LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Untitled (11) 
今日は、「幸せな人生の秘訣」について考えてみました。

幸田露伴は、幸せには三つのコツがあると言いました。その三つのコツとは、「惜福」、「分福」、「植福」です。

「惜福」とは、福を惜しむということで、言い換えれば節約をすることです。どんなに順調で豊かでも、自分に与えられたものを無駄遣いせず、祝福を使い切らない、そんな節約が幸せな人生のコツだという意味でしょう。

「分福」とは、幸福を人に分けるということです。誰かと分かち合うならば、悲しみは半分になり、喜びは二倍になります。自分の持ち物がわずかであっても、それを誰かと分かち合うことができれば、やがてその祝福が何倍にもなって自分のところに返ってくるものです。

「植福」とは、福を植えるということです。つまり将来の幸福のために、今から祝福の種を蒔いておくということです。

聖書もこれらと同じようなことを教えています。与えれば得るというのは聖書の有名な教えです。また、人は自分の蒔いたものを刈り取ることになる、というのも誰もが知っている聖書の教えです。

しかし何と言っても、幸福についての一番の聖書の教えは、イエス・キリストの「山上の説教」の言葉でしょう。それは、やがて失われていく地上の幸せではなく、いつまでも残る永遠的な幸福の教えです。

こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。
柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。
あわれみ深い人たちは、さいわいである、彼らはあわれみを受けるであろう。
心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。
平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。
義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。

この言葉が繰り返し伝えていることは、神の子とされ、神の恵みの中で生きることこそ最大の幸福であるということです。あなたは、これらの言葉の意味するところがお解かりですか。そして、心から同意することができますか。この世のどんな祝福よりも遥かに勝る天国の祝福を、ぜひあなたも手に入れられますように。


今日の一言: 幸せな人生の秘訣は天国の恵みを得ること


鶴田牧師

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.06.24 02:30 | 鶴田健次牧師より
20170621_1.jpg

LVJCC初の集合写真2002928

 

砂漠の街ラスベガスに、今年も厳しい夏がやって来ました。

今日の最高気温は摂氏47度、明日の予想最高気温も47度、湿度は10%前後なのでカラッとしていますが、強烈な直射日光がチクチク肌に刺さるように痛く感じます。

 

そんなラスベガスの暑い夏が来ると、教会の設立記念日が近いことを思い出します。

LVJCC/ラスベガス日本人教会が正式に誕生したのは2002822日ですから、今年2017年は15周年に当たります。その15周年記念礼拝は、来月716日に予定されています。

教会にゆかりのある方々、様々な事情で足が遠のいておられる方々、一度行ってみたいと思っておられる方々等、どなたでもご一緒にお祝いしていただけますと大変感謝です。歓迎いたします。

 

 

ご存知のように、本教会の牧師・鶴田先生と潤子夫人は2001121日から、ラスベガスの開拓伝道を始められました。

ロサンゼルスの郊外からラスベガス間片道500Km の道のりを毎週車で通って来られ、ラスベガスへ居を移された2003726日まで続けられました。

それは20ヶ月、85回、走行距離85Km、地球を2周以上するほどの距離だそうです。

それを可能にしたのは、鶴田牧師ご夫妻の確信に満ちたビジョンと強い信仰、また、主の大いなるご計画と守りがあって成し得たことと受け止め、感謝を持って主の御名を褒め称えます。

 

鶴田牧師ご夫妻がラスベガスの開拓伝道を始められる前は、安藤英世牧師が、定期的にロサンゼルスからラスベガスを訪れて福音の種を蒔いておられたとお聞きしています。

時が経ち安藤牧師のロサンゼルスでのお働きが忙しくなり、ラスベガス訪問が難しくなって来られた頃、主はラスベガス伝道のバトンを鶴田牧師ご夫妻に託されました。

 

ラスベガス伝道での最初の日2001121日)は、安藤牧師から紹介された夕紀子姉と基江姉の2人との聖書の学びでスタートしました。

以降、鶴田牧師ご夫妻は、日本人人口の少ないラスベガスで日本人を尋ね歩き、本当にご苦労を積み重ねられました。

 

2002年 310日の日曜日、当時、ハワードジョンソン・ホテルのジェネラル・マネージャーをしておられた呉服豊兄のご好意で、ホテルの会議室を無料で使わせてもらい、最初の礼拝を持つことができました。本当に感謝なことです。

 

更に主は、教会に何人もの働き人を送ってくださいました。Norman兄&美佐子姉ご夫妻、Omar兄&みつこ姉ご夫妻、Vivian& FamilyGreg兄、また、栄子姉のお宅で長年行われていた聖書勉強会の数人も加わりました。その他にも何人もの兄弟姉妹が主に呼び集められました。

 

そして、提出していた非営利団体としての教会登録が受理された2002822日が、教会が正式に設立された日となりました。

 

こうして主「わたしは荒野に道を設け、砂漠に川を流れさせる」(イザヤ43:19)と言われた通り、この荒野に囲まれた街ラスベガスに初めての日本人教会を立上げ、イエス・キリストに繋がる道を設けてくださり、乾ききった心に聖霊の川を流れさせてくださいました。まさに、「神のなさる事は、すべて時にかなって美しい。」 

 

教会設立から15年の間、祝福に満たされたことも、試練の中を歩んだこともありました。ですが、どんな場合でも、それは神様からの愛と恵みの機会でした。

これからの教会の歩みがどのように導かれるかわかりませんが、「たとい死の陰の谷を歩くことがあっても、私たちはわざわいを恐れません、あなたが共におられるからです。」と言ったダビデのような心を持って、生涯、主に従っていけたら何と幸いでしょう。

そして、私たち教会が、ラスベガスの失われた日本人の魂を、一人でも多く救うことができますように祈ります。

 

MU

 

下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.06.21 20:07 | お知らせ
0619-2.jpg 

ある日、夫と二人でレストランで食事をしていると、小さな子供二人を連れた若い女性が入ってきました。その数分後、男性が入ってきてその親子の席に着きました。
その直後から私たちがレストランを出るまでの約15分間、ノンストップの言い訳話が始まったのです。
その間女性は、3-4度程口をはさみましたが、それ以外は男性が話し続けていました。

最初の数分で聞くのも嫌になるくらいどうしようもない言い訳でしたが、男性の声が大きかったのと、私たちは食事を終えて会計を待っていたので彼の一連の言い訳が聞こえてしまったのです。

レストランを出た後、
私も含め、人はなんと多くの時間を言い訳に使うのだろう? この世では、言い訳を聞いてくれる人もいるだろうけど、死んだ後、全員が必ず受ける最後の審判では、言い訳は通じないのに・・・と思いました。

私たちが永遠の天国に入るか、永遠の地獄に入るかは、この世でイエス様を救い主として信じるか? 否か?にかかっています。
死んでしまったら、もうその選択をすることはできないばかりか、自分の選択に対しての言い訳もできないのです

実際に、ヘブル書9章27節には、「人間には一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっている。」と書いてあります。また、ルカの福音書14章16-24節で、イエス様は「私の食事を味わう者はひとりもいないのです。」と仰いました。それは、宴会に招待されたにもかかわらず、色々な言い訳を言って出席を拒んだ人たちのことを言ったのです。

愛する家族や友人が、レストランで見た男性の様に言い訳をし続ける姿を見たくないし、愛する人達に伝道をしなかった自分を悔いて言い訳もしたくないと思いました。

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援をお願い致します!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.06.19 23:25 | その他

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.