーフィンの練習中にサメに襲われました。咬まれた痕から推定すると彼女を襲ったサメはタイガーシャークで15フィート(約4メートル半)の大きさだったそうです。サメは彼女の後ろから襲いかかり、彼女の肩から下の左腕を噛み切りました。その後、彼女は病院に運ばれ、幸いにも一命を取り止める事が出来ました。


将来を嘱望(しょくぼう)されていた彼女は、深い暗闇の中に突き落とされた心境でした。しかし、熱心な信仰の持ち主であった彼女は、腕を失ったことに押しつぶされませんでした。世界中から送られてきた彼女の手術のための義援金を、担当の臨床心理医が盲目である事を知ると、彼の目が見えないのは私が腕を失ったよりもひどい事だと言って、彼の目の手術のためにそれを使って欲しいと申し出ました。また、12月のニューヨークで、地下鉄の入り口のホームレスを見て、着ていたスキージャケットを与えるということをしました。


日常生活でも、彼女は太ももにビンを挟んで右の手でふたを開けたり、床に座って踵でオレンジを挟んで皮をむいたりしながら、ほとんどの事を自分でやり遂げてしまいます。彼女はこのような障害がありながらも、世界一のサーファーになることを目指して励んでいます。彼女は『なぜ、私がこんな目に?』とは言いません。また、もがれた腕のところを何かで隠すこともしません。彼女にとっては、失われた腕は隠された祝福だと彼女は言います。


一体、彼女のどこにこんなエネルギーがあるのでしょうか。それは、「神は私の人生に素晴らしい計画を持っておられる」という神の約束に対する絶対的な信仰がそのエネルギーの源だと彼女は証しをします。


この本物の信仰者らしい生き様に感動し、励まされる若者たちが世界中に何万人も起こされ、テレビ出演の依頼、講演の依頼、本の出版、映画の話と、対処しきれずにマネージャーを雇うほどになったそうです。


彼女の教会の牧師が、「彼女は笑みを絶やしません。未来に期待し、人生を楽しみ、人生は喜びで満ち溢れていることをどのようにして世の人々に示す事が出来るかを、いつも彼女は考えています。神が自分に最善を導いておられるという信頼が彼女の基本にあるんです」と言っておられます。


あなたの目は本物が見えますか? あなたの人生に用意されている神の計画が見えますか? あなたも本物の信仰をもって、あなたの本当の人生を見出して下さい。


今日の一言: あなたの目は本物が見えますか?


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨





2017.08.05 05:03 | お知らせ

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.