fc2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 10152021.jpg

愚か者の唇はその身を滅ぼす

  

今日は、旧約聖書の伝道者の書10章を読み、瞑想しながら、色んな思いを主から頂きました。こうして祈りと御言葉を通して主の無尽蔵の知恵に触れられるということは、何という幸いであり特権でしょうか。

 「死んだはえは、調合した香油を臭くし、発酵させる。少しの愚かさは、知恵や栄誉よりも重い。」(伝道者の書101

ここでは、少しの愚かさが、死んだはえに例えられています。もし一匹のハエが調合した香油の中に落ちて死ねば、悪臭を放ち香油全体を損ねてしまいます。同様に、少しの愚かさと過ちが生涯をかけて築いてきた名誉を一瞬のうちに失わせ、人生を台無しにしてしまうことがあるということです。本当にその通りですね。

神は全世界の人々の営みを見渡し、そのような人生を送る人がいることをご覧になり、このような警告を与えておられるのです。ですから、私たちは小さい愚かさにも陥らないように注意し、油断することなく自らの心を守らなければなりません。そして、もし何か過ちや失敗があっても、早く悔い改めて主に立ち返り、その過ちの悪影響から抜け出さなければならないのです。

私は、日の下に一つの悪があるのを見た。それは権力者の犯す過失のようなものである。 愚か者が非常に高い位につけられ、富む者が低い席に着けられている。 私は奴隷たちが馬に乗り、君主たちが奴隷のように地を歩くのを見た
。」(伝道者の書1057

王でなければならない人が奴隷のようになり、富んでいなければならない人が貧しくなり、神が定めておられる権威と秩序が壊れて、あべこべになっている状態をソロモンは嘆いています。

つまり、神が一人ひとりに与えておられる召しを忘れ、自分が召されていないことに心が向いてその働きをすることほど悲惨なものはないということです。

もし斧が鈍くなったとき、その刃をとがないと、もっと力がいる。しかし知恵は人を成功させるのに益になる
」(伝道者の書1010

鈍くなった斧の刃をとがなければ、もっと大きな力が必要になります。ですから、熟練の大工はいつもカンナやのこぎりを研いで、使う時に、あまり力を使わなくてもいいようにするのです。

同様に、日ごろ神の知恵を得ようと心掛けておれば、試練の時や決定的な瞬間に、あまり苦労もなく神を喜ばせる信仰生活に戻れるものです。ところが反対に、たとえどんな理由であれ、日ごろ神の知恵を得ることを怠るなら、試練を乗り越えるとき、錆びた斧で木を切るように、大変な苦労をすることになるのです。

知恵ある者が口にすることばは優しく、愚かな者のくちびるはその身を滅ぼす。彼が口にすることばの始まりは、愚かなこと、彼の口の終わりは、みじめな狂気。愚か者はよくしゃべる。人はこれから起こることを知らない。これから後に起こることをだれが告げることができよう。愚かな者の労苦は、おのれを疲れさせる。彼は町に行く道さえ知らない
」(伝道者の書101215

ここでは、愚か者の語る言葉の弊害が述べられています。賢い者は、自分の無知、人間の知恵の限界をわきまえて言葉を慎重に選びます。しかし、愚か者は自分の限界もわきまえずに多くを語り、人間の知り得ない将来のことまで知っているかのように弁じたてます。愚か者は、自分の知らないところに従って労するので、その労苦は実を結ばず、ただ自分を疲れさせるだけです。愚か者は、目の前にある目標(町)すら知らないのです。


今日の一言: 小さな愚かさが人生を台無しにする



鶴田健次

 

 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.10.15 14:36 | 鶴田健次牧師より

10092021.jpg 


あなたはこれをどう思う?

 

「ワクチン・予防接種」といえば、あなたはどんなイメージを持っていますか?

多くの人は、ワクチンのことを「危険な感染症から守ってくれるもの」として認識しています。また「ウィルスに感染しないために絶対必要なもの」と思っています。主流メディアだけを情報源としている人にとっては、それが当然の認識だと思います。

WHO (世界保健機構)をはじめ、世界各国の医療機関の多くは、ワクチンを安全で効果的な予防医療として推奨してきました。しかし、果たしてワクチンは本当に安全で信頼できる医療行為なのでしょうか。主流メディアの情報だけに頼っている人たちは、残念ながら、報道されない数々の薬害事件などについて知る機会がありません。

 

ワクチンは、さまざまな伝染病に有効とされ、世界中に広まっていますが、調べていくうちに、実は、その裏側では、多数のワクチン禍が起きているのです。

 

WHOは、世界での伝染病撲滅を掲げ、莫大な予算を投入し、いろいろなワクチンを世界中で普及させようと努力しているので、そんなことはあるわけがないと思う人たちが多数派かも知れません。それ程までに、ワクチンが病気の予防になる安全なものであるというのは、いわば常識になっています。なぜなら、この常識は、これまで繰り返し、学校や病院、新聞やテレビを通して伝え られてきたからです。

 

しかし、ここでは一旦、その常識を白紙に戻して、以下のビデオをご覧ください。これらは主流メディアがひた隠しにしてきた新型コロナワクチン情報の一部です。

 

 

ワクチンの第一人者による新型コロナワクチンの危険性に関する説明

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39429216

 

 

アメリカの国立病院の内部告発スクープ

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39370791

 

 

あなたは、これをご覧なってどう思われましたか? これをどう思うかはあなたの自由です。人によっては、これらのビデオで語られていることは事実ではない(事実そうかも知れません)、自分は主流メディアの情報を信じる、という方々もおられるでしょう。それは個人の自由で、尊重されるべき権利であり特権です。

 

しかし、ここであなたに考えていただきたいことは、もしこれらのビデオが作り話で、真実でないとしたら、なぜ彼らは身の危険を冒し、仕事を失い、生活に多くの制限を受けることを分かっていながら、このような事を主張するのでしょうか? あなたは論理的かつ合理的な説明ができますか?

 

あるいは、それとは反対に、もし主流メディアが真実を隠蔽し、嘘の情報を人々に流しているとすれば、彼らは何のためにそうしているのでしょうか? また、どんな目的のためにこのような偽りの情報で人々を騙すのでしょう? 少なくとも、あなた自身を納得させる論理的な理由をお持ちですか?

 

もし、その答えをお持ちでないなら、ぜひじっくりと考えてみてください。これは今の世の現実を知る非常に重要な事柄だからです。

 

クリスチャンであれば、聖書の歴史観、世界観、また終末預言をご存知だと思いますが、世界文明の源流はバビロン文明であり、全ての文明はその本質を受け継いでいます。そして現代文明もバビロン文明の写しであり、その本質は神への敵対です。


この世は悪の支配下にあります。もしこの世を善なるものとして受け止めるなら、間違いなく時代を読み間違えてしまいます。私たちは、この世の代理である各国政府、またその広告塔である主流メディアもその本質は神への敵対だということを忘れてはならないと思います。

 

聖書は、世界政府の出現を預言しています。では、世界中の国々、また人々を一つにまとめるのに、どんな方法が用いられるのでしょうか? これ以上の話はここでは控えますが、新型コロナ、ロックダウン、それに対する経済支援、ワクチン、これらすべては共通の結果をもたらしていると思いませんか? よく考えてみてください。

 

聖書的に今がどういう時代かが解かれば、おのずと私たちの生き方が決まります。この終わりが近い時代に生きる私たちは、聖書に基づいて、正しく時代を読み、主の再臨に備え、最も大切な福音宣教の業に励む者でありたいと思います。なぜなら、そこにしか本当の解決の道はないからです。

 

 

今日の一言: 聖書を基にして正しい判断をしよう

 

 

鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.10.10 01:03 | 城壁の見張り人

10052021.jpg

人生における最高の投資 


「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。」(2コリント418

私たちは、どうでもいいような事のために、どれだけ多くの時間とエネルギーを浪費していることでしょうか。それに比べて、永遠のためには使う時間とエネルギーは僅かです。私たちは、決して一時的なもののために人生を無駄にすべきではないのです。

 

イエス・キリストは、「手をすきにかけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくないものである(ルカ962) と言われました。また、使徒パウロは、「世の富を用いる者は用いすぎないようにしなさい。この世の有様は過ぎ去るからです(1コリント731)」と警告しています。

あなたは永遠に関わる使命をお持ちですか? その使命をどれだけ大事なものとして日々の生活の中に取り入れておられますか? もし、あなたが永遠に関わる使命を持ちながら、その使命を大切にすることを邪魔しているものがあるなら、それが何であれ、それを手放しましょう。

 

ヘブル書の著者は、「私たちも、いっさいの重荷とまとわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競争を忍耐をもって走り続けようではありませんか(ヘブル121)」と言っています。

富に執着しやすい私たちは、どうしたらその執着を脱ぎ捨てることができるでしょう。脱ぎ捨てるだけでなく、どのように最高の形で将来に投資できるでしょうか。最も誤解されたイエス様の言葉ですが、「不正の富で、自分のために友をつくりなさい。そうしておけば、富がなくなったとき、彼らはあなたがたを、永遠の住まいに迎えるのです(ルカ169)」と、イエス様はおっしゃいました。

もちろん、イエス様は、あなたがお金で友達を買うことを言っておられるのではありません。イエス様が意味されたことは、神があなたに与えられたお金を、人々をキリストに連れて来る目的のために用いるべきであるということです。そうすれば、彼らはあなたの永遠の友となり、あなたが天国に着いたときにあなたを歓迎してくれるのです。これは、あなたに出来る最高の投資です。

私たちは、死ぬ時にお金を持って行くことはできませんが、聖書は、天国に行く人々のために投資をすることによって天に宝を蓄えることができると言っています。聖書はこう言っています。

 

「自分のために、本当の宝を天に積むことになるのです。これこそ、未来に備える、ただ一つの絶対に安全な投資です。また、そうする人は、この地上でも、実りあるクリスチャン生活を送れるのです(1テモテ69)」(リビングバイブル)

あなたも、一時的で無意味なことのために富を浪費しないで、天に宝を積む賢い投資をしましょう。



一言: 天に宝を積む人生こそ最高の投資


鶴田牧師


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.10.05 23:56 | 鶴田健次牧師より

92321_convert_20210924144616.png


自分を変える

 

 

 

あなたは自分を変えようと試みたことがありますか?

その結果はどうでしたか?

自分を変えるのは簡単ではないと思いませんか?

 

クリスチャンにとって、自分を変える一番良い方法は、自分の古い生活習慣を捨て、イエス・キリストの生き方を新しい習慣として取り入れることだと言えます。これがどんな自分の努力よりも効果のある方法です。エペソ書42224にこう書いてあります。

「すなわち、あなたがたは、以前の生活に属する、情欲に迷って滅び行く古き人を脱ぎ捨て、 心の深みまで新たにされて、真の義と聖とをそなえた神にかたどって造られた新しき人を着るべきである。」


神は、私たちを即座に変えることもお出来になりますが、ゆっくり私たちを開発する方法を選んでおられるようです。イエス様は、ちょうど神がイスラエルの民に『約束の地』を“少しずつ”占領させていかれた(申命記722)ように、弟子たちの訓練においても慎重でした。神は私たちの人生にも段階を追って働かれることを好まれるのです。

では、なぜ私たちが変わり、成長するのに、そんなに時間が掛かるのでしょうか。4つの理由を考えてみました。

① 私たちはゆっくりとしか学べない者だからです。

私たちは、問題の原因をすぐに他人のせい、また状況のせいにしてしまうので、同じ問題を繰り返す傾向があります。私たちは、何かをちゃんと身につけるには、何十回も一つのレッスンを学び直さなければなりません。その中で、本当の問題が何であるかを学ぶのです。イスラエルの歴史は、私たちが如何に神からのレッスンを忘れてしまい、すぐにまた古い行動パターンに逆戻りしてしまうかを例証するものです。私たちは何度も同じ経験をしなければ学べない者なのです。 

② 私たちに捨て去るべきものがたくさんあるからです。

多くの人がカウンセラーのもとに行き、長年に渡って生じた内面の問題をすぐに直してもらおうと期待しますが、実際には、それが直るには時間がかかります。私たちの問題のほとんどは、また悪い習慣のすべては、一夜にして身に付いたわけではないので、即座に改善されるものではないのです。悪い習慣を取り除き、良い習慣と入れ替えるためには骨の折れる取り組みが必要になります。聖書はこれを、「古い自分を脱ぎ捨てて、新しい自分を着ること」と呼びます。たとえ私たちが信仰によって新しくされても、取り除かれ、入れ替えられるべき古い習慣や行動パターンが私たちの中にまだたくさん残っているのです。 

③ 成長は、しばしば痛みと恐れが伴うものだからです。

変化のない成長などありませんし、恐れと損失のない変化もありません。また、痛みのない損失もありません。すべての変化は、ある種の損失を伴うものです。私たちは、新しいものを経験するために古いものを手放さなければなりません。しかし、私たちはこれらの損失を恐れるのです。たとえ私たちの古い習慣が自分に害をもたらすものであっても、それらは擦り減った靴のように、少なくとも馴染み深い快適さがあるので替え難いのです。 

④ 良い習慣は、身に付けるのに時間がかかるからです。

私たちの性格は、すべての習慣の総和であるということを知る必要があります。私たちは習慣的に親切でなければ自分を親切だとは言えません。私たちはいつも正直でなければ自分を誠実とは呼べません。私たちの習慣は、私たちの性格を定義するのです。 
 
自分を変えるということは、今までとは違う新しい習慣を身に付けるということです。新しい習慣を身に付けるには一つの方法しかありません。それは、その習慣を実践し続けることで、その習慣が借り物ではなく自分のものになるということです。それには時間がかかります。即座に身に付く習慣はありません。その事で、パウロは弟子のテモテにこう言っています。「すべての事にあなたの進歩があらわれるため、これらの事を実行し、それを励みなさい」(1テモテ415

 


今日の一言: 新しい習慣を身につけよう



鶴田健次

 

 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.09.24 14:47 | 鶴田健次牧師より

91521_convert_20210916024625.png

 

セルフコントロール(自制)の大切さ

 

 

今日は、「セルフコントロール(自制)」の大切さについて考えてみました。

 

 

自制をできる人は自分の気持ちを支配します。

彼らは気分に支配されたりはしません。世界でなされてきたほとんどのものは、たとえそれをする気分でなくても、それを実行に移す人々によって成し遂げられています。「自分の心を制することができない人は、城壁のない、打ち壊された町のようだ。」(箴言2528

 

自制をできる人は自分の言葉に気をつけます。

彼らは口を開く前に心にギアを入れます。言うべきかどうかを制御するためです。一旦、口から出た言葉は、引っ込めることができません。「自分の口を見張る者は自分の命を守り、くちびるを大きく開く者には滅びが来る。」(箴言133

 

自制をできる人は自分の反応を抑えます。

あなたは冷静さを失う前にどれだけのことができますか。「人に思慮があれば、怒りをおそくする。その人の光栄は、そむきを赦すことである。」(箴言1911

 

自制をできる人は自分のスケジュールに忠実です。

もしあなたが自分の時間をどのように使うかを決めなければ、他の人(物)がそれを決めるでしょう。そういう生き方がもたらす結果は不本意な人生です。「そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。」(エペソ51516

 

自制をできる人は自分のお金を上手に管理します。

彼らは稼ぐお金よりも少ないもので生活し、残りを将来のために投資します。立てた予算の価値は、そのお金はどこに行ったのだろうと思うより、そのお金にどこに行って欲しいかを言うことにあります。「知恵のある者の住まいには、好ましい財宝と油がある。しかし、愚かな者はこれをのみ尽くす。」(箴言2120

 

自制をできる人は自分の健康を維持します。

もちろん特別な素晴らしい例外はありますが、健康であれば、より多くの事を成し遂げ、それを楽しむことができます。「各自わきまえて、自分のからだを、聖く、また尊く保ちなさい。」(Iテサロニケ44

 

 

あなたは、どの領域で自制を身につける必要がありますか? あなたが今日この自制の大切さに目覚めて訓練を始める決断をするなら、あなたの明日は素晴らしいものになるでしょう。しかし、自制を継続させていくためには意志の力だけでは十分ではありません。あなた自身の力よりも大きな力が必要です。それは聖霊によって与えられる力です。

 

「神が私たちに与えてくださったものは、臆病の霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。」(2テモテ17) 

 

 

今日の一言: 自制は聖霊の実

 

 

鶴田健次

 

 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.09.16 02:49 | 鶴田健次牧師より

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.